2011.05.21SEO記事一覧

メタキーワード:<meta name=”keywords”>は設定すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

現在、<meta name=”keywords”>はGoogleによってサポートされていません。
Yahoo!JapanもGoogleのアルゴリズムを採用していますので、現在日本国内でのSEOにおいて<meta name=”keywords”>を設定するメリットはありません。
(なお、Bingも<meta name=”keywords”>を評価していないと言われています。)
むしろ設定することによって

  1. ソースコードが長くなり読み込みを重くする
  2. 競合にSEO重点キーワードが露呈する

などのデメリットが発生します。従いまして私は基本的にメタキーワードの使用は避けることをオススメしています。

これはTOPページや対策ページだけでなく、下層ページも同様です。余分な記述となりますので、削除することを推奨します。

【SEOまとめ】でも<meta name=”keywords”>は設定していません。

「上位表示サイトはメタキーワードを設定しているじゃないか」という反論

言いたいことは分かるのですが、因果関係と相関関係の違いを考えてみてください。上位表示率と<meta name=”keywords”>には確かに相関関係はありそうです。

しかし、「上位サイトが実施していること = 効果がある手法」とは必ずしも限りません。むしろ、日本においてはYahoo!Japan(メタキーワードタグを評価していた)のシェアが高かった背景を考えますと、その影響が強いと考えるほうが自然では無いでしょうか。
参考:Googleはmeta keywordsを見ているか?(SEO対策 e-search)

上記のリンクの実験は、「少なくとも<meta name=”keywords”>内でキーワードを連呼した場合において、全く順位に影響しない」という因果関係を示した例と言えるでしょう。
 
【次のページ】見出しタグ:<h1>~<h6> »
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ