2011.05.21SEO記事一覧

SEOを意識したテキストライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

ユニバーサル検索バーティカル検索の進化につれ、動画や画像、さらにそれらが持つ意味・内容のインデックスは激的に進化しています。とは言え、検索エンジンにとってのコンテンツの中心がテキストであることは今も変わっていません。

SEOを意識したテキストライティングのポイント

text-writing

ベストなキーワード比率は存在しない、アンサー度を最優先にライティングを

テキストライティングについてよく頂くご質問に、「ベストなキーワード比率は何%ですか?」というものがあります。Yahoo!JapanがアルゴリズムにYSTを採用していた時代はともかく、Googleのアルゴリズムに対してベストなキーワード比率は存在しない、とお考えください。(現実的には存在するのかもしれませんが、ページタイトル、関連語の状況、外部リンクのアンカーテキスト、サイト内のコンテンツテーマ、その他さまざまな要因によって変わると思います)

キーワード比率の調整に神経と時間を使うのであれば、アンサー度(ユーザー満足度)の高い記事を書くことに注力した方がはるかに有益ですし、結果的に上位表示にもつながります。

チャンク(塊)の概念とLSI

当たり前のことですが、キーワードを連呼しても無意味です。Googleに優れたコンテンツであると認識してもらうためにはチャンクの概念LSIが重要になるのですが、長文になってしまいますので別のページで解説させていただきます。

ページ更新頻度は高い方が良い

ページの更新頻度についても迷う方が多いようです。Googleは基本的に極端に歴史があるものと極端に新しいものが大好きです。そのため小手先の内容でなければ、コンテンツは積極的に追加・変更して行くとよいでしょう。継続するにつれ、クローラーの訪問頻度が上がっていきます。
 
【次のページ】チャンク(塊)の概念と画像・動画 »
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ