WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

404エラー(Not Found)とは? エラーページの原因と対策方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

19_what-is-a-404-error

404(404 Not Found)とは、クライアントがリクエストしているページをWebサーバーが見つけられなかった時に返すHTTPステータスコードです。

Webサイトを見ていると、たまに「404 Not Found」や「お探しのページは見つかりませんでした」というメッセージが書かれたページに出くわすことがありませんか? このページのことを、404エラーページ(404 Not Found)というのです。

今回はこの404エラーページについて、原因やSEOへの影響、対策方法まで、404エラーページを知り尽くせるよう、幅広くご紹介したいと思います!

目次

404エラーページとは

そもそも「404エラー」ってなに? という方はお読みください。知っている方はスクロールして飛ばしましょう。404エラーは別名で「HTTPステータスコード404」や「404 Not Found」とも言います。

HTTPステータスコードとは

クライアント(Webブラウザ)からのリクエストに対する、Webサーバーからのレスポンスの状態を示す3桁の数値です。わかりやすく言い換えると、私たちが「ブラウザ(画面)にこのページ表示したいよー」というお願い(リクエスト)に対して、Webサーバーがどんな対応(レスポンス)をとったかを表す数値です。

HTTPステータスコードは大きく分けて100番台、200番台、300番台、400番台、500番台に分かれています。

100番台 リクエストに対し、処理が継続されている状態
200番台 リクエストを正しく受理し、完了した状態
300番台 リクエストを達成するために、リダイレクトや移行など追加の処理を必要としている状態
400番台 リクエストが正しく処理できない状態
500番台 サーバーに問題があり、エラーとなっている状態

さらに、HTTPステータスコードの3桁の数値は200、301、302、503など色々な数値に分かれています。例えば、200はいわゆる正常(問題なくページを表示できた)、301、302はリダイレクト(ここにはいないよ、移動したよ)ということを表しています。また、400はリクエスト内容にエラーがあり不正扱いされている、500はサーバー内で問題が発生しており正常にレスポンスできない状態、ページを見ることができない状態を表しています。

⇒ HTTPステータスコードとは?種類とそれぞれの役割について

HTTPステータスコード「404」とは

HTTPステータスコードといっても内容はさまざまで、クライアント側に問題がある場合も、サーバー側に問題がある場合もあります。その数あるHTTPステータスコードの一つが404というわけです。

404(404 Not Found)は、クライアントがリクエストしているページをWebサーバーが見つけられなかった時に返すHTTPステータスコードです。Webサーバーに「あなたが見たいページを探したけど見つかりません。ページのURL間違っていませんか?」と言われている状態です。

この「ページが見つかりませんでした」ということを伝えるために表示されるページが、404エラーページです。

どうして404ページが必要なのか

ユーザーは、無効なリンクをクリックするか誤った URL を入力して、サイトに存在しないページにアクセスしようとすることがあります。ユーザーをサイト上の公開中のページに導く親切なカスタム 404 ページを用意することで、利便性を大幅に改善できます。404 ページにルートページに戻るリンクを表示し、サイト上の人気のあるコンテンツや関連するコンテンツへのリンクも掲載すると良いでしょう。
引用:「SEO スターター ガイド: 基本 | Google 検索セントラル | Google Developers」より

なぜ404エラーページが必要かと言うと、ユーザーが迷わないためです。間違ったURLや既に終了(削除)されたページであることをユーザーに理解させたうえで、サイト内の回遊を促します。

404エラーページがあることで、次のアクションをユーザーに促すことができます。

404エラーの原因、なぜ起きる?

では、なぜ404エラーが起こるのでしょうか? 起こりうる主な原因をご紹介します。

ページが削除されている時

もともとあったページが削除されているにも関わらずそれを知らずにアクセスしてしまうと、404エラーになってしまいます。ページそのものがなくなってしまったので、見つからないわけです。

アドレスバーに入力したURLのつづりが間違っていた時

アドレスバーに手動でURLを打ち込む際、URLのスペルを見間違えたり、打ち間違えたりすることがあると思います。そうすると、そもそも存在しないURL(場所)を表示させようとしているため、表示できないですね。

リンク切れが発生したとき

リンク先のページが見られないリンクのことをリンク切れと言います。リンク切れのパターンとして、下記の2つが挙げられます。

1つ目が、リンク先のページが削除されているパターン。リンクを張った時はページが存在していたのに、いつの間にかページがなくなっていた…ということはよくあります。新しいページのURLに張りかえるか、リンクそのものを削除する必要があります。

2つ目が、設置したリンクのURLが間違っていたパターン。設置されたリンクのURLが間違っていて、存在しないページにリンクが張られていると、そのリンクをたどった人全員に影響します。リンクを設置する時は、リンク先に問題がないか確認しましょう。

リダイレクト設定がうまくできていない

ページが削除された場合やドメインを変えてURLが変わった場合には、古いURLから新しいURLに対して301リダイレクトの設定を行い、ユーザーが新しいURLに自動でたどり着くようにします。

このリダイレクトの設定に不具合があった場合、新しいURLにアクセスすることができないため、404エラーになってしまいます。リダイレクトを設定した際は、正しくリダイレクトできているか必ず確認するようにしてください。

⇒ 301リダイレクトとは?サイトリニューアル時に必ず設定したい.htaccessの記述方法

404とソフト404の違いとは?

404と合わせて注意したいのが、ソフト404です。

ソフト404とは、ページを開いた際に404と同じように「ページが見つかりません」と表示されますが、HTTPステータスコードをチェックすると404ではなく、200でサーバーから返されていて、ページが正しく処理されている状況です。つまり、意図しないページが存在している状況です。

検索エンジンからするとページが存在していると認識をしている状況なので、通常のページと同様にクロールします。そのため、存在しないページがクロールされ、本来クロールされるべきページのクロールが遅くなり、クロール頻度が下がる可能性があります。

これによりすぐにサイトの評価が大きく下がることはありませんが、ソフト404のページが常に大量に発生しているサイトの評価を下げる可能性もありますので注意する必要があります。

⇒ ソフト404とは?Search Consoleに通知がきた際の対処法

オリジナル(カスタム)404エラーページの役割とメリット

404エラーページはそのままだと、「ページが見つかりませんでした」ということを伝えるWebサーバーのデフォルトページが表示されます。レンタルサーバーによっては、レンタルサーバー側で用意されているページが表示されることもあります。

Webサーバーのデフォルトの404エラーページ

404 Not Found

この404エラーページですが、表示させるページを自分が作成したページに変更することができます。それがオリジナル(カスタム)404エラーページです。

404エラーページをカスタマイズすると、以下のようなメリットがあります。

  • サイトの利便性を高める
  • サイトの離脱を防ぐ
  • サイトの独自性を高める

「404エラーが起きた=ユーザーが見たいページが見られなかった」というのが404エラーの現象です。

つまりユーザーが404エラーページにたどり着いた際に必要としているのは、どうやったら見たいページを見ることができるのか、見たいページがないのであれば、代わりになるページはあるのか、という問題に対する解決策の要素なのです。

この要素がないと、ユーザーは残念ながら、サイトから離脱してしまうでしょう。もしかしたらサイトそのものがなくなったと思い、二度と訪れないかもしれません。

逆に言えば、訪れた404エラーページが便利で魅力的なものになれば、ユーザーは今まで以上にサイトを見てくれるかもしれません。そこで、必要なのが、オリジナル(カスタム)404エラーページというわけです。

404エラーとSEOの関係

404エラーは、SEOにどのような影響があるのでしょうか? 気になるところだと思います。

一般的には404エラーが存在すること自体にSEOの影響はないと言われています。過去にGoogleが公式ブログで以下のようにコメントしています。

サイトの一部の URL が既に存在しない、または 404 を返していた場合も、サイトの他の URL (200(Successful)を返すもの)の検索結果内での掲載順位には影響しません。
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 404 はサイトに悪影響を与えますか?

404エラーというものはどうしても起こってしまう、当たり前の現象です。

自社サイトならともかく、外部サイトから張られたリンク切れはどうしても完璧に対処できるものではありません。そのため、404エラーの存在そのものは検索順位に影響しないでしょう。

しかしこれは「404エラーが存在すること」に関するお話です。404エラーに対して、何もしなくてもいいというわけではありません。

その理由が、Googleの「検索品質評価ガイドライン」です。Googleは、品質の高い検索結果を表示できているかどうかを第三者に評価してもらい、その評価を改善に使用しています。

その評価をしてもらう際にGoogleが第三者に提供しているのが、検索品質評価ガイドラインです。つまり、Googleが高評価するサイトの項目、低評価にするサイトの項目がこのガイドラインでわかるというわけです。

⇒ Googleの検索品質評価ガイドライン[PDF]

(全文英語なので、404エラーページの記載については下記に要約しております。)

このガイドラインによると、59ページ目の項目に404エラーページについて書かれています。

59ページ目の項目「10.2 Ratings for Pages with Error Messages or No MC」
(訳:10.2 エラーメッセージやメインコンテンツの内ページに対する評価)

Googleは404エラーページの内容によって、それぞれ低・中・高の評価を行います。

低評価の404エラーページ

広告ばかりで、エラーメッセージがなくユーザーを助けようとしていないページ。つまり、広告を見せることが目的になっているページ。

中評価の404エラーページ

エラーがあることだけ、最低限しか伝えないページになっている。つまりそれ以上にユーザーの手助けになる情報がない。

amazon 404エラーページ

高評価の404エラーページ

  • 満足できる高品質なメインコンテンツがある。
  • ユーザー体験をより良くする、役に立つコンテンツがある。
  • エラーになっていることを伝えるだけでなく、問題についての説明があったり、検索ボックスがあったり、その後の手助けもできているページ。

まとめると、「ユーザーに対して助けの手を差し伸べているか」「制作者がエラーページに対して、時間と労力を費やし、手間をかけているか」が大きな判断基準となります。つまり、404エラーそのものの改善よりも、ユーザーにとって役に立つ、オリジナルの404エラーページを作成することが、SEOにとっても重要とも言えるのです。

また、オリジナル404エラーページを作成することは、ガイドライン記載の評価以外でも、SEOに関係することがあります。それは、検索エンジンのクローラーへの影響です。

検索エンジンのクローラーも、ユーザーと同じくサイトを回遊していて、404エラーページに行き着くことがあります。

404エラーページを作成しなかった場合、デフォルトの404エラーページは「404 Not Found」と書かれただけのページで、そのページからはどこにも遷移できません。そのため、クローラーがそれ以上サイトを回遊することができなくなるのです。

クローラーが行き止まりにばかり行き着いてしまうと、クローラーに本当に見て欲しい重要なコンテンツのあるページに辿りつけないかもしれません。サイトを正しく評価してもらうためには、オリジナル(カスタム)404エラーページをつくり、クローラーの回遊率を高めることを意識することも大事なのです。

オリジナル(カスタム)404エラーページに必要なコンテンツ

ユーザーにとって役に立つオリジナル(カスタム)404エラーページにするには、具体的にはどういったコンテンツを入れ込めばいいのでしょうか?

様々な404エラーページやGoogleの品質評価ガイドラインの内容を元に、必要なコンテンツを洗い出してみました。

  • ユーザーに対し、アクセスしたページが見つからなかったことを明確に伝えるエラーメッセージ
  • 本体サイトと合わせたデザイン
  • トップページへのリンク
  • サイト内検索や、サイトマップの設置
  • おすすめのコンテンツへのリンク

それでは、どのようなページのデザインがいいのか、デジ研を例にあげて見ていきましょう。

ユーザーに対し、アクセスしたページが見つからなかったことを明確に伝える

デジ研 404エラーページ

「ページが見つからない」ということを伝えないと、ユーザーがなぜこのページに行き着いたかわからなくなってしまいます。そのため、赤枠「404 Page not found!」のようにエラーメッセージを必ず含めましょう。

サイトとデザインを合わせる

デジ研 404エラーページ

サイトから404エラーページに遷移した際にデザインがまったく異なるページに辿りついてしまうと、ユーザーは違うサイトを開いてしまったのかと混乱してしまいます。ヘッダーやフッター、グローバルナビゲーションなどをサイトのデザインと合わせるなど、ユーザーがまだサイト内にいることを表現してあげましょう。

トップページへのリンク

デジ研 404エラーページ

探したページが見つからなかったユーザーに対し、再度サイト内を探してもらいやすいようにグローバルナビゲーションやパンくずリスト、そして、「トップページへ戻る」などトップページへのリンクを設置しましょう。

サイトマップやサイト内検索の設置

デジ研 404エラーページ

サイトの規模が大きいと、トップページからページを探す場合、時間がかかってしまうかもしれません。

ユーザーが求めているコンテンツを探しやすくするには、サイトマップを設置すると良いでしょう。
自分が探しているカテゴリのページにすぐに遷移することができます。

更に、そのページでサイト内検索ができると、より探す手間が省けユーザビリティが高くなります。

おすすめのコンテンツへのリンク

デジ研 404エラーページ

404エラーページの要因の一つとして、ユーザーが見ようとしたページが既になくなっている可能性もあります。もしかしたらユーザーがもともと求めていたコンテンツがサイトに存在しないかもしれません。

閲覧数が一番多いページや、おすすめコンテンツへのリンク、最近投稿した記事へのリンクを張り、サイト内を回ってもらえるように誘導しましょう。

オリジナル(カスタム)404エラーページに必要な項目まとめ

各項目で紹介したデジ研の例をまとめると下記のような内容を設定しています。

デジ研 404エラーページ

まず、ユーザーに対してアクセスしたページが見つからなかったことを明確に伝えるエラーメッセージを「404 Page not found!」と大きく表記して伝えています。

また、サイトと合わせたデザインにし、ユーザーがまだ同じサイトへいることを表現しています。

さらに、「トップページへのリンク」や「サイト内検索」、そして「おすすめコンテンツ」を設定し、ユーザーがサイト内の別ページへ訪れることができるように設定しています。

デザインの参考になる404エラーページ一覧

ここからはデジ研以外のサイトでデザインの参考になる、魅力的な404エラーページの例をご紹介したいと思います。

HOMES

HOMES 404

不動産情報サイトなので、ユーザーが再度物件を探しやすいようにサイト内検索フォームを目立たせています。キャラクターや物件数の表記など、ブランドアピールもしっかりしています。

LIG

LIG 404

こちらもご存知の方は多いのではないでしょうか。
少し長めのユニークなエラー文章と共に、おすすめコンテンツの一覧が表示されます。

Facebook

Facebook 404

Facebookの代名詞でもあるいいね!のマークの指に包帯が巻かれています。
シンプルですが、デザインに遊び心があって、ユーザーの興味をひきますね。

サントリー

SUNTORY 404

サントリーのコーポレートサイトです。トップページ、サイトマップ、サイト内検索、おすすめページと、ユーザーに必要な要素がしっかり詰まっています。水が見つからないというマークも、サントリーらしさが出ています。

404エラーページの設定方法

オリジナルデザインで作成した404エラーページはどのように設定すれば、ユーザーに見せることができるのでしょうか?いくつかの手順があるので、メインとなるものを紹介します。

.htaccessを使用する

例えば、オリジナル404エラーページのファイル名を404.htmlとして、トップ直下に設置します。
そして、.htaccessに以下の記述を追加します。.htaccessは、テキストエディタで記述し、そのファイルを「.txt」から「.htaccess」という名前で保存することで作成することができます。

ErrorDocument 404 /404.html

これで、ステータスコード404を返した時に、404.htmlを表示することができます。

ただし、ここで指定するパスには注意が必要です。記述するパスは、必ず、「/404.html 」という相対パスにしましょう。「https://〜」などから始まるURLで指定をすると、HTTPステータスコードが404(Not Found)ではなく、HTTPステータスコード200で「404.html」が表示されます。

これは先ほど説明をした「ソフト404」になります。ユーザーにとっては同じ見た目ですが、検索エンジンのクローラーはHTTPステータスコードでサイトの状態を判断するため、「404.html」が検索結果に表示されてしまう可能性があります。

HTTPステータスコード404で表示されます
OKマーク

ErrorDocument 404 /404.html
HTTPステータスコード200で「https://www.example.com/404.html」が表示されます
BADマーク

ErrorDocument 404 https://www.example.com/404.html
.htaccessは、Apache(Webサーバーソフトウェア(HTTPサーバー))が使用されている環境で使用可能です。

検索エンジンを混乱させる原因となりますので、404ページの設定後は、必ずステータスコードを確認しましょう。

ステータスコードの確認方法

Web上には、各ページのステータスコードを確認できる無料ツールがいくつか公開されています。

例えばこちらの「HTTP Status Code Checker」。

HTTP Status Code Checker

このフォームに、存在しないURLを入力し「Check status」ボタンをクリックすると、ステータスコードが表示されます。エラーページがきちんと404になっているかを確認する際に、ぜひ使ってみてください。

レンタルサーバーの管理画面で設定する

レンタルサーバーの管理画面(コントロールパネル)でも、404エラーページの設定が可能です。

今回はお名前.comの共有サーバーの設定方法を例にご説明します。

管理画面(コントロールパネル)を開き、「エラーページ」というメニューをクリックします。

08_control_error1

設定するドメインを選びます

09_control_error2

各ステータスコードに表示するページを設定できます。

今回はステータスコード404の設定なので、「404」の項目に対象のURLを入力して、確認して設定完了です。

10_control_error3

WordPressで設定する

最近は個人の方だけではなく、企業でもWordPressを使ってサイトを制作している場合が多いと思いますので、WordPressでの設定方法についてもご紹介します。

WordPressでは、404.phpを作成することで、404エラーページの設定が可能です。404.phpはデフォルトのテーマでは含まれていません。ページが存在しない場合や、ページの有効期限が過ぎている場合にはindex.phpを優先的に表示するように設定されています。

404.phpを作成すると、WordPressはページが存在しない場合に、index.phpではなく、404.phpを優先的に表示するようになります。なお、テーマによっては404.phpが含まれているので、デザインや要素が問題ないか確認し、必要に応じて修正しましょう。

404エラーの確認方法。増えたらどうするべき?

Google Search Console(サーチコンソール)では、Googleのクローラーがクロールをした際に検知した404エラーのURLを確認することができます。

Search Consoleでは、以下の方法で確認することができます。

インデックス > カバレッジ > 詳細(送信された URL が見つかりませんでした(404))

Google Search Console

前述の通り、サイト内の404エラーの数が多かったり、増えたからといってSEOの順位が下がるということはありません。

GoogleがSearch Console上でエラー内容を表示しているのは、サイトにとって重要なページが意図せずに404エラーになっていないか、設定ミスはないかというアラートを出す目的があります。

クローラーが辿ったページはユーザーも辿れるページです。ユーザーが404ページにアクセスしてしまっているかもしれません。リンクしたURLを打ち間違えていたり、リダイレクト設定が誤っているURLがないかなどを確認する時に使いましょう。

なお、404エラーと表示されたURLを修正して、「修正を検証」をすると、Googleに変更の検証をリクエストすることができます。問題のあるページがすべて修正されると、問題は「修正済み」とみなされます。

本当に削除されていて存在しないページが404エラーになっていた場合は、まったく問題はありません。

また、存在しないページがいつまでもクロールすることがありますが、Googleのジョン・ミュラー氏は下記のように回答しています。

古い404ページをグーグルは確かにクロールする――時々だが。
そのこと自体は何も心配しなくていい。
ただし、ページが500番台のエラーを返していたら問題になる。クロールが減るからだ。また、インデックスされるはずのページがGooglebotに404を返しているとしたら、それも問題だ。

GoogleBotは半永久的に一度発見したURLにクロールします。クロールの頻度が減る場合もありますが、404や410となっていても、そのURLで以前のコンテンツ内容が復活していたり、他のコンテンツ内容に変更される可能性があるためクロールしているのです。

つまり、Search Console上でクロールエラーに表示され続けるURLがあっても、404になっていれば全く問題ないのです。

エラーページ設定の注意事項

最後に、404エラーページでしてはいけない設定事項を注意しましょう。
テクニカルな話も入りますが、しっかり押さえておきたいポイントです。

避けるべき方法:

  • 検索エンジンで 404 ページがインデックスに登録されるようにする(404 HTTP ステータス コードを返すようにウェブサーバーを設定しておきます。JavaScript ベースのサイトの場合は、存在しないページがリクエストされた場合に備えて noindex タグを含めておきます)。
  • robots.txt ファイルを通じて 404 ページがクロールされるのをブロックする。
  • 「見つかりません」や「404」などの曖昧なメッセージのみを表示する。または、404 ページが存在しない。
  • サイトの他のページと一貫性のないデザインを 404 ページで使用する。

引用:「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」より

まず、404エラーページはインデックス必要なページではありませんので、noindexを設定するのがいいでしょう。

404エラーページはSEOに影響はありません。しかし、エラーページを設定したが、実は404のHTTPステータスコードではなく200になっている「ソフト404」になっている場合、検索エンジンにインデックスされたくないページがインデックスされてしまうことになります。

また、404エラーページはクロールできるよう設定しておくべきでありrobots.txtでクロールを防ぐ必要はありません。特段の設定をしていなければ問題ありませんが、404エラーページはクロールできるようにしておくべきと認識しましょう。

後は、既に言及したことですが、サイトのデザインと一貫した404エラーページを作成し、404エラーページを見たときにユーザーが迷わないような文言を設置してあげましょう。

404エラー(Not Found)に関するよくある質問

404エラーの404ってなに?

404はHTTPステータスコードの番号の1つです。クライアントがリクエストしているページをWebサーバーが見つけられなかった時に返すHTTPステータスコードです。

404エラーは検索順位(SEO)に影響しますか?

サイト運営上、404エラーページが発生するのは自然なことなので、検索順位に影響はないと言われています。ページが削除されたときや見つからなかったときは、404のHTTPステータスコードを出すことが、検索エンジンにとって望ましいです。

404エラーはサイトにどのような影響がありますか?

基本的には、サイトへの影響はありません。ただし404エラーを返したページがサイトにとって重要なページである場合、なぜ404ページになっているかをサイト運営者は確認する必要があります。また、検索エンジンへの影響もありません。ただし、ユーザビリティ(使いやすさ)への影響がありますので、修正することが望ましいです。

どんな404エラーページが良いでしょうか?

Webサーバーやレンタルサーバーのデフォルトの404エラーページは、ユーザーフレンドリーではありません。ユーザーにとって役に立つオリジナル(カスタム)404エラーページにするには、下記の項目を404エラーページに入れることが大切です。

  • ユーザーに対し、アクセスしたページが見つからなかったことを明確に伝えるエラーメッセージ
  • 本体サイトと合わせたデザイン
  • トップページへのリンク
  • サイト内検索や、サイトマップの設置
  • おすすめのコンテンツへのリンク

ソフト404とは何でしょうか?

ソフト404とは、「404 Not Found」や「ページが見つかりません」などのページを表示しているにもかかわらず、HTTPステータスコード200を返しているエラーのことです。
また、コンテンツがほとんどないページやまったくないページ、空白のページなどもソフト404に該当する可能性がありあます。

ソフト404エラーは推奨されない

ページがないのにもかかわらずHTTPステータスコード200を返すのは、不適切です。HTTPステータスコード200は、そのURLにページが存在することを検索エンジンに伝えます。その結果、ソフト404の状態だと、中身のないページが検索結果に表示されてしまい、検索エンジンは本来、不要なページを今後もクロールしてしまいます。

まとめ

404エラーは、SEOへの影響はほとんどなく、ユーザビリティへの影響が非常に高いです。

その他のページと同様に、404エラーページもユーザーのために、ユーザーの役に立つコンテンツにしましょう。今回ご紹介した情報が、404エラーページを適切に設置するためにお役に立てれば幸いです。

なお、SEOにおいて修正すべき重要な項目については、下記にまとめていますので、参考にしてください。

⇒ SEOとは?2021年最新SEO対策と初心者にオススメな勉強方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
   

お役立ち資料ダウンロード

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.