2011.05.21SEO記事一覧

サイト内部リンクの最適化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

内部リンクの最適化はここ最近のGoogleアルゴリズムに対して極めて重要な要素となっています。サイト制作が完了してからでは取り返しの付かないことになる項目もありますので注意してください。

また、サイト内リンクの最適化はロングテールキーワードを意識したキーワード設計ディレクトリ構造とも非常に関係の深い項目ですので、これらの記事にも目を通しておくことをお勧めします。

サイト内リンクの設置方法

internal-links

特に重要なのは2、3になると思います。基本的にGoogleは「少ないクリック回数で行けるページ = 重要なページ」と認識する傾向にあるため、ロングテールキーワードを意識したキーワード設計で目標キーワードが設定されたページに対してはTOPページはもちろんサイト内全体にリンクを設置していきましょう。

例えば、TOPページのメインキーワードを「ラーメン」に設定したサイトの下層ページで「ラーメン 東京」での上位表示を目指す場合、ディレクトリ名は「/tokyo/」としてアンカーテキスト「東京」で各ページからリンクを設置します。

URLは統一する(<a>タグのhref属性はできれば完全なURLで記述する)

URLの正規化でも触れていますが、サイト内リンクのURL記述は必ず統一するようにしてください。

url-normalization

 
以下のポイントに注意してください。

チェック項目 ダメな例 良い例
末尾に「index」
をつけない
href=”../index.html”
href=”/index.html”
href=”../”
href=”/”
末尾の「/」
まで記述する
href=”../category”
href=”/category”
href=”../category/”
href=”/category/”
できれば
http://から記述
href=”category/”
href=”./category/”
href=”http://www.abc.com/category/”
「www.」有り無しを
混在させない
href=”http://abc.com/”
href=”http://www.abc.com/”
href=”http://www.abc.com/”
「http://」と「https://」を
混在させない
href=”https://www.abc.com/”
href=”http://www.abc.com/”
href=”http://www.abc.com/”

※「http://」からはじまる完全なURLで記述すべき理由は、万が一「www.」有り無しや「http://」と「https://」が逆転したURLで検索エンジンのクローラーが流入してしまっても被害が最小限に収まるからだと考えています。
 
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ