WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

SEO成果を高めるイベント情報の構造化データの実装方法とポイント

2022.08.09 2022.08.09 SEO相談室記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、パンくずリストの構造化マークアップについて記事を投稿したところ、思わぬ反響があり非常にたくさんの方にご覧いただきました。
でもご存知でしたか?実は構造化マークアップを適用できるポイントはこんなにたくさんあるんです!

※ 「 検索ギャラリーとリッチリザルトを見る | ドキュメント | Google Developers」より一部を抜粋

今日はこの中でも「イベント」情報の構造化マークアップについてご紹介します。定期的にセミナーを開催している会社さんや町おこしの一環で毎月イベントを開いている自治体や会場のイベントなど、もしかするとあなたのサイトに当てはまることもあるのでは無いでしょうか?SEO効果を高めるためにも、是非実装の検討をお願いいたします。

検索結果の占有率が広がるSEO効果を持ったイベント情報のリッチスニペット

まずはイベント情報を構造化データとしてマークアップすることによるメリットをご覧いただきましょう。

「東京ドーム イベント」のキーワードで検索されたときのイベント表示例

これは「東京ドーム イベント」のキーワードで検索されたときに、検索結果上部にイベント情報が表示されている例です。検索結果の最上位にイベントが表示されますので、視認性が高いのでイベントの認知に有効と言えるのではないでしょうか。

イベント情報の構造化データマークアップの実装で必ず表示されるわけではありませんが、構造化マークアップを適用すればかなり高い確率でリッチスニペットとして採用してくれます。
※実装しなくても表示されるケースもあります。

またイベント情報を構造化データマークアップすることで以下画像のように表示されるケースもございます。

イベント情報の構造化データマークアップによる検索結果表示例

イベント情報の構造化データマークアップで、検索結果の占有率を高めSEO経由の流入数増を図ることが可能です。

イベント情報をJSON-LD形式で構造化する

では具体的なコーディング方法の例をご紹介しましょう。構造化マークアップの形式にはmicrodata、JSON-LD形式があります。メンテナンス性や可読性を考慮して、ややJSON-LD形式が多く実装されています。

イベント情報の構造化データに実装が必要な必須項目

JSON-LD形式形式でイベント情報をマークアップする際に必須の属性は以下の通り。

locationプロパティ
イベントの場所。
物理的な場所は@typeをPlaceに設定した上で、location.addressプロパティとlocation.nameプロパティを追加する。
オンラインで開催されるイベントは@typeをVirtualLocationに設定した上で、location.urlプロパティを追加する。
location.addressプロパティ
イベントの詳細な場所を記載します。
物理的な場所で開催されるイベントで必須です。
location.urlプロパティ
オンラインイベントのURLを記載します。
オンラインイベントに参加するためのURLが記載出来ない場合は、登録フォームを記載する。
nameプロパティ
開催イベントの名称を記載します。
startDateプロパティ
ISO-8601形式の記載でイベント開催日時を記載する。

上記はマークアップが必要な必須プロパティですが、次に説明する推奨プロパティも可能な限りマークアップしましょう。

イベント情報の構造化データの推奨項目

イベント情報の構造化データの推奨項目の中でよく利用されるプロパティを一部紹介します。

descriptionプロパティ
イベントの説明。開催イベントの説明を記載します。例えば開催イベントの概要や対象者、ゲストなどなるべく参加したくなるような説明を詳細に記載するとよいでしょう。
endDateプロパティ
ISO-8601形式でイベントの開催終了日時を記載しましょう。
eventAttendanceModeプロパティ
イベントの開催形態を記載します。物理的な場所で開催されるイベントかオンラインのみか、もしくはオフラインとオンライン双方なのかを記載します。
このプロパティを記述しない場合は、物理的な場所で開催されるイベントとGoogleは認識します。そのため、オンラインの場合は実装がおすすめです。
imageプロパティ
イベント画像をマークアップします。複数画像の記述も可能です。
画像はクロール及びインデックス可能な状態で推奨とされる幅やアスペクト比がございます。詳細な画像要件はGoogleのガイドラインに記載がある「imageプロパティ」の箇所を確認してください。

この他にもイベントの「説明文」や「終了日時」など、たくさんオプションがあるんですが、あんまり色々伝えすぎると読者の方をゲンナリさせてしまうので詳しく知りたい方はGoogle イベント スキーマ マークアップの詳細ページをご覧ください。

イベント情報の構造化マークアップ記述例

イベント情報の構造化マークアップ記述例を紹介します。必須プロパティに加えて、推奨プロパティ項目を追加した上で例を記述します。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "Event",
  "name": "セミナー開催!~知らなきゃまずい老後の落とし穴~",
  "startDate": "2022-12-12T13:00",
  "endDate": "2022-12-12T16:00",
  "location": {
    "@type": "Place",
    "name": "xx新宿ビル",
    "address": {
      "@type": "PostalAddress",
      "name": "東京都新宿区東新宿3丁目3番1号"
    }
  },
  "image": "https://www.sample.jp/files/upload/img/1111/thumbnail-(320x400).jpg",
  "description": "DMソリューションズ』のセミナー開催のご案内をいたします。ご来館の際はマスクの着用、検温、手指の消毒にご協力ください。事前にご予約いただいた方限定の開催となります。皆さまのお越しをお待ちしております。"
}
</script>

イベント情報をCMSで管理していて、動的に出力しているサイトは一括で実装可能な場合もあるかと思いますので、是非実装を試みてください。

イベント情報の実装ポイント

実装にあたっていくつか知っておいた方が良いポイントがあります。豆知識程度に理解しておくとよいでしょう。

実装は制作担当者と協力するとよい
イベント情報の構造化データマークアップは、記述に構文エラーが発生する場合がありますのでプログラミングの知識が多少必要です。制作担当者と協力して進めるとよいでしょう。
実装前のテストはリッチリザルトツールで検証する
ただしくイベント情報の構造化データマークアップが出来ているかどうかは、Googleが無料で提供する「リッチリザルトツール」で検証可能です。本番公開前に確認したい場合は検証ツールを利用するとよいでしょう。
公開後はGoogleサーチコンソールでモニタリングが可能
Googleサーチコンソールで、イベント情報の構造化データマークアップを監視することが可能です。構造化データマークアップのエラーが出ている場合は、要因と対象URLを確認することができます。

イベント情報の構造化データマークアップに関するよくある質問

JSON-LD形式の記述はどこにしますか?

JSON-LD形式はどこに記述してもよいです。

構造化マークアップの種類は何ですか?

JSON-LD,microdata,RDFaがサポートされています。SEOの優劣はありませんが,JSON-LDがGoogleで推奨されています。

イベント情報の構造化データマークアップの指示書作成と実装確認

今回紹介したイベント情報の構造化データマークアップを実装するにあたって、指示書の作成依頼やデモ確認、本番環境の確認が必要な場合は是非当社にご相談ください。当社は「SEOコンサルティングサービス」を提供しておりますので、様々な構造化データマークアップのフォローだけでなく、検索エンジンに好まれる内部施策をご提案することが可能です。ご希望の方はご検討ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SEO歴16年、継続率90%以上の良質なSEO会社をお探しの方へ

SEOのアウトソーシングがはじめての人でも大丈夫!当社のSEOコンサルティングは、お客様に合わせて施策をカスタマイズするこだわりのサービスです。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.