WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」の内容と解決方法(Google Search Console(グーグルサーチコンソール))

2022.08.18 SEO記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

Search Consoleのインデックスカバレッジレポートで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示され困っていませんか? エラーではありませんがSEOに悪い影響があるのではないか不安ですよね? ここでは、表示されてしまう原因と内容を解説し、対処方法を詳しく解説します。

 

ステータスタイプの内容について

それでは「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」の内容について、確認していきましょう。

Search Consoleでは、[インデックス] > [カバレッジ]から下記の画像のように表示されていると思います。

 SearchConsoleの管理画面

 

このステータスの理由について、GoogleのSearch Consoleヘルプでは、下記のように記載されています。

 

有効

ステータスが有効であるページはインデックスに登録済みです。

インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません: この URL は Google によって検出され、インデックスに登録されました。重要な URL はすべて、サイトマップを使用して送信することをおすすめします。

(引用)Search Console ヘルプ. 「インデックス カバレッジ レポート」.

 

 

どのような意味なのでしょうか?

先ほどのSearchConsoleヘルプでは内容が分かりづらいので、意訳します。このステータスの意味は「サイトマップ(xmlサイトマップ)に記載されていないURLをクローラーが見つけて、インデックスに登録しました。インデックスに相応しい(重要な)URLは、サイトマップ(xmlサイトマップ)に記載を推奨します。」という意味です。

ざっくり言うと「インデックスに登録したけど、サイトマップに記載されてないよ。本当にインデックスして良かった? 確認してね。」というメッセージです。

 

考えられる原因について

なぜ「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」がSearch Consoleのインデックスカバレッジレポートに表示され出るのでしょうか?

下記のことが、原因として考えられます。

  • クローラによって発見されたURLがサイトマップに記載されていない(サイトマップへのURLの記載が漏れている)
  • エンコードされていないURLがサイトマップに記載されている
  • 意図的にサイトマップへURLを記載していない
  • 想定外のURLが検出されている(クローラが検出して初めてURLの存在に気がつく)

 

既にサイトマップが記載されているのに、このステータスが出る場合はSearchConsoleのレポートに反映されるまで時間がかかりますので、経過を見ましょう。

 

 

解決方法

このステータスに分類されたURLは、必ずしもエラーではありませんが「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」が表示されると気になりますよね? どのように解決したらいいのでしょうか?

解決方法を見ていきましょう。

 

これから解決する方法として紹介する「XMLサイトマップ(sitemap.xml)」については、下記のページに詳細にまとめていますのでご参考にしてください。

 ⇒「XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは?正しい記述方法を徹底解説

 

サイトマップに送信されていないURLの確認

まずは、「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」のステータスに分類されたURLを確認しましょう。

Search Consoleの[インデックス] > [カバレッジ]の順に表示すると下記のようにカバレッジの詳細が表示されます。

 

 

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」の項目をクリックすると該当するURLが表示されます。

 「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」のURLリスト

ここに表示されたURLをxmlサイトマップに記載する必要があります。ただし、xmlサイトマップに記述するべきかどうかは、次に説明する確認事項で判断しましょう。

 

修正の前に確認しておくこと

インデックスカバレッジに表示されたURLについて、自身で認識しているのならよいのですが、意図せず表示されてしまっている場合は、どのような状況なのか確認する必要があります。

 

­ 意図せずインデックスカバレッジに表示されてしまった場合

インデックスさせたくないURLの場合

該当のURLにnoindexメタタグを設定し、検索結果に表示されないようにしてください。

 

自身でも認識していないURLの場合

該当URLに対し、インデックスさせたいURLなのか、インデックスしなくていいURLなのか確認してください。

インデックスさせたい場合は、サイトマップに該当URLを記載してください。

インデックスしなくていい場合は、noindexメタタグを設定してください。

 

該当URLの修正

それでは、サイトマップに送信されていないURLを修正していきましょう。

 

­ クローラによって発見されたURLがサイトマップに記載されていない(サイトマップへのURLの記載が漏れている)

新しく追加したページなどがクローラによって発見され、インデックス登録されたがサイトマップにURLが記載されていないときは、サイトマップを最新の状態に更新することで、解消するでしょう。また、自動生成している場合は、設定を確認してみましょう。

 

­ エンコードされていないURLがサイトマップに記載されている

日本語URLがエンコード処理されていない場合、サイトマップにはエンコード処理されたURLを記載する必要があります。

サイトマップに使用できるのはASCII文字のみです(日本語はASCII文字ではありません)。

下記のURLはサイトマップに記載する際にエンコードが必要な文字「新宿」を使用している例です。

https://www.example.com/新宿.html

UTF-8エンコードを使用するサーバーでホストされている場合は、次のようにUTF-8エンコードでURLをエスケープします。

 

https://www.example.com/%E6%96%B0%E5%AE%BF.html

­ 意図的にサイトマップへURLを記載していない

重複ページや内容の薄いページなど、インデックスして欲しくないページは、該当のURLにnoindexメタタグを設定し、クロールされても検索結果に表示されないようにしてください。

 

­ 想定外のURLが検出されている(クローラが検出して初めてURLの存在に気がつく)

クローラが検出して初めてURLの存在に気がつくこともあります。

例えば「古いページで削除したと思っていたページが残っていた」「並び替えなどのパラメータが付与されているページ」など。

該当URLに対し、インデックスさせたいURLなのか、インデックスしなくていいURLなのか確認してください。

インデックスさせたい場合は、サイトマップに該当URLを記載してください。

インデックスしなくていい場合は、noindexメタタグを設定してください。

 

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」についてのよくある質問

Google Search Consoleのインデックスカバレッジレポートで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示されました。具体的に何をすればよいのでしょうか?

XMLサイトマップを作成し、アップロードするか、Search Consoleへ送信してください。すでに作成してある場合は、最新の状態に更新してください。XMLサイトマップについては、こちらの記事「XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは?正しい記述方法を徹底解説」をご覧ください。

「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」は修正したほうがよいのでしょうか?

ユーザーへのマイナス要素もなく、エラーでもないため最優先での修正は必要ありません。ただし、不必要なURLがインデックスされていないか確認する必要はあります。

 

まとめ

Search Consoleのインデックスカバレッジレポートで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示された場合のステータス内容・原因・解決方法を解説しました。

一般的には、クローラが発見しインデックス登録したURLがサイトマップに記載されていないため表示されるメッセージです。サイトやページにSEO的な問題はありませんが、インデックスされたURLが本当に必要なのか確認する必要はあります。

修正できるようであれば、サイトマップを最新の状態に更新しておくことをおすすめします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.