WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

デジタル広告とは?種類や特徴、マス広告との違い

継続率90%、様々な広告媒体の運用を最適化したい方へ

当社は、経験豊富な専任コンサルタントが限られた予算の収益最大化を図る広告運用が可能なプロ集団です。

広告運用サービスを見る
デジタル広告とは?種類や特徴、マス広告との違い
このエントリーをはてなブックマークに追加
担当者・予算・リソース不足に応えるSEOツールIntimateSEO

デジタル広告とは?

デジタル広告は、インターネット上で発信される広告を指し、今ではインターネット上で大きく成果を上げていくためになくてはならない集客における施策です。

「デジタル広告」と一括りにしてしまえば至ってシンプルに聞こえますが、実は違います。デジタル広告はその種類、手法の多さ、見込める効果や測定方法、費用も今まで主流であったマス広告と比較して違うものになります。

また当時話題になりましたが、2021年ついにインターネット広告費が4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)広告費を追い抜きました。広告予算に優位性を持っている大企業だけでなく、中小企業はもちろんのこと、まだ事業を始めたての小規模のビジネスでも使用されており、その重要度は言わずもがなとなっております。

今回はそんなデジタル広告に着目し、代表的な配信手法、種類、特徴、マス広告の違いにも触れながら解説していきたいと思います。

デジタル広告の種類

デジタル広告には、対になるマス広告と比較して様々な特徴があります。特徴について触れていく前に、デジタル広告にはどんなものがあるのか?まずはその種類から見ていきたいと思います。一言でデジタル広告と言っても細分化すると膨大な情報量になってしまうため、ここでは大きな括りでデジタル広告とまとめてしまっている広告もあります。

ここでは概要を記載しますので、気になる手法があった場合は詳細記事へのリンクをご確認ください。また、当社へのお問い合わせもお待ちしております。

リスティング広告

リスティング広告は、デジタル広告の中でも特に獲得(コンバージョン)に向いている広告です。主にGoogle、Yahoo!の検索結果に表示されます。

私たちは何か分からないこと、調べたいことがある際、検索窓に検索キーワードを入れてサイトから目的の情報を取得すると思います。リスティング広告は、この検索キーワードに応じた広告を配信することができます。

ユーザーが知りたい情報、解決方法を求めて検索している時に広告を配信することができるため(ニーズが顕在化しているユーザーにアプローチできるため)、問い合わせや購入に繋がりやすいとされています。さらに、Google、Yahoo!のリスティング広告は費用がかかるものの、設定したキーワードで検索結果上位3位以内や最下部に出すことができるため、すぐにクリックを集めて集客を開始することができます。

また、検索結果からの流入は無料でユーザーを流入させることができる自然検索枠もありますが、SEO対策を行い、狙ったキーワードで上位3位や1ページ目を狙おうとするとかなりの時間、コストがかかってきます。その点、リスティング広告であればクリック課金で、クリックされた時のみ費用を支払うことで広告配信することができ、かつ見込み顧客に繋がりやすいというメリットがあります。

【リスティング広告の詳細はこちら】

リスティングとは?広告の使い方から運用方法を分かりやすく解説

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はWebサイト、アプリに配信される広告です。主に、バナーと呼ばれる画像とテキストを組み合わせて配信される場合が多く、こちらもリスティング広告と同じでGoogle、Yahoo!が代表的な媒体となります。

媒体は同じですが、リスティング広告と違う点として、ユーザーがサイトやアプリを何気なく使用している時(購入や問い合わせなどを目的として動いていない時)に表示されるため、一般的にリスティング広告よりも獲得効率が落ちる傾向にあります。ただ、バナーを用いるため、情報量や伝えたい内容を一目に現すことができる点、クリック単価がリスティング広告よりも安価な点、広告枠が無数にあるため表示回数を多く獲得できる点からユーザーをサイトに連れてくる、バナーを見せるという点では大きく貢献するデジタル広告となっております。

どんな訴求内容が高いクリック率を記録しているのか、反応が良いユーザーを流入させることができているのかを確認しながら運用していくと良いでしょう。

【ディスプレイ広告の詳細はこちら】

ディスプレイ広告とは?リスティング広告と使い分けて成果を出すための基礎知識

純広告

純広告は媒体が持つ特定の広告枠を買い取り、広告を配信します。先ほど紹介したリスティング広告、ディスプレイは「運用型広告」と呼ばれ、予算を成果によって配分したり、多くしたり少なくしたりが可能で様々な配信面にオークション方式で配信されるため、決まった金額で媒体から広告枠を買い取る純広告とは違う立ち位置になります。

広告自体はバナー、動画、テキスト、動画、記事型など、媒体により様々なメニューが設けられています。さらに純広告は、始めから広告枠の金額が決まっている代わりに、表示回数やクリックを一定数保証する内容が組み込まれている場合が多く、広告枠を買い取ったもののいざ配信してみても全然表示されない、クリックされないといった事態は避けることができます。
代表的な例を出すとYahoo!のTOPページにある広告枠です。日本人なら誰もが知る企業が大々的に広告を出していることを目にしたこともあるかと思います。

【純広告の詳細はこちら】

純広告とは?種類や形態、メリット・デメリットについて解説

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、ニュース記事などのメディアのコンテンツとコンテンツの間に入り込む形で表示される広告のことです。SNSやニュースアプリで使用されているインフィード広告もネイティブ広告の一つです。

ネイティブ広告は、メディアのコンテンツを見に来ているユーザーに違和感を与えることなく関心を引き、広告をクリックしてもらえることがメリットとなります。広告はクリックしない!など、デジタル広告にあまりいいイメージを持っていないユーザーも中にはいると思いますが、そのような方でも、遷移先を記事型LPにするなど工夫することで見込み顧客に繋げることができる可能性を秘めています。

【ネイティブ広告の詳細はこちら】

ネイティブ広告(ネイティブアド)とは?メリットや種類を徹底解説

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告です。ブロガーやインフルエンサーにそれぞれのメディアで掲載してもらい、購入完了や問い合わせ完了が発生した場合に報酬をお支払いする形です。

ここまで紹介してきたデジタル広告と違う点は、成果が発生した場合にのみ費用がかかってくるという点です。広告を出す側からすると、これほど良い条件はないように思えます。しかし、ブロガーさんに書いてもらった記事が検索結果の上位に来るまで時間がかかったり、取り扱ってもらうメディアが増えるまでの時間がかかったりするため、先ほど紹介したリスティング広告やディスプレイ広告と比較してスピード感は落ちます。また、固定の月額費用がかかってくるASPもありますので、契約内容の確認が必要です。

【アフィリエイト広告の詳細はこちら】

アフィリエイト広告の仕組みやメリットを分かりやすく解説

DSP

DSPは2008年のリーマンショックあたりから生まれたツールを指します。DSPは登録している広告主のオークション情報を、メディアをまとめているSSPに送信して、広告が表示されます。そして、配信側と配信先の調整が行われ、配信価格などが最もお互いに良い状態で取引がされる調整を行います。また、ビッグデータを保有している場合が多く、Google、Yahoo!などではターゲティングできないような配信方法が可能になります。各社特長があり、広告配信の目的によって使い分けが必要になります。

【DSPの詳細はこちら】

DSP広告とは?運用メリットや選び方の基本を解説

SNS広告

SNS広告はFacebook、Instagram、LINE、Twitter、TikTokなどに配信する広告を指します。

今では、これらのようなSNSを毎日いずれかは使用している方は多いと思いますので、SNS広告を利用すれば日本在住のオンラインを活用しているほぼすべての人にリーチすることができます。

SNS広告の特徴として、各媒体が保有するデータでターゲティングを行い、バナー・動画・テキストで広告を作成して広告配信を行います。各SNSで使用しているユーザー属性に違いがあるため、広告配信する商材によって最適なSNSを選定して反響に繋げていきます。

近年はSNSをきっかけに購入したことがあるという方も増えてきており、機械学習の精度向上も相まって認知拡大だけでなく獲得も期待できる媒体となっております。

【SNS広告の詳細はこちら】

SNS広告の費用はいくらかかる?主要媒体の特徴とターゲティング

動画広告

昨今、動画広告の配信費用が右肩上がりに成長しているため、デジタル広告の種類の一つとして記載します。

YouTubeはもちろん、先ほど紹介したSNSも動画広告の配信がどんどん増えてきております。動画は画像(バナー)と比較して伝えることができる情報量が多いため、ユーザーに印象を残したり、購買意欲を高める見せ方をしたりすることが可能になります。こちらも認知拡大目的のみではなく、商材によっては動画広告からの獲得が可能になります。ただ、動画広告はバナー広告と比較して作成工数や費用がかかってくるため、リスティング広告やマッチしたSNS広告への配信で、ある程度反響を出した後に検討するという順序が良いのではないかと考えております。

【動画広告の詳細はこちら】

動画広告とは?主な種類とメリット・デメリット

デジタル広告の特徴

ここまで、デジタル広告の種類をざっと確認してきました。種類がかなり多かったかと思いますが、どのような広告があるのか概要は掴んでいただけたかと思います。

ここからは、デジタル広告の特徴やマス広告との違いを説明していきます。今まで当たり前だったテレビ、新聞、雑誌、ラジオのマス広告との違いがより分かっていただけるかと思います。

効果測定

デジタル広告がマス広告の費用を越えるまでに至った理由の一つに、「計測」部分が挙げられるのは間違いないでしょう。
デジタル広告は、何回広告を表示したか、何人に表示したか、1ヵ月の間に一人あたり何回広告を表示したか、何回クリックされたか、その確率はどうか、何回購入されたか、その確率はどれくらいか・・・など、広告を配信すると様々なデータを取得することができます。一方、マス広告ではここまで詳細なデータを出すことが難しいため、デジタル広告が重宝される理由の一つとなります。

ターゲティング

次にターゲティングです。テレビ、ラジオでは時間帯や番組の属性、地域。雑誌では、雑誌の内容などでのターゲティングが主になってきます。

一方でデジタル広告の場合、例えば検索キーワードでターゲティング、地域はもちろん時間帯、性別、年齢、デバイス、興味関心、サイトを訪れたことのあるユーザー、その類似のユーザーなど、豊富で詳細なターゲティングが可能です。ペルソナを立てて、そのペルソナに沿うような形での配信も媒体によっては可能になります。

設定の柔軟さ

上記と重複する箇所はありますが、様々な設定が可能です。配信のON・OFFや配信量の強弱、入札の強弱、広告文、バナー、画像をマス広告と比較して段違いにスピーディな差し替えや対応が可能です。

また、予算に関してもマス広告と比較して安価に配信可能です。最低出稿金額も運用型広告であれば特にありません(広告代理店によって異なる)ので、スモールスタートが可能です。成果が出れば投資し、出なければ設定変更してアプローチを変えるといった具合に改善していくことができます。

デジタル広告とマス広告の違い

デジタル広告とマス広告の違いを簡単にまとめました。

デジタル広告 マス広告
目的 認知から購入まで 認知
リーチ 少ない~(費用次第) 多い
ターゲティング 柔軟に可能 難しい
費用 安い 高い
スピード感 早い 遅い
設定変更 可能 難しい
測定 可能 難しい

おわりに

デジタル広告の特徴や種類、マス広告との違いについて解説しました。

昨今、Z世代のテレビ離れが進んでおり、テレビに関する話題も少なくなりInstagram、Twitter、TikTok、YouTube、NetflixなどのWebメディアが話題の中心になってきているという事実があります。テレビ全盛期の時のような、昨日のバラエティ番組や各放送局のドラマに関する話を翌日にする、見ていなければネタバレをされてしまう、話についていけないというような状況はなくなりました。それに伴いマス広告費の減少、テレビ視聴率の低下が起こっていますが、とはいえまだまだテレビCMの影響力は健在で、認知拡大には効果絶大です。

今回説明した内容ではデジタル広告の方が低予算からスタートできる点、設定を柔軟に行える点など、マス広告と比較すると良いこと尽くしのようになってはいますが、目標・目的を定めてそれを達成するために必要な広告を選んでいく必要があります。
ただゴールデンタイムに流したり、話題、大きな反響が取れやすい(有名人を起用したり、多大な製作費を投下したり)インパクトのあるCMは予算が必要です。可能なのは誰もが知っている企業や資金調達を可能にした企業が多くを占め、多くの広告主はテレビCMを打たずにデジタル広告で成功しています。デジタル広告の獲得効率を良くしたい、まだ実施したことがないといった課題をお持ちの企業様は、是非当社までご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Avatar photo

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー
問い合わせ数5倍 1,000社以上の実績
ウルロジ EC事業特化型 物流アウトソーシング
セルマーケ
継続率90%、様々な広告媒体の運用を最適化したい方へ

当社は、経験豊富な専任コンサルタントが限られた予算の収益最大化を図る広告運用が可能なプロ集団です。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F
電話番号 0422-77-1087 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2024 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.