WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

押さえておくべきECサイトを運営する際の集客方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

S:\400_IN事業部\10_マーケティング\04_メディア\02_デジ研\02_コンテンツ\17期\202009\06_押さえておくべきECサイトを運営する際の集客方法

インターネット上に数多く存在するECサイトの中で、自分の運営しているECサイトで商品を顧客に買ってもらうには、他社と比較して差別化を図る等の工夫をする必要があります。
特に競合が多いジャンル、検索ワードの商品を取り扱っている場合は、集客をしっかり意識しないと顧客の目に触れることも難しいでしょう。
今回の記事では、ECサイトを運営する際に抑えておいたほうが良い集客の方法について解説致します。方法、施策ごとにそれぞれ説明しますので、ご参考にしてみてください。

自社ECサイト運営の集客で大事なこと

まず、ECサイトを運営するのに大事なことは何でしょうか?
ここからは、大きく3つに分けてECサイトを運営するのに必要なことを紹介します。

①自社ECサイトと販売モールのリソース配分

ショッピングサイトを始める時は、自社ECサイトか販売モールで出店を検討することと思います。自社ECサイトと販売モールでは、集客方法やコストなど特徴が異なりますので、違いを把握した上で集客方法を考える必要があります。

自社HPとECモールは出店にかかる労力も加味する

代表的なECモールは、楽天市場、Yahoo!ショッピングサイト、Amazonなどがあります。当然のことながら、自社ECモールに加えてECモールに沢山出店することができれば、売上発生の機会が増えます。
ただし、ECモールにたくさん出店することや自社ECサイト運営には、労力がかかることを忘れてはいけません。労力とは、新規出店にかかる作業だけではなく、出店後に必要な作業も含まれます。
商品の在庫管理や売上管理など、自社ECサイトやECモールがある分だけ管理工数が増してきます。ECモールのキャンペーンに伴う作業も発生するでしょう。

ECモールの必要な作業に追われて、自社ECサイトの集客施策を十分にできなかったということがないように、リソース配分を注意しましょう。

ユーザーは販売サイト横断する

販売モールに出店することが、自社ECサイトへの集客に寄与することもあります。ユーザーはお得な情報を求めて販売サイトを横断するので、「自社ECサイトから楽天サイト」「楽天サイトから自社ECサイト」に行き来するような行動をします。
そのため、労力はかかりますが自社ECやECモールで複数のチャネルに出店することは良いことと言えます。

②オンラインとオフラインの集客のつながりを意識する

オンラインだけでなくオフラインのお店もあるなら、自社ECサイトだけの集客に目標を立てるのは、目的をはき違えていて手段に固執しすぎているかもしれません。目的が会社の売上貢献なのであれば、オンラインとオフラインの連携はしっかりしておく方が良いでしょう。

昨今の自社ECサイトを見ると、商品ページから各店舗が抱える在庫状況を見ることができ、すぐにお店で購入したい人にとって有益な情報を掲載しているサイトが増えてきています。

ECサイトを見て実店舗に行くこともあれば、実店舗で見たものをECサイトで購入する行動は当たり前になっています。ユーザー視点を忘れずに、オンラインとオフラインの連携を意識しなければなりません。

③自社サイト集客は長期化しやすい

自社のECサイト集客は長期化しやすい懸念があることを知っておいていただきたいと思います。瞬間的にバズって集客が出来るケースはありますが、狙ってブームを起こすのは容易ではありません。比較的多くの自社ECサイトが、地道な集客施策を行っています。

中でも、SEO集客は長期化しやすいので、かかっているコストに対して長期的な視点が必要です。SNSはSEOより集客見込みが早い可能性がありますが、SNSに関しても集客効果を感じるためには、中長期的な期間が必要と言えます。

早くから自社ECサイトへの集客を見込みたいのであれば、積極的に広告投下を検討するのが良いでしょう。かける掲載コストに対して費用対効果が見合うのであれば、継続した広告出稿がおススメです。

④自社サイトでのUSP(購入メリット)

自社ECサイトへの集客が達成できても、購入が発生しなければ意味がありません。ここで大事になるのが、自社ECサイトで購入することのメリットです。自社ECサイトとECモールを比較した時に、何もメリットがなければECモールのポイント獲得できる方で購入してしまうかもしれません。
集客をした人を自社ECサイトで購入してもらうためには、自社ECサイトのUSPを考慮する必要があります。

⑤口コミは積極的に募集する

口コミは良くも悪くも購入判断の助けになります。口コミが多く、一定の評価を得ている自社ECサイトでは、CVが発生しやすい傾向があります。口コミがあることで顧客の信頼を得ることができるので、顧客の口コミは積極的に募集するとよいでしょう。思わぬ悪い評価を貰うこともあるかもしれませんが、次につなげることができれば将来の成長に繋がります。
またECモールでは、ECモール内の順位決めに口コミが採用されていることもあります。あらゆる観点から複合的に考えて、口コミをたくさん集めるようにしましょう。

ECサイトの集客方法

上段では、ECサイトに来てくれる人を増やすことが必要と説明しましたが、自分のECサイトにたどり着く人はどのような流入経路を経てサイトへ訪れるのでしょうか。
サイトの主な流入経路をいくつか紹介していきます。

SEO施策

SEO施策は、GoogleやYahoo等の検索エンジンで上位に表示されるための方法です。
検索エンジンで上位に表示されること、特に自分のサイトが1ページ目に載ることはECサイトの集客で大切なことです。
業者に依頼せず自分で行えば予算はあまり掛かりません。SEOで目立った結果を得るには現在、新規のドメインから始める場合、半年~1年以上は掛かると言われているため、長い目に見て根気よく施策を行っていく必要があります。

広告からの流入

リスティング広告、ディスプレイ広告等の広告を使って、自分のECサイトを紹介するという方法もあります。
手っ取り早く安定的に自分のECサイトに流入させることができますが、間違って広告をクリックした人も含まれていることもあります。
また広告を使って多くの流入を得たい場合、それなりの予算が必要です。

リスティング広告

リスティング広告とは、WEB広告の種類の一つであり、検索エンジンを使ってキーワードを検索した際、その結果に連動して表示される広告のことを指します(検索連動型広告)。

ユーザーが検索したことに関連性のある広告が表示されるので、その中からクリックして自分のサイトに訪問してくれたユーザーは自分の商品に興味を持ってくれる可能性は高いと言えるでしょう。

リスティング広告を使う際の料金は、ユーザーが広告をクリックするごとに広告料金が掛かる「クリック課金(PPC)」が一般的です。
1クリックごとの単価は検索キーワードによって違い、多くの人が検索していたり商品の単価が高かったりする人気のキーワードは単価が高い傾向にあります。
中には「穴場キーワード」、「お宝キーワード」と言われるような単価が低いのに効果が高く、コストパフォーマンスの良いキーワードが見つかることもあるので、慣れてきたら狙ってみるのも良いでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトによる集客も自社ECサイトでは有効です。アフィリエイトとは成果報酬型の広告の事を指し、ブログで紹介された商品を見たユーザーがブログ経由で商品を購入した場合にブロガーに成果報酬を支払います。ブロガーが積極的に商品を紹介してくれれば、自社ECサイトの売上に貢献できる可能性があります。

他サイトからの流入

他のウェブサイトにリンクを貼ってもらうことで、自分のECサイトに流入させるという方法もあります。
自分の他のサイトから紹介してリンクを送ることもできますが、商品を良いと思ってくれた第三者が好意でリンクを貼ってくれることもあります。

SNSや口コミ、メルマガ等の活用

SNSはTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などさまざまなものがありますが、一番のおすすめはInstagramです。
Instagramは画像を中心としたコンテンツを投稿するSNSなので、商品などの紹介がしやすく多くのECサイトに適しています。また独自の決済システムがあることも便利です。

メールマガジンは、定期的に商品の情報などを登録してくれたユーザーに配信する方法になります。定期的に情報が届けられるため、商品の固定客,リピーターを増やすことを狙えます。
またメールマガジンの他に、LINE@もおすすめです。LINE@はLINEを通してユーザーに情報を届けるもので、メールマガジンと比較して開封率(文章が見られる確率)が高い傾向にあります。

おわりに

今回は自社ECサイト集客で大事なことと集客方法を紹介しました。自社ECサイト運営の特徴を踏まえた上で集客施策を行いましょう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.