WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

SEO対策を外注する時のサービス別費用相場とメリット・デメリットを徹底解説

2021.09.072021.09.02SEO記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと多くのサイト集客を期待してSEO対策の外注を検討している人も多いのではないでしょうか。とは言うものの「SEO対策は専門的すぎて何を基準に選べばいいか分からない・・・」「どれくらいの費用が掛かるか分からない・・・」そんな方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではSEO対策の外注をした時のサービス別の費用相場と外注した時のメリット・デメリットを徹底的に解説いたします。

SEO対策を外注するメリット

全方位からSEO対策を行おうとしても、知見がない方からすると雲をつかむように難しいと感じるはずです。SEO対策と言っても必要な知識は範囲が広く、専門的なので、一人前のSEOエキスパートにはかなりの時間と労力を伴います。また、全ての人がSEOエキスパートに到達できるとは限らない世界なので、SEOで成果を上げる手段の一つとしてSEO対策の外注を検討することをオススメします。
ここでは、SEO対策を外注することのメリットを解説していきます。

まず、SEO対策を外注することのメリットは以下のようなものです。

SEO対策を外注するメリット

  • SEO対策全体に対する知見が深まる
  • 効果的なターゲットユーザーの設定とキーワード集客ができる
  • 中長期的な視野でSEOに強いサイト基盤構築
  • 常に最新のSEOアルゴリズムに対応

一体どういうことか、それぞれ詳細に説明していきます。

メリット①:SEO対策全体に対する知見が深まる

SEO対策は専門的で広い知識を必要(もちろんSEOの経験も)としますので、SEOのプロに依頼すれば上位表示までの方法や流れを掴むことができます。自分でSEO対策を行いたいと意欲的に思っている人であれば、プロに外注することでSEO対策全体に対する知見が深まるでしょう。親切なSEO会社であれば、将来的なSEOの内製化を図りたい場合でも前向きに協力して頂けるでしょう。

SEOの知見を深める内部施策の一例

SEO対策の知見を深めて頂き、今後の資産にして頂くよう、当社のSEOコンサルティングでは内部施策の手順書を提供しております。もしコンサルティングの契約が終了しても、SEOフレンドリーなサイトを維持し続けるサイト運営のガイドラインにすることができます。

内部施策書の一例

内部施策のサービスページを見る

メリット②:効果的なターゲットユーザーに集客ができる

SEOで効果的なターゲットの集客を狙う場合は、どのキーワードをSEO集客行っていくかの設計が肝となります。SEO会社に外注する場合、多くの会社では集客するべきキーワードを設計してくれるはずでしょう。効果的なターゲットキーワードの上位表示がSEOによって実現できた場合、サイト訪問数だけでなくお問い合わせも増えるはずです。

このように、ビジネス成果が見込めるターゲットキーワード設計を行ってくれることがSEOのプロに外注するメリットと言えます。

メリット③:SEOに強いサイト基盤を中長期で構築

サイトに施した内部施策やコンテンツは資産になります。悪質なSEO会社でなければ、ほとんどのSEO会社との契約期間が終了した後でも、それまで行ってきたSEO効果は中長期的な期間で持続することがほとんどと言えます。SEOは集客に一過性の広告とは違い、費用対効果が高いウェブマーケティング施策の一つです。力のあるSEO会社に外注することでSEOに強いサイト基盤を中長期で構築することができます。

外注したSEO会社と中長期に強いサイト基盤を作るには

当社ディーエムソリューションズを外注先に選んでいただいた場合は、SEOで中長期に強いサイト基盤構築をお手伝いさせて頂きます。当社ソリューションは、テクニカルなSEO要件を満たした内部施策から、集客そして問合せに貢献するコンテンツ作りを支援いたします。
※自作自演の被リンク作成などブラックハットな手法を外注先に探している方は当社にマッチしませんのでご了承ください。

メリット④:常に最新のSEOアルゴリズムに対応

Googleの検索エンジンは常に進化しています。なぜなら、ユーザーにとってより有益な検索結果を返し続けるためです。SEO対策に必要な考え方が変わることはほとんどないのですが、進化した検索エンジンの検索結果に露出し続けるためにはGoogleの最新情報を経過観察する必要があります。そして、必要な対策が発生した場合に対応する必要があります。SEOのプロは最新のGoogle検索エンジンの動向をウォッチしていますので、対応の要不要をアドバイスしてくれる存在になります。

SEOの最新アルゴリズムに対応し続けるには

最新のアルゴリズムに対応し続けるには、検索結果を注視するだけでなくGoogleから得られるニュースやエキスパートの情報発信を見ていく必要があります。当社のSEOコンサルティングでは最新のSEOニュースを取りまとめたSEOニュースレポートを提供します。

最新アルゴリズムに対応するSEOニュースレポート

当社をSEOコンサルティングの外注先としてお選びいただいた場合は、最新のSEOアルゴリズムに対応するために毎月ニュースレポートを提出しております。SEOのトピックス以外にもウェブデザインや広告関連のニュースもお届けしています。

外注せずに自社インハウスでSEO対策は可能?

外注を使わずに、自分(もしくは自社)でSEO対策を出来るなら、こんなに素晴らしいことはないと私は思います。もし自社でSEO対策も可能な運用体制が構築出来るなら、企画から施策の実装スピードは速まり、望んでいる成果の最短プロセスを踏むことできるでしょう。

自社インハウスでSEO対策が可能かどうかと聞かれれば、イエスでもありノーでもあります。ただし0の状態から自力でSEOエキスパートになるのは困難かと思いますので、少なからずSEOエキスパートの採用が不可欠で最短ルートと考えています。ただし、SEOエキスパートと言っても経歴・スキルによって備わっている能力は千差万別なので、求められるスキルとのミスマッチは起こりえることの理解が必要です。また、多くのサイトのSEO対策を行っているSEO会社から離れたSEOエキスパートは、知見が狭まっていくかもしれません。
そうしたことを考えると、人件費を抱える潤沢な予算がない場合は、プロに外注した方が費用対効果は高いと考えています。

SEO対策を外注するデメリットは費用がかかること

当たり前の事かと思いますが、SEO対策を外注する場合はコストが掛かります。サービス体系によって料金形態や契約内容も変わってきますので、注意が必要です。外注にかかるSEOコストはキーワードの難易度やサイト規模感に合わせて、コストが変わってくるのが一般的です。SEOには費用が掛かるデメリットがありますが、費用対効果も高いケースも多いのでデメリットがメリットを上回る可能性がほとんどです。
また、外注する場合は費用に対して何を提供されるのかをしっかりと確認しましょう。

何に対して費用が掛かるのを知るために、次はSEO会社が提供する主なサービス別の料金体系を解説していきます。

SEO会社の料金体系3種類

一般的なSEO会社の主な料金体系は以下の3種類となります。

  • 成果報酬型
  • 月額固定
  • 一括払い

それぞれの料金体系を詳しく解説していきます。

成果報酬型(当社取扱:✕)

SEOサービスの成果報酬型は、あらかじめ契約時に指定したキーワードが上位表示した場合に費用発生になる料金体系です。上位表示を図るキーワードが1つから設定できることもあれば、3つ程度のうちどれか1つでも上位表示したら料金が発生する場合もあります。また上位表示した場合、費用は上位表示している期間の日割りとなっていることが多く、最初に上位表示してから6か月もしくは1年が契約の対象期間になっていることが多いでしょう。

成果報酬型は、上位表示する前後どちらでも、何をしてくれているのかがブラックボックスになっていることが多いので分かりづらい特徴があります。費用発生の条件を満たした上位表示の後は、それ以上の工数をかけない方がSEO会社の費用対コストも良くなるので、それ以上のSEO対策は望めない可能性があることを覚悟する必要があるでしょう。

また、この記事を見ている人が善良な成功報酬型のSEO会社を見つけられることを祈っておりますが、中には悪いSEO会社もいます。ブラックハットな手法を用いるようなSEO会社と契約した場合で、最悪なケースはGoogleからペナルティを受けることもあります。Googleからペナルティを受けた場合、検索結果からの流入は見込めなくなるでしょう。

成果報酬型のSEO会社を外注先として検討する場合、どんな手法で上位表示を狙うのか、上位表示前後でどんな施策を行うのか、費用発生のタイミングと期間を特に注意して選定する必要があります。

月額固定(当社取扱:〇)

月額固定型の料金は、決まった毎月額を支払う料金体系です。サイト規模や対応内容で月額料金は変わるのが一般的です。一方で外注する側としては、月額料金の対応範囲を理解することが大事であると共に、依頼範囲内を明確に伝える方がよいでしょう。月額の中で対応できる領域はSEO会社によって異なります。月額料金の中に、コンテンツ記事、ページ改修などを含めることも可能です。依頼範囲は決まっているものの、途中で依頼要件が増える可能性がある場合は、オプション料金を把握しておくと尚良いでしょう。

月額固定は施策をクライアントに併せてカスタマイズしやすい

月額固定の場合は、依頼次第で費用が増減します。そのため、目標に合わせて施策をカスタマイズすることも可能です。目標に合わせて施策をカスタマイズ可能な会社を外注先に選ぶとよいでしょう。

当社ディーエムソリューションズを外注先に選んでいただいた場合は、SEOで中長期に強いサイト基盤構築をお手伝いさせて頂きます。当社ソリューションは、テクニカルなSEO要件を満たした内部施策から、集客そして問合せに貢献するコンテンツ作りを支援いたします。

SEOコンサルティングサービスを見る

一括払い(当社取扱:〇)

一括払いは、決めた施策分を一括で支払う形になります。一括払い型は、新サイト立ち上げ時の内部施策や既存サイトの内部施策改善、コンテンツなど必要な分量だけ施策に対して納品します。月額固定型の様に6か月から1年分の費用が足りないけれども、スポット分の予算がある場合に選択されやすいタイプです。
SEO施策による成果には長い期間を要するので、一括払い型は成果が見えやすい依頼になっているかどうかを注意するとよいでしょう。

SEOの外注費用相場

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングの相場は月額30万円が一般的な相場となります。会社規模やサイト規模次第では10万円の会社もありますし、不動産や求人などの大規模なサイトは50万円以上の月額料金になる場合もあります。当社のSEOコンサルティングは、一般的な月額30万円でお受けすることが多く、目標数やサイト規模によって金額が変動いたします。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは記事単価型(文字単価型)となり、1記事2万円以上になることが多くなっています。ただし最近では、EAT対策として専門家監修をご依頼頂く場合や上位表示するために文字数を多くした長文コンテンツが必要になる場合があります。そうしたケースの1記事あたりの費用は、増える傾向にあります。また、最低発注記事数がある会社も多いので、確認が必要です。

良質なコンテンツをサイトに公開し続けることで、サイトの流入数が積みあがっていくのが特徴です。基本的に長く継続すればするほど、サイト全体の評価も高くなりやすい傾向があります。

コンテンツSEOの対象となるサイトのジャンルなどによって記事が変動する場合もありますので、外注先候補の会社に都度確認することが必要でしょう。当社の場合は上位表示に必要な文字数からお見積り金額を提示いたします。

内部対策

内部対策は、検索エンジンに好まれるサイト作りのためにサイトの改善を行いますが、多くはスポット対応となるので一括払いが多くなります。その金額はサイト規模によって可変しますが、小中規模サイトで20万円からが相場となります。長期契約が難しい場合やSEOコンサルティングにかける予算がたりないが、SEOフレンドリーなサイトにチューニングしたい場合に依頼を受けます。

内部施策の外注サービス

当社の内部施策サービスは検索エンジンに好まれるサイトチューニングを行います。テクニカルな内部施策からセマンティックなタグ使いの指南など、サイトの内部施策で改善するべき箇所を指示書として作成いたします。内部施策チェックで指摘を受けた箇所は、既にお取引のあるパートナー制作会社様に依頼頂くか当社にご依頼頂くかどちらでも問題ありません。下記は内部施策解説書のほんの一部を公開しておりますが、全100ページにわたって内部施策解説書を当社はご納品させて頂いております。

内部施策サービス

内部施策のサービスページを見る

成果報酬型(ビッグキーワードor複数ワード)

成果報酬型は、検索回数が多く難易度が高いビッグキーワードや複数キーワードを掛け合わせた場合で相場は変わり、ビッグキーワードは15万で複数ワードは5万円程度となりますが、対応している外注先は少ないです。正当なSEO施策の上位表示によって報酬を支払う分には健全かと思いますが、上位表示を諦めて何も施策を行わずに放置をする悪質なSEO会社もあるので、どこまで施策を行ってくれるのかを明示してくれる外注先を探す必要があります。

被リンク

被リンクを提供する会社は月額固定の場合は成果報酬型の場合があります。キーワードの難易度によって異なりますが、成果報酬型の場合は上位表示を達成した日から、達成した日にちの分だけ報酬が発生することが多くなっています。月額固定の場合は2万円程度が相場となります。

被リンクの外注はリスクあり

PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク自体やリンクを含む投稿に関して金銭をやり取りすることや、リンクに関して物品やサービスをやり取りすること、特定の商品について記載しリンクを設定してもらうのと引き換えにその商品を「無料」で送ることなどが含まれます。
引用:「リンク プログラム | 検索セントラル | Google Developers」より

Googleはリンクの売買を一切推奨しておりません。悪質な順位操作目的の被リンクプログラムをしていると認識された場合、検索結果に表示されなくなるペナルティを受ける場合があります。被リンクの獲得自体は問題ありませんので、コンテンツによるナチュラルな被リンクを獲得するように心がけましょう!

まとめ:外注費用相場表

サービス 料金体系 費用相場 施策内容 当社の取扱
SEOコンサルティング 月額固定 月額30万円 内部施策からコンテンツ、リンク設計などサイト全体のSEO対策を行う。中長期にわたってSEOに強いサイト基盤構築が可能。
コンテンツSEO 一括払いor月額固定 1記事2万円~ 基本、コラムを増やし続けることでSEOの流入数を図る。良質なコンテンツを公開し続けることでSEO経由の流入数が積みあがっていく。
内部対策 一括払い 20万~ SEOフレンドリーで検索エンジンに好まれるように、サイト内のチューニングを行う。
成果報酬型(ビッグキーワード) 成果報酬 15万~ 内部対策やコンテンツ、被リンクなど幅広く実施する場合もあるが、フォロー内容は千差万別。また、上位表示されないと外注先が放棄した場合、放置される可能性がある
成果報酬型(複数ワード) 成果報酬 5万
被リンク 月額固定or成果報酬 2万~ 外部サイトからの被リンクを集まる。
※順位操作を目的とした被リンク集めはGoogleからペナルティを受けるリスクがあるので注意が必要

外注先の良いSEO業者を選ぶポイント

外注先の良いSEO業者を選べるようにいくつかのポイントを紹介しています。一概に言えるわけではありませんし、SEO業者は人の相性も重要ですので選定する場合の参考ポイントとしてご活用ください。

SEOの知識がある
当然のことですが、窓口となる営業の方でもSEOの知識がしっかりとあるのか質問してみましょう。深い専門知識を要する質問以外であれば、一時的な回答として応えてくれるケースが多いでしょう。基本的に、SEO施策部隊と一緒に仕事をしていれば、営業でも多少のSEO知識はもっていますので、持っていない場合は外注先に注意が必要です。
適切な課題を捉え分析してくれる
定型的なSEOサービス資料ではなく、受注前にある程度自社サイトの課題を把握してくれて、依頼後に期待感がもてる外注先を選ぶとよいでしょう。SEOはある程度キーワードを基点に課題把握をすることが多いので、対策キーワードをある程度提示してくれる外注先を選ぶとよいでしょう。
具体的な提案と施策を提示してくれる
契約を結ぶ場合は、どこまでの施策内容化が分かるような提案をしてくれる会社がよいでしょう。契約しても何にお金を払っているかが分からないと、失敗する可能性があります。契約期間の施策スケジュールや納品物を提示してくれる会社を先手基準にするとよいでしょう。

もちろん、当社の場合も上記を満たした上でご提案いたしますので、是非ご相談ください。

こんな会社には外注先を選ばないように注意してください。

外注先を選ぶ際に気を付けた方がよいポイントもあります。以下の基準に該当する外注先は注意しましょう。

  • 被リンク推し
  • 被リンクはブラックな手法であることが多く、対策キーワードをかなり限定して提案する場合も注意が必要です。金額に対して何を提供するサービスなのかが分かりづらい場合も注意が必要です。

  • ビッグキーワードや特定のキーワードで上位表示することを推してくる
  • 提供サービスが分かりづらい

SEO対策を外注費用相場のよくある質問

外注先との契約期間はどのくらいが望ましいですか?

一般的な月額固定の契約期間は、6か月から1年となっています。その契約期間を過ぎた場合は自動更新もしくは6か月や1年更新となります。当社の場合は6か月もしくは1年となっており、目標数値や予算に応じて可変いたします。中には1年以上の契約期間を迫るSEO会社もあるようですが、長い契約期間を締結して成果が出ない場合は大損となるので、慎重に検討することをオススメします。

外注先はどのくらいの期間で成果を出してくれますか?

一概には言えないですが、3か月から6か月の期間を要することもあれば、1か月で成果が出てくることもあります。基本的にSEOは広告と違って成果が出るまでに期間を要します。弊社のSEOコンサルティングによる成果事例が気になる方は弊社の実績ページをご確認ください。

外注先は何をしてくれますか?

費用に対して、都度外注先の検討会社に確認が必要です。基本的にSEO会社によって対応範囲が異なります。内部施策だけの会社もあれば、コンテンツも含めた費用の場合もあります。また、提案をうけたSEO施策の制作実装も対応可能かどうかも検討してもよいでしょう。

まとめ

以上でSEO対策を外注する場合のメリット・デメリットやサービス毎の外注表相場を紹介しました。どのサービスが最適かどうかは、目標、目的などによって変わりますので、是非当社のSEOコンサルティングサービスにご相談ください。当社の場合は、KPIに応じてSEO施策をカスタマイズしますので、最適な施策をご提案することが可能です。

当社のSEOコンサルティングサービスはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.