2019.09.02コンテンツマーケティング記事一覧

キラーコンテンツとは? Webマーケティングで売上を増加させるための有効的な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キラーコンテンツ」とは、一言でいうと「素晴らしいコンテンツ」を意味する言葉です。記事では、キラーコンテンツの一般的な意味とWebマーケティングにおける意味の違い・具体的な例・作成のポイントをまとめました。

Webマーケティングにおいて、ユーザーに深く届けるキラーコンテンツのイロハを知り、魅力的なクリエイティブを制作しましょう。

キラーコンテンツとは?

先ほどご説明した通り、「キラーコンテンツ」は広くは「素晴らしいコンテンツ」を意味します。では、ここでいう「コンテンツ」とは改めてどのような意味の言葉なのでしょうか。

仕事現場でもつい「コンテンツ」の意味が曖昧なまま使っている方も多いはず。まずは「コンテンツ」の意味をおさらいしておきましょう。

コンテンツとは?

コンテンツとは「朝日新聞 DIGITAL」が運営する『コトバンク』によると、下記と表記されています。

WebサイトやDVD、CD-ROMタイトルに含まれる情報の内容のこと

引用元:コトバンク

エンタテインメントや教養・ビジネス情報など、あらゆる創作物の情報を指す言葉と捉えてよいでしょう。

一般的に使われるようになったのは、インターネットが普及し始めた90年代後半ごろとされています。ただ、「コンテンツ」という言葉自体が使われだしたのは意外にも古く、一説にはカナダの英文学者・マーシャル=マクルーハン著『メディア論・人間の拡張の諸相』にある「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」が最初だとする声もあります。

現在では、主にインターネットを中心とする「Webコンテンツ」や「モバイルコンテンツ」と、TVや映画・漫画・アニメといった「エンタメコンテンツ」に対して用いられることが多いです。

キラーコンテンツとは?

コンテンツの意味がわかったところで、次に本題である「キラーコンテンツ」の意味をご説明していきたいと思います。

「キラーコンテンツ」とは、一言でいうと「素晴らしいコンテンツのこと」といいましたが、より具体的に説明すると「特定の業界や事業において、高い集客力のあるコンテンツ」のことを指す言葉です。

先ほどの「コンテンツとは?」で説明したように、「コンテンツ」はWebやモバイル・映画・TV・漫画などの情報の内容を意味する言葉です。

つまり、「キラーコンテンツ」とは、Webや映画・漫画などの業界や事業において、高い集客力をもつ、いわゆる”爆発的なヒットコンテンツ”のことをいうのです。

明確な線引きはありませんが、例えば映画であればその年を代表するような作品。TV番組であればゴールデンタイムで何年も放送されているような長寿番組を指すと考えてよいでしょう。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツとは?

キラーコンテンツは高い集客力や影響力をもつコンテンツのことを指しますが、Webマーケティングにおけるキラーコンテンツは「情報の受け手であるユーザーにとって価値があり、購買につながるコンテンツ」のことを意味します。

Webマーケティングは全てではないですが、原則的には顧客の集客と購買につなげることを目的としています。そのため、ユーザーに向けたコンテンツは彼らのインサイト(深層心理)に届き、集客や購買を促すものでなければなりません。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツには、ユーザーの集客や購買を促す「商品紹介」や「口コミ」「専門家の意見」「アンケート」などが主な施策としてあげられます。

Webマーケティングのキラーコンテンツ施策例

それでは、Webマーケティングにおける代表的なキラーコンテンツである「商品やサービス紹介」「口コミや導入事例」「専門家の意見や評価」「アンケート」の4つの施策について、詳しく解説していきたいと思います。

商品やサービス紹介

自社商品やサービスの魅力をユーザーに向けて届ける施策は、基本的なWebマーケティングのコンテンツです。これらの商品やサービス情報はLP(ランディングページ)やWeb媒体の記事・e-book・コーポレートサイトのページとして掲載することで、ユーザーに届けることが一般的です。

Webであれば、ネット検索を通じてSEO流入(自然検索流入)によって、あらかじめ自社商品やサービスに対して購買意欲のあるユーザーだけでなく、偶然にページに来訪した潜在顧客の目にとまることもあります。

Webマーケティングにおける集客の強みを活かした、商品やサービス情報を伝えるキラーコンテンツを制作できれば、大きく集客や売上への貢献が期待できるでしょう。

口コミや導入事例などのお客様の声

商品やサービスを利用したお客様の口コミや導入事例もWebマーケティングにおける基本的なコンテンツです。ネット情報は今でこそ信頼性は高まってきましたが、それでも商品やサービス情報を本当に信頼してよいか、常にユーザーは不安をもっています。

企業が自分たちで伝える商品やサービスの魅力は、どうしても「疑いの目」も生まれてしまうのです。そこで、実際に利用経験のあるお客様の声を伝えることで、ユーザーに対しての説得力が増し、購買のハードルを下げる効果があります。

また、サービスの導入事例を伝えることで、どのように導入すると利用価値を高めることができるのか、を知ることもできます。このようにWebマーケティングにおける「お客様の口コミや導入事例」はコンテンツとして効果が高いのです。

専門家の意見や評価

商品やサービスに関する専門家の意見や評価も、Webマーケティングにおける基本的なコンテンツです。これも先ほどの「口コミや導入事例などのお客様の声」と同じく、専門家である第三者の意見を伝えることで、ユーザーに信頼感と安心感を与える効果が期待できます。

商品やサービスに関連する分野に詳しい人物のコメントですから、専門的な知見であるかに意識をおいてコンテンツを制作しましょう。

また、受け手であるユーザーには専門家は第三者として受け取られるわけですから、商品へのポジティブなコメントだけではなく、真実味のあるストレートな意見もバランスよく盛り込んだ方が、伝わりやすいとも考えられます。

アンケートや調査データ

自社商品やサービスまたは属する業界動向などのアンケート・調査データもWebマーケティングにおける一般的なコンテンツです。業界のトレンドや商品への意見をアンケートで定量的にまとめ伝えることでユーザーの興味をひきます。

また、第三者機関が発表している統計データなどを参照にコンテンツを制作することで、より一層の説得力をユーザーに与える効果も期待できます。

調査データなどのマーケティングリサーチは、コンテンツだけでなく分析施策においても価値がありますので、実行するメリットがあるでしょう。

キラーコンテンツを作成する際のポイントとは?

Webマーケティングにおいて、高い集客力や売上貢献が期待できるキラーコンテンツ。自社商品やサービスを広く、そして深くユーザーに届けるキラーコンテンツをコンスタントに生み出せるものなら作りたいものですよね。

ここでは、キラーコンテンツを生み出すためにどのようなポイントに意識をおいて作ればよいのかを解説していきます。Webマーケティングの担当者は、ぜひ以下を参考にしてキラーコンテンツを制作してみてください。

ターゲットをしっかりと理解し、ニーズを把握する

キラーコンテンツを作るためにもっとも欠かせないのが、ターゲットのニーズをしっかりと把握するということです。実際に手を動かして制作を進める前に、「このコンテンツを届ける相手は誰か?」を可能な限り、明確に頭に描きましょう。そして、彼らがどのような課題を抱えており、どのような情報を求めているのかを丁寧に整理していきましょう。

ターゲットの明確化やニーズの把握は、PDCAをまわしていく中でデータから輪郭が見えてくることもありますが、まずはじめは自社商品やサービスを徹底的に理解し、日頃からユーザーに触れ、どのような興味関心や課題を抱えているかにアンテナを張っておくことがとても大切です。

「Webマーケティング」というと、PCの前に座り、カチカチとデスクワークに終始するというイメージが強いですが、実際のユーザーやお客様に会い、ある意味で泥臭く交流を重ねることもとても価値があります。

また、自社商品やサービスが刺さるターゲット像はひとつとは限りません。既存顧客のリサーチや交流によって、ターゲット像がいくつか表れてきたら、それぞれでニーズを整理し、コンテンツを制作してもよいかもしれません。その中から、PDCAを回し、確度の高いコンテンツを伸ばしていってもよいでしょう。

商品やサービスの特徴を明確にする

ターゲットを明確にする過程である程度、自社商品やサービスの理解を深めているものと思いますが、さらに自社商品やサービスの価値を整理しましょう。「自社商品が他社商品と比べて優れているところはなにか?」をまるで自己分析するように見つめていきます。

商品の強みや価値を洗い出すことができたら、次にその中からターゲットに響きやすいメッセージをあげて、紡いだり、磨いたりしながら洗練させていきます。バラバラに散っていた長所を絞って余計なメッセージをそぎ落とすことで、真にターゲットに響くコンテンツが作られていくのです。

工程としては、コピーライティングのプロセスに似ているかもしれません。キャッチコピーの制作と同様に、まずは「とにかく数をあげる」ことが大事。そこから、重要なメッセージを発見し、さらに磨き込んでいくという論理的で地道な作業がキラーコンテンツを生み出すコツなのです。

他社にはないオリジナルコンテンツを作成する

商品やサービスの特徴を整理したならば、ユーザーに伝えるコンテンツにオリジナリティがあるかをチェックしましょう。商品の長所を整理しても、同じ業界・市場にさまざまな競合商品が存在するはずですから、自社商品ならではのオリジナリティある訴求をしなければ差別化がはかれません。

他社商品と比べて、コンテンツの内容に大差がないということは、他社商品を購入してもユーザーからすれば問題がないということになります。コンテンツにオリジナリティを含めるには、競合商品やサービスのリサーチ・分析を行なう必要があります。

そもそも、どんな競合商品・サービスがあるのか把握していないという方は黄色信号。顧客獲得を競う商品やサービスは適宜チェックしながら、自社オリジナルの強みを含めた訴求を行ないましょう。

おわりに

Webマーケティングにおいて、爆発的な認知拡大・顧客獲得のポテンシャルをもつキラーコンテンツはとても心強い存在です。もし、戦略性をもってキラーコンテンツを生み出すことができたならば、Webマーケターとしても強い喜びでしょう。

しかしながら、企業がWebコンテンツを作り、発信するのが当たり前になった現代では、受け手であるユーザーの目も肥えてきているのも事実。常にユーザーに刺さる相場観にアンテナを張りながら、自社商品・サービスの魅力を深く響かせるキラーコンテンツを作っていきたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。