2011.05.21SEO記事一覧

バーティカル検索とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

バーティカル検索(Vertical Search)とは、Googleで導入されている検索機能のひとつで、ユーザーが検索対象を始めから特定の分野に絞り込むことができる、というものです。

例えばお気に入りのグラビアアイドル名で検索した時に、「アイドル名 画像」と検索するよりは、最初から画像のみに絞り込んで検索できた方が便利ですね。同じ原理で動画ニュースニュースショッピングリアルタイムなどがあり、Googleの場合は検索結果画面の左メニューから、Yahoo!Japanの場合は検索キーワード入力窓の上から選択できるようになっています。

バーティカル検索とSEO

バーティカル検索はユーザーが自分の求める結果にたどり着くための手段です。
では我々WEBマスターとしてはバーティカル検索に対してどのように対応すべきでしょうか。

基本的にはサイトの情報を適切に検索エンジンに伝えて、機会損失を防ぐというSEOの大前提に立ち戻ってください。つまり、バーティカル検索時にも検索結果に採用されるようにサイト内部を最適化することです。といっても基本は変わりません。以下を押さえておくことからはじめましょう。

【次のページ】ユニバーサル検索とは »
 

さらに詳しく知りたい方へ

SEO、Web広告、コンテンツマーケティング、BtoBマーケティングについてもっと知りたい方・ご相談をしたい方はこちらから

コンテンツプラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ