2018.07.02SEO記事一覧

noindexとnofollowの違いと活用の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトの質を高めるには、noindexやnofollowを利用したSEO対策が要求されることが多々あります。noindexやnofollowの正しい使い方をマスターし、SEOをコントロールするため効果的に使用できているでしょうか?

両者の違いを明確に理解し、ウェブサイトへ活用しているウェブ担当者は、意外にも少ないのではないでしょうか?そこで今回は、noindexとnofollowの意味や活用方法、具体的な記述方法まで幅広くご紹介します。

検索エンジンの仕組みを理解しよう

noindexやnofollowの概念について明確に理解するには、検索エンジンの仕組みについて理解しておく必要があります。まずは、検索エンジンの仕組みから説明していきます。Googleは、検索結果を構築するため、クローラーと呼ばれる自動巡回型の情報収集ロボットを活用しています。クローラーは、世界中に存在するウェブサイトから更新情報を集めて、データベースに格納します。クローラーが情報をデータベースに格納することを、インデックス(index)といいます。

インデックスされた情報は、Googleのアルゴリズムによって検索順位がつけられます。このようなプロセスを経ることで、ユーザーがキーワード検索をすると、事前にアルゴリズムによって決められた検索順位からユーザーに最適と思われる検索結果が表示されます。つまり、私たちは、Googleのデータベースに格納されている情報を常に閲覧していることになります。これが、検索エンジンが検索結果を作り上げる基本的な仕組みです。

noindexとは

先ほど、クローラーが自動収集した情報をデータベースに格納することを、インデックスと呼ぶと説明しました。この時、対象のページに対してnoindexを使用すると、設定されたページがインデックスされなくなります。正確には、noindexを設定すると、Googleのデータベースにインデックス自体はされるものの、検索結果に出てこない状態となります。検索結果への表示を制御されている状態だと説明すればイメージしやすいでしょう。

noindexに設定されたページは、検索エンジンで何ら価値を持たないページとして認知されがちですが、ページランク自体の受け渡しはできます。意外と勘違いしやすいポイントなので、注意するようにしましょう。

noindexを利用する目的やタイミングについて

それでは、noindexを利用する目的やタイミングについて解説します。

なぜ、noindexを利用するのか

せっかく時間をかけてコンテンツを制作したにもかかわらず、noindexを設定するのは、非常にもったいないように感じます。しかし、それでもなおnoindexを設定するのには、明確な理由があります。その理由とは、noindexを設定すると管理者の意図する通りにウェブサイトの価値を底上げできることです。

ウェブサイトの価値を底上げするなら、「コンテンツの数を減らすのではなく、逆に数を増やすべきでは?」と思われるかもしれません。確かに、ウェブサイト全体のアクセスを増やすなら、一定のコンテンツ量が必要です。

しかし、SEO対策の仕方によっては、コンテンツの質が低いと判断できるものにnoindexを設定し、コンテンツの量を減らすことで全体的な質を底上げすることができます。

質の低いコンテンツが乱立するウェブサイトよりも、質の高いコンテンツが厳選されて公開されるサイトの方が、SEO的な価値は高くなります。つまり、コンテンツ量を増やすことが、SEO対策のすべてではないということです。

noindexを利用するタイミングとは

たとえば、お問い合わせのサンクスページは、キーワード集客を目的に記事を公開するわけではありません。また、WordPressの場合、管理画面をindexされてしまうと、管理者以外にログインされてしまい、大問題になることもあり得ます。

そのため、このようなページに対してはnoindexし、検索エンジンから評価の対象とならないようにします。

noindexの使い方を覚えれば、コンテンツの質が低いからという理由で記事を削除する必要がないことをお分かりいただけると思います。noindexを積極的に活用していくことで、コンテンツをそのまま残しながら、SEOによる効果を高めることができます。

noindexの記述の方法

noindexの記述の方法

それでは、noindexの記述方法をご紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HTMLコーディングソフトを利用してインデックスさせたくない該当ページの<head></head>タグで囲われた部分に、下記のコードを記述します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

これで、noindexの設定は完了します。

他にも、CMSとしてWordPressを導入しているのなら、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」を利用すれば、簡単に設定することができます。

このプラグインを入れると、下記のように記事の編集画面に「All in One SEO Pack」の欄が表示されるようになります。その中に「noindex このページ/投稿」というものが表示されますので、これにチェックマークいれると、noindexの設定が完了します。

All in One SEO Packの編集画面1

なお、「WP Custom noindex nofollow」と呼ばれるプラグインを導入すると、投稿ページや固定ページをnoindexにできることに加えて、カテゴリやタグを個別にnoindexにすることができます。

nofollowとは?

nofollowを設定するとクローラーに対してリンクをたどる行為を禁止できます。本来、クローラーは、ウェブサイトの情報を取得するためリンクをたどりながら、あらゆる更新情報を収集していきます。nofollowが設定されているとクローラーがリンクをたどることができなくなります。

nofollowを利用する目的やタイミングについて

それでは、nofollowを利用する目的やタイミングについて解説します。

なぜ、nofollowを利用するのか

ウェブサイトにコンテンツを公開する際、他のコンテンツを参照するため外部リンクをページ内に設置することがあると思います。外部サイトは、基本的に自分で管理ができません。

特にリンクが設置されたサイトが悪質なサイトである場合、自身が管理しているサイトにもマイナス評価が引き継がれしまうケースがあります。

そこで、nofollowを事前に設定しておけば、自社のウェブサイトの価値を下げずに済むことができます。

nofollowを利用するタイミングとは

nofollowは、どんな時に利用すればよいのでしょうか。

例えば、外部リンクとして設定することでSEOによる影響を与えたくない時に、nofollowが活躍します。外部リンク先のサイトに対して、被リンクによる効果を送りたくない時は、nofollowを利用することで、相手の得になることを防げます。

さらに、適切に設定することでクローラーを効率化することができます。会員のログインページやサンクスページなど検索結果に表示されなくてもよいページに設定することで、クロールを最適化することができ、上位表示したいページへのクロールを促すことができます。

このように、外部リンクを掲載する時は、極力利用する習慣を持っておくとトラブルを未然に防ぐだけでなく、検索順位へも影響を与えることが可能になります。

nofollowの記述の方法

nofollowの記述の方法

次に、nofollowの記述の方法をご紹介します。

ページのリンクすべてにnofollowを設定する

基本的に、nofollowで行ったことと同じことをしていきます。nofollowとして設定したい該当ページの<head></head>タグで囲われた部分に、下記のコードを記述します。

<meta name=”robots” content=”nofollow”>

上記のように記述すると、該当ページのすべてのリンクに対して、nofollowを設定できます。

これで、nofollowの設定は完了しました。noindexとnofollowと同時に変更されている方のHTMLコードは、下記のようになっていると思います。

<meta name=”robots” content=”noindex”>
<meta name=”robots” content=”nofollow”>

上記のように記述しなくても、下記のように変更することでnoindexとnofollowを一括で設定可能です。

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

WordPressをお使いの方は、「All in One SEO Pack」を利用すると簡単です。noidexのように「All in One SEO Pack」の編集画面にある「nofollow このページ/投稿」にチェックマークを入れることで、nofollowに設定できます。

All in One SEO Packの編集画面2

ページ内に外部リンクしか利用しないというのであれば、上記のようにまとめて記述する方法もあると覚えておきましょう。

しかしながら、この方法では、内部リンクについてもnofollowを設定してしまうことになります。次に、紹介する方法を利用すれば、個別にnofollowが設定できます。

個別のリンクに対してnofollowを設定する

それぞれの個別のリンクに対して、nofollowを設定する場合、下記のように記述していきます。

<a href=”http://sample.jp/” rel=”nofollow”>サンプルサイト</a>

外部リンク先のURLとアンカーテキストリンクの間にrel=”nofollow”と記述することで、設定が完了します。1つずつ設定することは面倒かもしれませんが、内部リンクや外部リンクによるSEOを考慮するなら、この方法が最もおすすめです。

noindexとnofollowは、すぐに反映されない

設定の反映について注意点をお伝えしておきます。noindexとnofollowを設定したからといって、瞬時に反映されるわけではありません。クローラーが何度も巡回し、設定した部分をインデックスすることで初めて指示通りに動いてくれます。

例え、検索エンジン上に該当のページが反映されていても、何日か経過すれば、検索結果から消えていくので何もせずに置いておきましょう。時間の経過とともにデータベースから消えていきます。

SEOで誤解されている利用の仕方

SEOで誤解されている利用の仕方

ここで誤解が起きやすい記述のポイントをご紹介します。ウェブ担当者の中でも勘違いされている方が多く、知らなければ誤ったまま利用してしまうことがあります。

ここで、あなたに質問があります。どのように記述するべきか考えてみてください。

あるAというページがありました。このAというページは、検索結果に表示させる必要はありません。しかし、該当ページにあるリンクには、ページランクを渡します。

 
 

質問の通りに設定すると、下記のようになります。

  • 検索結果に表示させる必要はない場合は、noindex
  • リンクについてページランクを渡したい場合は、follow

よって、導き出される記述方法は、下記の通りです。

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” >

このように考える方がほとんどですが、長期的に考えた場合、この記述方法は誤っています。なぜなら、“noindex,follow”と記述していても、時間が経過すると”noindex,nofollow”と扱われるようになるからです。

SEO対策で誤解されやすい“noindex,follow”の概念

なぜ、時間の経過とともに“noindex,follow”の扱いが変わってしまうのか疑問に思われたでしょう。“noindex,follow”の扱いについて、GoogleのJohn Mueller氏は、相談会で下記のように明言しています。

noindexとfollowが設定されていると、初期の段階では、そのページをインデックスに保存しつつも検索結果には表示せず、リンクもたどる。

しかし私たちが考えていたよりも長い期間noindexが設定されている状態が続くと、もうこのページは検索に使ってほしくないんだなと判断しインデックスから完全に削除する。
そして、そのページにあるリンクをたどらなくなる。

したがって、“noindex,follow”は本質的には“noindex,nofollow”と同じだ。
長期的には違いはなくなる。

引用元(和訳引用):海外SEO情報ブログ
引用元(情報元):English Google Webmaster Central office-hours hangout

この見解から分かるように、短期的に見れば、冒頭に回答したような下記の記述でも問題ないのかもしれません。

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” >

しかしながら、長期的にこの状態が放置されると、Googleのアルゴリズムが自動的にインデックスから完全に削除する仕組みになっているようです。これが、多くのウェブ担当者が勘違いしやすい盲点となっています。

大切なポイントなのでおさらいしておくと、”noindex,follow”は、いずれ”noindex,nofollow”と同じ扱いになります。いつまでもページランクが渡されることはないので、覚えておきましょう。

おわりに

基本的な検索エンジンの仕組みからnoindexとnofollowの活用方法まで、さまざまなことを紹介しましたが、今日から試せるSEO対策としてお役に立ったでしょうか?ウェブ担当者として良質なコンテンツを作ることはできていても、noindexとnofollowの具体的な意味の違いを理解し、積極的に利用できている方は、少ないのではないでしょうか。

コンテンツの質に関係「作りっぱなし」にしていると、いずれGoogleからペナルティを受けてしまう可能性があります。そうならないようにするためにも、質の低いページや外部リンクについては、今回紹介させていただいた方法を積極的に使用していただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。