WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

モバイルファーストインデックスとは?移行の確認方法とモバイル対応で順位の影響を回避

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルファーストインデックスに移行すると発表されてから時間が経ちましたが、2021年にはもう間もなくモバイルファーストインデックスに移行します。
「モバイルフレンドリーと何が違うの…?」「うちはデスクトップユーザーのアクセスばかりだから、関係ないぜ」と思っている方は要注意です。そこで今回は、モバイルファーストインデックスの実態について解説していきたいと思います。

モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックスとは、モバイル版ページを評価した結果を検索結果のインデックスや検索結果の順位に反映することです。昨今のモバイルユーザー増に伴い、モバイルユーザーの利便性を考慮して採用されることが決まりました。
なぜ、従来のPCページを評価するのではなく、モバイルページを評価することに変わったか詳しく説明させて頂ければと存じます。

なぜモバイルファーストインデックスが必要なのか

Googleがモバイルファーストインデックスを採用した背景は、モバイル利用率の増加です。2016年にモバイルユーザーがPCユーザーの数を上回ってから、モバイルユーザーは増え続けています。
この背景を踏まえると、モバイルユーザーはモバイルで閲覧するのに最適された検索結果が欲していると考えられます。つまり、モバイル検索結果にモバイル対応されていないPCページが検索結果に表示されると、ユーザーはGoogleの検索結果に対して不便さを覚えるはずです。
皆さんも電車やバスに乗りながら、スマホでニュースを読んだり、ちょっとしたものを買い物したり、検索行動を行っているのではないでしょうか。まさにこのような人々の動きに対応するため、googleは検索エンジンのアルゴリズムをモバイル基準に変更したというわけです。

モバイルファーストインデックスの導入時期

2016年にモバイルファーストインデックスに、Googleがモバイルファーストインデックスのテストを開始してから、2020年10月時点でモバイルファーストインデックスの完全移行はまだされていません。既にモバイルファーストインデックスに移行しているサイトもあれば、そうでないサイトもあります。

ただし、2019年7月1日以降に作られた新規サイトや認識されたサイトはデフォルトでモバイルファーストインデックスになっています。
モバイルファーストインデックスの完全移行は、延期が重なりましたが2021年3月末という発表がありました。それまでに、モバイルファーストインデックス未対応のクライアントは、対応をしておかなければ検索順位やトラフィックが落ちる可能性があることを知っておかなければなりません。

モバイルファーストインデックス移行の確認方法2つ

確認方法①:Googleサーチコンソールからのメール

Googleサーチコンソールからのモバイルファーストインデックスの移行通知メール
サイトがモバイルファーストインデックスに移行された場合は、Search Console上に下記にようなメッセージがきますので、こちらで確認することができます。
当サイトに来たモバイルファーストインデックスの通知は下記画像を参考にしてください。

確認方法②:Googleサーチコンソールで確認をする

モバイルファーストインデックスに移行しているかは、Googleサーチコンソールでも確認することが可能です。
Googleサーチコンソールにログインしたら、確認したいサイトを選択します。確認したいサイトを選択したら、管理画面左サイドメニューの「設定」をクリックします。
Googleサーチコンソール画面の設定
「設定」のメニューボタンを押した後に表示される画面の中に、「インデックスクローラー」があります。その中に「スマートフォン用Googlebot」の記載があればモバイルファーストインデックスに移行しています。
Googleサーチコンソール画面のモバイルファーストインデックスかどうかの確認
本画像では2018年8月23日にモバイルファーストインデックスに移行していることが分かります。

補足:通知がくる前にサイトが移行したか確認したい場合には、スマートフォンのGooglebotからのクロールが増加しているか、もしくはGoogleの検索のキャッシュがモバイルページになっているかのどちらかで確認することもできます。

モバイルファーストインデックスによる順位の影響

モバイルファーストインデックスに移行すると、モバイルページの内容が評価基準になります。これによって、検索順位に影響が出るケースが想定されます。特に、モバイル未対応サイト、PCページとモバイルページに情報の差が出てしまっている場合などは、影響を受ける可能性があることを十分に理解して準備をしておく必要があります。

順位に影響があることを理解したら、モバイルファーストインデックスの対応方法をサイト運営者は確認するべきです。
次からは、モバイルファーストインデックスの対応方法とチェックポイントを説明していきます。

補足:ここからはテクニカルな話も出てきます。エンジニアと協力しながらモバイルファーストインデックスに対応しましょう。

モバイルファーストインデックスの対応とチェックポイント

モバイルファーストインデックスの対応方法を説明していきます。まだ移行されていない方は対応していきましょう。
既にモバイルファーストインデックスに移行したと理解する人は、既に問題がクリアになっているか確認をするべきです。未対応の内容がある場合は、順位改善の余地があるかもしれません。
行うべき対応をケースごとに見ていきましょう。

構造化データのマークアップ

構造化データのマークアップが既にPCページで記述されている場合、モバイルページにも記述されているか確認をしましょう。PCとSPでURLが異なる場合やダイナミックサービングの場合、SPに記述されていないことを見逃しがちです。

PCでもSPでも構造化データマークアップの対応がされていないのであれば、これを機会に実装を検討しましょう。

構造化データのマークアップは、検索エンジンがコンテンツを理解するのに役立てることができます。

関連記事
構造化データの基本・仕組み・書き方まとめ
構造化マークアップの設定方法を徹底解説!一歩進んだSEOを行うために必要なこと
Schema.orgを使った「組織」(Organization)の構造化マークアップでGoogleに住所を伝えよう

タイトル(title)タグとメタディスクリプション(meta description)の設定

構造化データのマークアップと同様に、PCページだけにtitleタグやdescriptionタグを記述している場合は、SPにも記述してPCとSPに差分が無いようにしましょう。
モバイルファーストインデックスに対応する基本姿勢は、PCとモバイルでコンテンツを同じにすることです。
PCに記述されたことはSPにも記述をしましょう。

関連記事
【SEOの基本】内タグ(titleタグ・metaタグ)の正しい記述方法
titleタグ(タイトルタグ)とは?SEOを意識した最適な文字数と記述方法
メタディスクリプションとは?SEOを意識した文字数と記述方法やよくある質問

内部リンク設計

内部リンクの設計はSEOの評価を分ける重要なポイントです。そのため、内部リンクの評価もモバイルサイトに移行されるでしょう。
その場合、PCで設計された内部リンクが保持できるように設計するのが良いでしょう。

関連記事
内部リンクとは?SEOで重要な構造設定と最適化について

モバイルページをクローリングできるようにする

モバイルページがブロックされていることで、クローリングできないと、Googleはモバイルページを評価することができません。そのため、モバイルページがクローリングできるようにオープンにしましょう。
例えば、robots.txtによってモバイルページのディレクトリをブロックしているケースが該当します。

モバイルとPCにコンテンツの差異を発生させない

「うちのサイトは、モバイルで見るユーザーが少ないから、モバイル版はページを省略してもいいよね」
「このページはモバイル版だと長くて読みづらいから、デスクトップ版にだけ公開しておこう」
と考え、モバイル版では一部のページを省略している方は要注意です。
デスクトップ版に重要なコンテンツがあるにも関わらず、モバイル版では省略している場合、そのコンテンツで上位表示することは難しくなります。
そのため、モバイルサイトにもデスクトップ版と同様のコンテンツを設ける必要があります。
PCとモバイルでコンテンツに差異が発生している場合、同じコンテンツを提供できるようにするとよいでしょう。

表示速度

モバイルの表示速度に懸念がある場合、早目に解決するのがおススメです。表示速度は検索順位に影響する要因の1つのため、表示速度が速い方がSEOに有利です。それだけではなく、モバイルユーザーは表示速度にシビアです。あまりに表示速度が遅いサイトは離脱して他のサイトに興味を持ってしまう可能性があります。

表示速度が売上に影響するというデータも出ていますので、PageSpeed Insightsなどを活用してページ速度の改善も行いましょう。

関連記事
PageSpeed Insights・Test My Siteでサイトの表示速度をチェックして、サイトスピードを改善する方法

全ページのモバイル対応で解決

もし、モバイル用のページを構築していないのであれば、全ページをモバイル対応にしましょう。
モバイルページがないサイトは、既にモバイルで訪れたユーザーに対してストレスを感じさせています。全ページモバイル対応をすれば、ユーザーストレス軽減だけでなく、SEO集客向上も見込めます。

モバイルファーストインデックスの調査と診断

モバイルファーストインデックスに対応しているかどうかは、先に述べた対応方法がクリアされているかを地道に見ていく必要があります。
対応できているかを確認するためには、エンジニアの協力が必要なので1つ1つ確認をお願いしましょう。もし、モバイルファーストインデックスに豊富な経験がない場合は、当社にご相談ください。
現状サイトのモバイルファーストインデックス対応状況の調査から、サイトの修正指示書を作成いたします。モバイルファーストインデックスだけでなく、その他に対応するべき内容を手順書に加えることも可能です。

まとめ

モバイルファーストインデックスについて移行が始まっており、既に通知がきているサイトもあります。

一方で、準備が整っているサイトから移行が始まっておりませんが、いずれ全てのサイトの移行が完了しますので、この記事を読んで不安な項目があった方は、いまのうちにモバイル対策を検討してみてはいかがでしょうか。

当社では、自社に制作部門を持っているため、マーケティングを考慮したサイト制作が可能です。モバイルサイトの制作も得意としておりますので、心配なことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.