WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Webマーケティングとは?Webマーケティングの注意点など

SEO歴16年、継続率90%以上の良質なSEO会社をお探しの方へ

SEOのアウトソーシングがはじめての人でも大丈夫!当社のSEOコンサルティングは、お客様に合わせて施策をカスタマイズするこだわりのサービスです。

SEOコンサルティングサービスを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティングとは、WebサイトなどやWebの媒体をメインに実施されるマーケティングであり、自社製品や提供サービスなどの販売促進や認知拡大を行うことを目的としたマーケティング手法になります。
Webマーケティングはチラシやフリーペーパーなどの紙媒体(オフライン的な媒体)と最も大きく異なる点は実施した施策の内容が細かく数値として残る点です。
チラシやフリーペーパーなどオフラインの媒体では、閲覧者の傾向などを細かに把握することは困難ですが、Webマーケティングでは閲覧者のWebサイトでの動きを細かく数値化することができ、どういった経路でWebサイトに流入したかやどのような経路で問い合わせ入力を行い完了まで至ったかであったり、特定のページをどれだけの時間閲覧していたかなどを細かく数値化し確認することができます。
上記により、Webマーケティング(オンライン的な媒体)はチラシやフリーペーパーなどの紙媒体(オフライン的な媒体)よりも閲覧者の動きが細かく数値化されるため、効果計測や改善を実施しやすいマーケティング手法になります。

担当者・予算・リソース不足に応えるSEOツールIntimateSEO

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

Webマーケティングとデジタルマーケティングは同一のマーケティングと思われがちですが、実際は同一のマーケティングでは無く、デジタルマーケティングの一種として、Webマーケティングが確立されております。
Webマーケティングの定義としましては、WebサイトをメインにWeb関連の媒体などを活用したWebのみで施策を行うマーケティングという点に対し、デジタルマーケティングはWebだけでなく下記の活用なども行い実施したマーケティングも含まれます。

  • AR(Augmented Reality)
  • ビッグデータ
  • VR(Virtual Reality)
  • デジタルサイネージ
  • IoT(Internet of Things)

Webマーケティングが求められる理由について

Webサイト運営の目的はCV獲得であるため

一般的に、Webサイトの運営を実施する目的は、コンバージョン(成果)を得るためとされております。

例)ECサイトであれば商品を購入してもらうことがコンバージョンとなり、
  見積サイトであれば、見積依頼を獲得することがコンバージョンとなり得ます。

また、コンバージョン獲得を達成するにあたり同業他社(競合)との競争が余儀なくされる状況下においてコンバージョンを獲得していくことが求められます。

Webマーケティングの重要点について

Webマーケティングにおいて重要なことは、ずばりマーケティングスキルです。
マーケティングスキルとは自社サービスと強みや競合との差別化ポイントなどを明確化し、提供サービスの需要があるユーザーを適切なサイトページを流入させ、コンバージョンを発生させる一連の流れを設計するスキルのことです。
マーケティングスキルを活用するには最低限、自社サービスの強みや特徴を理解し自社サービスがどのようなユーザに必要とされているかの深堀を行う必要がございます。
そうすることで、競合他社と比較し注力すべき方向性のが正確に選定でき、コンバージョンに繋がりやすい質の高いユーザーの獲得に繋がります。

効果測定が進めやすいため

Webマーケティングは、チラシや地域誌などといったWeb関連以外の媒体と異なり、細かく閲覧者の動きがデータとして残るため、実施した施策の効果測定が容易に行うことが可能となります。
取得したデータをもとに、実施した施策の良し悪しが明確になりますので悪かった施策への予算をカットして、良かった施策に効率的に予算を充当することができます。

Webマーケティングを開始する際の注意点

Webマーケティングを始めるにあたって、注意すべき幾つかのポイントを下記にまとめます。

目標を設定する

Webマーケティングを進行するにあたり、まずはWebマーケティングを通して何を達成するのかといった目標を設定します。
新規開業の飲食店であれば、新規顧客の獲得や認知拡大でしょうし、賃貸不動産であれば内覧予約の獲得や、法律事務所や税理士事務所であれば初回無料相談のお申込みなどの獲得が目標の設定値として上げられます。

ゴールを設定する

目標を設定した次は、具体的なゴールを設定を行うことを推奨いたします。
ゴールを設定を行う際は定性的ではなく定量的に設定を行い、数値目標として進捗を追えるようにすることが望ましいです。
例を上げますと、「昨対(1年前の各月)よりも受注件数を120%達成する」や「前月よりも売り上げを500万円上げるなど」というような定量的な目標に設定することが好ましいです。
ゴール設定をする上での注意点は、達成が現実的でない数値を設定しないことです。
例えば、「前月よりも受注件数を200倍にする」であったり「昨対よりも粗利を5倍にする」といったゴール設定をしてしまうと、行動量ばかりを注力してしまい行動の質や、行動した内容に対しての振り返りが行えなくなってしまいます。
ゴールを設定する際は達成可能な範囲内で設定を行いましょう。

ターゲットを設定する

自社の提供するサービスにお金を払ってくれるであろうペルソナを設定し、最も効率よくコンバージョンを獲得できるように、アプローチするターゲットを設定します。
ターゲットとペルソナの違いについてはターゲットは「実在する集団」を意味する言葉なのに対し、ペルソナは「実在しているか不明瞭な個人もしくは集団」を示す言葉です。

ターゲットの設定は、

  • 年齢
  • 性別
  • 職種
  • 所在地
  • 家族構成
  • 現在に至るまで経歴
  • どういった悩みを抱えているか

といったレベルまで落とし込み、どういったユーザに自社の提供サービスの需要があるかまで考えることが重要です。

カスタマージャーニーの設定を行う

カスタマージャーニーの設定を実施することで、ユーザの需要や契約完了までのフローの詳細を可視化することが可能となり、自社サービスの強みや競合との差別化部分の訴求を効率的にユーザに実施することができるようになります。
そもそもカスタマージャーニーとは、ターゲットであるユーザが提供されているサービスに興味を持ち、成約に至るまでのフローのことです。
カスタマージャーニーを設定する際には、既に社内でターゲットにまつわるデータを保有していないかや、実際にターゲットとなるユーザーに聞き込みなどを行いターゲットとなるユーザの需要と成約までのフローを熟知することが
Webマーケティングにおいて成功のカギとなります。

KPIの設定を行う

KPI(Key Performance Indicators)とは直訳すると「重要業績評価指標」となります。
内容としましては、ゴール達成をするための指標のことです。
予約サイトで例えると、予約ページのPV数(閲覧数)や予約完了率(CVR)がKPIに該当します。
また、ECサイトですと商品ページのPV数(閲覧数)や購入完了率(CVR)がKPIに当たります。
KPIの設定を実施することにより、実施したWebマーケティングにおいて各フェーズごとでの課題分析が可能となります。
例えば、直帰率が高い場合は流入させたいページの改善を行うべきなのかや、CVの同線となるボタンのデザインが悪いのかなどのフェーズごとの成果の良し悪しを把握し、どのフェーズに問題があるかを分析することが可能となります。

定量分析と定性分析を行う

Webマーケティングにおいて施策案を熟考するにはデータ収集と分析が必須になります。
データには定量的(数値化可能)なものと定性的(数値化できない)なものの2種類に分けられ、数値データを分析することを定量分析といい、ユーザがサービスなどに抱いている印象など数値化できないデータを分析することを定性分析と言います。
定量分析ではGoogle AnalyticsやGoogleSearchConsoleを通じて獲得したデータからサイトへの流入数、成約単価などの確認などを実施します。
定性分析では、アンケート調査や街頭インタビュー、ネット上の書き込みなどのデータを基に分析します。

課題抽出を行い改善案を考察する

定量分析や定性分析を行うことでユーザの根本的な課題がある程度浮かび上がってくるので、その課題に対して改善案を熟考していきます。
ここでは、設定した目標やKPIなどが達成できてるかどうかを振り返るタイミングですので、達成できていないのであれば目標やKPIの設定の見直しが求められます。
課題や改善案については、例を挙げると「Webサイトの流入数が少ない」という課題が抽出できましたら、リスティング広告で流入数を挙げる、SNSアカウントを強化しSNSからの流入を仰ぐことでサイトへの流入数の増加が期待できるでしょう。
Webマーケティングは短期的に成果があらわれるマーケティングでは無いので慌てず落ち着いて1つずつ課題を分析し改善を行いましょう。
ですが、大前提サイトにある程度の流入数が無いとそもそも定量分析や定性分析が実施ができないので、まずは短期的にサイトへの流入が見込めるWeb広告を実施し、将来的にWeb広告に頼らなくともサイトへの流入を獲得するために
SEO対策やSNSアカウント強化も長期的に実施していくことを推奨します。

Webマーケティングにおすすめなツール

Webマーケティングを進める中で、役に立つツールがございますので下記に紹介させていただきます。

MA(マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)とは、マーケティングを半自動化するツールのことで、見込み客の管理やWeb解析、メール配信、クライアントの行動パターンや性別や年齢毎でのデータ記録、フォームの作成などを自動化することなどができるのでWebマーケティング施策をある程度仕組み化することができ、工数削減による時間確保であったり見込み客へのアプローチや既存顧客へのフォローなどが効率的に行えるようになるといったメリットがございます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、ホームページの作成や更新が簡易に管理ができるシステムのことです。
CMSを活用すれば、HTML、CSS、JavaScriptといったホームページを作成する際に必要とされるプログラミング言語を熟知していなくても簡単に綺麗なホームページが作成できます。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールとは、Webサイトの閲覧者のサイト内での動きを解析するツールのことです。
一般的にGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールといったツールが主流です。Googleアナリティクスは、サイトにアクセスしたユーザーの直帰率やどのページから流入しお申込みやCV(コンバージョン)達成に至ったかであったり、各ページの平均滞在時間や、SNSからもしくはどのポータルサイトからサイトへ流入してきたかなどの詳細なデータが蓄積されていきます。
また、Googleサーチコンソールではどのようなキーワードげ検索された際にどのくらい表示されクリックされているであったり、SEO対策で注力しているキーワードの順位が現状どのくらいの順位なのかがデータとして保存されております。
GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどのアクセス解析ツールを用いることでWebサイトどのページに問題があるかであったり、どういったキーワードを優先的に強化していくべきなのかなど課題分析や施策の優先順位設定に役立ちます。
課題分析だけでなくどの施策に対し優先順位を設け正しくに設定することでWebマーケティングの進捗がスピーディーになることが期待できます。

ABテストツール

ABテストツールとは、デザインやテキスト、訴求内容などが異なる2つのページを用いて、各ページの流入数やコンバージョン数を比較するためのツールです。
ABテストツールで主流なツールはGoogleオプティマイズです。
Googleオプティマイズを活用すると、ABテストを容易に設定でき自動で効果検証されたデータを基に最適なケースでWebマーケティングを運用することが可能ですので効率的にサイトへの流入数やコンバージョン獲得数を増加させることが期待できます。

Webマーケティングにおいての注意点

当記事ではWebマーケティングの重要性や始め方やツールなどについて解説をしてまいりましたが、実際Webマーケティングを実施するとなると時間や予算、労力もかかります。
また、競合他社も同様にWebマーケティングに取組みコンバージョン数を増やすために切磋琢磨しておりますので、売り上げや利益が直近で伸び悩むこともございます。
また、Webマーケティングを始める際は実現性のある目標設定やKPI設定を行い長いスパンで考えることが重要です。
少なくとも、6ヵ月から12ヵ月程度の期間を経過観察するのが一般的とされています。
加えて、自社提供サービスの需要があるとされるユーザーの行動パタンや傾向を研究し、Webサイトをどのように活用してアプローチするのが良いのかを考え、直近的なコンバージョンの獲得だけでなく将来的にはどのようにコンバージョンを獲得していくかなどを考察することも重要です。
オーソドックスな直近と将来を見越して取り入れられるコンバージョンを獲得のための施策としましては、リスティング広告とSEO対策です。
リスティング広告で直近のコンバージョンを獲得し、将来的にリスティング広告にかける費用を削減するためにSEO対策を行い上位表示するキーワードを同時進行で増やしていくという行う流れが一般的です。
ですが、上記はあくまで一般的な施策の流れですので、当てはまらない場合もございます。広告の選定を誤るとコンバージョンが獲得できないケースもあれば、SEO対策のために更新したページも検索エンジンから評価されなければ上位表示できないですし、検索エンジンから評価され上位表示化できたからと言ってユーザに評価されなければコンバージョンは獲得できなくなります。
どのようなKPIや目標を立ててどのような施策を選定すべきか悩まれている方は1度、当社までお気軽にご相談を頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Avatar photo

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー
問い合わせ数5倍 1,000社以上の実績
ウルロジ EC事業特化型 物流アウトソーシング
セルマーケ
月額3万円で始められるSEO対策なら「IntimateSEO」

今話題のAIによるコンテンツ自動生成機能も!SEO対策に本当に必要な機能だけを搭載した使いやすさとコストパフォーマンスに優れたWeb集客支援ツールです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F
電話番号 0422-77-1087 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2024 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.