2019.07.04SEO記事一覧

Googleマイビジネスとは?アカウントの登録方法と活用方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleマイビジネスを利用すれば、Google検索やGoogleマップ上に自社の情報を無料で簡単に掲載でき、最近では、Googleマップの上位表示で集客を増加させる施策を行う企業が増えてきています。

そこで今回は、Googleマイビジネスのサービスの特徴や具体的な登録方法、使用時の注意点についてご紹介したいと思います。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Googleが公式提供している優れた検索サービスのことです。Googleマイビジネスに自社情報を登録すれば、だれでも簡単にインターネット上にビジネス情報を下記のように掲載できます。

Googleマイビジネスの例①

上記の通り、公式ウェブサイトや経路案内、所在地、電話番号などが表示されます。それでは、地図情報をクリックしてみましょう。

Googleマイビジネスの例②

このように、目的地周辺の地図情報が瞬時に表示されるため、Googleマップ上で経路検索をすれば、道に迷うことなく到着できます。Googleマイビジネスを使用することで、検索ユーザーに対して、正確な情報をすぐに表示し、実店舗集客の糸口を用意できます。

他にも、施設の外観や屋内の写真を掲載できるため、検索ユーザーに対して視覚で強くアピールできます。検索結果エリアよりも優位な掲載枠を獲得しているため、常時掲載されれば高い集客力が期待できるでしょう。

Googleマイビジネスの特徴と機能

実店舗の集客方法として注目を集めるGoogleマイビジネスですが、具体的にどのような特徴や機能を有しているのかをご説明します。

投稿機能によって24時間情報発信ができる

Googleマイビジネスには、自社情報をインターネット上に公開するための投稿機能が搭載されています。この機能を利用すれば、売上を伸ばしたい商品やサービス情報を手軽に販売・促進し、期間限定のサービスやイベントなど、直近の情報を24時間リアルタイムで更新できます。

通常の紙面の広告よりも利便性や柔軟性に優れており、今すぐに伝えたいことをダイレクトに伝達できるため、見込み客からの反応が得やすくなります。

自社の基本情報をわかりやすくインターネット上に公開できる

実店舗に集客するには、会社やお店の詳細についてインターネット上に公開する必要があります。その際、Googleマイビジネスを利用すれば、下記の情報などを掲載できます。

  • 所在地
  • 時間(営業の有無)
  • 電話番号
  • 口コミ
  • 会社の事業紹介
  • 目的地周辺の地図
  • 目的地の外観
  • 室内の写真

Googleの公式サービスとの連携機能に優れているため、目的地周辺の情報や経路情報なども手軽に表示できます。Googleマップ上にお気に入り登録する機能も有しているため、さまざまな角度から見込み客の集客を促せます。

ページの訪問者情報を閲覧できる

Googleマイビジネスを利用すると、自身のビジネスプロフィールを越担したユーザーの性別や年齢はもちろん、電話の通話回数、ページの表示回数、経路検索回数など、さまざまな情報が数値化されたレポートを確認できます。

そのため、本来なら想定していなかったユーザーが想像しているよりもアクセスしていることに気づけることがあります。レポーティング情報を定期的に解析・改善することで、Webマーケティング初心者でも費用対効果を最大化できます。

シンプルなデザインのウェブサイトを無料で作成できる

Webサイトを開設していなければ、Googleマイビジネスを利用することで、無料で作成できます。シンプルなデザイン性でどのようなビジネスにも汎用性があります。所要時間として10分程度必要ですが、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも無料でコンテンツの編集や公開ができます。

Webサイトを開設する余裕のない方は、こちらの機能を利用して費用をかけることなく美しいウェブサイトを用意しましょう。もちろん、マーケティング効果を最大化するのなら、ホームページ制作会社への相談をおすすめします。まとまった費用が必要となりますが、機能性やデザイン性に優れた理想のウェブサイトが手に入ります。

Googleマイビジネスの登録方法

Google検索やGoogleマップ上に、自社情報を表示するには、Googleマイビジネスへの会員登録が必要です。ここでは、Googleマイビジネスの登録方法についてご説明します。まずは、Googleマイビジネスの公式サイトへアクセスします。

Googleマイビジネスの登録方法①

参考サイト:Googleマイビジネス

アクセスしたら、右上の「ご利用を開始」をクリックします。

ビジネス名を入力します。ここには、会社の名称を入力します。「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法②

GoogleマップおよびGoogle検索への表示が必要な場合は、「はい」をチェックします。もし、必要なければ「いいえ」にチェックを入れてください。今回は、必要ですので「はい」にチェックを入れます。

Googleマイビジネスの登録方法③

会社や店舗の住所を入力します。入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法④

もし、貴社がビジネス拠点以外の地域でもサービスを提供している場合は、「はい」をチェックします。提供していなければ、「いいえ」をチェックします。今回は、「いいえ」をチェックします。チェックが完了したら、「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法⑤

ビジネス内容の説明として、もっとも的確なカテゴリを入力します。弊社は、ITサービスを提供しているため、「IT コンサルタント」と入力しました。こちらの情報については、のちほど変更できますので、候補として表示されるもののうち類似するものを選択しましょう。カテゴリの入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法⑥

検索ユーザーに表示する連絡先を入力します。会社や店舗の電話番号やウェブサイトのURLを入力します。この時、Googleマイビジネスを利用して無料でウェブサイトを開設したい場合は、「ご自身の情報に基づいて無料ウェブサイトを作成する」を選択してください。ウェブサイトを所有されている方は、URLを入力し、「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法⑦

Googleマイビジネスに関する最新情報の入手を希望する場合は、「はい」を選択します。宣伝効果を高めるヒントやおすすめ情報、お知らせが必要なければ「いいえ」を選択し、「次へ」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法⑧

これで一連のビジネス情報の登録が完了しました。詳細について確認し、「終了」をクリックします。

Google上で会社や店舗情報をアピールするには、ビジネス情報の確認が必要となります。そのため、ハガキによる郵送を希望しましょう。その際は、「連絡先の名前」を入力し、郵送先の住所について確認してください。入力情報に誤りがなければ、「郵送」をクリックします。

Googleマイビジネスの登録方法⑨

しかし、個人的な判断では郵送を希望できない状況であれば、「後で」をクリックし、手続きを進めても問題ありません。のちに、オーナー確認が完了すれば、リスティング広告の管理ができます。

こちらがGoogleマイビジネスの管理画面となります。オーナー確認やリスティング、クチコミ情報など、あらゆることをここから確認できます。入力可能な情報については、適宜管理画面から入力していきましょう。

Googleマイビジネスの登録方法⑩

使い方を覚えるのなら、Googleマイビジネスヘルプを利用することも有効な手段となりますので、ぜひ参考にしてください。

参考サイト:Googleマイビジネスヘルプ

Googleマイビジネスの注意点

実際に、Googleマイビジネスを利用する際、必ず押さえておくべき注意点がいくつかあります。その注意点とは、下記の3つのポイントです。

  • 口コミの管理ができない
  • アップした写真の任意表示ができない
  • 継続して更新していく必要がある

なぜ、これらのポイントについて注意しなければいけないのか、その理由や対策法についてご説明します。

口コミの管理ができない

Googleマイビジネスには、口コミを投稿する機能があります。そのため、あなたの運営する会社や店舗、商品、サービスについて低評価に関する口コミが投稿される可能性があるということです。

  • 商品を購入したけれど、壊れていた。2度とお店で購入したくないと思った。
  • 店員さんの程度がすごく悪かった。お客に対する言葉遣いには、注意してほしい。
  • まったく電話がつながらない。そのため、他の会社のサービスを利用した方が良いと思う。

上記のような口コミが投稿された場合、Googleマイビジネスの管理画面から削除や編集はできないのでしょうか。残念ながらユーザーの口コミは、会社や店舗の運営実態に関する判断ポイントとなるため、意図的な削除や編集は認められていません。

ただし、悪意のあるものや主題から外れているもの、なりすまし、個人情報を公開するような口コミについては、削除できます。悪質な口コミを発見した際は、Googleへ削除依頼をしましょう。

アップした写真の任意表示ができない

Googleマイビジネスの管理者は、Google検索によって表示される写真を任意指定できません。そのため、自分自身が“社内の風景”を移した写真をアップしたいと思っても、他の画像が表示されてしまう可能性があります。

Googleアルゴリズムによって、検索ユーザーに最適な画像が表示される仕組みになっているため、具体的な対策法というものは存在しません。しかし、Google画像検索から最適な画像を選択している可能性が高いため、公式ウェブサイトへ掲載中の画像にタグを付けて公開しておくことで選んでもらいやすくなります。

継続して更新していく必要がある

販売中の商品やサービス、イベント情報など、マーケティングの内容に変更があった場合は、Googleマイビジネスの管理画面から内容を変更しなければいけません。会社や店舗の情報が自動的に変更されることはないため、管理者が責任をもって継続して更新していく必要があります。Googleマイビジネスの管理画面から更新できる情報は、主に下記になります。

  • 会社や店舗の営業時間
  • 運営拠点(事務所移転による引っ越し時には、速やかに移転先に変更しなければいけません。)
  • 連絡先の電話番号
  • マーケティングカテゴリ
  • 公式ウェブサイトのURL

これらの更新情報は、Googleマイビジネスのメニュー部分の「情報」から変更できます。正しい情報を入力後、「編集を終了」をクリックすれば、更新作業が完了します。

MEO対策で集客強化を!

ローカルな検索順位を高めるには、MEO対策が欠かせません。MEO対策によって集客を強化すれば、会社や店舗の情報が検索結果上で上位表示するため、自然とGoogleマイビジネスへのアクセスが増加します。

これにより、見込み客からの信用力が高まるため、検索ユーザーを効率良く集客できます。そのため、商品やサービスのお問い合わせや予約数をアップする施策として注目されており、多くの広告予算を支払えない企業にとって有効な集客方法として認知されつつあります。

では、どうすればMEO対策を始めることができるのでしょうか。下記の記事では、MEO対策のメリットや具体的な手順について解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

おわりに

Googleマイビジネスを利用すれば、ウェブサイトによるSEO対策が苦手な方でも、検索上位に掲載される可能性が十分にあります。会社や店舗情報の新規入力や更新作業などの手間が発生しますが、集客数アップに間違いなく大きく貢献してくれます。

定期的に、Googleマイビジネスを更新し、優良な商品やサービスを提供していけば、お客さまから数多くの口コミがもらえるでしょう。そうなれば、ますます信用力が上がり、自然検索はもちろん、SNSなどからも集客が期待できはずです。

もし、Googleマイビジネスへの登録が難しければ、登録代行業者を利用してネット集客の仕組みを作っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。