WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Facebook広告ライブラリで競合他社のバナーを参考にしよう

Facebook広告ライブラリで競合他社のバナーを参考にしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

FacebookやInstagramへの広告配信を検討されている方の中には、「競合他社は、どのようなバナーを作成・配信しているのかを知りたい」「どのようなバナーを作成すれば良いかが分からない」という方もいらっしゃると思います。
そのような場合、「Facebook広告ライブラリ」を参考にしてはいかがでしょうか。
本記事では、Facebook広告ライブラリの活用方法や使用する際の注意点などをご紹介します。

目次

Facebook広告ライブラリとは?

Facebook広告ライブラリとは?

Facebook広告ライブラリとは、Meta(メタ・プラットフォームズ)が提供している下記のサービスに掲載されている広告を検索、閲覧することができるサービスです。

  • Instagram
  • Facebook
  • Audience Network
  • Messenger

Metaが広告ライブラリを提供する理由は広告の透明性を高めるためで、2019年に当サービスの提供を開始しました。
どのようなジャンルでも検索することはできますが、アルコール飲料やギャンブルといった、年齢制限がある広告についてはFacebookにログインしていない方や、制限年齢未満の方は閲覧することができません。
Facebook広告ライブラリでは画像だけではなく、動画広告やカルーセルタイプの広告も調べることができます。

Facebook広告ライブラリの使い方

Facebook広告ライブラリは、下記の方法で使うことができます。

1.Facebook広告ライブラリにアクセスする

まずはFacebook広告ライブラリにアクセスします。

2.検索窓に情報を入力する

検索窓に情報を入力する

こちらの検索窓に調べたい情報を入力します。

日本やアメリカといった国を選ぶだけではなく、現在地からも特定することができます。
こちらの国を選択することで、たとえば日本からアメリカに広告を配信したい場合、アメリカを選ぶことでアメリカに出稿されているバナーを確認することができるようになります。

広告カテゴリ

広告カテゴリは、下記の通り「すべての広告」「社会問題、選挙または政治関連」から選びます。

  • すべての広告
    現在Metaサービスに配信されている、すべての広告を参照することができます。
  • 社会問題、選挙または政治関連
    社会問題、選挙または政治関連に関するバナーはアクティブではない(Metaサービスへの配信が終了している)ものも参照することができます。
    また、Metaでは選挙妨害を防止するために、広告代金を支払った人や支払金額の範囲、リーチした利用者層などの追加情報も提供しており、これらの情報は広告ライブラリに7年間保存されます。

キーワード

調べたい情報に関するキーワードを入力します。
こちらには商品やサービスだけではなく、メーカーやブランド名を入力しても参照することができます。なお、検索窓でキーワードを「」で囲むと、完全一致フレーズで検索することができます。
また、キーワードを|で囲うことで任意の順序で単語を指定することができ、これらの単語がすべて含まれる広告を表示することができます。

Meta広告ライブラリレポートについて

Meta広告ライブラリレポートについて

社会問題、選挙または政治関連に関する広告は、透明性を高めるためにMetaから詳しいデータが共有されています。
下記、Meta広告ライブラリレポートに表示される情報です

広告ライブラリ内の合計数

特定期間内の社会問題、選挙または政治に関連する広告の本数と、合計消化金額が記載されています。

上位検索結果

Metaサービスにて過去1週間で配信された広告のうち、多く表示されたものが表示されます。過去1週間の検索データが十分にない場合、上位検索結果を表示することはできません。

消化金額トラッカー

広告主がMetaのテクノロジー上で社会問題、選挙または政治に関連する広告に使った金額を比較することができます。

期間別の広告データ

前日、過去7日間、過去30日間、過去90日間、すべての期間において特定のFacebookページの選択された期間の合計消化金額と免責情報を表示します。

地域別の消化金額

特定の地域を入力すると、社会問題、選挙または政治に関連する広告において最も消化金額が多い広告主を表示します。

検索結果に表示される項目

こちらでは、先述した検索方法によって表示された結果に表示される項目をご説明します。

掲載開始日

対象となる広告が掲載された日を知ることができます。

プラットフォーム

FacebookやInstagramなど、広告が掲載されているプラットフォームがロゴで掲載されます。

ID

対象となる広告のIDです。

クリエイティブ

FacebookやInstagramに表示されている広告のバナーや、広告の配信者などの情報が表示されます。これらの要素をクリックすれば、リンク先のページに遷移することができます。

広告の詳細を見る

より詳しい情報を知りたい場合は、「広告の詳細を見る」ボタンをクリックしましょう。
遷移したページでは、「ページについて」の項目にはFacebookの場合は表示された広告の「いいね!」の数とビジネス形態、Instagramの場合は広告を配信しているアカウントのフォロワー数が表示されます。

Facebook広告ライブラリの活用方法

このように、Facebook広告ライブラリからさまざまな情報を知ることができます。
こちらでは、Facebook広告ライブラリの活用方法をご紹介します。

クリエイティブを作成する際の参考

バナーや広告文といったクリエイティブを作成する際には、競合他社や同業種が配信しているバナーを参考にすることがあると思います。
Facebook広告ライブラリを使用することで、Metaの審査を通過した、現在配信中の広告を調べることができるため、作りたいクリエイティブのイメージを明確にすることができます。
また、それぞれのクリエイティブはMetaから承認を得て、配信中のものだけが表示されるため、どのような訴求がOKなのかも知ることができます。

競合他社のリサーチ

先述の通り、Facebook広告ライブラリを参照することで、競合他社のクリエイティブや配信プラットフォームなどを知ることができます。
これらの情報からMetaサービス内における競合他社の配信状況などを把握することができるため、自社の広告戦略の参考にすることが可能となります。

自社の広告がどのキーワードで出稿されているかを確認できる

Metaのサービス内で広告を配信している場合、自社がどのキーワードで出稿されているかを確認することができます。たとえば、飲食店経営者が広告を配信した場合、一般的には「飲食店」などに分類されます。

しかし、場合によっては「食品」や「スーパーマーケット」といった、自社のビジネスとは異なるキーワードで出稿されている可能性があります。これらを決定するのはMeta側ですが、Metaでは検索キーワードのカテゴライズに関する情報を公開していません。

そのため、意図しないキーワードにカテゴライズされている場合、説明文やプロフィールに自社の情報を追加する必要があります。

Facebook広告ライブラリを利用する際の注意点

競合他社の配信状況やクリエイティブの確認などを確認することができますが、Facebook広告ライブラリを利用する際は下記のポイントに注意しましょう。

競合他社に自社の配信状況を知られる

自身が競合他社の情報を知ることができるのと同時に、競合他社も自社の情報を知ることができます。
そのため、競合他社が自社広告に対して「成果が上がりそうなクリエイティブだ」と判断した場合、それらを参考にしてより良いクリエイティブを作成されることで、お客様を取られてしまう可能性があります。
お客様を取られないように、日々競合他社の情報を確認し、クリエイティブなどの改善を行いましょう。

掲載期間が終了すると閲覧ができなくなる

先述の通り、広告ライブラリで確認することができるのはアクティブになっている広告のみであるため、配信が終了した広告については参照することができません。
ただし、社会問題、選挙または政治関連のクリエイティブについては最大7年分のアクティブ・非アクティブのものを確認することができます。

実際の表示と異なる場合がある

Metaのサービス内で配信する広告の中には、クーポンが付けられているものがありますが、Facebook広告ライブラリ上ではクーポンが無効化されてしまいます。
そのため、ニュースフィード上など実際の広告とライブラリ上で確認することができる広告が異なる場合があります。
また、ダイナミック広告については一部のサブセットのみが検索やインデックス化の対象になっているため、一部が表示されるようになっています。

広告ライブラリにデータが反映されるには時間がかかる

Facebook広告ライブラリに出稿した広告が反映されるには、最大24時間程度の時間が必要です。そのため、リアルタイムの出稿状況を確認することはできないという点には注意が必要です。

年齢制限がある広告にはアカウントとログインが必要

アルコール飲料やギャンブルといった年齢制限がある広告については、Facebookへのログインや、指定された年齢を超えている必要があります。

Facebook広告やライブラリに関するFAQ

Facebook広告や、広告ライブラリに関するFAQをご紹介します。

社会問題、選挙または政治関連の特定方法は?

Metaサービスに登録された情報をもとに特定しています。
具体的には、下記に該当する広告を社会問題、選挙または政治関連の広告とみなします。

  • 公職への立候補者、政治家、政党、公職選挙の結果の支持者、またはそれらの代理人によって作成される広告。あるいは、そうした人物や団体を取り上げた広告
  • 投票推進キャンペーンや選挙キャンペーンを含む、選挙、国民投票、住民投票に関連する広告
  • 広告が配信される場所における社会問題に関連する広告
  • 政治広告として規制されている広告

Facebook広告ライブラリで目的の広告を見つけるコツは?

Facebook広告ライブラリで広告データを探しているとき、なかなか目的の広告を見つけられないことがあります。その企業が広告を配信していない可能性もありますが、キーワードが完全一致していないと表示されない場合もあります。

そのため、Facebook広告ライブラリで検索する際は、キーワードを「」でくくったり、正式名称で入力したりしましょう。

ライブラリ内で表示される検索結果の順番は変更できる?

Facebook広告ライブラリ内に表示される検索結果は、広告の配信を開始した日付が新しい順に並んでいます。検索結果によっては非常に多くの広告が表示されることがあるため、フィルターや並び替えなどを行って見つけやすくしましょう。

下記、フィルターと並び替えができる項目です。

フィルター

  • 地域別
  • 言語
  • 広告主
  • プラットフォーム
  • メディアタイプ
  • オンラインのステータス
  • 日付別インプレッション(開始日、終了日)
  • 免責情報
  • 推定オーディエンスサイズ

並び替え

  • インプレッション(高い順、低い順)

Metaサービスはどうやって表示する広告を決めている?

下記の要素を考慮し、表示する広告を決定しています。

  • Metaのテクノロジー上のアクティビティ(「いいね!」したページやクリックした広告)
  • Facebookアカウントに登録されたその他の情報(例:年齢、性別、居住地、Facebookのアクセスに使用しているデバイスなど)
  • Facebookに共有された広告主とそのパートナー、Facebookのマーケティングパートナーが既に所有している情報(メールアドレスなど)
  • Metaのテクノロジー外のウェブサイトやアプリでのアクティビティ

若年層に表示される広告の決定方法

Metaに広告を出稿する際にはコミュニティ規定、および広告ポリシーに従っている必要があります。
また、若年層向けに広告を配信する場合はそれらのルールだけではなく、興味・関心や行動などをもとにターゲットを設定することを禁止されているといったことが挙げられます。ただし、年齢や性別、地域については規制されていません。

おわりに

本記事では、Facebook広告ライブラリについてご説明しました。
Facebook広告ライブラリはMetaが提供しているサービスのひとつで、競合他社などMetaのサービスに配信されているバナーや広告文といったクリエイティブを確認することができます。
そのため、自社のクリエイティブの参考にしたり、競合他社のリサーチを行ったりすることができます。社会問題、選挙または政治関連の広告については出稿金額や配信者など、より詳しい情報を知ることができ、最大7年間データが蓄積されます。
また、自社の広告がMetaではどのキーワードで出稿されているかを確認することができるため、意図しないキーワードで表示された場合はプロフィールなどの情報を充実させると良いでしょう。

Facebook広告ライブラリではさまざまな情報を確認することができますが、競合他社も自社の情報を確認することができるため、お客様を取られないように日々改善が必要です。
クリエイティブを作成する際には、Facebook広告ライブラリを参考にしてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

継続率90%、様々な広告媒体の運用を最適化したい方へ

当社は、経験豊富な専任コンサルタントが限られた予算の収益最大化を図る広告運用が可能なプロ集団です。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.