WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

リスティング広告費用の目安や相場は?1クリックの料金が決まる仕組みも解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告を自社で配信している方、これから配信しようと検討して情報収集している方にとって気になるリスティング広告費。1ヵ月あたりどれくらいの予算で配信している会社が多いのかというおよその目安や相場をお伝えしていければと思います。また、リスティング広告はクリック課金制のオークション形式での広告ですので、オークション→クリックされた回数xクリック単価が広告費となります。この広告費に直結する1クリックあたりの料金が決まる仕組みに関してと、その他リスティング広告の費用に関する周辺情報も交えて紹介していきます。

リスティング広告の費用の目安、相場は?

早速リスティング広告の費用の目安、相場を紹介していきたいと思いますが、まだリスティング広告とはどんな広告なのか?リスティング広告のメリットとデメリットはなにかが良く分からないという方は先に下記デジ研記事に詳細に書かれている記事がありますので先に読んでいただくか、この記事を読み終えた後、是非読んでいただければと思います。

リスティングとは?広告の使い方から運用方法を分かりやすく解説
リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告費用で多い予算感について

リスティング広告の予算として準備して頂いている企業様で多い金額は¥300,000~¥500,000となります。費用の補足として多くの中小企業様が例となっておりますので、さらに広告費をかけている会社様は数百万~数千万以上もあります。ここに、その他広告が追加されていくイメージとなります。例えばGoogle、Yahoo!のディスプレイ広告、Facebook広告、Instagram広告、LINE広告、Twitter広告などが業種や商材によって追加され、最適な広告プランを組んでいく形となります。顕在層にアプローチできるリスティング広告は優先して予算を確保しておき、成果によってその他広告費を調整する場合が多いです。
この記事を見て頂いている方の中には、社内で広告運用を行っている方、代理店に依頼している方など様々いらっしゃるかと思いますので、自社運用の場合と代理店運用の場合のメリットとデメリットに関しても軽く触れておきたいと思います。

リスティング広告を自社運用する場合

メリット

  • 少額予算での配信ができる
    代理店に運用を依頼する場合最低出稿金額などが設定されている場合がありますが、自社出稿の場合自由に予算を決めることが出来ます。Google、Yahoo!のリスティング広告、ディスプレイ広告、Facebook広告、Instagram広告、LINE広告、Twitter広告などの主要媒体に関しては最低出稿金額が設けられていません。
  • 社員に知識、ノウハウが蓄積される
    ずっと同じ商材を運用していくことになりますので、かなりの時間は要しますが知識であったりノウハウであったりが蓄積されていきます。
  • 手数料がかからない
    代理店に依頼する場合、運用代行手数料が必要ですが自社出稿の場合かからないためコストカットできます。

デメリット

  • 運用工数がかかる
    広告運用工数が社員にかかってきます。今いる社員のリソースを空けるか、新たに雇用していく必要があります。多くの場合社員のリソースが割けない、新規雇用はリスクなどを考慮して採算が合わない等で依頼されます。
  • 情報収集時間がかかる
    運用経験のない場合、管理画面の使い方からその他細かい広告設定について多大な時間をかけて調べることになってしまいます。
  • 運用改善が思いつかない
    運用していく中で、運用改善が思いつかないという状況になることが多々出てくると想定されます。代理店の場合、多数の実績やノウハウがあるため相談しながら次回施策検討を進めることができます。
  • 代理店に依頼する場合

    メリット

    • 広告運用の工数がかからない
      上記の反対で代理店に配信、設定、施策検討などを投げることができ、広告主は代理店手数料のみのお支払いで済みます。
    • プロモーションや広告全般の相談ができる
      Web広告代理店にはSEO、制作などの部署があることが多く、営業も今までに培った知見があるためWeb広告はもちろんのこと、サイト、LPの構成からプロモーションまで相談ができます。
    • 媒体社との連携
      Google、Yahoo!、Facebook/Instagram、Twitter、LINEなど主要媒体をはじめとして様々な媒体から効果的な配信方法や最新情報を得ているため情報のアップデートが随時されていきます。

    デメリット

    • 手数料がかかる
      代理店に運用代行を依頼すると、運用代行手数料がかかってきます。社内運用の場合こちらの料金はカットできます。
    • 社内に運用知識が貯まらない
      運用を代理店に依頼するため、運用ノウハウが社内に貯まっていきません。
    • 変更に時間を要する
      設定変更、入稿など多くの代理店は期日を設けています。内容によっては即日対応をしますが、多くの場合2~3日をかけて設定完了させます。

    上記、ざっくりとメリットデメリットを挙げさせていただきました。
    詳しくは、弊社問い合わせフォームからお問い合わせ頂けますと、ご説明させて頂きますのでお気軽に問い合わせください。

    リスティング広告費用の決め方

    先程、リスティング広告の費用は¥300,000~¥500,000が多いと記載しましたが、その費用は実際にどのように決めていけばいいのかをご説明します。

    目標コンバージョン単価から決める

    1回のコンバージョンで得られる利益を考慮して、1コンバージョンを獲得する際に必要な費用=コンバージョン単価から予算を決めるという方法があります。コンバージョン地点が直接利益に結び付かない資料請求や問い合わせの場合、資料請求や問い合わせが何回あれば契約になるかのパーセントを算出して予算を決定します。ここは商材によって様々になってくるかと思います。

    クリック単価から決める

    サイトへの自然検索流入のコンバージョン率を参考にして決めていく方法もあります。コンバージョン率で、1件取るために必要なクリック数を算出することができます。そのクリック数を獲得するために、いくら予算が必要なのかを想定クリック単価を元に算出します。自然検索での流入は指名ワードも含んでいるため、広告で指名ワードの配信有無によっても調整が必要になってきます。

    リスティング広告費用を抑えて配信したい場合

    上記で予算を決定する方法は確認しましたが、目標とするコンバージョンを獲得できれば良い場合やはり広告費は安ければ安いに越したことはありません。一般的にコンバージョン単価が想定よりも好調の場合さらに費用をかけたほうが良いですが、ここでは広告費を下げていくにはどのような方法があるのか紹介します。ミニマム予算で運用していくためには、不要な配信をなくしていくことや、抑えられる部分は抑えるということが重要となってきます。下記一例を挙げております。

    配信地域

    基本的に配信地域は広ければ広いほど広告費を要します。キーワードの検索ボリュームも大きく影響しますが、広告費を抑えつつ獲得していくためには効果の良い地域に配信を寄せていったり、全くコンバージョンが獲得できない地域は配信を止めたりすることが効果的です。

    キーワード

    キーワードに関しても考え方は同じで、配信していると効果が薄いキーワードが見えてきます。そのキーワードで配信していてもコンバージョンが獲得できる可能性が低く、他のキーワードの方が良好であれば成果が悪いキーワードのクリック単価を抑制したり、停止したりを検討します。

    クリック単価

    クリック単価に関しても手動入札、自動入札などの入札戦略にもよりますがある程度こちら側でコントロール可能です。より安いクリック単価でクリック数重視の配信に切り替えることで目標とするコンバージョン数に到達できる可能性があります。ただ、クリック単価を安くするということは、オークションで競り負ける可能性が高まり、表示回数が減少します。そのロジックについては後ほど説明します。
    自動入札についての記事は下記で詳しく説明しています。
    是非ご確認ください。

    クリックの料金が決まる仕組み

    ここではリスティング広告費用に大きく関わってくる、クリック単価について深堀りしていきます。シンプルに考えた場合クリック単価を安くすればクリック数が増加し、広告費の抑制に繋がったり、コンバージョン数を増やしたりすることが出来ます。

    配信費用の管理

    リスティング広告の使用金額ですが、1日単位で設定することが出来ます。クリック費用に関して触れていく前に、日予算の抑制で広告費はコントロールできます。例えば、1日¥10,000で設定しておくことで、0時から24時の間でその予算内で広告を表示させてクリックを獲得していきます。ただ、この日予算は100%守られるというわけではなく設定した金額の約倍額まで使用する可能性があります。設定日予算の倍以上使用した場合、請求されません。

    課金方式

    課金方式はクリックされるたびにお金がかかる、クリック課金制となります。表示されただけではお金はかかってきません。クリックして、ユーザーがサイトを見て初めて課金されます。

    オークション制

    リスティング広告の掲載はオークション形式になっています。リスティング広告は最も費用対効果の良い広告ですので、今では数多くの企業がリスティング広告を配信しています。人気のあるキーワードは配信が被ってくるため、オークションでクリック単価が吊り上がり、高額になっていくという状態になります。そのためキーワードによってはクリック単価が数千円以上になる場合もあります。また、後述しますがこのオークションは入札単価のみで決定されるわけではありません。

    掲載順位

    上記のようにリスティング広告はオークション制で配信されています。オークションでもっとも良い数値だった広告の掲載順位が検索結果の1番上となります。その際、使用されるものが広告ランク(Yahoo!ではオークションランク)と呼ばれる数値です。

    広告ランク

    この数値は管理画面では確認ができない仕様になっています。ただし広告ランクがどのように算出されるかという計算式は公開されています。
    広告ランク=上限クリック単価x品質スコアと広く知れていますが、実際は下記Google広告ヘルプ引用の内容となっており、上限クリック単価、品質スコアをはじめとしたその他様々な要素によって決定され、単純に上記式というわけではありません。

    広告ランクは入札単価、オークション時の広告の品質(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性など)、広告ランクの下限値、オークションにおける競争力、ユーザーが検索に至った背景(ユーザーの所在地、デバイス、検索時間、検索語句の性質、ページに表示されるその他の広告と検索結果、その他のユーザー シグナルと属性)、および広告表示オプションなどの広告フォーマットの見込み効果を使って算出します。

    上限クリック単価は、1回のクリックにいくらまで支払いを許容するかという上限のことです。

    品質スコア

    中でも管理画面で1~10のスコアで確認することが出来る品質スコアの部分を深堀してみていきます。品質スコアは下記3つの要素によって構成されています。
    推定クリック率、広告の関連性、ランディングページの利便性
    それぞれ管理画面で確認することが出来ますが、数値として出てこず平均より上、平均的、平均より下という3種で表記されます。過去90日間で他の広告主と比較した上で決定されているので、特に平均より下と結果が出ていると改善できる可能性がまだまだあると考えられます。品質スコアは状況確認として使用する分にはいいですが、この数値を最重要項目として追って行くのは本質ではありませんので、本来の目的であるコンバージョンなどの指標を注視しましょう。

    まとめ

    今回はリスティング広告の費用に関連することを中心に紹介させて頂きました。リスティング広告の目安や相場、またそれに伴う予算の決め方の例や社内での広告運用、代理店依頼の比較などの周辺情報、費用の面で広告費の理想の抑え方、クリック単価抑制に繋がるオークション理解についてまとめております。大枠とはなりますが、リスティング広告費用周りのことが理解して頂けたら幸いです。また何か疑問点等あればお気軽に問合せ頂ければと思います。
     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    The following two tabs change content below.

    digital-marketing

    デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.