WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

ライティングを外注する際の注意点やメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライティングを外注する際の注意点やメリット・デメリット

ライティングを外注することで、様々なメリットが生じます。一方で、これまではなかった費用負担が出る、想像とは違う記事が仕上がってしまうといったデメリットも考えられます。ここでは、ライティングを外注する際、そのようなデメリットに出会わないための注意点や、ライティング外注によって発生するメリットについて解説いたします。

ライティング外注先の種類

自社メディアを充実させるために、外部ライターに依頼するサイト運営者も珍しくありません。ライティングの外注はSNSなど個人でライターを見つけても良いですが、良質なライターを探すのには時間がかかり、さらに、ライターがどの程度の記事を書けるのかまでは判別しにくいというリスクがあります。

そのため、ライティング外注を行う場合は、下記のプラットフォームを検討しましょう。

クラウドソーシング型

「ランサーズ」「クラウドワークス」など、有名なクラウドソーシングサイトを利用してライターを探すことができます。

まず、希望するプラットフォームにクライアント側(依頼者)としてアカウント登録をします。登録後は依頼ページを作成してライターからの応募を待つ方法と、自ら任意のライターに声をかける方法があります。

ライターからの応募は、よほど悪条件でなければ1つの依頼に対して5件程度の応募が集まります。応募したライターはプロフィールから実績を確認できるため、依頼に沿った内容が書けそうか、信頼して任せられそうか判断します。

自らライターに声をかける場合、条件検索でライターを探すことができます。単価、ジャンルなどでキーワードを設定し条件に合ったライターを見つけメッセージを送信、こちらの依頼条件とライターの提示条件が合えばマッチング完了です。

クラウドソーシング型は、「仮入金」というシステムを採用しています。仮入金とは、いわゆるクラウドソーシングへの預け金です。仮入金なしでライターに仕事をスタートさせることは禁止されているため、ライターを見つけたら依頼ページの作成→ライター承諾後、こちらが仮入金を済ませてから仕事がスタートします。

ライター、もしくはクライアント側が仕事完了を宣言すれば、クラウドソーシングに預けていた仮入金がライターの手元に渡ります。その後、お互いを評価して依頼完了、ここまでがクラウドソーシング型の一連の流れです。

ライティング代行社型

もうひとつのライティング外注の方法が、ライティング代行社に依頼するというものです。ライティング代行社は有名なところでは「記事作成代行ドットコム」「Buildup」などが挙げられます。

問い合わせを1回~数回繰り返して細かい内容を伝え、見積もりをもらい、納得すれば依頼をかける、同時に代行社が専属のライターに依頼をかけ記事作成がスタートするのが一般的な流れです。

ライティングは代行社に社員として雇われているライターか、代行社が信頼をおける外部ライターが行います。いずれにせよ、クラウドソーシングとは違い代行社という編集のプロを間に挟むため、記事クオリティは一定以上が期待できます。

ライティング外注全体のメリット・デメリット

ライティング外注は、どのプラットフォームに依頼をかけても発生するメリット・デメリットがあります。

ライティング外注のメリット

ライティングを外注することで得られるメリットは下記の3つです

  • 記事の量産ができる
  • 時間を効率に使える
  • 専門性に長けた記事が作成できる

外注することでコンテンツ母数が増えれば、当然、より多くのユーザー集客が見込めます。しかし、サイト運営には記事作成だけでなく、カテゴリの設定やスケジュール管理、改善点の模索などやるべきことが盛りだくさんです。そうした様々なタスクの中から、ライティングを外注することで、ライティングにかけていた時間をその他の業務に割くことができます。サイト運営は上流工程を考える時間も大切なので、自分の時間に余裕を持たせる1つの方法が記事の外注です。

また、自社サイトの専門性に見合ったライターと出会えれば、より深い内容で作成可能です。専門ジャンルは一定のニーズがあるため、より深く広い内容のコンテンツを増やせれば、それだけサイト利益も発生しやすくなります。

ライティング外注のデメリット

一方でデメリットは下記が考えられます。

  • 外注費がかかる
  • 制作の意図のずれが生じる
  • ライターを見つけるのが困難

自分で記事作成をしないため料金が発生するのは当たり前だとしても、お金を払ってできあがった記事が求めていたクオリティ以下、思っていたものと違ったという可能性もあります。

ライターの力量不足も原因のひとつですが、依頼者とライターの意識の擦り合わせが甘く、制作の意図がきちんと伝わっていないのも理由として考えられます。

1を言って10理解してくれるライターに出会えれば良いですが、なかなかありません。ライターに求める力量はもちろん依頼者とライターの相性も重要なため、適任といえるライターに出会えるには多少の運も必要かもしれません。

また、ライターをコントロールするリソースも必要です。記事の依頼から記事確認、請求関連など業務は意外にあるものなので、外注するといえども工数がかかる点に注意しましょう。

クラウドソーシング・代行社のメリット・デメリット

ここまで、記事外注で発生する共通のメリット・デメリットについて解説いたしました。ここからは、記事外注の依頼先によって異なるメリット・デメリットを解説いたします。

クラウドソーシングのメリット

まずはクラウドソーシング型のメリットを見てみましょう。クラウドソーシング型の記事外注メリットは下記の通りです。

  • ライターを見つけやすい
  • ライターの幅が広い
  • 安価でも依頼ができる

クラウドソーシングはライター登録数が非常に多いため、一度依頼をかければ複数のライターが応募をすることも珍しくありません。

ニッチなジャンルであっても、「書ける!」というライターに出会える可能性が高いのが、クラウドソーシング型の魅力です。また、金額設定も1文字1円前後~と、ライティング代行社に比べ比較的安価ですみます。

クラウドソーシングのデメリット

一方でデメリットは以下が考えられます。

  • 手数料がかかる
  • ライターとの直接連絡は基本禁止
  • クオリティが安定しない

クラウドソーシングを利用する以上、依頼者側が手数料を負担します。相場は10万円以下の依頼で20%程度です。

さらにライターとの直接の連絡を禁止しているクラウドソーシングも多くあり、連絡のやり取りは基本的にクラウドサービス上を経由して行います。そのため、ライターがサイトを確認しなければ連絡に気づいてくれない、という事態も考えられるでしょう。

また、多くのライターがいるメリットがデメリットともなり得るのが、クオリティに差がでやすいという点です。安価で依頼ができる分、初心者ライターも多く、求めていたクオリティとかけ離れたものが納品される可能性もあります。

一定以上のクオリティを求めるのであれば、クラウドソーシングであってもそれなりの報酬額は準備をしておいた方が良さそうです。

ライティング代行社型のメリット

一方で、ライティング代行社型のメリットは下記の通りです。

  • クオリティが安定している
  • ライターとのトラブルが少ない
  • サイトの改善点や指針もアドバイスがもらえる

ライティング代行社は、記事作成に信頼をおけるライターに依頼するため、安定したクオリティを提供できます。ライターと直接やり取りをするわけではないため、言いにくい修正依頼も切り出しやすく、さらにライターとのトラブルを回避できるのが代行社の強みです。

ライティング代行社の中には記事作成のみならず、サイトの方向性やどうCVに結びつけるかなどをアドバイスしてくれるところもあり、ライティング以外にも力になってくれます。

ライティング代行社型のデメリット

ライティング代行社のデメリットは

  • 費用が高額になる

という点です。納品される記事のクオリティについては心配ないものの、その分、それ相応の費用がかかります。

1文字当たりの金額は、クラウドソーシングより高くなります。しかし費用がかかった分、良質なコンテンツを得られてCV利益が発生するのであれば、必要な出費だといえます。

ライディング外注の際の注意点

お金を払ってライティングを外注したのに、想像と違ったものが納品されてしまった……そんな失敗がないように、ライティング外注の際には次の注意点に留意が必要です。

1.自社情報を提供する

まず、どのような記事を書いて欲しいのか、どこに注意してほしいのか、納期はいつで修正は何回までできるのか、読者のペルソナ(人物像)など、細かい内容の共有が大切です。自社で持っている情報を共有してあげれば上げるほど、事業理解がされ良い記事になる可能性があります。
良いライター、ライティング代行社であればヒアリングを徹底する場合が多いですが、ライターによっては遠慮してしまうケース、もしくは不要と思われていることもあるかもしれません。良い記事を書いてもらうために、自社ビジネスを理解が進む情報は積極的に開示しましょう。

一方で、自社情報をおろそかにして出来上がった記事は、イメージする読者層が曖昧で内容も抽象的など、読み手のニーズに応えきれていない場合があります。

2.依頼目的を明確にする

ライターには得意ジャンルに差があります。サイトの最終目的がどこなのかを見極めて、最終目的に達成できるライターを探すようにしましょう。

例えば、「最終的には検索エンジンからのアクセスを増やしたい」というのが依頼目的であれば、SEOライティングが得意なライターが必要です。「ユーザー満足度を高めたい」であれば、該当ジャンルで濃い内容を書ける専門ライターにおまかせします。

「成約、申し込み、注文を目指したい」というのであれば、記事LPが得意なライターなど、依頼目的に沿ったライターと出会うのが大切です。

3.マニュアルを作成する

マニュアルがなくライターに丸投げ状態では、思ったような記事が仕上がらない可能性があります。文体は「ですます調」か「である調」か、文字数は何文字以上、何文字以下なのか、参考サイトで禁止しているのはどこかなど、必要最低限のマニュアルは作成しておきましょう。

ただし、細かすぎるマニュアルはライターに敬遠されてしまいます。自身で手を加えられる範囲がどこまでなのかを想定したうえで、「最低限これは守ってほしい」という内容の見極めをしましょう。

おわりに

ライティングの外注依頼は、メリットもデメリットも存在しますが、時間に余裕が作れるのが魅力です。ライティングを外注してできた時間でさらにサイトの充実化を目指せれば、CV達成への可能性も高くなります。

どこにライティング依頼をするのがベストかは、それぞれです。自身のサイトに見合った依頼先を探し、サイト運営の円滑化を目指しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.