2011.05.23SEO記事一覧

ミラーコンテンツ、重複ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

ミラーコンテンツや重複ページとは同一ドメイン内もしくは別ドメインに内容の似通ったページを量産して複数、もしくは同一キーワードでの上位表示を狙おうとするものです。

私の最も嫌いなスパム行為のひとつです。楽して上位表示しようという意図が見え隠れするからです。

共通のテンプレートでサイトを量産する、単語部分だけ書き換えて複数のキーワードで上位表示を狙うなどの方法も同類です。 外道中の外道としては他人のRSSフィードを読込んでコピーページを生成し、本命サイトへのバックリンク元とする、という輩も存在します。これはもはやスパム行為を通り越して犯罪(著作権侵害)です

検索エンジンが多様な検索結果をユーザーに提示しようとしている以上、(QDD)このような手抜きがまかり通る訳がありません。

ミラーコンテンツに対する罰則は「一方しか評価しないこと」

ミラーコンテンツが看破された場合、検索エンジンはいずれか一方のサイト、ページしか評価しなくなります。

そのため一方のサイトに費やした制作費、ドメイン代、サーバー代、その他もろもろのコストが丸々損失となることがこうしたスパム行為に対する罰則と言えるでしょう。

実はまだまだこのアルゴリズムが完璧ではないため、コピーされたコンテンツが検索結果に表示されたりすることがあるのですが、WEBマスターから多数要望が寄せられているため徐々に強化されていくことでしょう。

ECサイト等動的なURLは<link rel=”canonical”>で対処

ECサイトの商品ページなど、URLが動的に生成されるサイトでは意図しないうちに重複ページが存在してしまうケースもあるでしょう。

このような場合には検索エンジンにスパム行為という誤解を受けることの無いよう、両者に本命のURLで<link rel=”canonical”>を設定して一方のURLにまとめることで検索エンジンのインデックスが混乱してしまうことを避けるようにします。
 
【次のページ】各種WEBツール(Google提供)への登録 »
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ