WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

モバイルファーストインデックスとは?SEOで損しないための対策

SEO歴16年、継続率90%以上の良質なSEO会社をお探しの方へ

SEOのアウトソーシングがはじめての人でも大丈夫!当社のSEOコンサルティングは、お客様に合わせて施策をカスタマイズするこだわりのサービスです。

SEOコンサルティングサービスを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルファーストインデックスとは、スマートフォンエージェントで取得したコンテンツでインデックスとランキングを優先するすることです。モバイルファーストインデックスに対応しないと、SEO評価の損失に繋がりますので、今回は、モバイルファーストインデックスのSEO対策やよくある質問を紹介していきたいと思います。

誰でも簡単にSEO対策ができるIntimateSEO

モバイルファーストインデックス(MFI)とは?

モバイルファーストインデックスの移行前後

モバイルファーストインデックス(MFI)とは、スマートフォンエージェントのクロールで取得したコンテンツ(スマホ向けページ)をインデックスとランキングに優先して使うことを言います。2016年11月の実験開始から移行が始まって、現時点でほとんどのサイトがモバイルファーストインデックスに移行しています。スマートフォンで見るページがSEO評価のほとんどになるので、PCに比べてスマートフォンで見るページが不足していると、SEO評価の損失が生じます。

なぜモバイルファーストインデックスに移行するのか?

なぜモバイルファーストインデックスに移行するのか?
モバイルファーストインデックスの移行に踏み切ったのは、モバイルデバイスを利用するユーザーが増えたことが背景にあります。スマートフォンを使用するユーザーが増えてきた一方で、スマホ向けページを用意していないサイトも多いので、スマートフォンで見づらいサイトが検索結果の上位表示されることが当時はありました。せっかく検索結果に表示されたサイトを観たユーザーが、スマートフォンで見づらいサイトばかりだと、ユーザーに不便な検索結果を提供していることになります。こうしたことが無いようにモバイルファーストインデックスの移行に踏み切った背景があります。

モバイルファーストインデックス移行の確認方法2つ

確認方法①:Googleサーチコンソールからのメール

Googleサーチコンソールからのモバイルファーストインデックスの移行通知メール
サイトがモバイルファーストインデックスに移行された場合は、Search Console上に下記にようなメッセージがきますので、こちらで確認することができます。

確認方法②:Googleサーチコンソールで確認をする

モバイルファーストインデックスに移行しているかは、Googleサーチコンソールでも確認することが可能です。
Googleサーチコンソールにログインしたら、確認したいサイトを選択します。確認したいサイトを選択したら、管理画面左サイドメニューの「設定」をクリックします。
Googleサーチコンソール画面の設定
「設定」のメニューボタンを押した後に表示される画面の中に、「インデックスクローラー」があります。その中に「スマートフォン用Googlebot」の記載があればモバイルファーストインデックスに移行しています。
Googleサーチコンソール画面のモバイルファーストインデックスかどうかの確認
本画像では2018年8月23日にモバイルファーストインデックスに移行していることが分かります。

補足:通知がくる前にサイトが移行したか確認したい場合には、スマートフォンのGooglebotからのクロールが増加しているか、もしくはGoogleの検索のキャッシュがモバイルページになっているかのどちらかで確認することもできます。

いつモバイルファーストインデックスに移行しますか?

モバイルファーストインデックスの移行は、ほとんどのサイトが既に済んでおりますが、完全移行が出来たとのアナウンスはされておりません。最初に完全移行する期限は2018年3月とアナウンスがありましたが、3年後の2021年3月まで遅れるとのアナウンスでも完全移行は出来ず、完全移行の期限明示をGoogleは2021年11月からしておりません。

SEO評価で損をしないための対策

モバイルファーストインデックスに移行したサイトが適切な対策をできていない場合は、検索結果の順位が低くなってしまう恐れがあります。検索ランキングの評価損失を防ぐために、必要なSEO対策を講じましょう。

対策の基本概念は、PCとスマートフォンでページの差分が発生しないようにすることです。PCにあってスマートフォンにないコンテンツがある場合は、スマートフォンにないコンテンツの分だけSEO評価を損しています。

対策項目 内容
モバイルフレンドリーなサイトを作る モバイルファーストインデックスの移行に対応する大前提は、スマートフォン向けの最適なページをユーザーに提供することです。モバイルフレンドリーは、既に検索結果のランキング要素に組み込まれていますので、取り組みが必須なSEOです。
構造化データのマークアップ PCとスマートフォンの両方に構造化データのマークアップが実装されているかを確認します。実装状況に差分が無いようにします。
headタグ内の設定 headタグ内に設定するtitleタグやdescriptionタグなどが、PCとスマートフォンで差分が発生していないかを確認しましょう。PCに設定されている内容はスマートフォンにも記述します。
モバイルページのクロールが出来る 用意しているモバイルページがクロール出来る状態であることが必要です。
表示速度を早くする ページの表示速度がクロールに支障があるレベルで遅い場合は、クロールが進まない状況に陥ります。クロールが円滑にできるようにページの表示速度を早くしましょう。
内部リンクの構築 内部リンクの設置状況がPCとスマートフォンで違っていないか確認しましょう。ユーザーのために設置した内部リンクがスマートフォンだけにない場合は、PCに比べてコンテンツ評価が低くなるリスクになります。
広告表示に注意 インタースティシャル広告はフルスクリーンで表示される広告のことを言います。ユーザーはフルスクリーンで表示された広告を自発的と言えない状態で閲覧を強いられるますが、それはユーザーエクスペリエンスを損ねます。

モバイルフレンドリーなサイトを作る

もし、モバイル用ページがないなら、全ページをモバイル対応した上でモバイルフレンドリーにしましょう。モバイルフレンドリーなページを提供できているかは、ランキング要素になっているのでモバイルフレンドリーはSEO対策の一環です。モバイルフレンドリーの対応状況は、Googleサーチコンソールのレポートで確認することが出来ます。

モバイルページの開発は以下を参考にしてください。

モバイルページの開発手法 手法
レスポンシブデザイン レスポンシブデザインは、1つのURLと1つのHTMLファイルで、PCやスマートフォンに表示する画面レイアウトを可変させることが出来る開発手法です。開発後のメンテナンス面やモバイルファーストインデックスの要件が満たしやすい点からGoogleが推奨している開発手法です。
動的なコンテンツ配信 PCとスマートフォンで同じURLでも、異なるhtmlファイルを動的に表示するモバイルページの開発が可能です。ユーザーが使用するデバイス端末のuser-agent情報で配信コンテンツを切り替えます。
異なるURLで作成する 異なるURLでPCとスマートフォン用のhtmlファイルの表示を切り替えることが出来ます。動的な配信方法と同様にデバイスのuser-agent情報でPC向けとスマートフォン向けURLを切り替えます。

構造化データのマークアップ

構造化データのマークアップがPCページとスマートフォンページの両方に記述されていて、PCとスマートフォンに差分が発生していないかを確認しましょう。PCとスマートフォンで異なるURLの場合は、構造化に記述されているURLの注意も必要です。構造化データマークアップはコンテンツを検索エンジンに詳細に伝えることが出来るメリットと検索結果の自サイトの表示面積を増やすことが出来ます。

headタグ内の設定

headタグ内に指定するmetaタグtitleタグdescriptionタグなどの記述が、PCとスマートフォンで差分が発生していないかを確認しましょう。headタグには様々な記述がありますので、PCに記述されている内容がスマートフォンにも記述されていることを確認しましょう。

モバイルページがクロール出来る

モバイルページのクロールが出来ない設定になっていると検索エンジンはモバイルページを評価することができません。そのため、モバイルページがクローリングできる状態になっているかを確認しましょう。robots.txtは、Googleボットのクロールを拒否することが出来ますので、誤ってスマートフォンのGoogleボットのクロールを拒否しないようにしましょう。クロール拒否はディレクトリ単位で行えますので、モバイルページのディレクトリをクロールブロックしていないかの注意が必要です。

モバイルとPCにコンテンツの差異を発生させない

「うちのサイトは、モバイルで見るユーザーが少ないから、モバイル版はページを省略してもいいよね」
「このページはモバイル版だと長くて読みづらいから、デスクトップ版にだけ公開しておこう」
と考え、モバイル版では一部のページを省略している方は要注意です。モバイルページのコンテンツを優先してランキングを行いますのでスマートフォンで省略したコンテンツ分の評価がされません。

表示速度を早くする

モバイルページが、Googleのクロールに耐える処理ができるようにします。なぜなら、クロールに対するサーバーの反応が遅すぎたりページの読み込み容量が重すぎると、検索エンジンのクロールが処理を中止するからです。また表示速度が遅いとSEOに影響するので取り組みは重要です。表示速度のスコアや改善ポイントは、Googleが提供するPageSpeedInsightsで計測することが出来ます。

内部リンクの構築

内部リンクは検索順位を上げるSEO施策になっていますので、評価されるスマートフォンのページにPCと同様の内部リンクがあることは重要です。内部リンクの設置状況がPCとスマートフォンで差分発生していないか注意しましょう。

広告表示に注意

ユーザーエクスペリエンスを損う広告は、モバイルページのSEO評価に影響しますので順位低下リスクを孕んでします。特にインタースティシャル広告をモバイルページに広告表示するときはガイドライン(Better Ads Standards)を遵守してください。モバイルファーストインデックスでモバイルページの評価を損うリスクをなくすには、インタースティシャルのようなユーザーエクスペリエンスを低下させる広告を表示しないことです。

モバイルファーストインデックスに関するよくある質問

新しく作ったサイトがPC版の場合はどうなりますか?

2019年7月以降に新しく公開されたサイトは、最初からモバイルファーストインデックスになっています。

モバイルファーストインデックスに移行したらPCページは観ませんか?

いいえ、みます。モバイルファーストインデックスはスマホコンテンツを優先してインデックス及びランキング要素に使います。PCページをクロールしないというわけではありません。

別々のURLはどちらを検索結果に使いますか?

どちらも使います。ウェブサイトにモバイル URL とデスクトップ URL が別々にある場合、Google はモバイル ユーザーにはモバイル URL を、デスクトップ ユーザーにはデスクトップ URL を表示します。

モバイルユーザビリティに不合格だとモバイルファーストインデックスに移行しないですか?

モバイルユーザビリティとモバイルファーストインデックスは別物です。モバイルユーザビリティに不合格でもモバイルファーストインデックスに移行していることはあります。逆も同様です。

ページエクスペリエンスとモバイルファーストインデックス

モバイルファーストインデックスが始まって、モバイルフレンドリーなページを提供することが重要になった昨今は、ページエクスペリエンスも重要性が増してきています。ページエクスペリエンスを測るには、ページの表示速度CoreWebVitalの指標に基づいて改善するとよいでしょう。

まとめ

モバイルファーストインデックスの完全移行は、まだ完了しておりませんが大部分のサイトが移行しておりますので、対策は必須と認識頂く方が良いと思います。今回紹介したモバイルファースト対策を以下にまとめておりますので、まだ取組していない場合は検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Avatar photo

石井

不動産営業の実務経験を持ち、メジャー7の不動産会社のWEBハウスエージェンシーとして勤務していた宅建資格を持つ異色なSEOコンサルタントです。不動産や求人検索、ECサイトにある検索システムのテクニカルなSEOを支援する実績があります。宅建士、上級ウェブ解析士、HTML5(Javascript) レベル2の資格保有。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー
問い合わせ数5倍 1,000社以上の実績
ウルロジ EC事業特化型 物流アウトソーシング
セルマーケ
月額3万円で始められるSEO対策なら「IntimateSEO」

今話題のAIによるコンテンツ自動生成機能も!SEO対策に本当に必要な機能だけを搭載した使いやすさとコストパフォーマンスに優れたWeb集客支援ツールです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F
電話番号 0422-77-1087 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2024 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.