WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

最大公約数を目指す不動産会社のコンテンツマーケティング手法8つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産会社がコンテンツマーケティングに取り込むことで得られるのは、広告のような一過性の集客ではなく、中長期に亘って売上貢献できる集客の安定化をもたらします。また、集客が安定すれば、不動産会社が陥りやすいポータルサイト依存からの脱却も図ることが出来るでしょう。

今日は、不動産会社のためのコンテンツマーケティング手法8つを解説していきます。見込みリードを増やし、ビジネスの成功ルートを歩きましょう。コンテンツマーケティング施策と連動してSEO集客を高めたい場合は、不動産会社が取組むべきSEOポイントをご確認ください。
 

不動産会社のコンテンツマーケティングとは?

不動産を探している人に実用的で価値あるコンテンツを提供することで、不動産会社はユーザーとつながるための役割をコンテンツマーケティングに期待することが出来ます。ブログ、動画、SNS、物件検索ページ、メールなど様々なチャネルを駆使して顧客との友好な関係を築きます。

不動産会社の集客は、ポータルサイトに依存することが多いので、自社HPの集客力を高めるためにコンテンツマーケティングを実施することはビジネスの成功に必要と言えます。

なぜ不動産会社はコンテンツマーケティングに取り組むべきか

コンテンツマーケティングは顧客との良好な関係を持つことが出来ます。そして、コンテンツマーケティングに取り組む不動産会社は、以下のベネフィットを受けることが出来るでしょう。

  • 顧客の疑問や課題を解消する
  • 不動産会社に対する不信感を払しょくする
  • ブランド構築を促進する
  • 自然検索経由の集客向上が出来る
  • 歩留まりが高い顧客が集める

 

不動産会社にネガティブな印象を持っている人は少なくないので、会社を理解してもらうためにコンテンツマーケティングは有効です。さらに、ユーザーがコンテンツに共感したら、信頼感を会社に対して持つでしょう。

 

また、自然検索に強いコンテンツマーケティングであれば、HPの流入数をアップすることが出来ます。ポータルサイトより自社HP経由の問合せ方が、契約歩留まりが高いので追客効率を上げることもできるでしょう。そして、ポータルサイト依存で出稿予算や安定しない集客にお悩みの不動産会社の集客を安定させる役割を持つとも言えるでしょう。

 

不動産会社のコンテンツマーケティング8つの手法

希望条件を適える物件検索ページを持つ

不動産を探している見込み顧客は、希望条件に適った物件を探したい欲望を持っていますので、欲しい物件を見つけてもらうために便利な物件検索ページを持つとよいでしょう。検索機能を持たせるだけでなく、希望エリアや条件のページにたどり着ける優れた導線も必要です。理想の物件を探すことが出来ないサイトだと思われたら、スーモやアットホームのような便利なポータルサイトに離れてしまうでしょう。
また、こうした物件検索機能を駆使したコンテンツを評価してもらうことで、SEO対策を行うことも可能です。検索機能を持った動的なページ生成は、テクニカルなSEO要件を必要としますので、SEOの専門的な知識を持つ人と協力してサイトを作り上げるとよいでしょう。Google検索では、エリア系キーワードに対して物件の検索結果一覧ページを評価している傾向がありますので、SEO集客を向上させることが可能です。

画像などのリッチコンテンツや物件情報を豊富にする

不動産会社の問合せを増やすためには、物件情報や画像や動画、パノラマ画像などのリッチコンテンツをたくさん掲載するとよいでしょう。物件選びに必要な情報がたくさんあることで、問合せを増やすことに期待ができるでしょう。他の不動産会社と物件情報を比べられたときに、豊富な情報を持つページの方がユーザーは問合せをしやすい傾向があります。さらに物件情報や画像が豊富なサイトは、SEOの自然検索順位でも評価が高い傾向がありますので、SEO観点でも重要と言えます。

ただし、画像などの容量が重いコンテンツは、最低限必要な画像サイズで公開するようにしましょう。必要以上に重い画像をサイトに掲載すると、ページの表示速度が遅くなってしまい、ユーザーの離脱を招くので注意が必要です。特にスマートフォンユーザーはネット環境が不安定なこともありますので、配慮が必要です。また、ページの表示速度はSEOと関係がありますので、SEOを考慮した画像選びや使い方が求められます。

 

顧客は相場情報コンテンツに興味がある

損をしたくない考える顧客にとって、相場情報は判断をミスしないための必要なコンテンツマーケティング施策だと言えます。その意味でユーザーに有益な情報と言えますので、相場情報コンテンツを用意することは有効と言えます。また、相場情報のデータをエリアや種別ごとに保有していることを開示することで、不動産会社は顧客に精通しているプロであることをアピールすることが出来ます。ユーザーに有益なコンテンツに昇華させるには、データの集客方法から相場情報のアピール方法を緻密に設計する必要があります。

また、ユーザーは能動的に相場情報を求めて行動しますので、Google検索でよく検索されるキーワード(キーワード例:「港区 マンション 売却相場」)となっています。そのため、こうした相場情報を活用したコンテンツによってSEO順位が上がればサイトの流入数を増やすことも可能できます。

相場情報をユーザーに有益なコンテンツに昇華させることと、SEOで評価されるコンテンツ設計に出来るように配慮しましょう。

物件のエリア周辺情報コンテンツ

店舗の商圏に応じたエリアの周辺情報のコンテンツを作成しましょう。コンテンツに精通していることをアピールするだけでなく、ユーザーが物件を選ぶ際の判断指標を与えることが出来ます。ユーザーは「コンビニ・スーパー」「治安(閑静な住宅街)」「公共施設」といった周辺環境を物件選びの参考にしていますので、取り組みを軽視しない方がよいでしょう。

こうしたコンテンツマーケティングは、ポータルサイトの方が予算が潤沢で、情報が豊富になる傾向がありますので、重点エリアに特化して施策を実施する「選択と集中」の判断も必要です。

スマートフォンでストレスなく閲覧できるように最適化しよう。

物件を探すユーザーの多くはスマートフォンで情報を探します。それは、売買や賃貸に問わず共通しています。スマートフォンの閲覧に最適化されていないページは、ユーザーに不便なのでストレスがない閲覧環境を提供しましょう。

当社でコンサルティングをしている不動産会社のサイトは、スマートフォンの閲覧が7割を超えるケースが一般的です。スマートフォンを最適化するときは、表示速度も意識しましょう。せっかく作ったコンテンツの表示速度が遅いと離脱を招きますので、コンテンツのポテンシャルを活かすために注意が必要です。

メールのコンテンツはセグメントに適した配信を行う

メールを送ることは、見込み顧客に興味を持ってもらうきっかけを作ることになります。また、メールを送る時に最適なセグメント条件を反映したリストに対して、興味が合致するコンテンツ内容を送るメールマーケティングは、高い効果を発揮します。

 

最近は、自動化が可能なMA(マーケティングオートメーション)などによって設定が可能なテンプレートツールを用いてターゲットにパーソナライズ化されたメールを送ることが多くなっております。

設備ページを見ている人には、リッチな設備にフォーカスしたコンテンツをメールで配信するなど、新築、中古、売買、戸建て、マンションといった様々なセグメントに応じてメールのコンテンツを使い分けるとよいでしょう。

お客様の成功事例をコンテンツにする

新規のお客様は不動産会社に強い不信感を持っていることも多いので、お客様の成功事例をコンテンツにすることは重要なマーケティング活動の一貫です。不動産会社選びに失敗したくないと思っている人ほど、口コミや評判を気にする傾向がありますので、成功体験談や口コミ・レビューは積極的に集めましょう。

お客様事例のコンテンツの中身は、写真、ビデオ、アンケートなどを用いた直感的で信頼できる不動産会社であることを自然にアピールできるようなコンテンツにしましょう。

また、ウェブサイト用の事例だけでなく、Googleビジネスプロフィール上の口コミを増やすと信用性がさらに高まり、不動産会社の不信感を払しょくすることが出来るでしょう。ユーザーの自発的な口コミ投稿はネガティブな内容になりやすいため、不動産会社から成約顧客に口コミ投稿を働きかける取り組みが必要です。

Googleビジネスプロフィールでコンテンツを発信

Googleビジネスプロフィールには、お客様の評判や口コミが良さられますが、ビジネスオーナーの承認を得ることが出来れば、コンテンツを投稿することが出来ます。コンテンツマーケティングの一環として、Googleビジネスプロフィールを閲覧するユーザーにコンテンツを発信して良好な関係を構築することが出来るでしょう。

コンテンツマーケティング集客の最大公約数にSEO視点

一過性の広告予算の出稿と違って、コンテンツはサイト資産として残り続けるので、継続的な効果を発揮します。ユーザーに有益なコンテンツは、Googleといった検索エンジンから評価されますので、SEOの効果が見込めます。願わくばSEO視点を持ち合わせたコンテンツマーケティングを行うことで、不動産集客の最大公約数を達成することが出来ると思っております。当社では、SEO歴16年以上の中で、不動産会社のSEOコンサルティングを行ってきましたので、コンテンツの相談からSEO支援まで是非ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

石井

不動産営業の実務経験を持ち、メジャー7の不動産会社のWEBハウスエージェンシーとして勤務していた宅建資格を持つ異色なSEOコンサルタントです。不動産や求人検索、ECサイトにある検索システムのテクニカルなSEOを支援する実績があります。宅建士、上級ウェブ解析士、HTML5(Javascript) レベル2の資格保有。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

継続89%、SEOに強いコンテンツ作成に取り組みたい方へ

コンテンツマーケティング初心者でも大丈夫!当社のサービスなら、質の高い600名以上のライターネットワークから幅広い記事ジャンルに対応できます。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.