WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

PV(ページビュー)数とは?セッション数との違いやPV数を調べる方法を解説

PV(ページビュー)数とは?セッション数との違いやPV数を調べる方法を解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

PV(ページビュー)数とは、ページがブラウザで読み込まれる(再読み込みも含む)度にカウントする指標のことを言います。一人のユーザーが100回ページを再読み込みした場合は、100PV(ページビュー)数とカウントします。

Webサイトを運営している方にとって重要な指標のひとつが、PV(ページビュー)数です。これからホームページやECサイトを運営したいと計画中の方にとっても、「まずPV数を上げる」という言葉はよく聞くかもしれません。

今回は、Webサイト運営初心者の方にもわかりやすいよう、PV(ページビュー)数とセッション数などの違いや、PV(ページビュー)数を調べる方法などをご紹介します。

PV(ページビュー)数とは?

PV(ページビュー)数とは、Webサイトのページが閲覧された回数のことです。PV(ページビュー)数は、どのくらいページが閲覧されたかを測るためのWebサイト集客の指標にされます。PV(ページビュー)数の定義は、Googleアナリティクスの定義が一般的です。

Googleが提供している無料のアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」にWebサイトを登録することで、ご自身のサイトのPV(ページビュー)数を確認することができます。
Googleアナリティクスの公式サイトには以下のように説明があります。

ページビュー
ページビューとはブラウザにページが読み込まれる(再読み込される)ことです。ページビュー数は、閲覧されたページの合計数として定義される指標です。

引用元:アナリティクス ヘルプ

一人のユーザーがWebサイトのトップページにアクセスし、ページA→ページBと出入りし、最後にトップページに戻ってきて閲覧を終了したとします。

その場合、トップページのPV数は2、ページA、BのPV数は1ずつとなり、サイト全体のPV数は4です。設定した期間中に全ユーザーが閲覧したページの合計数が、PV(ページビュー)数として計測されます。

平均PV(ページビュー)数とは

平均PV(ページビュー)数とは、1人のユーザーがWebサイト内を平均何ページ閲覧したかを割り出した数値です。平均PV数が多いほど、複数のページが閲覧されたということになります。「セッションあたりのページビュー数」も同義です。

セッション数やユーザー数とPV(ページビュー)数の違い

PV(ページビュー)数は、Webサイトの集客指標として同様に用いられるセッション数やユーザー数との違いがわかりにくく、混同してしまう場合があるかもしれません。わかりやすく違いをご説明します。正しく理解することで、的確なWebサイト運営を目指しましょう。

セッション数

セッション数とは、ユーザーがWebサイトを訪問した回数を意味します。「訪問数」も同じです。

1人のユーザーが1日に何度もWebサイトを訪れた場合は、閲覧の間隔が30分以上であれば新しいセッションとしてカウントされます。日付が変わった場合や、異なる参照元リンクからWebサイトにアクセスした場合も同様です。

PV(ページビュー)数は1人のユーザーがサイト内を移動するたびにカウントされますが(例:Aページ→Bページ→Cページと移動=PV数3)、セッション数は30分以内の訪問ごとにカウントされるため、1ページのみで閲覧が終了しても、1ページ以上を閲覧しても、カウントは1となります。

尚、Googleアナリティクスのセッション設定は、初期設定で30分となっております。初期設定の30分を変更することも可能ですが、他サイトと比較した場合に指標がズレることもあるので設定変更には注意が必要です。

ユーザー数

ユーザー数は、Googleアナリティクス上で指定した集計期間内に訪問したユーザーの数のことです。

同じユーザーが指定した期間に何度もWebサイトを訪問したとしても、同じブラウザからであればカウントは1となります。PCで訪問した後、iPhoneで同じページを閲覧した場合は、別ブラウザのため2カウントとなります。

PV(ページビュー)数は表示されたページをカウントするのに対し、Webサイトの訪問数をカウントするのがユーザー数です。
UU数とも表記されることがありますが、これはユニークユーザー「Unique User」を略したものです。Googleアナリティクスでは、UU数は ユーザー>アクティブユーザーで確認することができます。

アクセス数

アクセス数は、Webサイトを訪問した(アクセスした)数として、セッション数と同義で考えられることが多い言葉です。Googleアナリティクス上では「アクセス数」という項目がないので、セッション数を参考にしましょう。

PV(ページビュー)数は表示されたページをカウントするので、アクセス数よりもPV数の方が多くなります。

アクセス数は、どのように定義するかにおいて数値が違ってきます。
例えば、直近一週間や指定した期間中のみのアクセス数や、流入チャネル別、キーワード別など、さまざまな視点からアクセス解析をすることで、より効果的なSEO対策を検討することができます。

PV(ページビュー)数を調べる方法

次に、PV(ページビュー)数を調べる方法を解説します。PV数は、サイト全体の数とページごとの数を確認することができます。サイト自体がどのくらい閲覧されているかに加え、人気記事がどれなのかなども調べることができるのです。

GoogleアナリティクスでPV(ページビュー)数を調べる

GoogleアナリティクスにログインしてPV(ページビュー)数を調べましょう。

Webサイト全体のPV数を知りたい場合

サイト全体のPV数は、Googleアナリティクスの
行動>概要 から確認することができます。

Googleアナリティクス(Webサイト全体のPV数)

ページごとのPV数を知りたい場合

ページごとのPV数は、Googleアナリティクスの
行動>サイトコンテンツ>すべてのページ から確認することができます。

Googleアナリティクス(ページごとのPV数)

Googleアナリティクス以外にPV(ページビュー)数を調べるツールはある?

similarweb

similarweb

参照元:https://www.similarweb.com/ja/

similarwebは、Webサイト分析ができる無料のマーケティングツールです。similarwebでもPV数を調べることはできますが、自社サイトではなく、他社サイトなどの競合分析に主に利用されます。

機械学習による統計データから数値が割り出されるため、自社サイトの調査にはGoogleアナリティクスを使用してより正確な数値を計測する方が良いでしょう。

WordPressのプラグイン

WebサイトをWordPressで作成した場合、WordPressのプラグインを使用することで、無料でPV数を調べることができます。

WordPressのプラグインとは、WordPressをカスタマイズして機能を追加するためのツールのことです。例えば、「WP-PostViews」というプラグインを追加すると、記事一覧に投稿記事ごとのトータルPV数を表示できます。

PV(ページビュー)数が増えることでもたらされる効果

WebサイトのPV(ページビュー)数が増えることで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

ユーザーの目に留まる→コンバージョンにつながる

PV(ページビュー)数が多いということは、ユーザーの目に留まりやすいということです。ユニークユーザー数や直帰率と比較して考える必要がありますが、PV数が多いページからコンバージョンに繋がる可能性が高いといえます。

そのため、そのページを通して商品やサービスの購入や問い合わせなどのコンバージョンにつながる施策を考えることで、成果につながりやすくなるのです。

逆に、サイト全体のPV数が高くてもコンバージョンに繋がっていない場合は、記事の質や、ターゲットとなるユーザーの分析、コンバージョンにつながるサイト内の導線などを検討しなければなりません。

どの記事や商品が興味関心を持たれているかが分析できる

ページごとのPV(ページビュー)数を比較することで、どのページや記事に人気があり、興味関心を持たれているのかが分かります。PV数の結果は、今後のSEO施策や、サイト全体の改善を考える指標のひとつになります。

PV(ページビュー)数を増やすには?

WebサイトのPV(ページビュー)数を増やすには、どうすれば良いのでしょうか。ここで具体的な施策をご紹介します。

SEO対策を行い、自然検索の順位を上げる

PV(ページビュー)数を増やすためには、Web上で記事を見つけてもらわなければなりません。そのためには、ユーザーが検索しやすいキーワードを調べ、該当サイトや記事の自然検索順位を上げる必要があります。

自然検索順位とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索をした際に、広告の枠をのぞいて表示されるサイトの順位のことです。検索エンジンが、アルゴリズムによって評価したサイトをランキング形式で上位表示させています。

そのため、SEO対策によってGoogleが評価しやすい記事を作成する、内部リンクの最適化やパンくずリストを設置し、ユーザビリティを向上させる、などの施策が必要になってきます。

検索順位で1位まで上げるためのSEO対策の方法とは?
検索エンジンとは?仕組みや種類、上位表示させる方法について

リスティング広告・ディスプレイ広告などを利用する

WebサイトのPV(ページビュー)数を増やすためのもう一つの戦略が、Web上に広告を掲載することです。Web上の広告は、リスティング広告・ディスプレイ広告などがあります。

リスティング広告とは、Googleの検索結果ページに表示されるテキストベースの広告のことです。「検索連動型広告」とも呼ばれており、検索ユーザーが入力したクエリ(キーワード)に関連性の高いテキスト広告が表示されます。なお、Yahoo!もGoogleの検索アルゴリズムを利用しているため、実質的には同じ出稿が行なわれます。

引用元:リスティングとは?広告の使い方から運用方法を分かりやすく解説

ユーザーがそのとき求めている情報に近い場合に広告が表示されるため、PV数の増加が見込めます。

また、ディスプレイ広告についても検討しましょう。ホームページなどを閲覧しているときやスマートフォンでアプリを使用しているときに、目を引くデザインのバナーが表示されたことはありませんか。バナー広告はディスプレイ広告の一部で、画像や動画で作成した広告を掲載しており、クリックするとWEBサイトに遷移されます。

ディスプレイ広告については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ディスプレイ広告とは?リスティング広告との違いと活用法

SNS等を利用してサイトを宣伝する

WebサイトのPV(ページビュー)数を増やすための施策の中で近年増加傾向にあるのが、SNS等の利用です。スマートフォンの使用の増加とともに、若者を中心にSNSの利用が広がっています。そこをマーケティングツールとして利用する戦略です。

FacebookやInstagram、Twitter、LINE、TikTokなどSNSごとの仕様や特徴、ターゲットユーザーの使用率などを調査し、選定する必要があります。

おわりに

PV(ページビュー)数は、自社のホームページや商品サイトがどのくらいユーザーに閲覧されているかが分かる重要な指標の一つです。

Webサイトを立ち上げたばかりの方や、SEO対策初心者の方であれば、まずはPV数アップを目標としてみてはいかがでしょうか。PV数アップを足掛かりに、さまざまなSEO施策に挑戦してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SEO歴16年、継続率90%以上の良質なSEO会社をお探しの方へ

SEOのアウトソーシングがはじめての人でも大丈夫!当社のSEOコンサルティングは、お客様に合わせて施策をカスタマイズするこだわりのサービスです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.