WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

初心者でも分かる!SEOとMEOの違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者でも分かる!SEO対策とMEO対策の違いとは

インターネットを使って効率よく集客したいと考えたとき、無料で始められる「SEO対策」「MEO対策」は必ず導入したい施策です。

しかし、名前は聞いたことがあっても、SEO対策とMEO対策の違いや、どちらを優先して進めればいいのか、SEO対策に加えてMEO対策をする必要があるのか、など疑問に思う担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOとMEOの違い、それぞれのメリット・デメリット、使い分けについてわかりやすく解説します。

SEO(Search Engine Optimization)とは

「SEO」とは、Search Engine Optimizationの略称で、「検索エンジン最適化」と呼ばれる施策です。特定のキーワードで検索された時に、対象のホームページを検索結果上位に表示させることを目的として、Webサイトの最適化を行います。

情報を収集するユーザーは、通常検索結果の上位を閲覧します。SEO対策の狙いは、上位表示を実現して、少しでもユーザーの目に触れる機会を増やすことです。

上位表示を目指したいページの各所にキーワードを盛り込む等の形式的な対策だけではなく、ユーザーにとって有益な情報を提供できるようなコンテンツづくりも非常に重視されています。なぜなら、現在の検索エンジンのアルゴリズムが「ユーザーにとって役に立つ情報かどうか」「ユーザーにとって使いやすいWebサイトか」に重きをおいて評価するような仕組みになっているからです。

最新のSEO施策については、以下のページで詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

SEO(検索エンジン最適化)とは?【2021年に向けた最新SEO対策】

MEO(Map Engine Optimization)とは

「MEO」とは、Map Engine Optimizationで、「マップエンジン最適化」とも呼ばれる施策です。Googleマップでお店やサービスを検索した時に、自分のお店が検索結果に出てくるように対策を行います。お店が表示されるのは、Googleマップの中だけでなく、Google検索結果にGoogleマップが表示されることもありますので、色々な箇所で露出効果が期待できます。

秋葉原、ラーメンの検索結果画面

例えば、「東京 居酒屋」のように地域名と合わせたGoogle検索を行うと、検索結果より上にGoogleマップのエリアが表示され、店舗名が表示されます。MEO対策をしっかり行うと、対象店舗や企業情報をこのマップ枠に表示されることができます。地域情報に根付いた集客施策なので「ローカルSEO」とも呼ばれます。

秋葉原のラーメン店情報一覧と地図画面

画面を見ると分かる通り、このエリアに表示されると、店名だけでなく住所や電話番号、口コミなども露出されます。店舗情報は地図情報と連動していることもあり、今すぐに行き先を探しているユーザーにとっては使いやすく、この画面内で比較検討が完了します。結果、ここで魅力的な情報をアピールできていれば、来店につながる可能性が高くなると期待できます。

MEO対策を施すことで、地図上の検索結果やGoogle検索による上位表示が狙えます。

SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策は比較的長期的に取り組まなければならないケースがほとんどです。SEO対策による集客効果を実感できれば、費用対効果も抜群に良くなります。だからと言って、プラスばかりとは言えません。メリットやデメリットが存在します。

SEO対策にはマーケティング面でどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しましょう。

メリット

集客したいユーザーを狙いやすい

SEOは検索したキーワードの悩みを解決したい意図を持ったユーザーに、自分のサイトを露出することができます。キーワードの検索意図を理解した上で、上位表示を狙うことで集客したいユーザーを狙いやすいメリットがあります。

中長期的に集客効果を安定化することができる

現在の検索エンジンのアルゴリズムは、「ユーザーにとって有益な情報を提供しているか」
という観点で評価を行い、検索順位を決めています。コンテンツの質が重視される傾向にあるため、上位表示を目指すにはコンテンツの企画と制作、継続した投稿が必要です。もちろん労力はかかりますが、その分資産として中長期的に集客に寄与します。

SEOで高評価のサイトは、ユーザー目線で導線やコンテンツが作り込まれているサイトです。上位表示を目指してサイト改善を行うことで、集客できたユーザーの満足度も上がり、好循環につながります。

広告費をかけずに集客できる

外注を行わず自社内の努力でSEOの上位表示ができれば、広告費をかけずに集客することができます。広告を出し続けるためには、予算を消化する度に追加予算が必要です。その点、SEOで上位表示されて、クリックされても費用がかからないのは、SEO対策に取り組む大きなメリットです。

デメリット

上位表示に時間がかかる

ほとんどのケースで、上位表示するためには時間がかかるので中長期の取り組みが必要です。そのため最大のデメリットは、「結果が出るまでに時間がかかる」ことが多いということです。

コンテンツをたくさん作成したからといって、すぐに検索順位が上がるわけではありません。コンテンツの質はもちろん、ユーザーからの評価(外部リンク)も検索エンジンの評価軸にあるので、一定の時間がかかることは理解が必要です。

あくまでも中長期的な集客を目指すための施策なので、「今すぐに集客したい」というニーズがある場合にはSEO対策だけでは難しいです。短期の成果を求めたいのであれば、広告のマーケティング施策を検討するべきです。

人気のキーワードは競合が多い

よく検索されるキーワードは検索されるだけ、そのキーワードで上位表示を狙う競合も多くなります。競合が多いということは、上位表示の難易度が高くなります。そうした競合が多い中で上位表示を目指すためには、最新のアルゴリズムへの理解と、根気強い作業が求められます。

特に、競合の多いビッグキーワードでの上位露出は難易度も高いため、どのキーワードを優先して上位表示を狙っていくかといった戦術も必要です。

MEO対策のメリット・デメリット

Googleマップでの検索結果上位表示を目指すMEO対策のメリット・デメリットをご説明します。

メリット

検索結果よりも上位に表示されやすい

MEO対策でGoogleの検索結果画面にGoogleマップが上位表示される場合、検索結果で最上位に表示されることが多い傾向にあります。

もう一度、「秋葉原 ラーメン」で検索したときの検索結果を見てください。

秋葉原のラーメン店情報とGoogleマップの画面

検索結果画面の一番上にGoogleマップが表示され、3店舗分の情報が表示されています。食べログなどのポータルサイトへのリンクよりも上位に店舗情報を表示できます。しかも登録料はかかりません。飲食店のWebサイトを持っていたとしても、自然検索でファーストビューに表示することは難しいのですが、MEO対策を上手に行えば、かなり目立つ位置に表示できます。

来店見込みユーザーに露出できる

検索結果の画面を見ると分かる通り、この部分は「地域」と「サービス名」が関連する検索を行った場合に表示されるエリアです。その地域でサービスを探しているユーザー、つまり来店意思が高いユーザーに露出できるということになります。

店名だけでなく、サービスの写真や地図情報、飲食店であればイートインや宅配への対応、ユーザーからの評価などを露出できるので、ユーザーの購買意欲や来店意欲を刺激し、リアルな集客につながります。

高い費用対効果で集客できる

うまく上位表示できれば、お金をかけずに集客ができ、非常に費用対効果が高いです。さらに、Googleの検索結果画面だけではなく、Googleマップ上にも店舗情報・サービス情報が掲載されるので、マップ上での検索からの集客も期待できます。

デメリット

対策可能なエリアが限定される

MEOは、検索対象エリアに店舗がないと上表示が難しいので、MEO対策ができるエリアが限定されています。
いくらMEO対策を徹底していても、検索したエリアとの距離が離れていることで上位表示することができる限界もあります。

レビューにより悪影響を受ける場合がある

Googleマイビジネスに投稿されたユーザーの口コミは、MEOで上位表示されるために必要な要素です。多くの口コミを集めた方が有利なので、積極的にお客さんへ口コミ投稿を求めるとよいでしょう。

しかし、お客さんの評価内容まではコントロールできないため、低評価レビューがつく懸念があります。その場合は、低評価レビューであっても返信をしましょう。低評価レビューに対して向き合っている真摯な姿勢をユーザーに見せるとよいでしょう。

SEO対策とMEO対策の違い

メリット・デメリットを踏まえ、SEOとMEOの違いを説明します。

SEOは、Webサイトに対策を行います。サイトのコンテンツを増やしたり、修正したりすることが主な施策となります。一方、MEOはGoogleマップに表示される店舗の順位を向上することで露出強化を図る施策です。まず、Googleマップに表示させるためには、Googleマイビジネスの店舗情報登録が必要です。Googleマイビジネスを登録することで上位表示に必要な情報が揃います。

GoogleマイビジネスをMEO対策で上位表示するためには、Googleマイビジネスの施策も必要ですが、それだけに限るわけではありません。

SEOとMEOの対策方法の違い

SEO対策とMEO対策の方法には違いがあります。どんな違いがあるかを解説していきます。

まず、SEO対策例は以下のものが挙げられます。

【SEO対策の例】

  • 検索ニーズに沿ったキーワードプランニング
  • ユーザー目線のコンテンツ制作
  • サイト構造の最適化
  • URLの正規化
  • 表示速度の改善
  • スマートフォン対応
  • 自然な外部リンクの獲得

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

SEO(検索エンジン最適化)とは?【2021年に向けた最新SEO対策】

一方、Googleマイビジネスを対象にしたMEO対策としては、以下の施策が挙げられます。

【MEO対策の例】

  • Googleマイビジネスにすべての情報を入力する
  • 常に最新の内容が反映されるように更新する
  • Googleマイビジネスの口コミを増加させる
     (悪い口コミがついたら、フォローのコメントを入れる)
  • SNSでのサイテーション(引用・言及)を増やす
  • NAP(店舗名、住所、電話番号)情報の表記を揃える

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

MEO対策とは?Googleマップの上位表示で集客を増加させるポイント

SEOとMEOの対策費用の違い

SEOのほうが、MEOよりも対応すべき範囲が広く、コンテンツの作成やサイトの内部施策などが求められます。そのため、コンテンツ作成やサイトの修正費用や作業が必要となってきます。

一方MEOは、サイト修正を必要とする領域は少なく、Googleマイビジネスの対策が主になってきます。Googleマイビジネスの管理画面を使って管理していきます。Web関係の知識が少ない担当者であっても、比較的スムーズに作業することができます。

SEOとMEOはどちらを対策するべきか?

SEO対策とMEO対策は、エリア集客が重要なビジネスであれば、どちらも対策するのがおすすめです。

店舗ビジネスを展開されている飲食や不動産会社、美容室など様々な業態・業種の企業に必要です。

例えば、「秋葉原 ラーメン」という検索結果において、地図情報でも上位、Webサイトでも上位に表示できる環境が整っていれば、検索結果画面に2つの導線を露出でき、ユーザーの目に留まる可能性が高まります。

ただ、SEO対策とMEO対策は範囲や対象が異なる施策なので、業界や業種、集客の目的によって取り組むべき内容を考えていくのが良いでしょう。

おわりに

SEO対策とMEO対策は、Web上でのマーケティングを考える上でどちらも重要な考え方です。片方だけの理解では足りず、それぞれの違いを理解した上で、自分がやるべき施策を見極め、確実に実行していくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.