2011.05.23SEO記事一覧

リンクエイジ・時間の概念の意味と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

バックリンクを獲得したとしても、それがすぐに効果を発揮するわけではありません。検索エンジンはリンクがいつからいつまで設置されているものかを認識しているからです(時間の概念)。

リンクが貼られていた期間をリンクエイジと呼びます。

基本的には長い期間貼られているリンクが評価される

リンクエイジには諸説あり、一定期間全く評価しない期間が存在する、という考え方と、時間の経過に合わせて少しずつ評価が高まっていく、という考え方に大別されます。いずれにせよ長い間設置されていたリンクには価値があるということに間違いはありません。

URLは出来る限り存続させる

上記の観点から、サイトリニューアルやページの再編の際にはこれまで存在していたURLを出来る限りキープする必要があるのです。301リダイレクトを設定する、という方法もありますが、リダイレクトによってリンクエイジが引き継がれるという保証はどこにもありません。

短期間で大量のリンクを量産することのリスク

時間の概念についてもう少し異なった見方をすると、検索エンジンはいつリンクが貼られたかものかを認識しているということが言えると思います。

そのためいくら早く上位表示させたいからといって一度に大量の外部リンクを供給することは大変危険(ペナルティのリスクが発生する)です。普通のサイト管理者であればそのようなことは無いとは思いますが、中には自動生成されたリンクを一気に設置してくるSEO業者も存在しますので、そういった会社に依頼してしまうことのないように注意してください。
 
【次のページ】オールドドメインとは »
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ