WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

ライティング初心者が知っておきたい記事作成のコツ!読みやすい文章を書こう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライティング初心者が知っておきたい記事作成のコツ!読みやすい文章を書こう

突然ですが、記事を作成することは得意でしょうか?
近年ではWEBメディアを介して情報発信を行う機会が増え「ライティングの技術の向上」に関心をもつ方も増加傾向にあります。

今回は、ライティング初心者が知っておきたい記事作成のコツについてご紹介していきます。こちらの記事を参考に読者にとって読みやすい文章を書いてみてくださいね。

「記事作成は苦手」と思っていませんか?

昨今ではビジネスコラム・オウンドメディアといった、さまざまなサービスや商品に関連した情報をコンテンツとして発信される機会がグンと増えました。「記事作成を会社内で行っている」という企業も珍しくはないでしょう。

しかし個人の日記やブログを書くことと、仕事やビジネス上での記事作成では、その書き方が異なってきますよね。

「考えすぎてどう書けば良いのか分からなくなってきた…」「分かりやすく読みやすい記事にするにはどうしたら良いのか…」「そもそも基本的な記事作成の手順を知らない!」などといったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

こういった悩みが解消されないまま記事作成をし始めてしまうと、「記事作成はやっぱり苦手…」という意識につながってしまいやすいのです。

そのような「苦手意識」を解消させるには、仕事やビジネス上での記事作成手順を知ること、そして読みやすい記事にするコツを知ることが大切です。正しい記事の書き方を知れば、記事作成はもっと楽に・楽しく行えるようになるでしょう。

ライティングで大切なのは「読者側に立つ」こと

記事作成としてこれからライティングを始める際に覚えておいていただきたいのが、「読者側に立ち、読者の知りたい!を満たす」ということです。

紙・WEB問わず、どのような媒体の記事であっても「記事を探し出して読む」という行為をする読者の背景には、「○○の情報が知りたい」という想いがあります。そしてその「想い=目的」を達成することができる、最適な記事情報を探しているのです。

また「○○の情報が知りたい」という想いは同じでも、その読者の心持ちはそれぞれ異なる場合もあります。たとえば「疑問にもっていることを解消したい」「知的欲求を満たしたい」「ちょっと気になるから軽く暇つぶしの気分で調べてみた」など、記事を探している読者側の心持ちもさまざまなのです。

読者がその情報を求めている理由・状況をイメージし、読者の「目的」を解消できるよう意識しながらライティングを行うことで、「これは良い記事だ」という印象を受けてもらいやすくなります。どのような記事であっても、まずは「読者の知りたい!を満たせる情報提供をし、読者から信頼を得ること」が大切なのです。

また、それと同時に知識として覚えていただきたいのが、ライティングの手法にはさまざまな種類があるということです。
会社が運営するメディアの記事というものは当然、個人日記やブログとは区別して書き分けなければいけません。正確な情報・オリジナル性などをきちんと踏まえたうえで、分かりやすい・読みやすい記事を作成できれば読者側の信頼性も高まることでしょう。

そのためには、「読者が読んでいて負担にならないよう、書き方を工夫する」ということも大切なのです。

基本的な記事作成の手順について

ここからは基本的な記事作成の手順についてご紹介していきます。
最初にお伝えしておくこととして、「記事作成で大切なのは、ライティングを行う前の準備である」ということです。この前準備こそが記事の完成度を決める、といっても過言ではないでしょう。

とくにライティング初心者さんであれば「とりあえず書き始めてしまいたい…!」という気持ちに駆られてしまうかもしれません。しかし、きちんとした準備を行わずにライティングを始めてしまうと、途中で情報が足りないことに気づいてしまったり、書きたい内容がぶれてしまったりと混乱するような状況に陥りかねません。

そのため、まずは基本的な記事作成の手順を確認していきながら、一緒に前準備を進めていきましょう。

記事の内容と目的を決める

一番初めに「記事の内容・目的を決める」ということを行っていきます。「何を目的として、どのような内容を書いていくか」を決めていくのです。

具体的には「読者であるターゲット層」「記事のメイン要素」「記事の最終的な目的」「狙うキーワード」をそれぞれ設定していき、記事の解像度を上げていきます。

記事の構成(見出し)作成を行う

初めに記事の構成(見出し)を作らずライティングを始めると、途中で「記事の最終的な目的」や「伝えたい内容」がぶれてしまう場合があります。記事の構成は、どのような内容の記事にするかをはっきりと明確にする設計図なのです。

記事作成に必要な情報収集を行う

記事を作成していくにあたり、参考となる資料が無ければライティングを行うことはできません。書籍インターネットを利用し、記事作成に必要な情報収集を行っていきましょう。

ただこの際、間違った情報を記述してしまわないように注意が必要です。とくにインターネットの情報は、憶測で書かれている情報なども多いです。公式のサイトや官公庁のホームページなど、信頼できる情報で確実性の高いものを載せるようにしましょう。

「構成をどの範囲まで細かく作り込むか」という点は個人差がありますが、ライティング初心者の方や記事作成に慣れないという方は、できる限り構成を詰めておくとライティングに行き詰まることも少ないでしょう。

本文を書いていく

構成が完成したら次はその構成をチェックしていきながら、本文のライティングも行っていきます。構成を細かく作り込んでおけば、「途中でどのような内容を書けば良いのか分からなくなってしまった…」ということもありません。

ただライティングを進めていると、追加で調べなければならない内容も出てくるでしょう。そういった場合は必要に応じて、正しい情報をチェックしていくようにしてください。

記事の見直しと修正を行う

ライティングが終わったら、最後に記事の見直し・修正作業を行いましょう。この「見直し作業」があるか無いかで、記事の品質は大きく変わってきます。ぜひ、面倒だと思わずに取り組んでくださいね。

見直しで何を確認するかという内容も、個人個人で異なります。しかし最低でも「誤字脱字」「文法のズレ」「言葉の誤用」「記事タイトルと内容に矛盾が無いか」などは確認が必要です。

そのほか、会社内で独自のライティングルールや規定が定められている場合もあります。そのような場合は、このルールや規定に従って見直し・修正を行っていきましょう。

【読みやすい記事に】記事作成のコツをご紹介

ここからは、より読みやすい記事にするため、記事作成のコツについてご紹介していきます。

記事構成は起承転結を意識する

文章には「起承転結を付けることが大切」という内容を耳にしたことがあるかと思います。ただ、この「起承転結」は物語などの創作的な文章に用いられることが多い構成になります。

WEB媒体のライティングを行う際には、最初に結論を述べて読者をひきつける「頭括型」の構成を記事に取り入れるのがおすすめです。

WEB媒体は基本的に「自分が求める情報が載っていなければ他のサイトに移動する」「記事が何ページ続くか分かりづらい」という特性をもっています。そのためWEBの記事を作成する際には、記事の冒頭でまず結論を述べてしまう「頭括型」、もしくは、まとめの部分で再度結論をまとめて述べる「双括型」の構成を取り入れることをおすすめします。

見出しを意識して取り入れる

初めて記事を見た際に「この記事には何が書かれているのか分からない、文章量がただただ膨大な記事」だと分かれば、その時点で読む気が無くなってしまう読者も多いでしょう。

どうしても文章が長くなってしまうという場合は、まとまった文章ごとに区切りをつけ、内容に見出しを付けることですっきりとした印象の文章になります。

見出しを付け、ほかの文字サイズとの違いを出すことによって、何の情報が書かれているかが一目で分かるようになります。この結果、読者自身が求める情報に早くたどり着くことができるため、記事を読んでもらいやすくなるのです。

改行を積極的に取り入れ、読みにくさを回避する

WEB媒体に掲載する文章というのは、紙媒体の文章に比べると改行が多めに取り入れられているということをご存じでしょうか?

スマートフォンやパソコンを通じて画面越しに読む「WEBメディア」は、文字と文字の間がぎっちり詰められていると読みにくくなってしまうという特徴があります。文章の区切りが良い部分や、強調しておきたい部分に改行を取り入れると、画面越しであっても読みやすくなります。

ただ、記事を閲覧する媒体によって画面上で表示されている文章の折り返し地点は異なるものです。とくにスマートフォンの場合、文章途中で改行を入れてしまうと、違和感のある位置で文章が途切れてしまうような表示になるため、注意しましょう。

また、近年ではスマートフォンの普及に伴い、WEBメディアの大半はパソコンからではなく、スマートフォンからの閲覧を行われることが多くなりました。

そのため基本的には「スマートフォンからの閲覧」を前提として、ライティングを行うのがおすすめです。パソコンから記事作成を行うという方が多いのですが、パソコンでライティングを行っていたとしても「読者がスマートフォンで読む」ことを意識して、適度に改行を入れていきましょう。

記事を掲載するWEBメディアにスマートフォンでアクセスして、どれくらいの文字数で改行が行われているのかを一度確認してみても良いかもしれません。

同じ語尾を連続で使用しない

文章の語尾は、敬体の「です」「ます」、もしくは常体の「~だ」「~である」のどちらかに統一させるようにしましょう。

しかし「~です」ばかりなど、同じ語尾が連続して出てくると、単調でつまらない印象を受けます。できる限り前後の文章の語尾がそろってしまわないよう、注意しながらライティングを行っていきましょう。

表記を統一させる

言葉の意味は同じであっても漢字・ひらがな・カタカナなど、日本語にはさまざまな表現があり、使い分けを行うことで読みやすくしたり、強調したりといったことができるようになります。

理想的なのはメディアごとにライティングの表記ルールを決めて、統一を行うべきなのですが、ライターが何人かに分かれている・既存の記事が大量にあるという場合もあり、統一することが難しいこともあるでしょう。そのような場合、すべての記事を統一させる必要はありませんが、1記事の中で表記のぶれが起きないように注意してください。

⇒表記ゆれとは?SEO対策で押さたいポイントと対策方法

ひらがなと漢字を効果的に使い分ける

ライティングを行う際には、漢字・ひらがなのバランスにも注意が必要です。
記事内に漢字が多すぎてしまうと、記事全体が「黒い印象」になってしまうのです。

読者の記事に対する第一印象を悪くしかねないため、漢字ばかりではなく、漢字で表記できる単語もひらがなに変換して書くということも行ってみましょう。

このように、漢字表記できる単語をあえてひらがなに変換して書くことを「ひらく」と言います。漢字表記ばかりで記事が堅苦しくなり、読みにくくなってしまうことを防ぐため、出版業界ではよく用いられている手法です。

メリット・デメリットを書く

インターネットで記事を探している読者は「自分の中の問題を解決させたい」という考えの元、最適な情報を提供してくれる記事を探しています。

そのため「メリット」「デメリット」といった一目で記事の内容が分かるようなタイトル・見出しを作成すると読者の目にとまりやすく、読んでもらいやすいのです。ただ、「デメリット」の単語はマイナス表現につながるため、「注意点」などに書き換えるなど扱いには注意が必要です。

「まとめ部分」は読者に向けて伝えたいことを簡潔に書く

記事のまとめ部分は「最終的に読者に何を伝えたいのか」を簡潔に書くようにしましょう。
「文章をすべて読むのは少し抵抗がある…」と感じている読者の中には、まとめの部分だけを読むという方も少なくありません。時間のある時に読もうかどうかをまとめの部分で判断したり、まとめを読んで内容をざっくりと理解したりといったことができるためです。

おわりに

今回は、ライティング初心者が知っておきたい記事作成のコツについてご紹介しました。
文章を書くことに対して苦手意識をもっておられる方も多いのですが、正しい書き方や手順を知ることで文章が格段に書きやすくなることもあります。

また、ライティングを行ううえで最も大切なことは「読者側に立つ」ということです。読者の求める情報を的確に示すことや、記事全体の読みやすさに気を遣うということは、「読者想いの記事」であると言えます。

今回の内容を参考に、読者への配慮を最大限に行い、「ストレスを感じさせない記事」「読んでいて疲れない記事」を作成できるよう、ライティング向上に努めてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.