2017.08.30アドテクノロジー記事一覧

ネイティブ広告(ネイティブアド)とは?ネイティブ広告のメリットや種類を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブ広告とは

インターネットの普及に伴い、広告のあり方も日々変化しています。従来はバナー広告やリマーケティング広告(リターゲティング広告)が主流でしたが、最近は「ネイティブ広告」という言葉をよく耳にするようになりました。

ネイティブ広告は、インターネット広告に関するユーザーのストレスを減らし、自然な形でコンバージョンに繋げる効果が期待できる素敵な広告手法なのですが、種類も多く、なかなか詳しい内容が理解しがたいのではないでしょうか。

Webマーケティングを成功させるためには、広告の上手な活用が欠かせません。今回は、ネイティブ広告の種類やメリットについて詳しく解説します。

ネイティブ広告とは

ネイティブ広告とは、「記事(コンテンツ)と広告が自然に融合している広告」のことです。

もう少し分かりやすく説明すると「メディアの通常コンテンツの一部として、同じ見た目で表示される広告」のことです。サイトの中で自然に表示されるので、「広告が挟まっていて嫌だな」という違和感を与えることなく、ユーザーに情報を届けることができるのが特徴です。

具体的には、コンテンツメディアの記事の一部に含まれるものや、SNSやキュレーションメディアの投稿の間に表示されるものがあります。

バナー広告やリマーケティング広告の場合は「いかにも広告です!」という見た目で、サイトのデザイン性を損ねかねないものもありました。また、以前に訪問したサイトの広告が繰り返し表示されている現状にストレスを感じるユーザーも少なくありません。

上述の問題点を解決し、ユーザーに自然に認知してもらうための広告手法として注目されているのがネイティブ広告なのです。

ネイティブ広告の種類

ネイティブ広告には、複数の種類があります。今回は、米国のオンライン広告の業界団体であるIAB(インターネットアーキテクチャ委員会)による6つの分類を参考に、以下の6種類のネイティブ広告について、特徴や掲載箇所などを解説します。

  1. インフィード型
  2. ペイドサーチ型
  3. レコメンドウィジェット型
  4. プロモートリスティング型
  5. ネイティブ要素のあるインアド型
  6. カスタム型(その他)

参考:IAB-Native-Advertising-Playbook2

インフィード型

インフィード型は、最も一般的なネイティブ広告といえます。「記事広告」や「SNS広告」などが該当し、そのメディアのコンテンツであるかのように表示されるのが特徴です。一見しても広告と気づかない場合もあります。

実際に表示されている例を見てみましょう。

メディアコンテンツの一部として表示されている例

メディアに掲載されている記事一覧の中に記事広告が表示されています。広告のリンク先は、その他のコンテンツと同じくサイト内のページにリンクしています。メディア読者の閲覧を妨げず、コンテンツの一部として自然に溶け込んでいます。

動画サイト「Youtube」や「Gunosy」「Antenna」等のキュレーションメディアにも表示されています。

BuzzFeed

参考:BuzzFeed
 
AllAbout

参考:AllAbout
 
コンテンツの中で商品やサービスの宣伝をするので、「一時期問題になったステマじゃないの?」と思われるかもしれませんね。しかし、いずれもコンテンツと広告を区別するために「SPONSORED」「広告」「PR」「プロモーション」などと表示されているので問題ありません。

SNS投稿の一部として表示されている例

インフィード広告は、Twitter、Facebook、Instagram等のSNSにも広く浸透しています。一般的な投稿の間に、投稿と同じ形式で表示されます。

クリックした際のリンク先はサイト外のコンテンツ。リンクをクリックしたユーザーを公式HPやランディングページに誘導します。

Twitter

参考: Twitter
 
Facebook
参考:Facebook
 
SNS広告の場合、広告の表示先を細かく設定することができるので、アピールしたい層へターゲットを絞って配信できます。また、投稿と同じ見た目なので、自然な形で訴求でき、新規顧客や潜在顧客を掘り起こすことができます。

ペイドサーチ型

ペイドサーチ型は、いわゆるリスティング広告(検索連動型広告)のことです。Google・Yahoo等の検索エンジンにおいて、入力されたキーワードに合わせて検索結果画面に表示されます。

インフィード広告との大きな違いは、潜在層ではなく顕在層を対象にしているという点です。

リスティング広告

レコメンドウィジェット型

広告配信したい記事などを、レコメンド欄のあるサイトに表示する形式の広告です。「この記事を読んだ人へのおすすめ記事」という導線で、ページ下部に表示される事が多いです。ユーザーの目につく可能性は低いものの、興味関心に沿って表示された広告なので、関心の高いユーザーを集客することができます。

AllAbout

参考:AllAbout

プロモートリスティング型

ペイドサーチ型に似ている形式の広告です。「Amazon」「ぐるなび」等で検索したときに、検索内容に応じて上部と下部にスポンサー枠として表示されます。

ぐるなび

参考:ぐるなび

ネイティブ要素のあるインアド型

IABのフォーマットに沿ったサイト内の広告枠にコンテンツ形式の広告を配信する形です。通常のコンテンツとは別の広告枠に表示されます。日本ではまだ導入例が少ないです。

掲載場所のイメージとしては、Google AdSenseのディスプレイネットワークが近いと言えます。

Above the Law

参考:Above the Law

カスタム型(その他)

これまで説明した5つのいずれにも分類されない形式の広告です。

例えば、LINEのスポンサードスタンプなどが該当します。他にも、音楽サービスSpotifyの「Branded Playlist」もカスタム型のネイティブ広告に分類できます。

メディアや広告の形は日々進歩しているため、今後もカスタム型に該当するネイティブ広告は増えてくることでしょう。

ネイティブ広告のメリット・デメリット

ここまで、ネイティブ広告の6つの分類について解説しましたが、ここからは「記事(コンテンツ)と広告が自然に融合している広告」である「インフィード型広告」「レコメンドウィジェット型広告」に焦点を当てます。これらが、一般的にネイティブ広告という言葉から連想される形式だからです。

まずは、ネイティブ広告のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

ネイティブ広告のメリット

ユーザーにストレスを与えることなく誘導できる

ネイティブ広告最大の特徴は、メディア内のコンテンツと体裁を揃えて掲載することで、自然に広告を表示できる点にあります。バナー広告のように、メディアから押し付けられる広告形態ではないため、ユーザーにストレスを与えることなく誘導することができます。

潜在層にアプローチできる

ネイティブ広告を活用すると、自社製品やサービスを知らない潜在顧客層にアプローチすることができます。

例えば、子育てをしている方がよく見るメディアへ「おむつ」の広告を掲載できたり、独身の方がよく見るメディアへ「婚活アプリ」の広告を掲載したり、そのメディアに掲載されている情報を見に来ているユーザーを対象として、「商品・サービスを知らない/興味がない」人にも情報を届けられるのです。

また、SNSに表示されるインフィード広告を活用すれば、ターゲット層に広く訴求することが可能です。

記事広告の拡散が期待できる

広告コンテンツであっても、良い記事・面白い記事であればSNSを通して拡散することが期待できます。居住地・ライフスタイル・趣味嗜好が近いユーザーに多く読んでもらえることになるので、広告記事自体が「シェア」されれば、広告費以上の効果が見込めます。

ネイティブ広告のデメリット

コンテンツ作成に労力がかかる

ネイティブ広告を成功させるには、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供することが大切です。単に商品・サービスの宣伝をすればよいわけではないので、コンテンツ作成に労力・コストを要します。面白くない、共感できない内容であれば、読んでもらえません。

また、複数のメディアを使う場合は、メディアごとに内容をカスタマイズする必要もあるため、広告出稿にかかる工数も多くなります。

ユーザーの反感をかう可能性がある

押し付けがましい広告や、メディアの方向性から外れた内容のコンテンツを作成してしまうと、ユーザーの反感をかってしまう可能性があります。広告であることがわかりづらいため、「騙された」という印象を与えてしまうのです。

効果を実感できるまでに時間がかかる

ネイティブ広告は、「商品をまだ知らない人」や「興味がない人」も対象にします。また、誘導先コンテンツも宣伝そのものがメインではありません。そのため、広告を開始してもすぐに成果につながるとは限らないのです。

今すぐに売上が欲しいという場合は、ネイティブ広告の中でもペイドサーチ型の広告にするなど、顕在ニーズがある層に向けてのマーケティングの方が効果を感じやすいでしょう。

ネイティブ広告を活かす”記事型LP”

ネイティブ広告に使われるコンテンツ型のランディングページを「記事型LP」といいますが、商品紹介のみで構成された従来のLPとは大きく異なり、ウェブメディアの記事の体裁を取った読み物型のコンテンツで構成されています。

ネイティブ広告を成功させるには、「いかに魅力的なランディングページ(LP)を作るか」という点が重要です。ネイティブ広告ででは、広告と思われることなく記事を読んでもらい、自然な文脈で商品・サービスを知ってもらわなくてはならないからです。従来の「広告」という概念を捨て、コンテンツを作るという意識を持たなくてはなりません。

そのため、記事型LPを作る際は構成などに工夫をする必要があるのですが、そちらについては下記の記事でまとめておりますので、ご一緒にご覧ください。

おわりに

ネイティブ広告は、ユーザーに自然な形で自社の商品・サービスを売り込むことができる魅力的な手法です。潜在層へのアプローチ方法としては、大きな可能性を秘めています。インターネット上の情報が氾濫し、「ユーザーが自分で読みたいものを取捨選択する」という時代だからこそ、広告コンテンツの内容を作り込むことが成功のカギです。

「最近流行っていると聞いたから」という理由で、安易にネイティブ広告に手を出してしまうと、コストに見合った効果は得られません。それどころか、ユーザーにネガティブな印象を与えてしまいます。

ネイティブ広告に挑戦したいと考えているなら、「なぜ、広告を出すのか」「どのような層をターゲットにするのか」「価値あるコンテンツを提供できるのか」という点をしっかり吟味して、検討することをおすすめします。
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。