WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

サイトリンクを表示させる出し方と仕組みを解説

2022.09.08 2022.09.08 SEO記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

検索結果に表示されるサイトリンクは、Googleが有益とされるコンテンツを自動で表示させる仕組みですが、運営者側から表示する内容を意図的に知らせることは可能です。意図するコンテンツを表示させるための方法やサイトリンクから削除したい方法までを紹介します。

検索結果に表示されるサイトリンクとは

検索結果に表示されるサイトリンクは、ウェブの検索結果に表示される複数のリンクが1つにまとめられたものです。サイトリンクは同じドメインの中から表示されます。Googleが有益だと判断した場合に、サイトリンクが表示されます。

サイトリンクの検索結果は以下のように表示されます。

検索結果に表示されるサイトリンク例

サイトリンクが表示される仕組み

サイトリンクはGoogleがユーザーに有益だと判断し場合に表示されます。昔はGoogleサーチコンソールの「サイトリンク」機能を利用して制御を試みることが出来ましたが、今はサイトリンクが自動化されているので手動制御することはできません。

ただし、将来的にサイト所有者が手動で制御することができるかもしれない点をGoogleは否定していません。

サイトリンクを表示する出し方

サイトリンクはGoogleが有益と判断したものが自動で表示されるため、完全な制御は出来ません。ただし、これから紹介する出し方のポイントを参考に制御を試みることが可能です。下記で紹介する方法を試してみましょう。

ページタイトルのテキストは簡潔で関連性が高いものにする

サイトリンクに表示されている内容は、ページのタイトルをヒントに出されています。そのため、ページのタイトル(<title>タグ)は、簡潔な表記で関連性のあるものを表示しましょう。ここでいう「関連性のあるタイトル」とは、ページの中身を表すタイトルのことを意味します。

タイトル以外にも、見出しを参考にした内容がサイトリンクに表示されることもあります。タイトルと同様に、見出しも簡潔にするとよいでしょう。

サイトのディレクトリ構造を整える

Googleはサイトのディレクトリ構造を元に、サイトリンクの表示内容を判断しています。ディレクトリ構造は論理的な構造である必要があります。論理的な構造は、以下画像のようなピラミッド構造を指しています。

理想的なピラミッド構造のURL階層

上記画像にあらわされたピラミッド構造は、上階層から下階層に辿ることで詳細な情報を得ることができる点で論理的な構造になっています。こうした論理的な構造をGoogleは判断してサイトリンクに表示します。可能な限りピラミッド構造を意識したURL構成にするとよいでしょう。

既にURLが決まっており、ピラミッド構造に変更することが難しい場合は、この後に説明する点を踏まえるとよいでしょう。

ナビゲーションに内部リンクを設置する

内部リンクが集まるページは重要なページとGoogleは認識します。そのため、サイトリンクに表示したいコンテンツがある場合は、ナビゲーションに内部リンクを設置するとよいでしょう。

サイトリンクに表示されやすいグローバルナビゲーションの内部リンク

上記画像に代表されるグローバルナビゲーションに設置されたリンクは、サイトリンクに表示されやすい傾向があります。各ページに共通して内部リンクが設置されていますので、重要なページでユーザーに有益だとGoogleに判断されやすい傾向があります。

ナビゲーションの内部リンクで表示されやすいケースには、フッターのリンクも同様です。グローバルナビゲーションに加えて、フッターにも内部リンクを設置するとよいでしょう。

また、GoogleはJavaScriptのクロールを試みますが、JavaScriptファイルの中に記述されたリンクを認識しない可能性がございます。そのため、内部リンクを確実にクロール出来るようなナビゲーション設計が求められます。

アンカーテキストは簡潔で関連性が高いものにする

内部リンクはアンカーリンク(<a>)で設置しましょう。また、アンカーリンクはアンカーテキストを簡潔でページと関連性が高いものにするとよいでしょう。リンクテキストとリンク先ページの整合性から、有益な情報化を評価します。適切なアンカーテキストのリンクが、表示したいページに集まっていれば、サイトリンクに表示されやすい傾向があります。

サイトリンクの表示を削除したい場合

稀に、サイトリンクに表示された内容が不適切(価値がない)な場合があります。サイト運営に支障をきたす場合や他に表示させたいサイトリンクがある場合は、対象のページを削除するかno indexを設定するとよいでしょう。この対処法によって、検索結果に表示させないことができるでしょう。

検索結果にもっと露出したい

サイトリンクは検索結果をリッチに表示させることができますので、自サイトのクリック率を高めることができます。今回紹介したサイトリンク以外にも、検索結果の露出を高める取り組みはありますので、以下の記事も参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.