WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

リスティング広告で地域ターゲティング!設定の違いと仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告を運用する上で欠かせないターゲティング方法の一つである地域ターゲティング。このターゲティング方法を活用することで、任意の地域に広告を配信することが出来ます。店舗集客や自社で行っているサービスに提供範囲がある(配達や出張サービス等)がある場合は必須の設定になってきます。

また、しっかり地域設定を行うことで、意図しないユーザーへの広告配信がなくなりますので、不要なクリックを減らしていくことが出来ます。後ほど説明しますが、一口に地域ターゲティングと言っても、リスティング広告の地域設定では出来ることが多々ありますので、「とりあえず都道府県で設定しておいたら大丈夫だろう」思ってしまっている方は是非この記事を読んで地域ターゲティング設定への理解を深めて頂けたらと思います。

リスティング広告のターゲット地域設定

リスティング広告の地域指定での広告配信はシンプルに見えて、紐解いていくと様々あります。どの単位で指定できるのか?どのように設定できるのか?ユーザーの判別の仕組みは?などを解説していきます。

ターゲット地域はどこまで指定できる?

リスティング広告の地域ターゲティングでは一体どこまで細かく設定できるのか?という所から説明させて頂きます。これは主に「市」までと思って頂いて結構です。というのも、Google広告Yahoo!広告ともに指定できない区が多くあります。

ただし、Yahoo!ディスプレイ広告に関しては、Google広告、Yahoo!検索広告よりも区指定が多くできます。設定したい地域があれば、まずは管理画面で打ち込んでみるということが大切です。どうせ市でしか選択できない…と思っていても検索してみると選択できる可能性もあります。ただし、指定できるのは基本「市まで」と言いましたが、市もない場合があります。例えば兵庫県の芦屋市などは指定できないなどの例外もありますので確認が必要です。

ターゲット地域指定の方法は?

配信地域はキャンペーンに対して設定することが可能です。基本的に都道府県や市区町村で設定することが多いのですが、Google広告の場合半径を指定することが可能です。設定すると、例えば登録した地点から半径10㎞のユーザーにだけ配信するといったことが可能になります。

リスティング広告のターゲット地域設定1

また中心となる地点は、地名や建物、住所、郵便番号、座標などで指定可能です。上記画像は大阪城にから10㎞にしてみました。ピンモードで自ら目標地点にピンを立てることも出来るので狙いたいポイントをどこでも指定することができます。

リスティング広告のターゲット地域設定2

「市を指定するには広過ぎる…」「狙いたいのは~区と~区だ!」そういった時にGoogle広告の半径指定は使えます。しかし一方で、Yahoo!広告ではこの半径指定が使えません。別媒体の話をすると、Facebookでも地域ターゲティングは半径指定可能ですし、LINEもアップデートが来て半径指定が可能になりました。Yahoo!広告も可能になる日がいつか来るかもしれません。

ターゲット目標の違いについて

リスティング広告の地域ターゲティングには様々なユーザー判定方法があります。デフォルト設定のままにしていたら思いもよらぬ地域に出てしまうので注意が必要です。Google広告とYahoo!広告で配信ユーザーの判定の仕方は非常に似ていますがどちらも紹介します。

Google広告:ターゲット目標

Google広告ターゲット目標

ターゲット地域にいるユーザーとターゲット地域に関心を示しているユーザー(推奨)

こちらは選択できる中で最も広い設定となっており、デフォルト設定です。指定した地域に所在地ある、もしくはWeb上の行動(検索など、後述します)で指定した地域に関心があると判断されたユーザーに広告が配信されます。つまり、大阪を指定していても、東京にいる人が大阪のことを積極的に調べていたり、Googleマップでよく大阪の地域を入力していたりすると、東京にいるにも関わらず大阪に関心があると判断されて配信されます。

店舗集客目的の場合は、大阪に旅行に来るかもしれない、実家があるかもしれない東京にいるユーザーに配信するよりも、住んでいる人により多く配信した方が良いですよね。デフォルト設定には注意が必要です。

ターゲット地域に所在地があるユーザーと、ターゲット地域を定期的に訪れているユーザー

こちらは、指定した地域に所在地があるユーザーもしくは、定期的に指定した地域に訪れている場合に配信されます。その地域にいるユーザーに出来るだけ出したい、関心があるだけの人には出したくない場合、最も適した設定となります。ただし、その地域にいるのにも関わらず、Googleが所在地として判断していない場合広告は配信されません。

ターゲット地域に関心を示しているユーザー

こちらは所在地に関係なく、検索などで指定した地域に関心があると判断された場合に広告が配信される設定です。

Yahoo!広告:配信地域判定

ahoo!広告配信地域判定

ユーザーの所在地、検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域(推奨)

ユーザーが指定した地域に所在地がある場合、検索したキーワードに地域ワードを含んでいる場合、その地域に関心があると判断された場合に広告が配信されます。こちらがデフォルト設定になっています。

ユーザーの所在地

こちらはそのまま、指定した地域に所在地があると判定された場合ユーザーに広告が配信される設定です。

検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域

残る一つは、地域ワードを含んだ検索をしているユーザー、検索履歴などでYahoo!がその地域に関心を持っている可能性が高いと判断したユーザーに配信されます。

Yahoo!広告では上記3設定があります。Google広告と若干違いますが、設定する上での考え方は同じです。Yahoo!の方は検索キーワードに含まれる地域と明記されていますが、Google広告の「関心を示しているユーザー」も検索語句でも判断されているので同じと考えることが出来ます。詳しくは次項で説明させて頂きます。

どうやってユーザーの情報を把握している?

地域ターゲティングで、どの状態のユーザーに配信するかという設定があることが分かって頂けたかと思います。では次に、「所在地がある」や「関心を示している」という情報はどうやって取得しているのか?ということを説明します。

関心について

Googleでは関心対象とする地域を以下のような情報で検出しています。

  • 地域ワードを含む検索したかどうか
  • 関心を示している地域を特定できるような検索履歴があるか
  • 過去に所在地として判断した
  • 広告が表示されているサイトの内容から、興味があると判断できる場合
  • Googleマップで検索した地域

要約すると、Googleのサービスで特定の地域に興味がある可能性があるような行動をとったかどうかです。さらに分かりやすく例えるならGoogle検索、Googleマップで「カフェ 大阪」などと検索するとGoogleから大阪に興味があるユーザーだと判断される可能性があります。

所在地について

続いて所在地は大きく分けて2つあります。それはIPアドレスとデバイスの位置情報です。
デバイスの位置情報はGPS、Wi-Fi、Bluetoothが使用され、GPS、Wi-Fiがない場合はGoogle のセル ID(基地局)による位置情報データベースも使用されています。他にもGoogleのサービス履歴であったり、Googleマップに自宅や勤務地の登録といった情報も使用されています。

地域の除外設定について

リスティング広告では、地域を除外することもできます。各サービスごとに以下のような考え方と思ってください。

Google広告

  • 除外した地域のユーザー
  • 除外地域にいるユーザーと、除外地域に関心を示しているユーザー(デフォルト設定になっています)

指定の場合と考え方は同じです。デフォルト設定のほうが除外対象は広くなります。

Yahoo!広告

  • ユーザーの所在地、検索キーワードに含まれる地域、ユーザーが関心を示している地域
  • ユーザーの所在地(デフォルト設定になっています)

Yahoo!に関しても考え方は指定の場合と同じです。Yahoo!の場合はユーザーの所在地がデフォルト設定になっているので注意が必要です。除外設定も、その地域にいる人だけ除外するのか、関心を示している他の地域にいるユーザーも除外してしまうのか慎重に選ぶ必要があります。除外もキャンペーン単位で可能です。

※注意
Google広告で、ターゲット地域を登録する際、半径指定が出来ましたが、除外はできません。また、Yahoo!ディスプレイ広告でも除外はできない仕様となっています。

入札単価調整も可能

地域ターゲティングでいくつかの地域を指定してリスティング広告を配信していると成果に差が出てくることもあるかと思います。ただ停止するには判断が早い、もしくは配信は少しでもしておきたい場合は入札単価を地域ごとに調整しましょう。Google広告、Yahoo!広告ともに-90%~+900%で調整することができます。注力したい地域が配信開始時から決まっている場合などにも使用可能な機能です。

地域ターゲティングと掛け合わせたい設定

地域ターゲティングを使用し、リスティング広告を配信していく上でおすすめの設定、方法を何点かご紹介します。

広告カスタマイザ、アドカスタマイザーによる出し分け

Google広告の広告カスタマイザ、Yahoo!広告のアドカスタマイザーを使用して、指定した地域にいるユーザーが検索した時はその地域名が自動で広告文に挿入されるようにできます。きちんと設定することで高いクリック率が期待できます。またキーワードでも反応させることが出来るため、地域ワードで検索してきたユーザーには広告文に地域名を挿入するといった使い方も可能です。

ランディングページを出し分ける

地域ごとにランディングページを出し分けることも有効です。すべてトップページへ設定していませんか?その地域に対応するページに遷移させることで離脱を防ぎ、CVR改善も期待できます。

住所表示オプション

広告表示オプションの一つである住所表示オプションは、Googleマイビジネスへ登録ですが、設定しておきたい機能の一つです。住所表示オプションを設定しておくことで住所や営業時間を広告文に表示でき、クリックするとGoogleマップへ遷移させることができます。特に店舗集客では力を発揮します。

まとめ

意外と奥が深い地域ターゲティングについて説明してきました。この記事で地域設定について、どういった設定があるか、どのように判別されているのかが分かって頂けたかと思います。実際に設定を行うとき、まずはピンポイントで店舗から〇km!としてしまいがちですが、地域を狭くすればするほどクリック単価は高騰してしまう傾向にあるため、狭くし過ぎずに運用状況に応じて最も成果の出る設定に変更していくことが最適です。

地域密着型のビジネスでは必須となる地域指定ですが、設定を間違えていると無駄クリックにも繋がり、最適化への期間も長くなってしましますので最適な地域設定を行い、適格なユーザーに広告配信していきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
高見綾

高見綾

ディーエムソリューションズ株式会社 大阪デジタルマーケティング事業のウェブプランナー。 インターネット広告担当者として、各種運用型広告のプランニングと運用に携わり、様々な業界、業種のアカウントと向き合っている。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6258-0911 FAX番号 0422-26-5610
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-6450-0010 FAX番号 06-6450-0015
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.