WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

サイト内検索とは? 設置方法とGoogleアナリティクスでの分析方法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

「サイト内検索」とは、多くのWebサイト・Webメディアの画面右側に表示されている、そのサイト内のワードが検索できる機能です。この「サイト内検索」は、サイトに設置することで、いくつかのメリットがあります。

サイト内検索とは?

サイト内検索とは、Webサイト内の情報をキーワード検索できる機能のことをいいます。WordPressなどのCMSを利用したWebサイトやメディア・ブログでは、標準的に設置されている機能です。一般的にはどんなWebサイトでも、画面右上のヘッダー部分ないしその近辺に表示され、利用できる場合が多いです。

なかでも「ECサイト」のように、ユーザーが商品を能動的に探す目的が強い場合、サイト内検索はユーザービリティを高めるうえで欠かせない機能のひとつ。みなさんも例えばECサイトで家具を購入するとき、「ソファ 国内ブランド」などのようにキーワードをサイト内検索で調べたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、ECサイトに限らず、テーマに沿った記事を多く掲載するWebメディアでも「●●に関する記事はあるかな」と読者が検索する際にも使用されます。このようにサイト内検索は、コンバージョンやユーザービリティに大きな影響を与える機能なのです。

サイト内検索を設置することによるメリット

前章の「サイト内検索とは?」でも、簡潔にメリットについて触れましたが、改めてサイト内検索のメリットを整理してみたいと思います。サイト内検索のメリットは以下の3つです。

Webサイトのユーザービリティが向上する

まずひとつめは、Webサイトのユーザービリティを高めることができるということです。これは先ほどもご説明した通り、Webサイト内の特定の情報を調べたいと思っているユーザーの検索行動を助けるメリットがあります。

基本的にWebサイトに来訪するユーザーは、Webサイト内の”なにかの情報を求め、課題を解決すること”を目的として流入します。ですから、キーワード入力でヒットした情報を表示させてくれるサイト内検索は、ユーザービリティを高めてくれるのです。

Webサイトのコンバージョンが高まる

ふたつめのメリットは、Webサイトのコンバージョンが高まるということです。例えば、ECサイトの場合、最終的なコンバージョン(目標)は商品の売上や販売個数に置いているケースが多いでしょう。

ECサイトの商品販売数を増やすには、自分のニーズにあった商品を探しているユーザーを離脱させることなく、各商品ページまで誘導する必要があります。そのときに、サイトのカテゴリや各ページの設計も大切ですが、キーワード入力で各商品を表示させるサイト内検索が効果を発揮するのです。

また、コンバージョンへの効果はWebメディアでも同様です。多くのWebメディアの場合、モニタリングの指標としてPV数を追っていることでしょう。PV数を高めるための一手段として、Webメディア内のページの遷移を増やす施策があります。

Webメディア内のページ遷移数を増やすためには、サイト内コンテンツをキーワードで検索しやすいサイト設計が重要なのです。

サイト内検索の結果からユーザーのニーズを知ることができる

詳しい方法は後ほどご説明しますが、ユーザーが利用したサイト内検索の結果は、Googleアナリティクスで収集し分析することができます。

Googleアナリティクスとは、Webサイトにトラッキングコードを埋め込むことで、ユーザーの利用データを収集・分析できる、Googleが提供する無償のツールです。Webマーケティングのほぼ全ての現場で利用されており、WebサイトのPDCAをまわすうえで、必要不可欠なツールといっても過言ではありません。

サイト内検索の検索ワードを定量的に把握することで、「Webサイト内でユーザーはどんな情報を求めているのか」を知ることができ、UI/UXの改善や新規コンテンツの企画案に活かすことができます。

Googleカスタム検索エンジンを活用した設置方法

サイト内検索の設置方法には、自らソースコードを記述・カスタマイズする方法、外部サービスを利用する方法のふたつの方法があります。

ここでは、以下のようなGoogleが提供する「Googleカスタム検索エンジン」を利用し、サイト内検索エンジンを設置する方法について解説します。

Googleカスタム検索エンジンのイメージ

設置方法の流れ

まずはじめに、Googleの「カスタム検索エンジン」にお持ちのGoogleアカウントでログインします。次に画面左にある「新しい検索エンジン」から「検索するサイト」「言語」「検索エンジンの名前」を入力のうえ、作成ボタンをクリックします。

新しい検索エンジンのイメージ

そして、画面左にある「検索エンジンの編集」から、先ほど登録した検索エンジンを選択したうえで、「コードを取得」をクリックします。

検索エンジンの編集のイメージ

最後にページに表示されたコードを指定のWebサイトのhtmlファイルに添付することで、Webサイトの画面にサイト内検索が表示されます。

htmlファイル添付のイメージ

これで、Googleカスタム検索エンジンを活用したサイト内検索の設置方法は以上となります。

Googleアナリティクスで設置したい項目と確認方法

先ほど、サイト内検索とWeb解析を行うGoogleアナリティクスを連携させることで、サイト内検索のデータを収集・分析できることに触れました。ここでは、そのGoogleアナリティクスにサイト内検索のデータを反映させる方法・分析する方法についてお伝えします。

サイト内検索の結果をアナリティクスに反映する方法

Googleアナリティクスにサイト内検索のデータを紐づけるには、「レポートビュー」ごとに設定する必要があります。

レポートビューのイメージ

Googleアナリティクスにログインし、「管理」をクリック。「サイト内検索を設定するビュー」に移動し、「ビュー設定」をクリックしましょう。

サイト内検索を設定するビューのイメージ

「サイト内検索の設定」で、サイト内検索のトラッキングを「オン」にして「クエリ パラメータ」にサイト内検索のクエリ パラメータを指定する語を入力します。
次にURLからクエリ パラメータを削除するかを選択し、「サイト内検索のカテゴリ」からオンオフを選択します。

この手続きによって、指定のWebサイトのサイト内検索とGoogleアナリティクスのデータが紐づきます。

なお、ユーザーがサイト内検索にワードを入力し検索すると、表示されるページのURL末尾には、設定したクエリ パラメーターの後に検索語句がつづくURLとなります

https://digital-marketing.jp/?s=サイト内検索

※参考元:Google アナリティクス ヘルプ サイト内検索を設定する

URLにパラメータを設定する方法とGoogleアナリティクスでの分析方法

Googleアナリティクスで分析する方法

Googleアナリティクスではサイト内検索の「概要(サマリー)」「利用状況」「サイト内検索キーワード」「検索ページ」の4カテゴリからデータを確認できます。

「概要」とは、サイト内検索から収集できたデータ一覧を確認できるカテゴリです。ここでは期間別の「検索を伴うセッション」「検索回数の合計」「結果のページビュー数/検索」「検索による離脱数の割合」「再検索数の割合」「検索後の時間」「平均検索深度」などを見ることができます。

「利用状況」とは、サイト内検索を使用したユーザーと使用しなかったユーザーのデータを比較することができるカテゴリです。サイト内検索を使用したユーザーの方が滞在時間が長く、再来訪している場合は、サイト内検索ワードのコンテンツがユーザーにささりやすいとも考えられます。

「サイト内検索キーワード」とは、実際に検索されたワードと各種指標を確認できるカテゴリです。各種指標とは、「検索回数」や「結果のPV」「検索による離脱数の割合」などです。

「検索ページ」とは、ユーザーが検索を実行したページごとに各種指標を確認できるカテゴリです。こちらも先ほどと同じく、「検索回数」や「結果のPV」「検索による離脱率の割合」などをチェックできます。

オススメの優良ツール

ユーザビリティを向上させ、サイト改善にも役立つサイト内検索には、導入や分析をより便利にするツールがあります。ここでは、オススメのサイト内検索ツールを3つご紹介します。

NaviPlusサーチ

NaviPlusサーチトップページイメージ

「NaviPlusサーチ」はナビプラス株式会社が提供するサイト内検索ツールです。NaviPlusサーチは、以下のような高機能を搭載した検索エンジンです。

検索精度

  • ハイブリッドアルゴリズム
  • 表記ゆれ対応
  • 類義語登録
  • クエリ分割検索
  • 検索対象項目重み付け
  • アイテム単位重み付け
  • 自動最適化
  • フィルタリング
  • レコメンドデータ連携

検索ユーザビリティ

  • キーワードサジェスト
  • 関連キーワード表示
  • 注目キーワード表示
  • 関連コンテンツ表示
  • グルーピング表示
  • 多言語対応

システムパフォーマンス

  • アイテムデータ更新頻度
  • 連携可能アイテム数
  • 検索レスポンススピード
  • 集中アクセス対応

また、NaviPlusサーチでは、サイト内検索機能の導入だけでなく、導入後の運用やサポート・改善までもサポートしています。具体的には「サイト内検索の環境設定」や「フィルタリング設定」「カスタマーサポート」「チューニングサポート」などです。

このように非常に多機能なNaviPlusサーチは、初期費用 300,000円(税抜)・月次費用 100,000円~(税抜)で提供されています。

※参考元:NaviPlus Series

i-search

株式会社スカラコミュニケーションズのイメージ

「i-search」は株式会社スカラコミュニケーションズが提供するサイト内検索ツールです。i-searchの特徴的な機能は以下の通りです。

  • 検索クエリにヒットしたページのサムネイル画像を表示
  • 任意ページをおすすめコンテンツとして表示
  • 豊富な管理機能を搭載
  • サムネイル画像をにマウスオーバーすると拡大画像がポップアップ表示

このような特徴的な機能をもつi-searchは、大手企業を中心に200社以上の導入実績があります。以下はその導入企業の一部です。

  • ダイハツ工業
  • 三井ホーム
  • SUBARU
  • 丸紅
  • セブン銀行

i-searchは管理機能も充実しており、Googleアナリティクスよりも豊富なデータを収集し分析を行なうことができます。なお、導入・ご利用料金はお問い合わせ後、見積もりで決定する流れとなります。

※参考元:株式会社スカラコミュニケーションズ サイト内検索エンジン i-search

ポップリンク

ポップリンクのイメージ

「ポップリンク」はビジネスサーチテクノロジ株式会社が提供するサイト内検索ツールです。ポップリンクの特徴は、検索クエリを入力すると候補語が即座に表示され、関連ページがアイキャッチ画像込みで表示されるところです。

このような検索窓の特徴的なUIのため、「検索ヒット数0件」というユーザーのサイト離脱の1番の原因を防ぐことができます。特にサイト内検索がよく使用されるECサイトなどのユーザビリティ改善にもってこいです。

また、ポップリンクは指定のタグをソースコードに貼り付けるだけで実装可能なため、導入までカンタン・安全に利用できます。ご相談から導入までの目安期間は約2週間ほど。導入価格は初期費用30万円~・月額5万円~で提供されています。

※参考元:ビジネスサーチテクノロジ株式会社 ポップリンク

おわりに

サイト内検索機能は現在のWebサイト・Webメディアには必ずといっていいほど実装されている機能です。記事でお伝えした通り、サイト内検索はユーザーのユーザビリティを向上させるだけではなく、Googleアナリティクスと連携させることで、ユーザーの深い検索ニーズやインサイトを知ることができます。

サイト内検索機能は、サイトのページ構造やコンテンツ作成の大きなヒントになるのです。ぜひ、ユーザーが求めている情報にさらに辿り着きやすいサイトに改善するため、サイト内検索の機能やデータを有効活用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.