2019.06.13コンテンツマーケティング記事一覧

コンテンツマーケティング会社に外注するなら知っておきたい パートナー会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング戦略を考える上で、コンテンツマーケティングを実施しているまたは実施を検討している会社も多いと思います。最初は、単にブログやコンテンツを社内で作成し、公開すれば良いと思っているかもしれません。

しかし、戦略のないコンテンツマーケティングはうまく行かず、成果が得られないので続けるモチベーションも低くなり、いつの間にかコンテンツマーケティングが終了している…ということにもなりかねません。

はじめてコンテンツマーケティングに挑戦する場合や、社内での運用に問題を感じている場合にうまく活用したいのが「外注」です。コンテンツマーケティングに関するプロに戦略やコンテンツの作成、運用管理を外注することで、社内のコストを削減しながら広告効果を高めることができます。

そこで、今回はコンテンツマーケティングの外注について、そのメリットや良い外注先の探し方についてご紹介します。

コンテンツ作成は内製と外注どちらがいいの?

コンテンツマーケティングを行う上で大きな論点になるのが、コンテンツ作成を内製化するか外注するかという点です。どちらにもメリット・デメリットがあるので、それを理解しつつ、社内体制や予算と照らして選択する必要があります。

コンテンツを内製するメリット・デメリット

メリット

コンテンツを内製する上での最大のメリットは、コミュニケーションに関するコストが掛からず、運用をスムーズに進められる点です。コンテンツマーケティングには、企画、執筆、編集、公開、SNS運用、効果測定というさまざまな作業を行う必要がありますが、社内でコンテンツを作成すれば細かいやり取りもすぐにできます。結果として、オペレーションが円滑に進みます。ユーザーから反応があれば、それをすぐに反映させることもできるので、コンテンツの質が高まることが期待できます。

デメリット

一方で、コンテンツの内製における社内負担はかなり大きいというデメリットがあります。コンテンツマーケティングの担当となった社員が文章に苦手意識がある場合もあります。社内でしっかり教育体制がとれなければ、コンテンツの質は上がりません。また、専任のスタッフを配置することができなければ、他の業務と兼任でコンテンツ作成を行うスタッフが出てきます。他の業務が忙しくなればコンテンツ制作は後回しとなり、コンテンツマーケティングそのものが成り立たなくなる可能性があります。

コンテンツを外注するメリット・デメリット

メリット

コンテンツマーケティングを効果的に進めるためには、定期的にコンテンツを配信し続けることが不可欠です。できれば毎日更新したいところですが、そのためのコンテンツをすべて内製しようと思うと多くの人員が必要になります。しかし、コンテンツ作成を外注すれば、安定したコンテンツ作成が可能です。

また、外注先によっては専門的な視点を持った執筆が可能なライターがいたり、取材などに長けたプロのライターに記事を作成してもらうこともできます。上手に活用することで、コンテンツの質を高めることができます。

デメリット

外注するデメリットとしては、外注先によってコンテンツの質と内容が大きく変わる点です。コストを抑えたいのであればクラウドサービスを利用して安くライターを探すこともできますが、そのまま公開できるレベルの内容が得られないケースも多いです。質の高いコンテンツを求めて編集プロダクションなどに依頼すると、かなりコストがかかります。コンテンツマーケティングに関するノウハウも社内にたまりません。

また、想定する読者やコンテンツマーケティングの目的などが正しく共有できていなければ、企画意図と異なった内容となり、結局社内で大きく手直ししなくてはならないかもしれません。とは言え、目的に応じた外注先を選び、適切な依頼をすることができれば、コンテンツ作成の外注はコンテンツマーケティングの成功に大きく貢献してくれるはずです。

外注の種類

ひとくちに外注といっても、コンテンツマーケティングサービスを提供している会社に依頼する場合と、フリーランスのライターに依頼する場合の大きく2つのパターンに分けられます。

それぞれのメリット・デメリットを解説します。

コンテンツマーケティングサービスを提供している会社への依頼

コンテンツマーケティングに関する作業を代行している会社へ依頼する方法です。担当者と打ち合わせをしながら、想定読者やコンテンツの内容などを決めていきます。

メリット

外注における社内の作業負担が少ない

ライターの選定や納期管理などは、すべてコンテンツマーケティング会社が行ってくれます。ライターを探して依頼する手間がかかりません。サービスによっては、簡単な校正作業も行ってくれる場合があるので、納品されるコンテンツの質はある程度保たれます。

コンテンツマーケティングについての専門的な知見が得られる

コンテンツマーケティングで効果を発揮するには、キーワード分析やSEOについての知識も欠かせません。制作会社はこれらの知識を有しているので、自社内で戦略を考えるよりも効果的な運用に繋がります。

デメリット

コストがかかる

内製ではなく、外注することになるので、外注費がかかってきます。個別にライター契約を結ぶよりも会社へ依頼する方が、高い費用がかかる場合が多いです。

ライターと直接やり取りしない分、細かいニュアンスがうまく伝わらずに、思い通りの内容に仕上がらないことがあるかもしれません。

自分でライターを選べない

自分でライターを選べない分、専門性や経験の浅い人が担当になるケースもあります。発注の際は、できる限り安定した質の高いコンテンツ作成ができる人を希望しましょう。

フリーランスのライターへの依頼

フリーで活動しているライターを探し、直接依頼をする方法です。クラウドサービスを使って依頼先を探したり、個人で仕事を募集している人を探し、自分で採用業務を行う必要があります。

メリット

会社を通すよりコストが低い

ライターと直接契約をすれば、コンテンツマーケティング会社に支払うよりも、安いコストで依頼できます。また、直接やり取りをするので、細かい要望も伝えやすいです。

信頼できるライターを見つければ、発注がどんどん楽になる

信頼できるライターが見つかれば、継続しての発注がどんどん楽になります。どのようなコンテンツが求められているかわかっているので、細かいニュアンスを汲み取った内容を作成してくれるはずです。

デメリット

ライター選びに時間を取られる

クラウドサービスなどで簡単にライターを見つけることはできますが、質の高いライターを見つけることができるかは話が別です。経験や実績を調べた上で個別にやり取りし、契約を行わないといけないので、社内の負担は大きくなります。

ライターの質が千差万別

いざ発注したとしても、望み通りのコンテンツが仕上がるかどうかはわかりません。個人のライターのレベルは千差万別だからです。場合によっては、大きな手直しが必要になる可能性もあります。

外注する際の料金体系は?

コンテンツマーケティング会社へ外注する際には、どのようなコストがかかってくるのでしょうか?

初期費用

初期費用として、市場や競合の調査、自社(発注先)のサービス理解などの企画を行うための料金が発生する場合があります。

月額固定費用

毎月決まった本数の納品を希望する場合は、本数に応じた月額の固定料金を支払う必要があります。

また、この場合は、最低契約期間を設けている会社が多いです。

内容やライターのレベルによる場合もありますが、1本あたり数千円~数万円が一般的ですが、高い場合ですと数十万円の場合もあります。

また、記事の納品だけでなく、コンテンツマーケティングのコンサルティングや記事の投稿、毎月のレポート提出などを行ってくれる会社もあるため、そのような会社へ依頼する場合には、さらに依頼する内容に応じたプラスの料金が関わってきます。

単発費用のみかかる

毎月の納品ではなく、欲しいときにのみに納品してくれる所謂単発納品のみ行ってくれる会社もあります。

その場合は、記事の単価 × 本数の金額がかかってくる会社が多いです。

良い外注パートナーとは?

料金体系が会社によって異なるとご紹介しましたが、では、良い外注パートナーの条件とは何でしょうか?

ライティングの質が高い

大前提として、ライティングの基本的なスキルが有ることが求められます。コンテンツマーケティングを請け負ってくれる業者であれば、内部である程度経験のあるライターとつながりがあることが多いので、一定の質は保たれているでしょう。しかし、個人の場合は各人のスキルに記事の出来大きく左右されるので、正式依頼前にトライアルをし、記事の質を事前に確認しましょう。

ライティングしたいジャンルと同じ事例が豊富

いくらライティングスキルの高い外注先であっても、ジャンルにより得意不得意があります。依頼したいジャンルの経験が豊富な外注先の方がスムーズに依頼が進みます。

例えば、健康食品や美容関連のジャンルは、「薬機法」という法律により表現にさまざまな制約があります。そのジャンルを得意にしている外注先に発注することで、リスクを減らしながら質を高められます。

多くのライターを抱えている

1人のライターに依頼すると、もしそのライターに何かあった際にコンテンツの作成が止まってしまいます。複数のライターを抱えていて、柔軟な対応ができる外注先だと安心です。

ライティングだけでなく、戦略のプランニングも協力してくれる

単にコンテンツをアップし続けても、戦略がなければ集客には繋がりません。SEO対策やキーワード選定など、効果の出るコンテンツマーケティングのために戦略を一緒に考えてくれる外注先であれば、コンテンツマーケティングの成功に向けて一緒に進んでいけます。外部の専門的な知識を取り入れられるので、社内で試行錯誤する時間のロスも防げます。

選定の際に気をつけたいポイント

最後に会社選定を行う際の気をつけたいポイントをご紹介します。

料金体系はどうなっているか?金額は妥当か?

先述の通り、外注先によってさまざまな料金体系が準備されています。納得できる金額であるか確かめましょう。ある程度、費用はコンテンツの質に影響します。いくら安くてもコンテンツの質が悪ければマーケティングが成り立たないので、料金だけで決めるのではなく、サービス内容を加味して総合的に考えて選びましょう。

どこからどこまで支援してくれるのかを予め確認する

外注先によって、サポート範囲は異なります。ライティングだけを行うところもあれば、コンテンツの企画やキーワードの選定、効果検証までトータルでサポートしてくれる会社もあります。社内の体制によって、どこまで外注すべきかの判断は異なります。まずは、どの作業を依頼したいかを考え、それを網羅しているサービスかどうかを確認しましょう。

目的にあったライティングができるか

コンテンツマーケティングの目的は何でしょうか?いくつか例を挙げると、SEO対策を充実して自然検索からの流入増加を狙うことを目的とする場合や、SNSでバズらせて注目を集めることが目的である場合が考えられます。同じコンテンツマーケティングでも、目的が違えばアプローチも変わってきます。目的を達成するために最適なライティングを提供してくれるか見極めましょう。

納品だけでなく、戦略を提示してくれるか

コンテンツを納品して終わりではなく、マーケティングの全体像を見た上で、改善策や今後の戦略を提示してくれる会社もいます。長期的な付き合いを考えると、会社側から改善案を提示してくれる外注先のほうが信頼でき、効果改善にも繋がります。

おわりに

コンテンツマーケティングは、すべてを内製でまかなおうとすると負担が大きいマーケティング戦略です。なにより、継続してコンテンツを作成し続けることが必要だからです。社内リソースにも限りがありますから、今回ご紹介した観点を参考に、よい外注先を探してみてください。信頼できるパートナーに巡り会えれば、専門的な知識や経験を取り入れつつ、コンテンツマーケティングのレベルを高めることができるはずです。

当社は、コンテンツ制作はもちろん、SEO対策やリスティング広告など、さまざまな角度からマーケティングに関するサポートを行っています。マーケティングに関する多角的な視点があるからこそ、ユーザーのニーズを見極めたご提案が可能です。興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。