2019.10.15SEO記事一覧

E-A-Tとは?SEOを考慮したGoogleが求める高品質コンテンツについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のSEO対策で重要視されているのが、「E-A-T」という考え方です。端的に言うと、Webサイトの専門性・権威性・信頼性について重視して評価するという内容です。Googleの検索アルゴリズムが進化したことで、キーワード記入やリンク貼りだけで良かった従来のSEOが小手先のSEOとして効果がなくなっており、E-A-Tを重視した「コンテンツの質」が求められるようになっています。

今回は、「E-A-Tって何?」という方や、「名前は知っているけれど、具体的にどうすればいいか分からない」「自分のサイトはどのくらい対応できているのか知りたい」という方に向けて、SEOの最新トレンドであるE-A-Tの考え方と対策のポイントについて解説します。

E-A-Tとは?

まず、「E-A-Tとは何か?」という基本的な考え方について紹介します。既にご存じの方は飛ばしていただいても構いません。

E-A-Tとは、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で示されているWebサイトの評価基準の一つです。Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の三つの言葉の頭文字をとったGoogleの造語で、簡単に言えば「事実を分かりやすく書いたコンテンツ」が求められているということです。

E-A-Tの3要素について、もう少し掘り下げてみましょう。

Expertise 専門性

コンテンツ内容やWebサイト全体が、何かの専門性に特化しているかという観点です。あらゆる内容を含む雑記的な内容のWebサイトより、一つの内容に特化したWebサイトのほうが高く評価されます。その分野に精通した人が記事を書くと、一層評価が高まる可能性があります。

専門性がある人が書いた記事や、その分野に特化したWebサイトに掲載されているコンテンツであれば、当然記事の質も高くなるとGoogleが判断するからです。

例えば、資産運用についての記事を公開すると考えたときに、素人が日常を綴ったブログの1コンテンツとしてコンテンツを作成するよりも、銀行員やフィナンシャル・プランナーという肩書を持つ人が資産運用について特化したWebサイトを作成してコンテンツをアップするほうが検索順位は高くなる傾向があります。

E-A-Tは三つの要素から構成されますが、その中でも特に重要なのがこの「専門性」という観点です。専門性の高いWebサイトを構築して情報発信を続けることは、権威性や信頼性の獲得に必要だからです。

Authoritativeness 権威性

誰が見ても「このコンテンツの内容は正しい」と思えるかという観点です。権威性の説明をするときに、よく例に出されるのがお医者さんです。体調が悪ければ、誰の言うことよりもお医者さんの判断を重視しますよね。それと同じように、特定の分野において一定の地位を獲得することが求められます。知名度やブランドという言葉に置き換えるとイメージしやすいかもしれません。

権威性はコンテンツの内容だけで担保できるものではなく、長期間のWebサイト運営の実績によって育まれるものでもあります。権威性のあるWebサイトにできるよう、長期的視野を持って対応していかなくてはなりません。

Trustworthiness 信頼性

多くの人からその内容が信頼されているかという観点です。例えば、公共機関が発信している情報と、匿名の個人ブロガーが発信している情報を比較したとき、前者の情報の方がすんなりと信頼する人が多いはずです。

自分がコンテンツを参考にするとき、「誰が書いた内容か」というのは最低限気にしますよね。あなたのWebサイトに訪れる人もそれは同じです。Webサイトの運営者情報やプロフィールを充実させ、見る人の不安を軽減させることが大切です。

なぜE-A-Tがガイドラインに追加されたのか?

E-A-T導入の背景として挙げられるのは、ユーザーに悪影響を与えるような低品質のコンテンツが量産されたこと、Googleの検索アルゴリズムが非常に高度化したことです。

E-A-Tを満たすためには、小手先の対応だけでは足りません。以前は検索アルゴリズムの精度も低かったため、Webサイト内に検索キーワードを記入したり、リンクを大量に獲得したりという機械的な対応でも効果がありました。その結果、低品質なサイトや間違った情報でも検索上位に表示されてしまうという問題が発生していました。

そこで大幅なアルゴリズムのアップデートが行われ、コンテンツの品質が検索順位に大きく影響を与えるようになったのです。Googleは「ユーザーに利便性が高い情報を提供すること」「正しい情報を提供すること」という基本方針に沿って検索アルゴリズムのアップデートを続けています。

E-A-TとSEOの関係性

E-A-Tは、Googleの品質評価ガイドラインで重要視されている項目です。

品質評価ガイドラインとは、Google検索の品質を評価する際、評価者が参考にするいわゆる「解説書」のことです。もともとは内部資料として非公開にされていたものですが、2015年に一般公開され、たびたび内容がアップデートされています。最新のガイドラインでは、「E-A-T」という用語とともに、「Page Quality(ページ品質)」という用語も使われています。

このガイドラインはGoogleが正式に発表しているものですから、その内容に沿ったコンテンツを作成することで自ずと高い評価につなげることができます。裏を返せば、このガイドラインに反するコンテンツは検索結果からすらも除外されてしまうかもしれないのです。

とはいえ、E-A-Tだけを重視することが大切というわけではありません。従来どおり、検索キーワードとの関連性や被リンクの質も一定の評価につながっているので、基本的なSEO対策に加えてE-A-Tを考慮したコンテンツを作成することが重要なのです。

YMYLに該当するWebサイトは特に重要

Webサイトによって取り扱う情報も異なるので、E-A-Tの評価基準も異なります。中でも、「YMYL」に該当するWebサイトについては、E-A-Tの中でも「信頼性」が特に重視されるようになっています。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、直訳すると、「あなたのお金と人生」という意味です。

具体的には、以下の分野が該当します。

  • 金融情報を扱うページ
    (年金、保険、投資、税金、クレジットカードなどのお金に関する情報を扱うページ)
  • 医療の情報を扱うページ
    (健康や病気、薬、メンタルヘルス、栄養などの医療情報に関するページ)
  • 法律の情報を扱うページ
    (遺言書の作成、離婚、裁判などの法律に関するページ)
  • ニュース記事や国民に対する公式な情報を扱うページ
    (災害時の対応や政策、国の対応などに関する情報)
  • その他YMYLに関わるページ

YMYL分野のWebサイトについては、E-A-Tの中でも特に「信頼性」が重視され、Webサイトやコンテンツの中で信頼性がないと評価されると、順位を大幅に下げられてしまう可能性があります。

YMYL分野でE-A-Tが特に重視されるようになったのは、いわゆる「WELQ問題」が背景にあります。医療や健康に関する情報をまとめたキュレーションサイト「WELQ」において、他サイトの無断引用や専門知識のない素人ライターによる間違った医療情報が大量にアップされていたのです。当時のアルゴリズムでは信頼性という評価観点が重視されていなかったため、検索結果においてキーワードと関係のない情報が上位にあったり、ユーザーの生活や健康を損なう情報が表示されたりしていました。

そこで、検索順位を決めるアルゴリズムが大幅に刷新され、E-A-Tを満たしていないサイトは検索順位を大きく下げました。特にYMYL分野においての順位変動は顕著で、閉鎖に至ったサイトも少なくなく、このアップデートの影響の大きさを示しています。

E-A-Tを考慮したSEOのポイント

E-A-Tは定量的な評価基準ではないので、「E-A-Tを考慮する」といっても何から対応していいか分からないという方も多いかもしれません。そこで、E-A-Tを満たしたサイトに繋げるためにはどうすればいいのか、SEO対策のポイントを解説します。E-A-Tを満たすには、長期的視野を持ってWebサイト運営を続けていくことが大切です。できる観点から取り入れて、質の良いコンテンツを定期的に発信できる状況を整えましょう。

また、専門性、権威性、信頼性はそれぞれが独立しているのではなく、各要素が影響を与えあっています。どれか一つから高めようと考えずに対策を進めてください。

テーマに特化したWebサイトにする

あらゆる内容を網羅するようなWebサイトではなく、特定のテーマに特化したWebサイトを構築しましょう。その際、自分の経験や実績が生かせる切り口を探しましょう。

経験に基づいた情報をアップする

経験に基づいた情報は、他のサイトにはない「あなただから書けるコンテンツ」ということです。Googleは他のWebサイトには掲載されていない内容を求めています。

一般的な内容を解説した後でも、あなたならではの観点から経験や補足をプラスすることでE-A-Tが高まります。

また、著者自身に専門性が足りないと思われる場合は、専門の資格を持った人に「監修」してもらうこともできます。例えば、医療記事であれば医師、お金関係であれば税理士やFPなどの先生に依頼して監修・コメントをもらいます。もちろん、記事の中に監修者の情報やプロフィールも盛り込みましょう。

著者・運営者情報を充実させる

著者や運営企業の情報をしっかり掲載するようにしましょう。

「誰が書いたか」という著者情報は、ユーザーがコンテンツの内容を判断するために重要な要素です。

  • SNSにもしっかりとプロフィールを載せる
  • 著者個人のプロフィールページに実績や経歴を記載する
    (さらに、SNSや自分が紹介されているサイトへのリンクが有るとより信憑性が増します)
  • 各コンテンツページにも著者情報のエリアを作る

引用・参照は公的機関から

Webサイトのコンテンツの中に、公的機関の発表しているデータや考えを引用すると、内容の信憑性が高まります。このときに注意したいのは、引用・参照は公的機関などの信頼できる先に限定するということです。素人のブログや匿名掲示板の情報を引用しても信憑性アップにはつながりません。

また、公的機関を含む他のWebサイトから無断で引用したり、コピペするのはNGです。必ず出典を記載した上で、引用タグでくくるなどして対応しましょう。

記事の公開日・更新日を公開する

ユーザーがその内容が信頼できるか判断するために使われる指標が「公開日・情報更新日」です。できればページ内に記載するようにしましょう。

定期的に記事を更新する

新しい記事をアップするのに加えて、古い情報も適宜確認し、内容をアップデートします。SEO対策関連の情報も、数年経つと全く常識が変わり、それまで効果的とされていた手法がペナルティ対象の行為になる可能性もあります。このように、古い情報は誤っていることがあるので、放置しているとユーザーに不利益を与えてしまいます。定期的に確認し、正確な情報を伝えられるようにしましょう。

検索キーワードも意識する

E-A-Tを高めようと思うと、ついつい情報の正確性や引用元などばかり気になってしまいますが、そこに囚われすぎてもSEO的に逆効果になるリスクがあります。いくら専門性が高くても、検索するユーザーが求めている情報が載っていなければ、そもそも検索結果にも表示されないからです。

記事を作成する際には、検索ボリュームのあるキーワード(ユーザーが求めている情報)を調査し、その内容を取り入れながらユーザーの疑問に答える内容になるように心がけてください。

内容の専門性も大切ですが、専門用語が乱立するとユーザーにとっては非常にわかりにくく、離脱されてしまう可能性があります。検索キーワードを意識しながら、噛み砕いたわかり易い表現を心がけましょう。

おわりに

ここで紹介した対策は、単にSEO対策として有効なだけでなく、ユーザーの満足度を高めるためにも重要な内容ばかりです。Webサイトコンテンツを作成する目的を考えたとき、最終目標は「検索順位で1位になる」ことではないはずです。きっと、「購入金額を上げる」「資料請求を増やす」「問い合わせを増やす」などの目的があってWebサイトを作っていますよね。その視点から考えると、E-A-Tを満たしたコンテンツであればユーザーも満足して内容を信頼してくれるので、その後の行動にもつながっていくのです。

Googleは「ユーザーに有益な情報を提供する」という方針をとっていますが、ユーザーに有益な情報が提供できれば、検索順位向上だけではないメリットをあなたに与えてくれます。今後も、E-A-Tをはじめとして「Webサイトの質」は重要視されていきます。これまでのSEOの考え方しか取り入れていない場合、いくらコンテンツを増やしても意味がないかもしれません。

コンテンツを作成するときは、E-A-Tを意識して検索順位向上とユーザー満足度向上を目指しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。