WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

SEO内部施策とは?重要な項目16選【セルフチェックリストつき】

2023.08.10 2022.08.23 SEO相談室記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策の一つである内部施策は、上位表示には欠かせない重要な施策といえますが、高度な知識と実装スキルが求められるため、ハードルが高いと感じていませんか?

SEOで取り組みたい内部施策のすべてを実施しようとすると、数も多く大変ですが、今回は、必ず実施しておきたい施策を16個に絞ってご紹介していきます。
どれから手をつけていけばよいか分からない場合は、本記事の項目を参考に進めていきましょう。

ディーエムソリューションズは、自社サイトの対策状況を確認するためのセルフチェックシートも無料提供しています。記事の最後にダウンロードリンクがありますので、本記事で内部施策をご理解いただいたうえで自社サイトの対策状況をチェックしたい場合はぜひダウンロードしてみてください。

すぐにダウンロードしたい方はこちら
SEOセルフチェックリストダウンロードページ

さらに、毎月5社限定で無料の内部施策診断レポートもお渡ししています。こちらは先着となっているため、お申込みをご希望される方はお早目にご応募ください。

【毎月5社限定! 】内部施策診断レポート無料プレゼント

誰でも簡単にSEO対策ができるIntimateSEO

SEOの内部施策とは?

SEOは大きく分けて内部施策と外部施策がありますが、内部施策はサイト内部に対して行う施策のことをいいます。

被リンクなど、他のサイトを運営する他者の協力が必要になる外部施策と違い、内部施策はサイトのソースコードの修正など、自身だけで完結できる施策です。

SEOは大きく分けて内部施策と外部施策に分けられますが、自身のサイトだけで完結する内部施策と違い、外部施策は他のサイトを運営する他者の協力が必要になります。

 

内部施策 外部施策
目的 サイト内部のソースコードを検索エンジン・ユーザー双方にむけて最適化する 外部サイトやSNSから多くのリンクを受けることで、ネット上での評価を上げる
必要となるWebサイトの数 SEOの施策対象となる自身のWebサイト1つ 施策対象ドメイン以外のWebサイトが1つ以上必要
社外関係者の協力 上記に伴い、必要なし 上記にともない、基本的には必要
施策例
  • タグのキーワード調整
  • サイト階層構造の整理
  • ページの表示速度改善
  • セキュリティ強化
  • 被リンク獲得
  • 被リンクの質の強化
  • サイテーション獲得

現在は質の高いコンテンツを作成・発信することで上位化を狙おうとする「コンテンツSEO」という概念も浸透しており、このコンテンツSEOを内部施策に含める場合と、「内部施策」「コンテンツSEO」「外部施策」と別々で分けて呼ぶ場合があります。

コンテンツマーケティングについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
コンテンツマーケティングとは?成功する実践方法と手法6つ

SEO内部施策の目的

内部施策の目的を理解するためには、まずGoogle検索エンジンが、どのようにしてサイトを認識、評価し、検索結果へ表示しているかを把握する必要があります。
検索エンジンの仕組みは以下の流れに沿っています。

  1. クローラーがあらゆるサイトを巡回し、情報を収集する(クローリング)

        検索エンジンにおけるクローラーの仕組み

  2. 取得した情報をGoogleのデータベースへ保存する(インデックス)

    検索エンジンにおけるクローラーの仕組み

  3. 検索順位の決定(ランキング)

    検索エンジンにおけるクローラーの仕組み

内部施策は上記の1.2の工程をカバーしており、簡潔にまとめると以下が目的と言えます。

  • 検索エンジンのクローリングを促す
  • インデックスを最適化する
  • ユーザビリティを高める

たとえ良質なコンテンツを作成したとしても、検索エンジンにサイトをクロール・インデックスされていないと、上位表示はおろか、場合によっては検索結果にすら表示されない可能性もあるため、内部施策はSEOで必須の施策といえるでしょう。

ここからは上記の目的に沿って、実施するべき内部施策をご紹介していきます。

検索エンジンのクローリングを促す6つの内部施策

検索エンジンのクローリングを促す施策は以下があります。

  • パンくずリストを設置する
  • URLを最適化する
  • 内部リンクを改善する
  • XMLサイトマップを設置する
  • robots.txt(ロボッツテキスト)を設置する
  • 構造化データマークアップを行う

パンくずリストを設置する

パンくずリスト設置場所の例

パンくずリストとは、サイトの階層構造をリスト化したナビゲーションのことをいいます。

パンくずリストを設置すると、クローラーはパンくずのリンクをたどってページを巡回しやすくなるため、サイト構造を理解しやすくなり、またユーザーにとっても、自身がサイト内のどこにいるのかが分かりやすくなり、無駄なページ遷移をしなくてもよくなります。

このようにパンくずリストの設置は、ユーザー・クローラー双方にメリットがあるため、サイトにない場合は設置しておくとよいでしょう。

パンくずリストを設置する際は、以下のことに気をつけましょう。

  • パンくずリストをリンクにし、できるだけキーワードを含ませたテキストにする
  • あまり深すぎない階層構造にする
  • カテゴリ分けを適切にする

なお、パンくずリストは構造化マークアップを使用して実装することで、よりGoogleのクローラーへパンくずの構造が伝わりやすくなるメリットがあるため、おすすめです。

パンくずリストの詳細や設置方法は以下を参考にしてください。

【設置推奨】パンくずリストの正しい書き方とSEOの意味

URLを正規化する

URLの正規化とは、同じ内容をもつページ(完全に一緒、もしくはほとんど似たページ)が異なるURLで表示される場合に、正規のページがどのURLにあたるかを検索エンジンに伝え、評価先を一本化することをいいます。

 
what-is-url-normalization-01
 

例えば、URLの末尾に「index.html」がある場合と無い場合で、どちらも同じページが表示されるとき、人間の目から見れば同じページであると判断できますが、検索エンジンからすると、別ページとして認識されます。

複数のURL表記で同じページが表示される状態になっていると、ページ評価が各URLに分散されたり、重複コンテンツとみなされたりする可能性があるため、正規のURLに統一することが大切です。

「index.html」の他にも「www」の有無や「http」・「https」の違い、PCとスマホでURLを出し分けている場合なども該当するため、一度確認してみるとよいでしょう。

正規化する方法は以下の4つです。

  • 301 リダイレクトを使用する
  • rel=”canonical” リンクタグを使用する
  • rel=”canonical” HTTP ヘッダーを使用する
  • XMLサイトマップを使用する

詳細や正規化する方法は以下の記事を参考にしてください。

URLの正規化とは?正規化が必要な理由と実践方法

内部リンクを改善する

内部リンクとは、ドメインの違う別サイトへつなげる外部リンクと違い、同じドメインサイト内の特定のページに対してつなげるリンクのことをいいます。

先述したパンくずリストと同じように、内部リンクがあることでサイトの回遊性を高められ、ユーザーとクローラーはサイトを巡回しやすくなります。

 
内部リンクの検索エンジンに対するメリット
 

また、内部リンクを多く集めているページは重要なページとして検索エンジンから評価されやすいため、各ページにどのような内部リンクを設置できるかは考慮しておきましょう。

ただし、むやみやたらに内部リンクをつなげるのもユーザビリティが悪くなるため、特定のページへリンクすることが果たしてユーザーのためになるのかどうかは考える必要があります。

内部リンクを設置するときは以下に注意してください。

  • ページ同士の関連性を意識する
  • リンクのアンカーテキストにはできるだけキーワードを含ませる

内部リンクの種類や設置するときのポイントなどは以下を参考にしてください。

内部リンクとは?SEOで重要な構造設定と最適化について

自社サイトのどのページがどのページからリンクを受けているかは、Googleサーチコンソールの「リンク」レポートから確認できます。

どのページがよくリンクを受けているか、あるいは少ないのか、リンクされている数が少ないのであれば、類似ページでリンクをつなげられそうなページはないか、など検討してみましょう。

XMLサイトマップを設置する

XMLサイトマップとは、サイト構造をGoogleに伝えるためのファイルのことで、ユーザー向けに作られたものとは違い、検索エンジン向けに作られたサイトマップを指します。

XMLサイトマップの表示例
▲XMLサイトマップの記述例

クローラーは基本的に、ページひとつひとつを巡回しサイトの構造を把握していますが、それらを一つのファイルにまとめたXMLサイトマップがあることで、より理解が促進されます。

XMLサイトマップはツールを使えば簡単に作成可能です。特にWordPressを使用しているサイトであればXMLサイトマップを自動生成してくれるプラグインもあるので活用しましょう。

XMLサイトマップはサーバーに設置しただけでは効果を発揮しません。robots.txtにXMLサイトマップのURLを記述したり、サーチコンソールを使用してGoogleへ送信することができます。

XMLサイトマップの詳細や記述方法は以下の記事を参考にしてください。

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは?正しい記述方法を徹底解説

自社サイトにXMLサイトマップが設置されているかどうかわからないという方は、サイトURL末尾に「/sitemap.xml」と入力し、検索してみましょう。
もし設置されていれば、多くの場合、いくつものURLが羅列されたページが表示されるはずです。

一方で、404エラーなどが表示された場合は設定できていないため、作成するようにしましょう。(※ファイル名によっては、この方法で確認できないケースもあります)

robots.txtを設置する

robots.txtはクロールの指示を行うファイルのことで、クロールしてほしくないページがあれば、robots.txtに記述することでクロールを制御できます。

検索エンジンは世界中に存在するあらゆるサイトを無駄なく効率よくクロールするために、低品質なページの巡回は避け、高品質なページをより多く巡回したいと考えています。

そのため、サイトごとによってもクロールされるページの量がおおよそ決まっていると言われており(クロールバジェット※)、ページ数が数万にも及ぶような大規模サイトは、全ページをクロールしてもらうのは難しくなるでしょう。
※クロールバジェットについては、Googleは公式にこの存在を認めておらず、Web業界で信じられている概念です

そこで、サイト内にクロール不要、あるいは低品質なコンテンツがあった場合に、robots.txtによってクロールをブロックすることによって結果的に、サイト全体の品質を底上げできるようになります。

robots.txtでクロールを制御するとよいコンテンツには以下があります。

  • 広告出稿ページ
  • クロールしてもらう必要のない低品質コンテンツ
  • システムの都合上、やむをえない重複コンテンツ

robots.txtの詳細や記述方法は以下の記事を参考にしてください。
robots.txt(ロボッツテキスト)とは? 正しい記述方法を徹底解説

robots.txtもXMLサイトマップと同様、サイトURLの末尾に「/robots.txt」と入力し、検索すると、ファイルが表示されます。何に対してクロールをブロックしているか、一度確認してみるとよいでしょう。

構造化データマークアップを行う

構造化データマークアップとは、サイトを構成しているHTML情報を検索エンジンが理解しやすいように分類・意味づけさせることをいいます。

構造化データをマークアップすることによって、検索エンジンはページ内にあるそれぞれのテキストが何について言及された情報なのかを正確に把握できるようになります。

また、検索結果にタイトル文と説明文以外の追加情報としてリッチスニペットが表示される可能性が高くなります。リッチスニペットが表示されればクリック率の向上が期待できるため、サイトと相性が合う構造化データは実装するとよいでしょう。

検索結果にパンくずリストが表示された例
▲パンくずリストに構造化データをマークアップした例

各ページに構造化データが実装されているか、されているのであれば正しく実装できているかについては、リッチリザルトテストツールで確認できます。もしエラーが確認できた場合は、改善対応が必要です。

構造化データの詳細や記述方法については、以下の記事を参考にしてください。

構造化データの基本・仕組み・書き方まとめ

インデックスを最適化する6つの内部施策

検索エンジンに正しくインデックスしてもらうためには、HTMLタグを最適化して検索エンジンの理解を助けることが重要です。

インデックスを最適化する施策は以下の6つです。

  • <title>タグを最適化する
  • <descripton>タグを最適化する
  • <h1>~<h6>タグを最適化する
  • <image>タグのalt属性にテキストを設定する
  • <canonical>タグを正しく設定する
  • <noindex>タグを必要に応じて設定する

<title>タグを最適化する

<title>タグとは、オーガニック検索結果のタイトル文を指定するタグです。
Googleが検索順位を決める上で最も評価している重要なタグの一つであり、必ず対策しておきたいSEO施策です。

<title>タグを設置するときは以下に気をつけましょう。

  • 32文字以内の文章にする
  • キーワードを含ませる
  • 各ページ固有のものにする
  • キーワードはできるかぎり文章の前のほうに記載する

titleタグ(タイトルタグ)とは?SEOを意識した最適な文字数と記述方法

<descripton>タグを最適化する

<descripton>タグは、オーガニック検索結果に表示される説明文を指定するタグです。
タグの中にキーワードを含ませておくと、説明文中のキーワードが太字で表示され、ユーザーの目を引くようになっています。

<descripton>タグはサイトのクリック率を左右するため、<title>タグと同様に必ず対策しておきたいSEO施策です。

自然検索でハイライトされる検索ワードの例

設置するときは以下に気をつけましょう。

  • 120文字以内の文章にする
  • キーワードを含ませる
  • 各ページ固有のものにする

メタディスクリプションとは?SEO効果ポイント5つと書き方や設定方法

<h1>~<h6>タグを最適化する

hタグとは、ページの見出しを表すタグです。数字が大きくなるにつれて小さな見出しになるため、コンテンツの文脈にあった見出し階層となるよう、hタグを使用することが大切です。

correct-usage-of-heading-tag-01
▲見出しタグの表示例

hタグの中でも特に<h1>タグや<h2>タグは<title>タグ同様、ページの内容をGoogleに伝えるためのシグナルが大きいタグであるため、以下に気をつける必要があります。

  • キーワードを含ませる
  • できるだけ簡潔な文章を心がける
  • 各ページ固有のものにする

稀にサイトのロゴを固定で<h1>に設定しているサイトなどもありますが、ロゴなどの画像情報では検索エンジンへページ内容が伝わりづらいため、ロゴではなくページごとに適切な内容を示したタグを表示できると良いでしょう。

hタグの使い方に関する詳細な記事は以下をご参考ください。
hタグとは?見出しタグ<h1>~<6>のSEOを意識した正しい使い方

<img>タグのalt属性にテキストを設定する

imgタグとは、サイトのコンテンツに使用する画像を指定するタグのことで、そのimgタグ内にあるalt属性にはテキストを設定するようにしましょう。

人間であれば、どのような内容の画像なのかが一目でわかりますが、Googleは画像の中身までは理解できないため、altを設定することで画像の内容を伝える必要があります。

alt属性を設置するメリットとしては以下があります。

  • 画像検索でヒットしやすい
  • 音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)で読み上げられる
  • 閲覧環境や何らかの影響で画像が表示されないときに、代わりに表示される

alt属性とは?SEOにおける役割と効果的な使い方

なお、alt属性はスパム目的に利用された過去があり、キーワードの過度な詰め込みはペナルティの対象となります。

画像の内容以上のテキストや画像にないものをaltテキストとして設置することはやめましょう。設置するときは、わかりやすく・簡潔に表現することが好ましいと言えるでしょう。

<canonical>タグを正しく設定する

<canonical>タグとは、サイト内に重複するページがある場合に正規ページがどのページなのかを検索エンジンに伝え、インデックスするべきページとそうでないページを区別させるタグのことです。

ただし、<canonical>タグはあくまでGoogleにヒントを与えるタグであって命令するものではないため、必ず正規ページが指定したページになるとも限りません。

<canonical>タグを設置するケースは以下のような場合があります。

  • 同じコンテンツを複数のサイトで公開する場合
  • 広告のページとSEO用のページが重複してしまう場合
  • 301リダイレクトを用いたURLの正規化が技術的あるいは環境的な要因によって困難な場合
  • PC用ページとスマートフォン用のページでURLが異なる場合
  • ECサイトでページ分割とビューオールページを併用する場合
  • ECサイトで1つの商品に対して複数のカラーバリエーションがある場合

また、設置するときの留意点も以下にまとめています。

  • <canonical>タグで記述するURLが間違っていないか
  • <canonical>タグで記述するURLがリンク切れになっていないか
  • <canonical>タグで記述するURLにタグが設定されていないか
  • <canonical>タグが一つのページ内に複数ないか

詳細や設置方法については、以下の記事を参考にしてください。
<link rel=”canonical”>タグの使い方とSEOの評価について

canonicalの実装状況はGoogleサーチコンソールの「インデックス作成」>「ページ」レポートから確認できます。

canonicalが実装されているページは「代替ページ(適切な canonical タグあり)」で確認でき、canonicalが実装されておらずGoogleから重複判定されているものは、「重複しています。

ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」として表示されるため、該当するページはcanonicalを設置するようにしましょう。

<noindex>タグを必要に応じて設定する

<noindex>タグとは、ページを検索結果に表示させないように指示するタグのことです。低品質なコンテンツや検索結果に表示させたくないページには<noindex>タグを設置することで、サイト全体の質の向上につながります。

先ほど解説したrobots.txtと似ていますが、大きな違いは、クロールされるかどうかです。
robots.txtはそもそもクロールされないようにするためのものですが、<noindex>はクロール自体を制御するものではなく、インデックスをされないようにするためのものです。

<noindex>タグを設置しておくとよいページは以下があります。

  • コンテンツの低品質なページ
  • 404エラーページ
  • WordPressなど、管理ツールのログインページ

なお、<noindex>タグは<nofollow>タグとも混同しやすいため、以下の記事で詳しく解説しています。
noindexとnofollowの違いとSEOでの正しい使い方とは

また、重複ページの対応には<noindex>タグではなく、先ほどご紹介した<canonical>タグを使うようにしましょう。

<noindex>タグは該当ページに関連するすべての評価シグナルが失われますが、<canonical>タグであれば、両方のページのシグナルを正規化された1つのページに統合できるためです。

<noindex>の実装状況はcanonicalと同様に、Googleサーチコンソールの「インデックス作成」>「ページ」レポートから確認でき、「noindex タグによって除外されました」で表示されるURLが該当します。

ユーザビリティを高める4つの内部施策

ユーザビリティを高める施策には以下の4つがあります。

  • 常時SSL(https)化する
  • モバイルフレンドリーなサイトにする
  • ページの表示速度を高める
  • 404エラーページをオリジナルのデザインにする

常時SSL(https)化する

fireFoxのSSL化されている例

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信させる仕組みのことで、個人情報や機密情報が第三者によってハッキングされるのを防ぎ、安全なやり取りを可能にします。(暗号化することで、URLがhttpからhttpsになることから「https化」とも言われています)

ひと昔前までは、重要な情報のやり取りが行われるページのみSSL化が求められていましたが、現在は全ページが対象の「常時SSL化」が必要です。SSL化をしていないと、Googleは該当ページのアドレスバーに警告を表示するため、ユーザーに敬遠されやすくなるでしょう。

また、SSL化されていないページは安全性の面からサイトの評価が下がり、SEOにもマイナスの影響を与えるため、SSL化は必ず行っておく必要があります。

SSL化を行う方法は以下の記事で解説しているので、参考にしてください。
常時SSL(https化)導入手順・注意点とSSLページのインデックスまでにかかる時間

モバイルフレンドリーなサイトにする

モバイルフレンドリーとはスマホでサイトを表示したときに、PCで閲覧したときと同じように見やすく、操作しやすいサイトにすることを言います。

スマホの普及によって、ユーザーの検索行動が劇的に変わり、今ではパソコンよりもスマホからの検索割合が世界的に多くなりました。モバイルフレンドリーになっていないサイトはユーザーからもGoogleからも評価を落とすことになるので、必ず対策しておく必要があります。

また、モバイルフレンドリーと似たような言葉でモバイルファーストインデックス(MFI)というものがありますが、MFIとは、検索順位を決定づける対象サイトをPC用サイトからモバイル用サイトに変更することをいいます。

Googleにはパソコン用のGooglebotとスマホ用のGooglebotの2種類が存在し、パソコン用Googlebotはパソコン用ページを、スマホ用Googlebotはスマホ用ページをそれぞれインデックスしていますが、スマホ用Googlebotがインデックスしたサイトがランキング対象として優先されるというわけです。

モバイルフレンドリーとMFIはよく混同されますが、MFIはクロール・インデックスに関連した言葉であるのに対して、モバイルフレンドリーはランキングに関連したものになるため、認識の違いに注意しましょう。

モバイルフレンドリー・MFIに関する対策方法は以下を参考にしてください。
モバイルフレンドリーとは?確認方法や取り組む対策をご紹介
モバイルファーストインデックスとは?移行の確認方法とモバイル対応で順位の影響を回避

自社サイトがモバイルフレンドリーになっているかどうかは、Googleサーチコンソールの「エクスペリエンス」>「モバイルユーザビリティ」から確認できます。

ただし、Googleサーチコンソールのデータは少々ざっくりとした数値であるため、各ページを詳細に調べたい場合は、モバイルフレンドリーテストがオススメです。

ページの表示速度を高める

ページの表示速度はユーザー体験に関わることなので、可能な限り速くしておくことが重要です。

以下はGoogleが2017年に行ったページ表示速度に関する調査です。

  • サイトの読み込みに3秒以上かかる場合、直帰率が32%増加する
  • サイトの読み込みに5秒以上かかる場合、直帰率が90%増加する
  • サイトの読み込みに10秒以上かかる場合、直帰率が123%増加する

引用元:モバイル ページ速度の新しい業界ベンチマークにどのように対応しているかを調べてください

ページの表示速度はページスピードインサイトというGoogleが無料で提供しているツールを使って調べられます。

ページスピードインサイト画面

このツールはページ速度を採点してくれるだけでなく、どこをどのように直せばよいのかも教えてくれるため、大変おすすめです。
ページスピードインサイト

合計で6つの指標がありますが、コアウェブバイタルと呼ばれる3つの要素が特に重要で、ページエクスペリエンスを測る指標の一つになっています。表示速度が遅いとサイトの評価が下がり、検索順位にも悪影響が及ぶため、改善できるところは対策しておきましょう。

表示速度が遅くなる原因や改善方法については以下記事で詳細に解説しています。
ページ表示速度が遅いとSEOに影響があるのか?改善方法とは?

404エラーページはオリジナルのデザインを用意する

404エラーは、削除されたページや間違ったURLを入力したときにサーバーから返されるステータスコードです。
404エラー自体がSEOに悪影響をおよぼすことはありませんが、どのような404エラーページを表示するのかについてはGoogleは評価の対象にしています。

何も手を加えていない404ページはユーザーを困惑させてしまう可能性が高く、サイトからの離脱の原因にもなり、ユーザー体験を損ねます。

そのため、404エラーページはオリジナルのものを用意し、ユーザーを別のページへ導いてあげることが重要です。

デジ研 404エラーページ
▲当サイトにおける404エラーページの表示例

404ページの作成時の注意点や詳細な解説は以下を参考にしてください。
404エラー(Not Found)とは? エラーページの原因4つと解決方法と対処法

内部施策の実施事例

具体的な施策をご紹介したところで、当社がSEOコンサルティングサービスにて内部施策を行ったお客様事例をご紹介します。

事例概要

業種:製造機械部品メーカー
行った施策:以下内部施策のみを実施

  • <title>タグの最適化
  • descriptionメタタグの最適化
  • 見出しタグ<h1>の最適化
  • <img>タグの最適化
  • パンくずリストの設置
  • ペナルティや評価されにくいコンテンツの修正
  • 内部リンクの修正

施策結果

施策から4か月で対策キーワードにおける順位比率を、以下のとおり上げることができました。本事例のお客様は他社含めコンテンツマーケティングのような新規コンテンツ追加を行う施策は行っておらず、純粋な内部施策の結果です。

ディーエムソリューションズの内部施策事例

傾向として圏外のキーワードが多く100位圏内に入り、内部施策を行うことで正しくインデックスされた成果を見ることができます。

このように、内部施策だけで上位表示を目指すのは、競合の施策状況や昨今の検索エンジンの評価指標が内部施策だけではなくコンテンツの質によるところも大きいため、難しい場面も多いですが、圏外のようなそもそも表示もできていないページにおいて表示されるように対策していくことでWebマーケティングの土台を整えることができます。

内部施策に関するよくあるご質問

いくつかある内部施策の中でどれが一番重要でしょうか?

サイトの仕様上、実装が難しい項目もいくつかあるかと思いますので、無理なく取り掛かれる内部施策から改善するとよいでしょう。他にもサイトの規模感によって優先度は変わりますので、詳細は当社含めたSEOコンサルティング会社に相談することを推奨します。

内部施策の課題を見つけるにはどうすればよいでしょうか?

サイトの状態を確認できるGoogleサーチコンソールを活用するようにしましょう。
Googleサーチコンソールを使えば、サイトの流入クエリ・掲載順位・クリック率といった検索パフォーマンスや、「ユーザビリティを高める4つの内部施策」でご紹介してきた指標の対策具合について確認できるため、課題の発見に役立ちます。

他にも、Webサイトをクロールし、その内部状況を抽出してくれるツールを使用するのもオススメです。
しかし、そういったツールは基本的に有料となりますので、拡張機能を使用するのもよいでしょう。例えば「SEO META 1 COPY」という拡張機能は、ページごとに本記事でご紹介してきたような重要なタグや構造化データ、ページ表示速度などを提示してくれます。

内部施策を行なうことでSEO流入は増えますか?

改善する項目や規模によって異なりますが、上述した事例の通り当社の提案で内部施策の問題をクリアしたサイトの流入数の多くが流入数を増やしております。

内部施策を行なわず、放置しておくとどうなりますか?

課題の程度にもよりますが、流入数が下がり続けたり、検索結果に表示されないリスクがあります。

おわりに:ディーエムソリューションズの内部施策サービスのご紹介

今回は、実施しておきたいSEO内部施策を16個に絞って解説してきました。

外部施策やコンテンツ施策と違ってテクニカルな内容が多いため、実際には何をどの順番からどのように改善していけばよいのかわからない方も多くいらっしゃるかと思います。

そんなときはホワイトハットSEOを主軸においた内部施策に強みがあるディーエムソリューションズまで、お気軽にご相談ください。
26年間培ってきた実績と、90%以上の継続率を誇る当社がサイトに合わせた最適なソリューションをご提案します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Avatar photo

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー
問い合わせ数5倍 1,000社以上の実績
ウルロジ EC事業特化型 物流アウトソーシング
セルマーケ
月額3万円で始められるSEO対策なら「IntimateSEO」

今話題のAIによるコンテンツ自動生成機能も!SEO対策に本当に必要な機能だけを搭載した使いやすさとコストパフォーマンスに優れたWeb集客支援ツールです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F
電話番号 0422-77-1087 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2024 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.