2019.07.01インターネット広告記事一覧

Instagramビジネスプロフィール(ビジネスアカウント)の作成方法と運用方法のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業におけるブランディング、認知拡大においてSNSは重要なツールといえるまできています。

特にTwitter、Facebookといった巨大SNSに続くInstagramは、現在、全世界の ユーザー数が10億人を突破し、日本国内でも2,900万人までユーザーが増加しています。(2019年6月時点調べ)

そんなInstagramで企業が自社のサービスや製品に関する情報を発信しようする場合は、Instagramビジネスプロフィールが必要となります。

今回はInstagramビジネスプロフィール(ビジネスアカウント)とは、どのような特色があり、どのような運用を行うことができるのか紹介していきます。

個人のアカウントとInstagramビジネスプロフィール(ビジネスアカウント)の違いは?

Instagramビジネスプロフィールでは、プロフィール欄に企業の情報(電話番号、メールアドレス、住所)を設定することができます。

ここで、Instagramビジネスプロフィールのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

個人用のアカウントとは異なり、3つの機能が利用できます。

企業情報など専用のプロフィールの設定ができる

前段で記載したとおり、ビジネスプロフィールではアカウントのプロフィール欄に電話番号、メールアドレス、住所といった企業情報を設定することができます。

これによって、実店舗を持っている企業であれば、ユーザーに住所を宣伝することもできます。また、メッセージのやりとりに関しても、個人アカウントとのDM機能を通じてのやりとりができたり、指定のアドレスに誘導することができます。

さらに、プロフィール欄にはウェブサイトのURLも設定することができるので、直接商品ページやショップサイトに誘導することもできます。

自社アカウント、投稿の分析ができる

通常、個人用アカウントであれば、いいねやコメント数しか確認はできません。一方、ビジネスプロフィールを利用すると、どれだけのユーザーが自社のアカウントを閲覧しているか、各投稿がどれだけ見られているか確認することができるようになります。

このように分析を行うことで、どの投稿が特に人気だったのかを調べることができ、今後の投稿内容の企画に反映することもできます。

広告の配信ができるようになる

何より一番活用されるのは、この広告配信機能かと思います。InstagramではFacebookと同様に性別や年代、地域などでユーザーの絞り込みができ、そのユーザーにのみ広告を配信することが可能です。

本来、投稿を行っているだけではユーザーがアカウントを閲覧してくれるのを待つばかりですが、広告を配信することで、ターゲットとなるユーザーに直接、自社の商品を確実にプッシュできます。

デメリット

一方でビジネスプロフィールに変更すると個人用アカウントでは使用できる機能が2つ制限されてしまいます。

非公開に設定できない

個人用アカウントでは自身のアカウントを非公開にすることができ、申請を承認したユーザーしか投稿を見ることはできませんが、ビジネスプロフィールは非公開に設定することができません。

1つのFacebookページしかシェアできなくなる

特定のFacebookページを作成したビジネスプロフィールにリンクした際に制限される機能で、Instagramにおける投稿は、そのFacebookページでしかシェアできなくなります。別のFacebookページや個人用のFacebookアカウントでシェアすることはできません。

これら2つの制限を使用したいという場合は、個人用アカウントに戻さなくてはなりません。

Instagramビジネスプロフィールの作成方法

ビジネスプロフィールは、まず個人用のアカウントを作成し、切り替えを行うことで作成できます。

先ずはアカウントの作成からスタートです。

個人用のアカウント登録

Instagramは、スマートフォンアプリもしくはPCからアカウント登録できます。基本はスマートフォンアプリで行うことになりますので、今回はアプリ画面で登録までの流れをご紹介します。

アプリをダウンロードし起動すると、登録画面が表示されます。その画面では、「電話番号またはメールアドレス」と「Facebook個人アカウントと連動」という選択肢が表示されています。通常、個人用のアカウントの場合、既にFacebookでアカウントを持っていれば、連携をすることでアカウントを作成することができます。

もし、Facebookで既に自社のアカウントを持っていれば連携を行うことで、すぐに登録が可能ですが、持っていない場合は、「電話番号またはメールアドレス」を選択しましょう。

Instagram個人用のアカウント登録①

続いて、名前とパスワードを入力する画面が表示されます。ここでは、他のアカウント同様、管理がしやすいもので設定しましょう。するとユーザーネームを入力する画面が表示されます。ここでは、会社名や、サービス、商品名に関連するような名前で設定しましょう。

次に、FacebooKと連携を行うか、電話帳の連絡先を同期する選択肢が表示されますが、ここでは、新規で企業のアカウントを作成するため、スキップして構いません。

続いて、「プロフィール写真を追加」という画面が表示されるためプロフィール写真をここで追加、設定しましょう。

すると「ログイン情報を保存」という画面に移行されるため、「保存」をクリックすると、ログイン情報が保存されるので、次回移行、いちいちパスワードを入力する必要がなくなります。

Instagram個人用のアカウント登録③

以上で個人用のアカウント登録が完了です。

企業情報(アカウントプロフィール)を設定

アカウントを登録したら、続いて企業情報をプロフィールに設定します。

アカウントページの右下にあるプロフィールボタンをクリックし、「プロフィールを編集」というメニューが表示されるため、それをクリックしましょう。するとプロフィール写真、自己紹介、自社サイトのリンクなどを設定する画面が表示されるので、ここで必要な情報を登録しておきましょう。

個人用からビジネスプロフィールに切り替え

詳細なプロフィールの登録が完了したら、個人用アカウントからビジネスプロフィールに切り替えます。

再度、アカウントページ右下のプロフィールボタンをクリックし、表示されるメニュー内から「プロフィールを編集」を選択し「その他のツールを取得」をクリックします。

Instagram企業情報(アカウントプロフィール)への切り替え①

すると以下のような切り替え画面は表示されるため「次へ」をクリックしてください。

Instagram企業情報(アカウントプロフィール)への切り替え②

続いて「カテゴリを選択」という画面に移行しますので、自社サービス・商品のカテゴリを入力してください。

次に「情報を入力してください」という画面が出たら、ビジネス用の電話番号を入力しましょう。個人アカウントで登録した電話番号が表示されますので、変更の必要があれば、「連絡先オプションを変更」をクリックして、電話番号を変更しましょう。

すると下記画面が表示されますので、基本的な設定は以上となります。

Instagram企業情報(アカウントプロフィール)への切り替え③

しかし、まだウェブサイト情報やアカウントの自己紹介など入力した方がいい項目がありますので、先ほどの画面にある「プロフィール編集」を編集します。

すると下記のような画面が表示されますので、必要な情報を入力しましょう。

Instagram企業情報(アカウントプロフィール)への切り替え④

ここまでの設定を行えば、ビジネスプロフィールへの切り替えは完了です。

Instagramビジネスプロフィール運用時における分析機能

前段で記載したようにビジネスプロフィールでは、自社のアカウントや投稿内容がユーザーにどれだけ見られているかを分析できる機能があります。その機能を「インサイト」といいます。

インサイトはアカウントプロフィール画面の右上にある下記の赤枠を選択し、その中にある「インサイト」をクリックすることで使用できます。

Instagramビジネスプロフィールの分析

アクティビティ

アイコンをクリックすると、まずは「アクティビティ」が表示され、アクセス数やインプレッション、リーチ数などを確認することができます。

Instagramビジネスプロフィールの分析_アクティビティ

コンテンツ

「アクティビティ」の隣にある「コンテンツ」ではフィード投稿とストリーズ投稿それぞれのコンテンツごとの閲覧回数が確認することができます。

Instagramビジネスプロフィールの分析_コンテンツ

オーディエンス

そして、「コンテンツ」の横にある「オーディエンス」では、フォロワー数が多い地域、年齢層、性別フォロワーの滞在時間や曜日などを確認することができます。

Instagramビジネスプロフィールの分析_オーディエンス

運用前に決めておくポイント

インサイト機能を使用した運用の分析方法を紹介しましたが、そもそも運用を行う際には決めておくべきポイントがあります。

ターゲットユーザーの明確化

全てのマーケティングに共通しますが、ターゲットユーザー(ペルソナ)の設計は重要なポイントとなります。特にInstagramの場合、使用するユーザー層は比較的若い女性が中心となります。その中でも自社の商品やサービスのターゲットなる方はどんな人物なのか。

年齢や住んでいる地域など基本属性だけでなく、悩み、興味関心、そのユーザーがフォローするアカウントの傾向などより詳細まで想定のうえ設計すれば、投稿していく内容も自ずと定まってきます。

目標(KPI)を定める

広告を出稿する際、「流入数を〇〇セッションまで伸ばす」「購入数を○件増やす」など具体的な数値目標を立てるように、Instagramでも運用する前に目標となる数値を定める必要があります。

目標が定まっていないと、途中で投稿が止まってしまったり、内容もブレてしまう可能性があります。

Instagramの場合は、フォロワーやいいねを○ヶ月後までに○件まで増やすなどがで定番ですが、目標を定めたうえで、そこにたどり着くまでには、どのような投稿を続け、どのような項目を測定や分析し、効果検証を行っていくのかを予め決めておくと途中で方向性がブレずに運用することができます。

コンセプトを決める

Instagramの一番の特徴は投稿内容が写真や動画といったクリエイティブなものであることです。ユーザーもそのクリエイティブに共感や魅了された時に何かアクションを起こしてくれます。

そのため、商品の特徴やコンセプト、世界観をどうやって表現し、写真として投稿するかが重要となるため、事前に定めておく必要があります。

自社の投稿を拡散する方法

運用を始めてからは、上記のように定めた目標へと近づけるため、自社の投稿更に拡散しなければなりません。

Instagramでは、様々な拡散の手法がありますが、その中でも代表的なものを紹介します。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグとは、投稿文章の前にハッシュマーク「#」(半角)をつけることでタグのようになったキーワードのことです。ハッシュタグをクリックすることで、同じハッシュタグがついている他の投稿を閲覧できます。

このハッシュタグを利用することで他のユーザーに投稿を見てもらえる可能性が高まります。多くのユーザーが使っているハッシュタグを事前にチェックしたうえで、その内容にマッチする写真を投稿し、ハッシュタグを利用すれば、自社をフォローしていないユーザーであっても投稿を見てもらえる可能性を高めることができます。

キャンペーンの利用

Instagramにおけるキャンペーンはユーザー参加型の企画など、様々な活用方法があります。

例えば…「アイスクリームのハーゲンダッツでは商品のプレゼントキャンペーンを定期的に行っています!」や「商品の写真と一緒にハッシュタグをつけて投稿をすることで抽選に応募ができ、当選した人にはアイスがプレゼントされます!」といったキャンペーンにおける、特典やインセンティブを設けて企画することで、ユーザー間における拡散を狙ったブランディングにも繋がります。

おわりに

今回紹介しましたが、Instagramはただ自社商材をプッシュするだけでなく、ハッシュタグやキャンペーンなどを駆使し、ユーザー同士による拡散を狙うことも一つを特徴といえます。

今後、若い女性を中心に更に盛り上がりを見せると予想されるInstagramのアカウントをまだお持ちでないという場合は、今後更に自社製品をブランディングする際に参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。