WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

不動産会社のSEOで取り組むべきキーワードと対策ポイント9つ

2022.10.24 2022.10.05 SEO相談室記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産会社がSEOで上位表示を狙うべきターゲットキーワードや取り組むべき課題は何でしょうか?本記事では、不動産会社がSEO集客を強化したいときに取り組んでもらいたいキーワードやSEO対策のポイント8つを紹介します。

 

不動産のSEOとは?

不動産のSEOとは、ウェブサイトのコンテンツをGoogle等のキーワード検索結果に上位表示させるための最適化戦略を示します。不動産サイトの場合は、物件一覧ページや相場ページ、マンション、サービスページを主に検索結果の上位表示させることでSEOの集客向上が可能です。

なぜ不動産の集客にSEOが必要か

SEOによって検索順位の上位表示を達成することは、買い手と売り手の双方に適切なタイミングで自社ホームページを露出することができますので、不動産会社の集客成功に必要なマーケティング施策の1つです。

検索結果に表示された1ページをクリックするユーザーは9割を超えますが、2ページ目以降は1割未満になっています。つまり、不動産会社は検索結果からの質の高い流入や問合せを増やすために、検索結果の1ページ目を目指すSEO施策が不可欠なのです。

更に、SEOでサイト集客が出来れば、ポータルサイト依存の脱却も目指すことが可能です。常に広告予算が必要なポータルサイトの一方で、SEOは無料で上位表示することができます。決してポータルサイトの出稿を止めればいいというわけではありません。ポータルサイトの出稿とSEO経由の集客を達成することで、不動産会社は来店や売上の安定・向上を見込むことが出来る物と思っております。

不動産会社がSEOでターゲットにするべきキーワード

「不動産」「賃貸」「新築マンション」「中古マンション」「一戸建て」のようなビッグキーワードは、全国の検索ユーザーが対象になるので、エリア商圏が決まった不動産会社に不向きと考えています。

当社がSEOで支援している不動産会社の集客キーワードのほとんどが「エリア」や「種別」を含んだキーワードです。不動産会社の多くは、エリア商圏が限定されていますので、「エリア」や「種別」を含んだキーワードはSEOでターゲットにするべきキーワードと認識しています。

 

また、不動産業界は「建物名」も、お問い合わせに近いユーザーを集客することが可能です。これらのキーワードをSEOのターゲットキーワードにする良いでしょう。

ビッグキーワード

ビッグキーワードはキーワード検索される母数が多いキーワードのことを言います。不動産サイトにおけるビッグキーワードは「不動産」「賃貸」「新築マンション」「中古マンション」が該当します。ビッグキーワードで上位表示が達成された場合は、多くのSEO流入が見込めます。ただし、こうしたビッグキーワードは全国的にユーザーを集客するものなので、不動産会社のエリア商圏が決まっている場合は対策を推奨しません。athomeやsuumoといった全国の物件を取り扱っているポータルサイト向きのキーワードと言えます。

ローカルキーワード(広域:都道府県)

都道府県レベルで居住エリアが決まったユーザーが検索するローカルキーワードは、「エリア(都道府県)×賃貸」「エリア(都道府県)×新築マンション」「エリア(都道府県)×中古マンション」があります。ビッグキーワードほど検索回数は多くないですが、物件検索の対象が絞られていますので検討度合いはビッグキーワードより高くなっています。都道府県を含めたキーワードで集客を行いたい場合は、店舗商圏や取り扱い物件などのサイトコンテンツがターゲットキーワードと釣り合っている必要があります。

複数店舗をもつ不動産会社であれば狙いたいキーワードと言えますが、ポータルサイトが上位表示をしやすい傾向となっています。

ローカルキーワード(中域~小域)

広域のローカルキーワード以上に検討度合いが高いのが中域~小域のローカルキーワードです。「武蔵野市 新築戸建て」「吉祥寺駅 賃貸」といったキーワードは、顕在層向けキーワードとして集客を行いたいキーワードです。ポータルサイトや複数店舗を持つ不動産会社が上位表示に掲載されやすいですが、エリアに根付いた不動産会社であれば上位表示掲載のチャンスがありますので、積極的にSEOで取り組みたいキーワードと言えます。

施設名キーワード

「パークアクシス東高円寺」や「アドグランデ三鷹ウエストレジデンス 中古」のような施設名を持つキーワードは、対象不動産に興味を持つユーザーが検索しますので顕在度合いが高いキーワードです。施設情報や近隣エリアのコンテンツ充実を図り、上位表示を狙うとよいでしょう。

ここまでで紹介したキーワードの中では、中小不動産会社であれば「ローカルキーワード(中域~小域)」「施設名」といったキーワードでSEO集客が出来るとよいでしょう。店舗展開や取り扱い物件が複数都道府県にまたがる場合は、エリア商圏に応じた広域キーワードを狙う必要があります。

 

不動産会社がこうしたキーワードでSEO対策を行う場合は、どんなポイントに取り組むべきなのか。そのポイントを以降で解説します。

 

不動産会社が取り組むべきSEO対策ポイント9つ

 

ポイント①:エリアキーワードの上位表示に必要なコンテンツを作成する

当社がSEOサポートしていて、SEOで成果を上げている不動産会社は「エリア×種別」のキーワードで上位表示および集客が出来ています。例えば賃貸であれば「吉祥寺×中古マンション」、戸建て購入であれば「吉祥寺×新築マンション」といったキーワードが、エリア商圏が決まっている不動産会社にとって効果的と考えています。

 
「墨田区 新築戸建て」で評価されやすいコンテンツ
こうした「エリア×種別」のキーワードで上位表示できている不動産会社は対応する固有の情報を持ったページをきちんと用意しています。例えば上記画像に見られる「墨田区 新築戸建て」のキーワードであれば「墨田区の新築戸建ての物件情報が掲載された物件一覧」ページが上位表示されています。ターゲットとなるキーワードが、どんなコンテンツで評価されているかを確認しましょう。
 

ポイント②:エリアキーワードをチューニングする

大手の不動産会社か中小の不動産会社を問わず、エリア商圏に該当するエリアキーワードをサイト内にチューニングすることは重要です。エリアキーワードを適切なページにチューニングすることで、エリアキーワードの上位表示に貢献します。

以下の画像を見てみましょう。不動産でよく検索されたキーワードがどのようにキーワードをチューニングしているかが分かります。
検索キーワードに対するキーワードチューニング

上記の画像は「墨田区 新築戸建て」でキーワード検索された検索結果です。上位表示されたサイトのtitleタグとdescriptionタグを見てみましょう。検索されたキーワードが、含まれていることが分かります。これだけが検索順位の決定要因ではないですが、ターゲットエリアのエリアKWをチューニングすることは必要要件と言えます。

不動産サイトのSEOで狙うべき核となるキーワードは、「エリア」「物件種別」「サービス種別」の3つがあります。ページのコンテンツに適するキーワードをチューニングすることで、SEO効果を図ることができます。

 

特に気を付けたいキーワードチューニングは、以下の内部施策を理解する必要があります。

エリアキーワードをチューニングする代表的な内部施策

titleタグ
titleタグにターゲットKWを記述します。エリアが特定されたコンテンツには、対応エリアのキーワードをチューニングしましょう。
hタグ(大見出し、中見出し、小見出し)
各ページの見出しに、適切な見出しとエリアキーワードをチューニングしましょう。見出しの設置はコンテンツに合致した内容である必要があります。
meta description
直接の順位に影響はしませんが、検索結果に表示される説明文なので設定は重要です。コンテンツに合致するエリアキーワードをチューニングしましょう。
altタグ
エリア周辺や外観など画像を使う場合はimgタグのaltに、画像を意味するテキストを設置しましょう。
URL構造
分かりやすいURLのために、可能であればURLの命名にエリアを含めましょう。コンテンツと合致するURLの命名が推奨です。

ポイント②:テクニカルなSEO内部施策要件を満たす

SEOで上位表示をするためには、検索エンジンがクロールを行いインデックスするまでのプロセスが必要です。この検索エンジンのプロセスを妨げないために、対象サイトのテクニカルな内部施策に問題がないことが重要です。

Webサイトのページを検索エンジンがクロールしてくれるように、SEOで上位表示を図りたいページはxmlサイトマップの設置を行いましょう。逆にクロール不要なページは、robots.txtのファイル内に、クロール除外設定をすることが可能です。検索機能を持った不動産サイトは、クロール不要なページもあるので注意が必要です。もし、不動産サイトの中でクロール不要なページや似たページがある場合は重複コンテンツの対応正規化対応を意識しましょう。特に不動産サイトで物件検索機能を持つサイトは、物件一覧ページの並び替えページや同マンション別号室など、似たページが存在しえますので、気を付けましょう。

セキュリティ対策として、Webサイトの常時ssl化も対応しとくとよいでしょう。

 

物件検索システムを保有している場合は、これらの施策がSEOで有効になる可能性があります。物件検索サイトは、検索結果が似た物件一覧ページや複数路線の同一駅による重複ページの問題が発生しやすくなっています。これかのテクニカルな内部施策によって、大幅なSEO改善がみられた不動産サイトが多くあります。これらの施策は高度なテクニカルSEOの知識が求められますので、不勉強なSEO会社は施策改善が出来ない可能性もあります。SEO会社の選定から気を付けるべきでしょう。

ポイント③:内部リンクの設計・構築

内部リンクの検索エンジンに対するメリット
検索エンジンのクローラーはページ内の内部リンクをたどってサイト内を回遊することできますので、内部リンクはページを認識してもらうために重要です。また、内部リンクが多いページは、重要なページであることを検索エンジンに分かってもらう施策の1つなので、内部リンクの最適化はSEOで重要なポイントです。

内部リンクはSEO施策の中でも、やや高度な知識を要することや不動産サイトならではの内部リンクポイントがあるので、SEOの専門家に相談するのが良いでしょう。

ポイント④:GoogleビジネスプロフィールでローカルSEO対策

注意深くエリアキーワードの検索結果をみると、Google検索結果に「Googleマップ」と「不動産会社名、評価、住所、電話番号など」が表示されているケースがあります。(これをローカルパックと言います。)
不動産でよく検索されるKWで表示されるGoogleビジネスプロフィールの検索結果の表示

検索結果に自社のビジネスを表示するために、不動産会社はローカルSEO対策で上位表示を目指すべきでしょう。なぜなら、不動産を探すユーザーの多くが検索するエリアを含んだKW(例えば「中野駅 不動産」)の検索結果に、不動産店舗を露出することができるからです。

不動産会社が取組むべきローカルSEO対策は、Googleビジネスプロフィールの投稿機能の活用をすることで、不動産会社が主催するイベントやキャンペーン情報を周知するとよいでしょう。さらにGoogleビジネスプロフィールは、商材・サービスを投稿することができますので、幅広い情報を登録することができます。

Googleビジネスプロフィールの評価をさらに高めるために、Googleビジネスプロフィール上で口コミを増やすことも取り組みましょう。来店前にお店の評判や口コミを探すユーザーは多いため、問い合わせ前の心理的障壁を取り除くためにGoogleビジネスプロフィールで良好な口コミを獲得しておくことも副次的な効果を持ちます。

何故不動産会社がローカルSEOに取り組むべきなのかは、以下の記事で解説していますので併せてご確認ください。

なぜ不動産会社はローカルSEOにGoogleビジネスプロフィール活用をすべきか?

ポイント⑤:お客様の声を集める

お客様の声は、不動産会社に問合せを納得する上で必要なコンテンツと言えます。不動産会社の価値を第三者目線で伝えることができ、信頼度が高くなることで問い合わせの障壁を下げる役割を持つでしょう。

SEO観点でお客様の声は、集客を図りたいキーワードの出現を増やし、内部リンクの構築、更新頻度を高めることやCVRを高める効果が期待できます。

また、サイトの中でお客様の声を増やすだけでなく、Googleビジネスプロフィール上でのお客様の声や他のポータルサイト(Yahoo!ロコ、エキテンなど)でも、お客様の声を増やすことをお勧めします。

ポイント⑥:モバイルデバイスを最適化する

既に不動産会社のホームページのアクセスのほとんどはモバイル経由になっています。お問い合わせもモバイル経由がほとんどになっています。今となっては、PCの流入がまだ多い不動産会社のホームページは、ほとんど見ていません。

 

また、SEOでは、2015年4月21日にモバイルフレンドリーアルゴリズムを導入したことで、モバイルフレンドリーなサイトが優遇されています。そのためモバイルデバイスを最適化することはSEOで重要になっています。

以下は特に気を付けるべきモバイルデバイスの最適化ポイントです。

  • モバイルページを作成する
  • 表示速度とCoreWebVitalを意識する
  • スマホページの内部リンク設計を忘れない

 

ポイント⑦:有益なコンテンツを掲載する

大手のサイトに比べると予算が少ない場合は、作成するコンテンツの優先順位付けが必要です。店舗が実際に接客を行うエリア商圏に有益なコンテンツ予算を割くようにするとよいでしょう。

エリアを意識したコンテンツは、そのエリアの「防犯」「生活費」「学校」「施設」「お店」などが該当するでしょう。そのエリアの人にとって有益なコンテンツを活用することでSEOの成果を高めることが可能です。また、物件名のキーワードでSEOの上位表示を達成したい場合は、その物件に関する情報を増やしていくことも効果的です。有益なコンテンツは、ユーザーが物件選びに必要な情報が該当します。普段から接客している上でユーザーが興味を持つ情報をコンテンツにしていくとよいでしょう。

 

 

ポイント⑧:強調スニペットでSEO集客力を高める

強調スニペット例1
キーワードの検索結果を見る時に、特定のサイトが検索結果の露出が高いケースを見たことはないでしょうか。検索結果が強調されていることを強調スニペットと呼びます。

 

この強調スニペットは、意図的に表示させることができるわけではありません。ただし、表示を促すポイントはあります。以下は可能かなぎり配慮するとよいでしょう

  • 検索クエリに合致する質の高いコンテンツを提供する
  • htmlタグを適切にマークアップする(hタグ、tableタグ,liタグ、imgタグ)

ポイント⑨:物件画像の表示速度問題

不動産のサイトは、容量の重い画像を使いがちですが、表示速度を遅くする要因になりますので注意が必要です。表示速度が遅いページはSEOでネガティブな影響になるので対策が必要です。物件を探すユーザーが多いスマートフォンユーザーは、PCに比べてネット回線が脆弱なことも多いので、SEO効果だけでなく離脱防止効果も見込めます。

主に取り入れられる不動産サイトの画像対策は以下のポイントがあります。

不動産業界のSEOで気を付けたい画像対策

レンダリングに必要なサイズにリサイズする
不必要に縦横サイズが大きい画像の読み込みは、無駄なリソース(時間)がかかります。そのため、レンダリングに最低限必要な縦横サイズ画像を読み込むようにしましょう。レンダリングに必要な最低限の画像用意は、アップロードされた画像のリサイズ処理を行う仕組みが必要です。
PCとSPで表示画像を出し分けする
PCとSPでは、表示する画像が同じでも、必要な画像サイズが異なります。PCに表示される画像サイズとSPに表示される画像サイズは、出し分けるべきです。SPで必要な縦横サイズに合わせた画像を用意した上でレンダリングで表示するとよいでしょう。
画像の読み込み遅延を行う
不動産のサイトでは多くの画像を採用しますが、検索結果の物件一覧ページは、特に多くの画像を用いることがあります。すべての画像読み込みが終わるまでの時間が長い場合は、ユーザーの操作が出来ない事態を招く可能性があります。そうならないように、画像の読み込み遅延を行うとよいでしょう。手軽に実装できる読み込み遅延は、画像にlazy属性を付与します。
アップロード画像の保管とメモリを監視する
登録された画像が多くサーバーのメモリ不足に陥ると、サーバーの反応速度が落ちてしまい、ページの表示速度に影響を与える可能性があります。アップロードされた画像の保管期間やメモリを管理しましょう。
画像登録の容量を制限する
不動産会社が掲載する物件ページは、CMSで物件登録を行ってサイト公開することが多いでしょう。容量が重すぎる画像を公開しないために、CMSでアップロードする画像の容量制限を設ける方法があります。現場担当者のリサイズや圧縮作業を伴いますが、画像の容量を制限することが可能となります。

不動産業界のSEOに関するよくある質問

どんなキーワードをターゲットにするべきでしょうか?

不動産会社の多くはエリア商圏が決まっていると思いますので、エリアを含んだキーワードをSEOで上位表示化するのが王道かと思います。都道府県、市区、町村のエリアを含んだキーワードと種別(中古マンション、新築戸建て、賃貸)を掛け合わせたキーワードで上位表示させることによって成果が増えたクライアント様が当社にはいらっしゃいます。

不動産のSEOはどこから手を付けるべき?

物件検索機能を持ったサイトであれば、テクニカルな内部施策が効果を発揮しやすいことが多いです。どの不動産サイトであれ、有益なコンテンツ開発が必要になってきます。Webサイトの課題抽出から、施策の優先度策定など効果的なSEOは当社の「SEOコンサルティングサービス」にご相談ください。

まとめ:不動産会社がSEO集客を高めるには網羅的な施策が必要

この記事で説明した不動産会社が行うべきSEO対策は、すぐに出来ることから高度なSEO知識を求められることもあるので、必要に応じてSEO会社にご相談ください。

 

当社は様々な不動産会社のSEO改善を行ってきました。SEO歴16年以上で累計1,000社以上の実績がございます。今回紹介したSEO対策ポイントのご相談は「SEOコンサルティングサービス」にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

石井

不動産営業の実務経験を持ち、メジャー7の不動産会社のWEBハウスエージェンシーとして勤務していた宅建資格を持つ異色なSEOコンサルタントです。不動産や求人検索、ECサイトにある検索システムのテクニカルなSEOを支援する実績があります。宅建士、上級ウェブ解析士、HTML5(Javascript) レベル2の資格保有。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SEO歴16年、継続率90%以上の良質なSEO会社をお探しの方へ

SEOのアウトソーシングがはじめての人でも大丈夫!当社のSEOコンサルティングは、お客様に合わせて施策をカスタマイズするこだわりのサービスです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.