WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

初心者でも簡単!Webライティングの基本とポイントを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者でも簡単!Webライティングの基本とポイントを解説

Webライティングは「検索エンジンに伝わりやすい」「ユーザーにとって読みやすい」ことが求められます。Webライティングの基礎知識を習得し基本に則って文章を作成すると、SEO効果を高めることにもつながり、検索結果で上位表示も可能になります。
今回は、今すぐ実践できるWebライティングの基礎知識について解説します。

Webライティングとは

Webライティングとは、インターネットを通してユーザーに読まれることを前提とした文章のことです。また、SEOで上位表示されやすいライティング技法の意味合いも含まれます。
はっきりとした定義や要件があるわけではありませんが、一般的に「分かりやすさ」に特化した文章であるのが大きな特徴です。論理性が求められる論文や、表現力・独創性が魅力的な文学作品とは、役割も求められる文体も違います。

Webライティングにおいては、検索エンジンが読み取りやすい文章であること、どの端末でもユーザーが読みやすい文章であること、が重視されます。

なぜWebライティングが必要なのか

Webライティングは、検索エンジンからの評価とユーザーの満足度を高めるために必須のスキルです。分かりやすく作成されたテキストは、検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝えることができます。また、検索エンジンはユーザーに有益な情報を提供するコンテンツを高く評価する傾向があります。
そのためWebライティングを意識すると、検索結果での表示順位アップが期待できます。また、ユーザーがストレスなく読めるので、離脱率も低下し、結果としてページの評価がさらに高くなるという好循環が生まれ、コンバージョンの向上も見込めます。

Webライティングの基本の構成法

Webライティングの本質は、ユーザーに情報を分かりやすく伝えることです。
具体的には、結論から述べる、見出しで情報を整理する、などのコツが挙げられます。

ライターの思うままに書くのではなく、一定のルールに則った文章をかけるようにする必要があります。そのために使われているのが、SDS法とPREP法という文章構成法です。
何から始めたらいいかわからないという方は、基本の構成に沿って文章の流れを考えてみましょう。

SDS法

SDS法は、「同じ内容(結論)を3段階で伝える」構成法です。伝えたいメッセージが端的に繰り返されるので、ユーザーにスピード感を持って情報を伝えたいときに向いています。ニュース番組の構成と似ています。

SDS法では、以下の順序で文章を組み立てます。

  • S=Sumally、全体の結論
  • D=Details、詳細の説明
  • S=Summary、全体のまとめ

PREP法

PREP法も、SDS法と同じく結論から述べる構成です。異なる点は、理由や具体例を用いてより深く内容を伝えられるところです。ストーリー性も作りやすく、ユーザーの共感も得られるのが特徴です。

  • P=Point、結論
  • R=Reason、理由
  • E=Example、具体例
  • Point=Point、結論

SDS法も、PREP法も、最初と最後に結論を述べる点が共通しています。日本語の文章は最後に結論を持っていきがちですが、意識して冒頭にも結論を述べるよう意識付けするだけでも、読みやすさは大きく変わります。結論というとイメージしにくいかもしれませんが、「記事の要約を書く」ようにするとイメージしやすいでしょう。

Webライティングの手順

Webライティングの手順を説明します。

ペルソナを設定し、記事の構成をつくる

いきなり文章を書き始めずに、まずは記事の構成を練りましょう。そこで「誰に向けた記事か」というペルソナを設定します。
例えば、この記事でいうと「Webライティングという言葉は知っているけれど、具体的にどうすればいいか悩んでいる初心者のWebメディア担当者」をペルソナとして想定しています。

ペルソナが具体化されることで、盛り込むべき情報が分かってきます。初心者向けであれば、基礎から丁寧に説明すべきですし、中級者向けであれば、既知の内容は重要度の低い情報です。

構成は、ざっくりと見出しを考えるだけでも大丈夫です。コンテンツのテーマに沿って必要な情報が過不足なく網羅できるよう、しっかり骨組みを練りましょう。ここができれば、記事執筆の6割は完成といえます。

記事執筆

作成した構成に沿って、肉付けをしていきます。作文する上での注意点については、次の項目で詳しくお伝えしますので、参考にしてください。

校正チェック

作成した文章は、一度間をおいて自分で再度チェックしましょう。誤字脱字はメディアの信用度に関わりますし、いい加減なイメージをユーザーに植え付けてしまう可能性もあります。

作成後すぐの場合はおかしい部分に気づきにくいため、数時間から翌日以降で紙にプリントした状態でチェックするのがおすすめです。光の反射の影響で、ディスプレイの文字よりも紙上の文字のほうがミスに気づきやすいです。

自己チェックだけでは不安という方は、構成ツールを使うのもおすすめです。誤字脱字だけでなく、助詞や接続語などもチェックしてくれるので、文章力アップにもつながります。

おすすめは、次の2つです。

また、文章作成にMicrosoft Wordを使っている方は、校正機能が使えます。スペルチェックや表記ゆれなどの機械的なチェックが可能です。

記事リリース

校正を終えたら、テキストをWebサイトに反映させます。画像の挿入、見出しや太字の設定など、文章装飾もここで行います。

リリースの際は、タイミングもポイントと言えます。ユーザーがメディアをチェックするタイミングに合わせて公開するのがおすすめです。具体的には、朝やランチ中、就寝前の時間に読む方が多いです。その時間帯に合わせてSNS等で告知するのも大切です。

リリースで終わりではなく、アクセス解析やユーザーの反応をチェックして、次回以降に向けての改善点を洗い出しましょう。

Webライティングのポイント

実際にライティングを行う時に注意したいポイントを紹介します。

記事のテーマや構成は分かりやすく

まず、構成を考える上でのポイントです。基本は、1記事に盛り込むテーマは1つにしましょう。さまざまなことを盛り込んでしまうと記事のテーマがぶれてしまい、検索エンジンからの評価も悪くなってしまいます。

以前はテキストの分量がSEO的に重要だったため、「関連話題も盛り込んでとにかく長く」を意識していましたが、現在は「テーマとテキストが一致していること」が重視されます。伝えたいことが過不足なく伝わるか、しっかり構成を考えましょう。

冒頭の文章で記事の要約をする

サイト記事を見た多くの人は最後まで見てくれる訳ではありませんので、結論から書くことが重要です。日本語の話し方とは少し異なるので、特に気をつける必要があります。
ページの冒頭に重要なワードを使って記事の要点をまとめることで、ユーザーに「この記事は読む価値がある」と思わせることができます。また、検索エンジンは記事の前の方にあるワードを重要と認識する傾向にあるため、冒頭で結論を述べることはSEO上の重要なテクニックです。

ユーザーのニーズを満たした情報を入れる

執筆に入る前に、ユーザーの欲しい情報が構成に入っているかという視点からもチェックしましょう。文章を作成してしまうと、途中での構成変更は書き手の負担が大きいです。ユーザーの視点で欲しい記事を作る意識で構成を練ると、自然と情報が網羅されます。
SEOで上位表示を狙うには、ユーザーが検索したキーワードの背景を理解した上で知りたい情報を網羅することが重要です。

文章はシンプルに、難しい言葉は使わない

ここからは、文章作成のテクニックをお伝えします。校正のときにも意識したいポイントです。

文章は「シンプル」を心がけましょう。難しい言葉や専門用語はあまり使わず、誰にでも伝わる文章にしてください。漢字の使いすぎも硬い印象を与えてしまうので、適度にひらがなを使いましょう。
分かりやすさにこだわるあまり、「話し言葉」と「書き言葉」が混ざらないように注意してください。あくまでも書き言葉であることを前提に、読みやすい文章にしましょう。普段Web上の文章を読む時に分かりやすいと感じた記事をまとめておいて、使える言い回しや文章表現を参考にするのもおすすめです。

1文は40文字程度にする

分かりやすい文章を書くためのコツとして、1文を長くしすぎないことを意識しましょう。具体的には、40字程度を意識すると、リズムも崩れず読みやすいです。長すぎる文章は主語、述語、目的語の関係も分かりにくく、読む方も体力を使うのでおすすめできません。

長すぎる文章を見つけたら、まずは2つに分割しながら書いてみてください。全体的に冗長になりそうな場合は、箇条書きを使うとスッキリまとめられます。

同じ文末表現を続けない

同じ語尾が続く文章は、読みにくいです。「~です。~だからです。~です。」など、同じ文末表現が続かないように調整しましょう。
また、同じ単語や表現が続きすぎるのも冗長で印象が悪くなります。言い換えたり、無駄な言葉は削除したりするようにしましょう。

主語と述語がねじれないようにする

1文の中で、主語と述語がしっかり対応するようにしましょう。

NG例を挙げてみます。

「彼は私に美味しいお店を教えてくれ、友だちと食べに行った」

友だちと食べに行ったのは「私」ですが、この文章では伝わりません。文章の前半と後半で主語が変わっているからです。1文の主語は基本的に1つ。主語が変わるのなら、文章を変えましょう。

句読点を適切に使う

句読点は「、」「。」をあわせた言葉です。「!」や「?」も含める場合もあります。これらを文中に取り入れると、リズムが生まれて読みやすくなります。先ほど1文は40文字以内としましたが、40文字の中に句読点ゼロは避けてください。読み手は句読点で区切りながら頭に入れているので、息継ぎができず、うまく文章を読み切ることができません。声に出して読んでみると、入れるべきポイントが分かりやすいです。

文字だけでなく適宜画像も入れる

ここからは、文章の仕上げに関するコツです。
コンテンツのメインはテキストであっても、適宜画像を入れるのがおすすめです。テキストに関するイメージが湧きますし、図解であればユーザーの理解を助けられます。

改行や文字の装飾で見やすくする

ただの文字の羅列ではなく、意味のまとまりごとに改行し、文章が続きすぎないように(画面が黒くなりすぎないよう)調整しましょう。改行があるだけで、長いテキストでも挫折せずに読み進めやすくなります。

また、重要な部分や強調したい部分は強調(太字やハイライトなど)装飾を取り入れることで、ユーザーに伝えたい情報をしっかり届けられます。

Webコンテンツは移動中にスマートフォンで読む方も多いため、1文の長さや改行の量が読みやすさを左右します。文章ができたら、公開前にスマホ実機でも見え方を確認しましょう。

Webライティングでやってはいけない注意点

Webライティングを行う上で、絶対やってはいけない注意点を3つお伝えします。

他サイトをコピーする

いわゆる「コピペ」は絶対にNGです。盗用コンテンツとして検索エンジンからの評価も下がりますし、権利侵害等で訴えられる可能性もあります。

他メディアと似たテーマで執筆する場合は、意図せず内容が似てしまう可能性があります。類似コンテンツにならないよう、作成後にツールでチェックするのがおすすめです。

以下のツールは無料でコピーコンテンツをチェックしてくれます。自分がライティングするときはもちろん、別の方にライティングを依頼した際のチェックにも有効です。

引用ルールを無視する

コンテンツの質を高めるため、公的な情報を引用したい場合もあると思います。その際は、「引用」であることを明記して※、引用元、引用リンクなどの情報を併記しましょう。

※引用箇所を引用・転載文であることを示すblockquoteタグで囲むと、検索エンジンにも引用であることが伝わります。

また、引用をする場合に引用ルールが定められていることもありますので、利用規約などはしっかり確認しましょう。

トンマナなどルールを守らない

トンマナとは、「トーン&マナー」のことで、メディア全体のテイストに関わる考え方です。複数の記事の間で一貫性を持たせるため、用語の使い方や語尾、表記の仕方を統一することを言います。トンマナが統一できていないと、メディアとしての印象がちぐはぐになり、信頼性を失ってしまいます。

ビジネスマン向けのコンテンツで、語尾に「ですよね」を使ってしまうと違和感を覚えますよね。自分のメディアのユーザーを想定して、どういった文体が受け入れられるかを考えましょう。

トンマナを意識したことがない場合は、一度ルールを考えてまとめておきましょう。自分でもいちいち考えなくてすみますし、複数人で記事を執筆する場合も認識のズレが防げます。

おわりに

Webライティングでは、表現力や語彙力よりもサイトのユーザー目線で読みやすく理解しやすい文章を作成できているかが大切です。
Webライティングの基本に則って記事執筆を重ねるごとに、Webライティングのコツをつかむことができるでしょう。SEO効果を高め、クリックアップやコンバージョンにつなげるためにも、今回ご紹介した注意点やルールを意識しながら、読みやすい文章を作成してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.