WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

SEOコンサルティング会社に外注するなら知っておきたい パートナー会社の選び方

2019.06.20SEO記事一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

「SEO対策をしてWEBサイトの集客をしたい」となっても、社内にSEOの知識を持っている人間がいないことはよくあることだと思います。そういった際には、まずSEOのプロフェッショナルの手を借りることが有効です。

そこで、今回はSEOコンサルティングを外注するなら知っておきたい、SEOコンサルティング会社がそもそもどのようなことに貢献 してくれるのかということや、SEOコンサルティング会社を選ぶ際のポイントについてご紹介したいと思います。

SEOコンサルティング会社とは?

コンサルティングとは何か?

コンサルティングの語源となる英語「consult」は「相談する」「助言を求める」と言った意味を持ちます。コンサルティングは、企業の特定の分野に対して戦略の提案・アドバイスを行い、企業の発展のための支援をする仕事です。コンサルティング会社が企業を支援する分野は、経営、財務、IT、人事、など様々です。

コンサルタントとは何か?

コンサルタントの仕事は、 第三者の目線から 企業の持つ 経営状態などの様々な情報を分析し、企業展開の方向性、戦略を提案していくことです。企業が抱えている根本的な課題の原因を探っていき、解決策を出すことがコンサルタントのミッションになります。

経営の戦略を提案するコンサルタントであれば経営コンサルタント、人事の戦略を提案するコンサルタントは人材コンサルタントと、色々なコンサルタントがいます。この〇〇コンサルタントという名称は対企業に限らず、例えば家事コンサルタントといった、対個人向けのコンサルタントも存在しています。

SEOコンサルティングとはどういう仕事?

SEOコンサルティングは、その名の通りですが、支援する企業のWEBサイトのSEOの現状を分析し、SEO戦略の提案・アドバイスを行う仕事です。この仕事を担当するのが、SEOコンサルタントです。具体的にどのようなことをしてくれるのかは、後ほどご紹介します。

SEO会社とSEOコンサルティング会社の違い

SEOコンサルティング会社について、まずは簡単な概要についてご紹介しましたが、実はSEOの支援を行う会社には、「SEOコンサルティング」をするSEOコンサルティング会社以外にも「SEO施策」をするSEO対策会社があります。

それぞれの違いを簡単に表にしてみました。

項目 SEO対策会社 SEOコンサルティング会社
設定する目的 特定のキーワード順位の上昇 順位上昇によるサイトの集客、収益の増加
支援方法 外部リンクの提供
簡単な内部施策の提案
キーワードの戦略設計
内部施策の提案から実装までの支援
WEBマーケティング全般のアドバイス
対策キーワード数 1個~10個程度 数百個以上
サービスのクオリティ どの企業にも通じる定型化した施策が多い クライアントの状況に合わせた施策を行う
サービスの料金体系 成果報酬型または月額固定型
数万~
月額固定型
数十万~
契約解除後 ノウハウが貯まらず、順位が低下しがち 順位を維持することができる

SEO対策会社は主に、「特定の複数個のキーワードの順位を上昇させること」を目的としたサービスの提供をする会社のことを言います。どのサイトにも当てはまる基本的な内部施策の提案と外部リンクの提供などが主なサービス内容になります。

料金体系は順位の達成度に応じて金額が変わる成果報酬型や、固定でも数万単位で利用することもできるため金額が安く済みますが、指定したキーワードが上がっても、それがサイトの集客に結びつかず収益に貢献しなかったり、社内のノウハウが貯まらず解約した後はリンクも消えて、サイトのSEOまた振り出しに、ということになる可能性があります。

一方でSEOコンサルティング会社は、金額も数十万から、高い場合100万以上かかることもありますが、企業が取り扱っているサービス内容や企業のSEO体制に合わせてSEOの支援を行ってくれます。

特定のキーワードを上げるのではなく、サイトの集客・収益を得ることをゴールとして施策を行ってくれるため、会社の利益に繋がるSEO施策を行うことができます。また、SEOコンサルティング会社によっては、自社内向けの勉強会も開催してくれるため、SEOのノウハウも社内に蓄積することができます。

SEOコンサルタントはどんなことをしてくれるの?

前述の通り、SEOコンサルタントが支援してくれることは特定のキーワードの順位上昇ではなく、会社の利益に繋がる支援をしてくれます。具体的には、どのように貢献してくれるのがSEOコンサルタントなのでしょうか?

企業KPI達成に貢献する

WEBサイトの集客を増やすことは、「手段」であって「目的」ではありませんよね。売上を増やしたいのか、会員数を増やしたいのか、その先にそういった何か目的、目標とする数値があるはずです。

ただWEBサイトの流入が増えても、会社の利益に繋がらなければ意味がありません。SEOコンサルタントは、企業の持つ目標・KPIをまず理解し、それを達成するためのSEO戦略を考え、提案をします。

SEOに限らずWEBマーケティング全般のアドバイザーである

SEOは様々なWEBプロモーション手段のうちの1つです。SEO以外にもPPC広告やアフィリエイト広告などのWEB広告を打ったり、ユーザーがもっとサイトを使いやすいようにするためにサイトを改善したり、キャンペーンを行ったり、WEB集客のミッションを達成するために行うべきことはたくさんあります。

SEOコンサルタントは、そういった他のWebマーケティング施策とSEO、両方が成功するために、サイトの現状のアクセス状況も分析した上で、今行うべきWEBマーケティング施策を提案します。

対象のWEBサイトで実装できる施策を提案する

SEO施策と一口にいっても様々な方法があります。

その施策をすべて実装できれば一番良いですが、持っているWEBサイトの仕様上どうしても触れない部分であったり、工数や改修費用がかかり過ぎて実装までとても時間がかかってしまうものだったり、どのサイトでも、できないことは必ずと言っていいほど出てきます。

SEO施策は、当たり前ですが実装しなければ何も成果はありません。どんなに色んなことを提案してもらっても、できないことばかりでは意味がありません。SEOコンサルタントは、施策対象のWEBサイトの仕様や担当者の状況を理解した上で、実装を前提とした提案をし、実際に実装するところまでサポートをします。

PDCAサイクルを回して施策をする

SEO施策を実装したら終わり、でいいでしょうか。そんなことはありませんよね。

SEOコンサルタントは、戦略を練るところから、実装、その後の効果計測と、効果を見た上でのさらなる改善策を打ち出し、PDCAを回しながら、施策を行います。

実際に行ってくれるSEOコンサルティングの主なサービス

次にSEOコンサルティングの具体的なサービス例をご紹介します。

PLAN(戦略)

まず、SEOのための目標を明確にします。

その先の収益化を踏まえた、WEBサイトの流入・コンバージョン数の目標値を定め、そのためにどういったキーワードを狙っていくのかのキーワード設計を行ったり、追加すべきコンテンツを洗い出したり、など戦略を策定します。

Do(実行)

ベースとなる内部施策の実装支援を行います。

どれだけユーザーにとって有益な情報を持っているサイトでも、Googleがそれを理解してくれなければ検索結果には表示されません。Googleにサイトを正しく評価してもらうための、ソースコードやクローリングの改善といった、ベースとなる内部施策の実装の提案と支援を行います。

さらに、追加が必要なコンテンツがある場合には、コンテンツの納品も合わせて行います。

Check(評価)

SEO施策を実装後、順位は上がっているのか、流入・コンバージョンは増えているのか、WEBサイトのアクセス数値をレポーティングします。

キーワードの順位、SEOの流入数、サイト内の回遊数などのアクセス状況、コンバージョン数などをレポートで報告し、実装前と実装後でのSEO状況の比較をすることで、実装の効果を分析します。

Action(改善)

一度SEO施策を行えば大成功!とは行きません。順位が上がるキーワードもあれば、あまり上がらないキーワードもあったり、流入が増えたページもあれば、伸び悩んでいるページも分析結果では発見されます。

レポーティングした 分析結果を元に、次に必要なSEO施策を提案し、更に実装していけるように支援を行います。

この一連の流れを行い、その後は施策の効果とWEBサイトの現状に合わせて戦略を練り、それを実装し、結果に対して問題点を明確にします。更に改善を行うことを繰り返し、クライアントと共に、目標の達成を目指していきます。

SEOコンサルティング会社を選ぶ際のポイント

SEOコンサルティング会社を名乗っている会社は数多くあります。少し話を聞いただけでは、本当に良い会社なのか、しっかりサポートをしてくれる会社なのか判断が難しいでしょう。最後に、SEOコンサルティング会社に外注をする際、選ぶポイントをご紹介しますので、会社選定の際に参考にしてみてください。

SEOに関する知識だけでなくWEBマーケティング全般に関する知識を知っているかどうか

先に述べたように、SEOはあくまでWEBマーケティングの手段の一つ。「SEOだけしかわからない!」という会社は、他の行っているWEBマーケティングと噛み合わない施策を提案する可能性もあります。

SEO以外のWEBマーケティングの知識も持っているSEOコンサルタントであれば、今SEOで何をすべきなのか、適切にアドバイスをもらえるでしょう。SEOコンサルティング会社を選ぶ際には、他のWEBマーケティング施策の相談も少ししてみて、全般を理解しているかどうかを見極めるのも良いかもしれません。

自社のWEBサイト独自の課題を指摘してくれる

titleタグをユニークにしましょう、といった施策は典型的なものですが、サイトの仕様によって、特にECサイトのような動的なサイトは実装が難しい場合もあります。もちろん外部の会社にそういった事情を最初から完全に理解してもらうのは不可能ですし、契約をしてからでないと、対象のWEBサイトの仕組みを深く理解するところまで難しいです。

しかし、提案の段階で実装が不可能そうな提案ばかりをしてくる会社は、恐らく契約をしてもほとんど実装できずに終わってしまうでしょう。

そのため、サイトごとに合わせて施策の提案を行ってくれる会社かどうか見極めるのがとても重要です。提案段階でサイトの構造やシステムで改善が難しい箇所がある場合には、予め質問するなどし、しっかりと改善を行ってくれるのか判断しましょう。

サイト制作、開発分野の知識もある

サイトの仕様を理解するためには、HTMLの知識や開発・プログラミングの知識も必要になります。「自社のWEBサイト独自の課題を指摘してくれる」と重複しますが、実装できない提案は絵に描いた餅です。できないことがあれば、代替案を提案してもらう必要があります。

サイト制作も対応しているSEOコンサルティング会社であれば、その点は安心できるかもしれません。

話を聞いてくれる、担当者の立場を理解してくれる

SEOの知識をたくさん持っている会社で、サイトの仕様やサービスを理解してくれて、提案ももらっている。でも、 思ってもいないところに 施策実行を妨げる壁が、社内にはあるものです。上司が納得してくれない、そもそも手が足りない、実装する人間の知識が不足している…SEO施策を実行するのに悩みはつきものです。

ただただSEOの情報を提供するのではなく、そういった社内の悩みも聞いてくれる姿勢のある会社であれば、きっとSEO施策をしっかり実装しPDCAをしっかり回せる体制を一緒に作り上げてくれるはずです。

メリットだけでなくデメリットも伝えてくれる

SEO施策は良いことづくし、というわけではありません。

効果は大きいけれどもその後の運用工数が増える、という場合もありますし、簡単に実装できるけれどもSEO効果は効果が出るまで時間がかかる、という施策でもあります。

そういった、提案に対するメリットだけではなくデメリットの部分も正直に伝えてくれる会社はきっと、誠実な会社です。

おわりに

SEO施策は長期的なスパンで行っていく必要があるものです。

SEOコンサルティングを外注すれば、基本的には短くても半年、長ければ数年単位のお付き合いになります。成果をしっかり出してくれそうな会社、というのはもちろんですが、長くお付き合いをしていく上で、信頼できると思う会社をぜひ選んでください。

当社でもSEOをコンサルティングサービスとして提供し、多くのサイトの改善を行ってきました。また、SEOだけでなく、コンテンツマーケティング、制作、広告運用代行など幅広くWebマーケティングのご支援をしております。

何か、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6258-0911 FAX番号 0422-26-5610
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-6450-0010 FAX番号 06-6450-0015
Copyright © 2019 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.