WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Googleファインド広告とは?特徴から効果的な運用方法まで解説

2022.09.09 2022.09.08 Web広告
Googleファインド広告とは?特徴から効果的な運用方法まで解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleファインド広告は、2020年4月に一般的に利用可能となったキャンペーンです。
比較的新しいキャンペーンのため、知ってはいるもののまだ活用できていないという方も多いのではないでしょうか。

メリットやデメリット、よく似ていると言われるディスプレイ広告との違いを理解した上で取り入れることで、成果向上に繋がるかもしれません。

ここでは、Googleファインド広告の特徴から効果的な運用方法まで解説します。

Googleファインド広告の特徴

Googleファインド広告はテキストとバナーを用いた広告であり、Google検索広告とディスプレイ広告(GDN)をあわせたようなキャンペーンです。
Googleサービス内でもユーザー数の多い3つの面(YouTube、Gmail、Discover)に配信されることが大きな特徴です。また、機械学習に基づき最適な組み合わせのバナーやテキストが表示されるため、自然と目に入りやすいネイティブ広告のような仕様になっています。

参考:Google広告ヘルプ | ファインド キャンペーンについて

ファインド広告のメリット・デメリット

ファインド広告は、目的に応じてGoogle検索広告やディスプレイ広告との使い分けや、組み合わせて配信することで成果の最大化に繋がります。
ここでは、ファインド広告の導入を検討するにあたって、理解しておくべきメリットとデメリットをご紹介します。

メリット①:幅広いユーザーへリーチ可能

ファインド広告はその名の通り、「見つけてもらう」ための広告です。
ひとつのキャンペーンでYouTube、Gmail、Discoverに配信され、月間で最大30億人のユーザーにリーチできます。検索広告やディスプレイ広告ではアプローチできなかったユーザーにも広告を配信できるため、見込み顧客に拡大に最適です。

メリット②:Google独自の精度の高いターゲティング

ファインド広告ではGoogleが保有するデータを利用します。そのため、従来のようなCookieを利用したターゲティングと比較して精度の高いターゲティングが可能です。Googleアカウントにおけるログイン情報や行動履歴に基づき、商品やサービスに関心のあるユーザーに広告が表示されます。

ファインド広告のターゲティング設定のひとつとして、Google上で特定のキーワードを検索したことがあるユーザーに広告を配信することができるため、検索はしたものの再訪には繋がらなかったユーザーにアプローチできるのは大きなメリットです。

詳細なターゲティングについては、ファインド広告とディスプレイ広告の違いは?の箇所で解説しています。

メリット③:「認知拡大」から「獲得」まで活用できる

ファインド広告はGoogleサービス内で最大30億人のユーザーにリーチできるだけでなく、Cookie規制の影響を受けにくい独自データに基づくターゲティングが可能です。また、機械学習によって、ユーザーに関連度の高い広告が組み合わされ表示されます。

したがって、認知拡大から獲得まで幅広い目的にあわせた施策が行えることもファインド広告の強みです。

デメリット:設定できない項目がある

ここまでファインド広告の3つのメリットを解説しました。Googleサービス内で高精度なターゲティングができ、様々な目的に適したキャンペーンであることは非常に魅力的です。
一方で、設定できない項目が複数あるというデメリットもありますので、メリットとあわせて理解しておきましょう。

【ファインド広告で設定できない項目】

  • 手動入札
  • 配信面の指定
  • デバイスの指定
  • 「面」のターゲティング(コンテンツ、トピック、プレースメント)

ファインド広告における入札戦略は自動入札のみとなり、手動入札は利用できません。
また、YouTube、Gmail、Discoverのすべての面に配信されるため、YouTubeのみ配信といった指定や除外は不可です。デバイスについてもPC、モバイルのみといった指定はできない仕様となっています。

ターゲティングについてはリマーケティングやカスタムインテントなど、「人」のターゲティングはできますが、コンテンツやトピック、プレースメントといった「面」のターゲティングはできませんので注意が必要です。

ファインド広告とディスプレイ広告の違いは?

ファインド広告はディスプレイ広告と似ていますが、設定できる項目が異なります。
そのため、2つの違いをしっかりと理解することが大切です。上手に使い分けることで、目的に適したキャンペーンを選びましょう。

配信面

ファインド広告では以下の5つの場所に広告が配信されます。

  • YouTube:ホームフィード、次のおすすめ画面
  • Gmail:プロモーションタブ、ソーシャルタブ
  • Google Discover

Googleサービス内のみに配信されるファインド広告とは異なり、ディスプレイ広告ではGoogleサービスの他に、外部の提携サイトやアプリにも配信されます。

また、ファインド広告はYouTubeやDiscoverのコンテンツの間に表示されるネイティブ広告であるため、ユーザーの関心を引きやすく、自然と行動を促すことができます。

ディスプレイ広告は掲載先によっては不自然な形で広告が表示される場合もありますが、ユーザーの興味関心に適した広告を自然な形で表示できることはファインド広告の大きな魅力です。

ターゲティング

「人」のターゲティング(リマーケティング、カスタムインテント、類似ユーザーなど)はディスプレイ広告と同様にファインド広告でも設定できます。

しかし、ディスプレイ広告で利用できる「面」のターゲティング(コンテンツ、トピック、プレースメント)については、前述のデメリットの項目で解説したように、ファインド広告では設定ができません。

ファインド広告ではYouTube、Gmail、Discoverの中で配信面を指定することができず、機械学習に基づき最適なアセットが表示される仕様であるため、汎用性の高いクリエイティブを用意し、成果に応じて調整していくことが重要です。

入札戦略

ファインド広告で選択できる入札戦略は、自動入札の「目標コンバージョン単価」もしくは「コンバージョン数の最大化」のみとなります。

ディスプレイ広告で利用できる手動入札や、他の自動入札(クリック数の最大化など)は選択できません。

コンバージョンに基づいた自動入札による配信のため、運用者がコントロールできる項目には限りがありますが、クリエイティブやターゲティングの調整を行いGoogleの機械学習技術を上手に活用することがポイントとなります。

クリエイティブ

ディスプレイ広告はイメージ広告、レスポンシブディスプレイ広告ともに画像1枚のフォーマットですが、ファインド広告では画像1枚のフォーマットに加えて、複数の画像で構成されるカルーセルフォーマットも利用できます。
ひとつの広告で様々なイメージを見せられることは大きな魅力です。

ファインド広告のクリエイティブは、機械学習により最適なアセットを表示する仕組みであるため、テキストとバナーの両方が必要です。配信面により表示される項目は異なります。

レスポンシブディスプレイ広告と近い入稿内容ではありますが、文字数や必須項目の規定が異なるため、詳しくは後の入稿規定で解説します。

ディスプレイ広告とは?リスティング広告と使い分けて成果を出すための基礎知識

ファインド広告の入稿規定

ファインド広告を出稿するにあたって、クリエイティブの入稿規定を把握しておく必要があります。レスポンシブディスプレイ広告と設定項目は似ていますが、規定の文字数や必須項目が異なりますので注意しましょう。

テキスト

ファインド広告では下記のテキスト要素が設定必須となっています。
レスポンシブディスプレイ広告と似ており、説明文の文字数は同様ですが、見出しの文字数が半角30文字(全角15文字)ではなく半角40文字(全角20文字)です。
また、CTA文言(行動を促すテキスト)は自由に作成できず、既定のテキストから選ぶ形となります。

【ファインド広告のテキストの仕様】

  • 広告見出し:半角40文字(全角20文字)以内、3~5つまで設定可能
  • 説明文:半角90文字(全角45文字)以内、1~5つまで設定可能
  • 会社名やサービス名:半角25文字(全角12文字)以内
  • CTA文言:既定の文言から選択

画像

ファインド広告では3種類の画像が使用できます。
横長とスクエアについてはレスポンシブディスプレイ広告と同様ですが、ファインド広告では縦長も入稿可能です。
レスポンシブディスプレイ広告では横長とスクエアがそれぞれ1枚以上必要ですが、ファインド広告は横長またはスクエアの画像が1枚以上は必須となり、規定が異なります。
また、画像は最大20枚まで設定可能です。レスポンシブディスプレイ広告は最大15枚までなので、ファインド広告の方がより多彩なアセットを組むことができます。

【ファインド広告の画像サイズ】

  1. 横長(1.91:1)
    推奨サイズ:1,200×628
    最小サイズ:600×314
  2. スクエア(1:1)
    推奨サイズ:1,200×1,200
    最小サイズ:300×300
  3. 縦長(4:5)
    推奨サイズ:960×1,200
    最小サイズ:480×600

ロゴ

レスポンシブディスプレイ広告ではロゴ画像は任意でしたが、ファインド広告では最低1枚は必須となりますので注意しましょう。最大5枚まで設定できます。

【ファインド広告のロゴ画像のサイズ】

  • 推奨サイズ:1,200×1,200
  • 最小サイズ:144×144

ファインド広告の効果を高める3つのポイント

ファインド広告の成果向上のためには、いくつかのポイントを押さえて運用することが大切です。ここでは、ファインド広告を最大限に活用するための3つのポイントをご紹介します。

適切な予算設定とデータの蓄積で機械学習を促進

ファインド広告はコンバージョンに基づいた自動入札にて最適化を図るキャンペーンですので、機械学習を促すような設定を意識する必要があります。

一定期間で十分なデータを蓄積するためには、適切な予算を充てることが重要です。具体的には、目標コンバージョン単価の10倍以上の日予算を設定します。

キャンペーンの最適化には40件程のコンバージョンが必要です。十分なデータが蓄積するまではキャンペーンに変更を加えないことが推奨されています。

ファインド広告では学習データが成果を左右します。最適化されるまでは2~3週間程かかるため、長期的な戦略に適しています。

検索広告やディスプレイ広告と組み合わせる

ファインド広告だけで出稿するのではなく、検索広告やディスプレイ広告をあわせて配信するとより高い効果が期待できます。その場合は、それぞれのキャンペーンに異なる目的を持たせることがポイントです。

たとえば、ファインド広告で新規ユーザーへのアプローチし認知拡大しながら、検索広告で顕在層からの流入を確保することで、獲得に繋げることができます。

また、クリック単価が比較的安価なディスプレイ広告でサイトへの流入数を増やし、ファインド広告でリマーケティングを実施することで獲得見込みの高いユーザーへ再度アプローチすることも可能です。
ディスプレイ広告ではファインド広告では利用できない「面」のターゲティング(コンテンツ、トピック、プレースメント)もできますので、こちらのターゲティングが有効である場合などは上手に使い分けて組み合わせることで成果向上が見込めます。

他キャンペーンで成果の高いオーディエンスを追加する

新しいオーディエンスを取り入れる前に、他のキャンペーンで成果を上げているオーディエンスを積極的に追加しましょう。
「人」のターゲティング(リマーケティング、カスタムインテント、類似ユーザーなど)はディスプレイ広告と同じものが使えますので、一定の成果が出ている場合はファインド広告にも追加することで獲得見込みの高いユーザーに広告を配信することができます。

同じように、検索広告で獲得に繋がっているキーワードをファインド広告に追加することで、一度そのキーワードで検索したユーザーにアプローチができるため、獲得に繋がる可能性が高まります。

おわりに

ここでは、Googleファインド広告の特徴やディスプレイ広告との違い、運用の効果を高めるポイントについて解説しました。

Web広告の状況は日々変化していくため、成果を上げていくためにも新しい取り組みを行うことは大切です。

また、ファインド広告は大きなメリットがある一方で、設定できない項目が多いといったデメリットもあります。特徴をしっかりと理解した上で、ぜひ活用してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.