2018.12.10Web制作

ランディングページ(LP)とは?メリット・デメリットと制作時のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランディングページ(LP)とは、ユーザーが検索結果やインターネット広告、そしてリンクなどをクリックし、Webサイトへ最初にアクセスしたページを指します。

「ランディングページってよく聞くけど、普通のページと何か違いがあるの…?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。web上の重要なページだということは理解できても、一般的なホームページとの違いなどがよくわからないという声をよく耳にします。

そこで今回は、ランディングページの特徴とランディングページを導入した際のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

ランディングページとは?

インターネット広告やリンクをクリックした際、「ユーザーが最初にアクセスしたページ」をランディングページと言います。

ランディングページそのものの名前には、「landing page=着地ページ」という意味をもち、リンクを経由して、ユーザーがはじめに訪問する着地点として利用されています。ランディングページは別称として、「LP 」などと呼ばれており、「入口ページ」や「集客ページ」としての役割をもっている重要なツールのひとつなのです。

例えば、コーポレイトサイトの会社紹介ページや商品のサービスなど様々なWebページをランディングページといいます。今ご覧になられているこのページもランディングページに当てはまりますし、このサイトの他のページもランディングページに当てはまります。

また、メルマガ用のページやSNS用、そして広告用のページもランディングページに当てはまります。

つまり、webサイトは複数のランディングページで成り立っているのです。

一般的にはリスティング広告など広告用ページを指す

先ほど様々なページを指すと説明しましたが、webマーケティング・制作の担当者の多くは「広告用のランディングページ(LP)」をランディングページと指すケースが一般的です。

広告用ランディングページは、通常のページと異なり、訴求したい内容やユーザーの知りたい情報を縦長のデザイン・レイアウトの1枚のページにまとめます。これにより、問い合わせや資料請求などのコンバージョンが増加する傾向にあります。

そこで今回は、こちらの広告用ランディングページについての特徴を見ていきます。

ランディングページの特徴

まずは、特徴について見ていきましょう。

1ページにユーザーの知りたい情報をまとめることができる

ランディングページは、ユーザーの知りたい情報をストーリー展開を意識して制作します。そのため、基本的には商品紹介や口コミ、問い合わせ、資料請求、購入ボタンなどがすべて1つのページに収まっています。

ページを見たユーザーは、商品のキャッチコピーから商品説明、口コミ、効果など順を追って見ていくことになり、さまざまな不安を一つ一つ解消しながら読み進めることができるため、接客販売されているかのような気持ちで閲覧することができます。

キャンペーン内容にあった様々なページを制作できる

1つの商品でも訴求したい内容やキャンペーンに合わせて数枚のランディングページに分けて制作することができます。

通常、コーポレイトサイトやサービスページに商品を紹介するページを掲載する場合、1ページのみに基本的な情報のみを掲載する場合が多いです。しかし、ランディングページは1ページだけでなく、記載したい情報によっては数ページ制作することもできるため、訴求したい内容やキャンペーンなど様々なランディングページを制作することが可能です。

フォーム以外のリンクがない

一般的なホームページやブログでは、あらゆるカテゴリや商品説明、アクセス、注文フォームなど、できるだけ多くのリンクを貼っておき、訪問したユーザーがより多くの選択肢を見つけることができるようにしておきます。こうすることで、ユーザーは興味のあるページを見つける・選ぶことが可能になります。

しかし、ランディングページには、こうした選択肢は一切ありません。なぜなら、問い合わせや注文フォーム以外のリンクを貼らないことが基本だからです。

ランディングページは、商品を注文してもらうこと、資料請求してもらうこと、問い合わせしてもらうことが目的なのです。そのため、フォーム以外の選択肢は極力省き、問い合わせや資料請求へと誘導します。

デザイン性の高いページを制作できる

ランディングページでは、文章で伝えるよりもイメージ画像を使用することで、より目につきやすく、イメージもつきやすくなります。そのため、デザイン性の高いランディングページの制作することが可能となります。

また、ランディングページを開いた時に一番はじめに目に入るキャッチコピー部分には、よりインパクトの強いイメージ画像を使用したり、キャッチコピーを引き立てる効果のある画像を用いたりしています。

このようにユーザーの興味を引く、また、わかりやすくメリットを伝えるために、目的にあったデザインのランディングページを制作する必要があります。

ランディングページのメリット

ランディングページを導入する最大のメリットは、「コンバージョン率(CVR)が高くなる」ことです。

コンバージョンとは、ユーザーからの問い合わせや資料請求、商品注文などのことをいいます。ランディングページは、このようにユーザーの購買意欲をかき立て、多くのユーザーからの問い合わせや注文をもらうことをメインに考えて作られるものです。

一般的なホームページやブログなどでは、たくさんのバナーボタンやリンクが設置されています。

もしユーザーがページを見ていて関心がそれてしまうと、そのページから離脱してしまう傾向が高まります。実際に1回のページ移動で訪問したユーザーが離脱してしまう確率は30%にもなるケースがあります。100人のうち、30人が離脱してしまった場合、残りの70名が問い合わせや資料請求、注文フォームへ進んでくれる訪問者はわずか数パーセントになってしまいます。そこから実際に購入してくれる人は、ごくごく少数となってしまうことでしょう。

しかし、ランディングページでは、リンクがありませんから、ページ離脱の確率はぐっと低くなります。

さらに、知りたい情報が全て1ページに集約されているので、いろいろなページを見なくても情報収集することが可能となります。そのため、ユーザーが目的の情報を見つけやくなり、最後まで閲覧してくれる可能性が高くなります。

ランディングページのデメリット

では、一方でどのようなデメリットがあるのでしょうか。

直帰率が高くなる

まず、1つ目が「直帰率が高くなる」ということです。

先ほど説明したようにランディングページの動線は基本的には問い合わせや資料請求などのフォームのみになります。そのため、ユーザーがフォームへ訪れない場合、直帰率が高くなる傾向があります。

この直帰率と大きく関わってくるのが、ファーストビューです。知りたい情報を探している時、目的にあったページを探すためいろいろなサイトを見ます。このとき、ユーザーのほとんどは、開いたページを見た時、一瞬で「読む・読まない」の判断を決めてしまいます。いわゆる「ファーストビュー」と呼ばれる箇所で、最初に目に飛び込んでくるイメージ画像やキャッチコピー、読んでみたいと思わせるような工夫が必要となります。

検索エンジンでの上位表示は期待できない

デメリットの2つ目は、「検索エンジンの上位表示は期待できない」ということです。

ランディングページは、ブログやホームページのように更新が行われることはありません。また、リンクがなく、画像をメインで制作するためテキストがほとんどないためで、検索エンジン上での上位表示は期待できません。

そのため、自然検索で上位表示を狙いたい場合は、広告用ランディングページと別に制作するといいでしょう。

コストがかかる

3つ目が、「コストがかかる」ということです。ランディングページそのものは、しっかりした構成や画像、キャッチコピーなどがあれば、知識がある方なら1人でも制作することができます。

しかし、知識がない場合、1人で制作しようとすると、色々と調べる必要があるため、制作に時間がかかります。

また、外注することになった際には、外注費がかかってくるため、コストがかかります。

制作時のポイント3つ

ランディングページのメリットとデメリットについて紹介してきましたが、実際に制作する際のポイントをご紹介します。

あらすじを作ること

ランディングページを制作する上で重要なポイントの一つに「あらすじ」があります。このあらすじがしっかりしていなければ、「読みづらい」や「わかりにくい」などと感じてしまい、せっかくの訪問者も離脱してしまうかもしれません。

まずは、ランディングページの基本の構成要素とその詳細について見てみましょう。

1.キャッチコピー

キャッチコピーは、ランディングページの良し悪しを決めるもっとも重要な構成要素のひとつです。ページを開いた時にパッと目に止まるものなので、見た瞬間、検索したユーザーが正しいページだということを知らせることが大切です。検索ワードなどをキャッチコピーに含ませると、より効果的です。

また、インパクトの強いキャッチコピーやうまい言い回しよりも、いかにユーザーが読みたいかと思わせることも大切です。ユーザーの関心を引き、かつ興味を持たせるようなキャッチコピーを考えてみましょう。

2.商品・サービスの説明

商品やサービスの説明は、もっともユーザーに伝えたい情報となることでしょう。しかし、いきなり商品やサービスの説明をはじめるのはNGです。まずは、ユーザーがなぜこのランディングページを訪れたのかをもう一度振り返ってみましょう。

ユーザーは、なんらかの情報を求めてそのページを訪問しているはずです。「こんな不安はありませんか?」、「こんなことでお困りではありませんか?」など、ユーザーが「そうそう!そうなの!」と共感してくれるような導入からスタートすることを意識しましょう。

また、商品やサービス説明の際には、できるだけそのイメージを伝えられるようにすることが必要です。どんな成分が使われているのか、どんな効果があるのか、など、それを利用したことによって、自分がどんなメリットを得ることができるのかを明確にイメージさせることが重要です。

3.利用者の声(口コミ)

多くの情報が飛び交うweb上では、その信ぴょう性を高めるために利用者の声を利用することがもっとも効果的です。実際に使ってみてどうだったのか。利用してみたサービスの感想や評価などを記載するようにしましょう。

また、実際の統計や実証データなどもその商品やサービスの信頼度を高めるための効果的な手段になります。競合商品や他者との差別化にも繋げられるポイントにもなります。

4.使い方・利用方法

商品の使用方法や利用法、また、サービスの流れなども必ず記載しておきましょう。イメージ画像よりも、イラストを使った手順やフローチャートなど、図式化したものを取り入れながら活用するのがより効果的です。

5.Q&A

ここまで読み進めてくれたユーザーがもつ不安や疑問を解消するために、多く寄せられる質問などをまとめておきましょう。もし、メールだけでは解決できないようなら、電話での問い合わせが容易であることなども明記しておくのが大切です。ユーザーの不安を取り除くことを意識しておきましょう。

6.購入ボタン

最後まで読み進めたユーザーが納得できれば、購入ボタンから注文フォームへと移動することになります。赤や緑などの原色を使った大きくて目立つボタンを準備しましょう。

十分な情報を提示すること

いろいろなホームページやブログ、口コミサイトなどには、たくさんの情報があふれています。当然、ランディングページを訪れたユーザーもなんらかの情報を求めているわけですから、多少の情報量だけでは満足してくれません。

また、情報量の少ないランディングページに比べて、情報量の多いランディングページの方がコンバージョン率が高くなることが多いです。つまり、数多くのランディングページが存在する中で、他の差別化を図りつつ、集客効果をあげるためには、より多くの確かな情報が必要です。

ユーザーを離脱させないこと

訪問者がページを訪れたあと、何もせずにそのままサイトを去る直帰率ですが、この直帰率が高ければ高いほど、そのページに魅力を感じる人が少ないという判断ができます。

そのため、興味を持ったユーザーがどれだけそのページに滞在しているのか、最後まで読み進めてくれているのかなど、こまめなアクセス解析は必ず行いましょう。

もし、こうした傾向が見られるようであれば、デザインを変えてみる、キャッチコピーを変えてみるなどの対策が必要となります。また、ページの表示速度が遅いなどの原因も直帰率を高めてしまう要因となりますので、ページ全体が表示されるまでの時間を計測し、表示が遅い場合には対策をしましょう。

訴求内容の考え方やLPの流れについてなど今回ご紹介したポイント以外にも重要なポイントもあります。下記記事で紹介しておりますので、こちらも参考にしてください。

おわりに

効果的なランディングページを作るためには、いくつかの重要なポイントをクリアしなければなりません。

デザインや全体のイメージ、キャッチコピーやロゴなど、見た目の要素ももちろん重要なポイントです。もしこれからランディングページを制作したいと考えているなら、この機会にいろいろなランディングページを見てどんなページが効果的なのかを勉強してみることから初めてみてはいかがでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。