WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Googleサーチコンソールのサイトマップ送信でSEO効果を高めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleサーチコンソールのサイトマップ送信でSEO効果を高めよう!

SEOで上位表示をするためにも、おすすめしたいのがGoogleサーチコンソールのサイトマップ送信です。
Googleサーチコンソールにサイトマップを送信することで、ページがクロールされずにインデックスされないことが防げます。
今回は、Googleサーチコンソールのサイトマップとはどのようなものなのか、具体的な登録方法や管理時の注意点についてわかりやすく紹介していきます。

Googleサーチコンソールで送信するサイトマップとは

今回説明するサイトマップは、HTMLで作られたサイトマップのことではなく、XML形式でURLが記述されたサイトマップを指します。このXMLサイトマップは、Webサイト全体のページの中から検索エンジンにクロールを促させやすくするファイルのことです。
事前にXMLのサイトマップを用意しておけば、検索エンジンがXMLに記載されたページを把握することができます。なお、下記に該当する方は、すぐにサイトマップの作成をおすすめします。

  • 外部リンクが少なく、サイトの力が弱い
  • Webサイトの規模が大きい
  • Webサイト内の内部リンクが煩雑化している
  • キーワード検索しても、今ひとつ上位に上がってこない

精魂込めて作ったページも、Googleにクロールしてもらえない限りは、検索結果に表示されることはありません。上記に該当する方がサイトマップを作成すればGoogleから認識されやすくなり、コンテンツの上位表示を助けることができます。

XMLサイトマップのSEO効果

サイトマップを用意すれば、どのようなSEO効果が期待できるのでしょうか。XMLサイトマップによって得られる効果は以下のようなものがあります。

  • クローラーに対して巡回のヒントを与える
  • インデックス速度が上がる
  • ページ更新を早く伝えることができる
  • クロールバジェットの最適な割り振り

上記のXMLサイトマップのSEO効果を以下で説明していきます。

クローラーに対して巡回のヒントを与える

XMLサイトマップを検索エンジンに伝えることで、クローラーに対してサイト全体の中からページを巡回するためのヒントを与えられます。巡回のヒントをクローラーに与えることで、クローラーは優先的にXMLサイトマップに記載されたURLを見に来ます。
リンクから辿りづらく飛び地になったページも、XMLサイトマップに記述することで、検索エンジンに見逃されることを防ぐことができます。

本来であれば見つけづらいページでも、XMLサイトマップがあれば検索エンジンに把握してもらいやすくなり、素早く検索結果へ反映されるといった効果が期待できます。

インデックス速度が上がる

精魂込めて作成したページを早く検索結果に表示させたい場合でも、XMLサイトマップは有効です。新しく作られたページのURLをXMLサイトマップに記載することで、新しく作ったページが早く認識されて、インデックスされるまでの時間を短縮することができます。

ページ更新を早く伝えることができる。

XMLサイトマップは、更新したページの内容を早く見にきてもらうことにも有効です。XMLサイトマップには、ページの更新日付を伝えることもできます。ページの更新日付を伝えることで、ページ更新があったことを検索エンジンに伝えることができます。

クロールバジェットの最適な割り振り

検索エンジンのクローラーは、毎日全ページをクロールするわけではなく、サーバーの負荷も加味して、サイトをクロールする上限を定めてページを見に来ています。(クロールの上限のことをクロールバジェットとも言います。)

つまりクロールバジェットには限りがあるので、重点的にクロールして欲しいページはXMLサイトマップに記述することで、クロールを促すことができます。

なぜクロールに上限があるのか。
なぜなら、過大なクロールをしてしまうことは、サーバーに負荷をかけてしまうからです。アクセスが集中したサイトのサーバーがダウンしてしまうように、過大なクロールはサイトに迷惑が掛かります。検索エンジンのクロールによってサイトに迷惑を掛けないために、クロールバジェットが決まっています。

XMLサイトマップの作成

XMLサイトマップは、どのように作成すれば良いのでしょうか。具体的な作業手順は、次のとおりです。

WordPressでサイトマップを作成する方法

WordPressでXMLサイトマップを作成する場合も、プラグインを使用します。「Google XML sitemaps」という便利なプラグインがありますので、使ってみましょう。

【手順一覧】
  1. WordPressでGoogle XML Sitemapsをプラグインし、有効化する
  2. Google XML Sitemaps設定画面から基本設定や投稿の優先順位を設定する
  3. 設定を更新する

上記の手順を終えると、「The URL to your sitemap index file is:」に続くURLが表示されます。Googleサーチコンソールの登録作業で必要となりますので、コピーしておきましょう。

WordPress以外で作成する方法

「sitemap.xml Editor」というツールを利用すれば、対象URLを入力するだけでXMLサイトマップを自動生成できます。
サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」
引用元:sitemap.xml Editor

sitemap.xml Editorの使用手順は、下記のとおりです。

【手順一覧】
  1. sitemap.xml Editorへアクセスする
  2. 「PCサイトマップ(sitemap.xml)を作成」の項目に、対象サイトのURLを貼り付ける
  3. URL入力フォーム下部にあるオプションを設定する(最終更新日・サイトの更新頻度・優先度など)
  4. 「サイトマップ作成」をクリックする
  5. sitemap.xmlファイルをrootディレクトリへとアップロードする

sitemap.xmlファイルは、FTPソフトでrootディレクトリへとアップロードできます。sitemap.xml Editorは無料で利用できますが、最大で1,000URLまでしか登録できないため注意しましょう。

XMLサイトマップの記述例
※「https://www.XXXXXXX.com/sitemap.xml」記述例




https://www.example.com/
2017-10-01


https://www.example.com/xxxxx.html
2017-08-31


https://www.example.com/yyyyy.php
2016-05-01


https://www.example.com/zzzzz/aaaaa.html
2015-12-20

robots.txtにXMLサイトマップのURLを記述する

XMLサイトマップを作ったら、robots.txtにXMLサイトマップの存在を知らせます。robots.txtは、検索エンジンにクロールを指示するファイルです。robots.txtにXMLサイトマップURLを記載することで、XMLサイトマップのクロールを指示することができます。

robots.txtの記述例

Sitemap: http://www.XXXXXXX.com/sitemap.xml

robots.txtの詳細が知りたい方は下記記事も参考にしてください。

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とロボッツテキスト(robots.txt)の記述方法

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録する方法

XMLサイトマップを作成したらGoogleサーチコンソールを使って、Googleにコンテンツの存在を伝えましょう。XMLサイトマップの登録手順は、下記のとおりです。

【手順一覧】
  1. Googleサーチコンソールへアクセスする
  2. 「サイトマップ」→「サイトマップを追加」をクリックする
  3. XMLサイトマップのURLを入力する
  4. テストをクリックする
  5. 問題がなければ、「サイトマップを送信」をクリックする

上記の手順で、最後のステータスが「成功しました」と表示されれば、XMLサイトマップの登録に成功しています。

送信したXMLサイトマップがサーチコンソールでエラー発生時の対処法

Googleサーチコンソールの登録作業が上手くいかない方は、次の対処法を試してみましょう。

クロールが完了できなかった場合

リダイレクト数が多いと、サイトマップの処理時にクロールに関するエラーが表示される場合があります。この場合、別ページへリダイレクトするURLを、リダイレクト先のURLへ変更することが修正方法として推奨されています。

他にも、FlashやJavaScriptなど、アクティブなコンテンツが使用されているとサイトのクロールに問題が生じることがあります。その場合、Fetch as Googleを利用すれば問題の原因を探ることができます。

URLが無効の場合

記事が存在しない状態でインデックスだけ残っているとURLが無効となり「404エラー」が表示されます。404エラーが表示されたら、Googleサーチコンソールで記事の削除をリクエストしておきましょう。

圧縮エラーの場合

圧縮中のサイトマップをGoogleが解凍すると「圧縮エラー」が表示されることがあります。この場合、圧縮ツールを使ってもう1度サイトマップを圧縮してからアップロードし、再送信しましょう。

SEOで逆効果なサイトマップ管理に注意

不適切なURLをXMLサイトマップに登録してしまうと、SEOで逆効果となってしまいます。次に、XMLサイトマップの管理における注意点をご説明します。

検索結果に表示させないURLを含めない

noindex robots meta タグで記述しているWebページやrobots.txtでブロックしているURLは、サイトマップに含めてはいけません。サイトマップ上に表示させるURLは、あくまでも検索結果に表示させたいものに限られます。表示させる必要のないものは、除外しましょう。

リダイレクト元のURLを含めない

サイトマップには、転送開始時のURLを記述してはいけません。リダイレクトを設定している場合は、最終地点のURLを記述します。

存在しないURLを含めない

サイトマップには、存在しないURLを含めてはいけません。もし、急ぎでURLの削除が必要な場合は、Google サーチコンソールのURL削除ツールを利用しましょう。

上限を超えたURLを送信しない

サイトマップで登録可能なURLには、上限が設けられています。そのため、50,000個を超えるURLは登録できません。もし、URLの数が50,000個を超える場合は、サイトマップ インデックスファイルで分割しましょう。

おわりに

サイトマップを作成すれば、ユーザーや検索エンジンのクローラーにどこにどのようなコンテンツがあるのかを効率良く伝えられます。

サイトマップには、ユーザー向けのHTMLサイトマップとクローラー向けのXMLサイトマップがあり、それぞれに大きな役割があります。重要なページを中心に素早くインデックスさせて、ユーザーに優れた検索体験を提供することがSEO評価の向上につながっていきますので、しっかりとサイトマップを用意しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.