WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

【最新】LINE広告のターゲティング、セグメント、配信面まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的なユーザー数で新規ユーザー獲得へアプローチできるLINE広告。特にBtoC領域において興味があるマーケティング担当者も多いのではないでしょうか。
LINE広告は頻繁にアップデートを繰り返しており、ターゲティングの種類も増えているため、今回はLINE広告がどのような設定を行ってユーザーへアプローチができるのか、最新のターゲティング、セグメント、配信面についてまとめていこうと思います。

LINE広告とは

LINE広告は、日本で月間アクティブユーザーが8,400万人のコミュニケーションアプリで配信ができる広告プラットフォームのことです。LINE広告最大のメリットは他のSNSと比較しても圧倒的なユーザー数です。Facebook、インスタ、Twitterではリーチ出来ないユーザーにアプローチし、最も新規ユーザーを獲得できる媒体と言っても過言ではありません。
下記、主要SNSのMAU(Monthly Active Users)の図を見てもわかるように、圧倒的なユーザー数シェアを占めているのがLINEの強みでしょう。

  • Facebook MAU2,600万人
  • Instagram MAU3,300万人
  • Twitter MAU4,500万人

LINE利用率

画像元:LINE広告公式ページ

地域ターゲティング

地域を指定

広告配信で基本となるターゲティングの一つである地域ターゲティング。LINEの地域ターゲティングは都道府県、市区町村単位での地域ターゲティングができます。大雑把でいいが区を指定したい等細かな指定をしたい場合は、後述する地図上のピンによる半径指定を推奨します。

LINE広告地域ターゲティング指定

半径を指定

LINE広告で2020年4月新たに追加された機能で、配信したい地域を地図上から半径で指定することが出来ます。検索窓で中心としたい場所を打ち込むことで設定することが出来ます。都道府県、市単位でしか地域指定はできないため、狙いたい地域がある場合半径指定しましょう。

LINE広告地域半径ターゲティング指定1

さらにピンモードも使用することも出来るため、思い通りの場所を中心地にすることが可能です。好きな場所でクリックすると中心地とすることが出来ます。ちなみに海にもピンがさせます。あまり使う機会はないかもしれませんが、このような指定も出来ます。

LINE広告地域半径ターゲティング指定2

上記は海にピンを指して、海側のみ指定しています。半径の指定は3㎞以上~50㎞までで指定できます。また、半径での除外も可能となっています。

LINE広告地域半径ターゲティング指定3

除外すると円は赤い状態になります。

配信対象

配信対象とするユーザーを選ぶことが出来ます。商材によって使い分けたい設定箇所の一つです。

  • この地域に住んでいる人、この地域で働いている人、この地域に最近いた人
  • この地域に住んでいる人、この地域で働いている人
  • この地域に住んでいる人
  • この地域で働いている人
  • この地域に最近いた人

LINE広告配信対象指定1

位置情報を元にしているため、判断基準は下記になります。

住んでいる 夜間にいる時間が長い
働いている 日中にいる時間が長い
最近いた GPSによるもの

ユーザー属性

こちらも広告配信では欠かせないユーザー属性の指定。この性別や年齢はLINE内での行動履歴を元にした「みなし属性」となります。LINEが保持する膨大なデータから算出されているためユーザーの絞込みには有効です。

性別

男性、女性、すべてから選択可能。

年齢

年齢の指定は下記から可能です。

14歳以下
15-19歳
20-24歳
25-29歳
30-34歳
35-39歳
40-44歳
45-49歳
50歳以上

実名実年齢で登録するFacebookのように1歳単位で設定は出来ませんが、GoogleやYahoo!のようにある程度の指定は可能となっています。

OS

ios、android、すべてから選択可能となっております。

詳細ターゲティング

詳細ターゲティングは「趣味・関心」「行動」「属性」に分かれています。FacebookやGoogleと比較するとまだまだ少ないですが、今後アップデートで増えてくるのではないでしょうか。

趣味関心

ゲーム
デジタル機器・家電
スポーツ
職業・ビジネス
ファッション
家・インテリア・園芸
テレビ・映画
音楽
教育・学習・資格
金融
健康
書籍・マンガ
自動車
軽自動車
コンパクトカー
ハッチバック
セダン
スポーツカー
ステーションワゴン
ミニバン
SUV(コンパクト)
SUV(ラージ)
食べ物・飲み物
美容・コスメ
旅行
エンタメ
ショッピング

行動

テレビ視聴頻度
テレビ視聴頻度が高い
テレビ視聴頻度が平均
テレビ視聴頻度が低い
キャリアの変更
過去2年間でキャリアを変更した
過去2年間でキャリアを変更していない
コンバージョン
ウェブサイトコンバージョンが多い
アプリのインストールが多い
ゲームプレイタイプ
アドベンチャーゲームプレイヤー
カジュアルゲームプレイヤー
RPGゲームプレイヤー
モバイル端末の変更
過去2年間で端末を変更した
過去2年間で端末を変更していない
ネットワークの利用状況 Wi-Fiを利用しない

属性

配偶者
既婚
未婚
子供
子供あり
子供なし
携帯キャリア
NTTドコモ
au
Softbank
推定収入
収入上位51%以下
収入上位21%~50%
収入上位11%~20%
収入上位10%

詳細ターゲティングについては、LINEでの行動履歴などを元にしているため精度の問題はあります。設定するとオーディエンスのサイズもかなり減少してしまうので、細かい地域ターゲティング時にはユーザーが少なくなりすぎるということが起きます。これを防ぎ、かつできるだけ確度の高いユーザーに配信するためにオーディエンスリスト活用していきましょう。

オーディエンスリスト配信

LINE広告で使用できるオーディエンスリストは2020年7月現在で下記が使用可能です。

ウェブトラフィックオーディエンス
モバイルアプリオーディエンス
IDFA/AAIDアップロード
電話番号アップロード
メールアドレスアップロード
LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
類似オーディエンス
動画視聴オーディエンス

ウェブサイトトラフィックオーディエンスではLINETagを設置することでサイトに来たユーザーをターゲティングすることが出来ます。いわゆるリターゲティング配信が可能です。URLを指定することで特定のURLだけに限定したり、設置したカスタムイベントコードでリストを作成したりが可能になっています。

オーディエンスリスト配信設定方法

他には連携しているLINE公式アカウントの友だちに配信したり、その類似ユーザーに配信したりも可能です。また、最近のアップデートで電話番号とメールアドレスのアップロードも可能になりました。アップロード用のURLも発行できるため、社外に情報を渡さずに安心に行えるようになっています。

オーディエンスリスト配信設定方法2

作成したオーディエンスリストは類似オーディエンスが作成可能になります。1%から15%まで選択が可能になっていて、大きくすればするほどサイズは大きくなり、配信ユーザーが増加しますが、類似度は下がっていき確度が低くなります。運用の成果を見ながら何%にするか決めていく必要があります。

類似オーディエンスリスト

LINE広告の配信面

LINE広告の配信面は自動配信か、配信面を指定するかを選択することが出来ます。自動配信にすると、LINE広告で配信出来るすべての配信面に配信され、キャンペーンの目標に合わせて最適化が行われます。

LINE広告配信面指定

LINE広告

LINEの配信面に広告配信が可能です。現在Smart Channel、LINE NEWS、タイムライン、ウォレット、LINEマンガ、LINEポイント、LINE BLOG、LINEチラシ、LINEショッピングに配信することが出来ます。ただし、どの面に配信するかということは選ぶことが出来ません。

LINE広告配信面種類

画像元:LINE広告公式

この配信面も続々と追加されており、直近だとLINEチラシにも配信可能になっています。

LINE広告ネットワーク

LINE広告ネットワークはディスプレイ広告と動画リワード広告を選択することが出来ます。LINE広告ネットワークとは、LINE外のモバイルアドネットワークのことで、LINEが提携するアプリの配信面に掲載可能です。広告主のブランドイメージを損なうことがないように厳正に配信面の審査が行われています。

LINE広告ネットワーク

画像元:2020年7-12月期 媒体資料 LINE Business Guide 2020年7月-12月期

動画リワード広告とは、動画広告を見たユーザーにアプリ内で使えるインセンティブを付与する仕組みの広告です。フルスクリーンであることと、インセンティブによる高い視聴完了率が得られます。

LINE広告動画リワード広告

画像元:2020年7-12月期 媒体資料 LINE Business Guide 2020年7月-12月期

おわりに

LINE広告のターゲティング、配信面をまとめました。地域ターゲティング、ユーザー属性、興味関心、オーディエンスと基本的な機能は実装されており、地域の半径指定、電話番号、メールアドレスのアップロードと次々にアップデートされている状況ですので、今後のLINE広告には期待できます。昔と比較し機能が追加され、様々な配信が出来るようになりました。クリック課金の運用が使用できるようになったのも急速に普及している要因の一つだと思います。また、Facebook、Instagram、Twitterと比較してもLINEは日本人であれば必ずといっていいほどコミュニケーションアプリとして使用している身近な存在で、MAU8,400万人という数値からも、今最もリーチできるSNS媒体と言えます。機能としても個人的にはFacebookに寄せに行っている?という印象で、あとはターゲティングの精度がもう少し確立されればというところです。ユーザー属性や興味関心に頼り切らずにオーディエンスの作成や、類似オーディエンスで配信することでもっとも効率の良い配信を行っていくことが重要だと言えます。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
高見綾

高見綾

ディーエムソリューションズ株式会社 大阪デジタルマーケティング事業のウェブプランナー。 インターネット広告担当者として、各種運用型広告のプランニングと運用に携わり、様々な業界、業種のアカウントと向き合っている。
SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2020 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.