2014.09.08コンテンツマーケティング記事一覧

コンテンツマーケティングでユーザーの心をがっちり掴む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i-grab-hearts-of-user-00

今話題のコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、有用な情報を発信する事で、将来的な見込客や顧客との「つながり」を持つためのマーケティングです。

2012年くらいから注目を集め、Googleが、自らの検索エンジンに変革をもたらしたGoogleペイジランクの基礎指標であるページへの外部リンクの質・量による評価から、「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」などの新しい検索アルゴリズムを取り入れることでコンテンツの評価を重視する方向性を打ち出しました。

これによりコンテンツを主体としたマーケティングの必要性が加速度的に高まりました。

 

認知度は高いが実施度は低い

日本でも今年に入り多くの企業から注目を浴びているマーケティングですが、2014年5月に開催されたJAPAN IT WEEK・WEB&モバイルマーケティングEXPOの来場者に対してディーエムソリューションズが行ったコンテンツマーケティングに関する意識調査では、75.7%の回答者がコンテンツマーケティングを行っていないという調査結果になりました。

また、コンテンツマーケティング導入における課題については「ノウハウの不足」「人員の不足」「効果が分かりづらい」といった回答が多く、まだまだ各企業とも高まるコンテンツマーケティングへの期待や認知に対して、導入に向けた体制が追いついていない状況が垣間見れます。

まだまだ、コンテンツマーケティングを実施している企業が少ない状況ですが、上記のような課題を解決していくことにより、今後、導入企業が増えていくと予測できます。

コンテンツマーケティングの実施に関して

コンテンツマーケティングの課題

■調査概要

調査目的 コンテンツマーケティングに関する担当者の意識調査
調査方法 アンケート調査
調査時期 2014年05月14日(水)~05月16日(金)
調査数  333人
調査対象 2014年Web&モバイルマーケティングEXPO 春 来場者

詳細はこちらからDLしてください>>>コンテンツマーケティングに関する意識調査-2014年

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングではまず、ユーザーの為になる有用なコンテンツを作成して、企業ブランドで情報発信することにより認知を獲得し、将来的な見込客や顧客との「つながり」を獲得することを目的とします。

継続的に有用なコンテンツを作成していくことで、コンテンツがストックされ資産となり、ターゲットユーザーへの認知拡大と専門分野での権威(オーソリティ)の獲得につながります。

将来的な見込客や顧客との「つながり」とは?

「つながり」とはユーザーがコンテンツを体験した時に起こす「エンゲージメントのことです。
具体的には、「いいね」「リツイート」「+1」「ブックマーク」「無料レポートのダウンロード」「メルマガ登録」など・・・ユーザーがコンテンツを体験した時に「これはいい」と感じることで起こす行動を言います。

記事のコンテンツが高品質でユーザーの心を掴んだ場合は、ソーシャルメディアでの拡散が起こり、いわゆる「バズる」という現象が起きます。

実際に当社が運営する育毛剤の比較サイトの記事がバズった事例をご紹介致します。

 

「ユーザーの心を掴んだ」成功事例

育毛剤比較@ランキング

当社が運営する育毛剤比較@ランキングのメインターゲットである20代~30代の男性に向けたコンテンツの作成を行う際、誰のためのコンテンツなのかを考え、コンテンツを届けるターゲット像を明確化しました。
このターゲット像が明確になっていない場合、プランナー・ライター・編集者、それぞれの中で作成するコンテンツの中身にズレが生じる可能性があります。
「メールテクニック」に関するコンテンツを作成する場合、ビジネスマンのメールテクニックと好きな人に送るメールテクニックは大きな違いがありますが、ユーザー像を明確化していない場合は、どちらにもなり得ます。
そのようなズレを起こさない為にもターゲット像はより詳細に作成する必要があります。

 誰に向けたどんなコンテンツで何をして欲しいのか?

育毛剤を購入する男性に対して育毛を促すようなコンテンツを作成し、はてなブックマーク・いいねなどを獲得することを目標としてコンテンツを作成しました。

ターゲット像

imasia_3289668_M性別:男性
年齢:20代
ニーズ:季節の変わり目のせいか、最近抜け毛が多くなってきて心配している。まだ髪はしっかりとあるが、もともと髪の毛は多くなく細いので抜け毛が進行したらあっという間に禿げてしまうのではないかと疑心暗鬼になっている。そろそろ育毛や抜け毛の予防に力を入れようと思っているが、まず何をすればいいかわからないことで不安を募らしている20代男性。

 

コンテンツの作成と公開

ikumozai-articlerターゲット像をコンテンツライン(プランナー・専門ライター・編集者)で共有し、育毛を促すような記事を文字数2000文字以上・画像8点で作成しました。

コンテンツを公開して、どのように拡散したのかポイントを時系列でまとめてみました。

 

 

 

コンテンツが拡散する時系列

記事公開1日目

1.3月14日の夜に記事を公開

2.3月14日に少数の流入が始まる

記事公開2日目

3.Twitter・Facebookのシェア・いいね・はてなブックマークを活用

4.はてなブックマークの新着にエントリー

5.Gunosyなどのコンテンツキュレーションサービスに掲載される

6.キュレーションサイトからの訪問数が急激に増える

記事公開3日以降

7.日毎に訪問数が減少するものの3週間後まで流入が続く

Googleアナリティクスによる訪問数の推移

ソーシャルメディア拡散事例

たった1記事がユーザーの心掴んだだけで、流入数が爆発的に増えていくのです。

このようなコンテンツを数多く作成し、ストックされ、検索エンジンから評価が高まることで、過去に作成した記事からも多くのユーザーが流入してくる良い流れができるのです。

Googleアナリティクスによるデータ検証

コンテンツマーケティングのGoogleアナリティクスデータ

ほとんどの記事への流入したユーザーが記事だけを見て帰ってしまう傾向があります。それを改善するために、記事下部に関連記事や推薦記事などの導線を設置し遷移させ、1ユーザー当たりの訪問別ページビューや訪問時の平均滞在時間を増やし、直帰率を下げる工夫が必要です。Googleアナリティクスのデータ取得の仕様上、次ページに遷移しないと滞在時間が取得できないので、滞在時間などはあくまでも目安にしてください。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。コンテンツマーケティングはコンテンツを作ることが目的ではなく、作ったコンテンツによりユーザーとどのように「つながる」かが、もっとも重要になります。

そのためには「誰に」「何をしてほしい」「どのようなコンテンツで」を明確にする必要があります。

「誰に」→「何をして欲しい」→「どうようなコンテンツで」の順番で考える

そのコンテンツは誰に向けてのものなのでしょうか?SEO担当の新入社員と3年目の社員では、響くコンテンツも違うはずです。新入社員向けには「これだけは入れておきたいChromeのSEOアドオン10選」を用意し、3年目の社員向けには「Googleが自然言語検索で実現するインテリジェントWEBとは」など、より専門的なコンテンツを用意する必要があります。

メルマガ登録をして欲しいのであれば、記事下部にメルマガ登録フォームや遷移できるリンクを設置する必要があるでしょうし、ソーシャルメディアでの拡散を狙っているのであれば、ソーシャルブックマークボタンを設置する必要があります。

どのようなコンテンツであれば「して欲しいこと」をユーザーがしてくれるのか、考えることがとても重要になります。ソーシャルメディアでの拡散が目的であれば有用なコンテンツがあればできるかもしれませんが、メルマガに登録してもらうためには、メールアドレスの登録と引き換えにホワイトペーパーなどのコンテンツを用意する必要があります。

コンテンツマーケティングを実施する際には、「誰に」「何をしてほしい」「どのようなコンテンツで」を意識して実施してみてください。成功する場合もあれば失敗する場合もあると思いますが、なぜ成功したのか?なぜ失敗したのかを考えて知見を磨くことによって成功率は高まっていくはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
木村和央

木村和央

ディーエムソリューションズ株式会社 バーティカルメディア事業部 部長。数多くのサイトのSEOコンサルティングを手掛け成功させてきたSEOエヴァンジェリスト。ホームページからの売り上げを4ヵ月で2000倍以上にしたなど、豊富な実績を持つ。