2014.05.13マーケティング全般

Google+ローカルページを「ハガキで確認」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

httpwww.tokyodisneyresort.jpreservationps

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

皆さんこんにちは。先日、海外SEOブログさんが店舗型ビジネスオーナーにとっては非常に重要な記事を投稿していました。

【参考】

あなたがGoogle+ローカルページを絶対に管理しなければならない理由

ディーエムソリューションズはダイレクトメールの発送代行を行っている関係で、切手買取のサイトを運営しています。オンラインで完結するサービスのため、特に店舗があるわけでは無いのですが、このサービスに対してもGoogleが勝手にGoogle+ローカルページを作っていました。

そこで「ハガキで確認」をしてみたところ、1週間ほどで届きました。

google-local-letter-outside

ハガキ、というか手紙ですね。中身はこんな感じ。

google-local-letter-inside

PINコード(ここではモザイクの部分)を入力して、登録完了。
無事ページの編集ができました。

kitte-maricoco

検索結果を見ていると全国チェーンのブランド各社では店舗ごとにGoogle+ローカルページが生成されてしまっているようで、お店のマネージャーに協力していただいて管理をはじめると結構なインパクトがありそうです。なんといってもタダですからね!

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ