2019.04.22SEO記事一覧

SEM(サーチエンジンマーケティング)とは? 施策の種類やポイントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEM(Search Engine Marketing / サーチエンジンマーケティング)は、Googleなどの検索エンジンから自社サイト・コンテンツへの訪問者を増やすためのマーケティング手法です。

Webマーケティングの分野では、英字の略称が多く、初心者のなかにはSEMとSEOをごっちゃにして捉えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで記事では、SEMの定義や代表的なSEM施策の種類、そしてSEM施策を行なうべき理由やSEM戦略を練る際のポイントについてご紹介します。

SEMとは?

SEMとは「Search Engine Marketing」の頭文字をとった略称で、検索エンジンから指定のWebサイトやランディングページに訪問者を増やすためのマーケティング手法を指す用語です。

SEMの定義

ユーザーのインターネット検索という行動を通して、自社サイトや自社サービスへの訪問ユーザーを増やすマーケティング活動を全てひっくるめてSEMと定義づけられています。

冒頭で触れたSEO(検索エンジン最適化)や、検索ワードに紐づいて表示されるリスティング広告などはSEM施策のなかに含まれるマーケティング施策の一部という位置付けになります。

つまり、SEMとはユーザーのネット検索を通した、一連のマーケティング活動を意味するということを理解しておいてください。

検索結果のどこに表示されているのか?

SEMの各施策はWeb上のどこに表示されているのでしょうか。「SEO」「リスティング広告」「ディスプレイ広告」に分けてご説明します。

まず、SEOはユーザーが検索した際にワードと検索エンジンのアルゴリズムに基づいて検索結果が表示される仕組みを指します。

検索結果のどこに表示されているのか?_SEO

リスティング広告は、検索ワードに紐づいて表示される広告のことで、検索結果の最上部に表示されます。
(サイトURLの横に「広告」と記載されています。)

検索結果のどこに表示されているのか?_リスティング

ディスプレイ広告は、Webサイトの広告枠に表示される広告のことです。

検索結果のどこに表示されているのか?_ディスプレイ広告

SEM施策の種類

古くから導入されている主なSEM施策には「SEO対策」「リスティング広告」「ディスプレイ広告」があります。ここでは、それぞれのSEM施策をより詳しく解説していきたいと思います。

SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自社サイトやサービスが自然検索で上位になるように改善を行なうことをいいます。SEO対策では上位表示させたいサイトのコンテンツを充実させていく必要があります。

以前までは「外部施策」「内部施策」という考え方が主流でしたが、現在では「キーワードプランニング」「コンテンツ制作」「内部施策」「アクセス解析」というPDCAを適切かつスピーディーにまわすことが重要視されています。

なお、Google等の検索アルゴリズムは日々改善が行なわれており、最新の動きを常に収集するアンテナの高さも求められます。最新のSEO対策に関する情報は、以下のページに詳しく解説していますのであわせてチェックしてみてください。

リスティング広告

リスティング広告とはユーザーの検索結果に連動して検索結果画面の最上部に表示される広告のことです。Googleの場合は「Google Adwords」、Yahoo!の場合は「Yahoo!プロモーション広告」に登録し、課金するキーワードを入札すると検索結果画面に表示されます。

リスティング広告は入札方式であるため、競合が多い人気のキーワードであるほど広告のクリック単価は高く、誰も入札していないようなキーワードであるほどクリック単価は安くなります。

リスティング広告はSEOとは異なり、課金をすれば表示順位や表示されるテキスト、リンク先のURL、表示地域さえもコントロールすることが可能です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とはWebサイト内の広告枠に表示される動画・画像・テキストのみの広告のことです。ディスプレイ広告の媒体はGoogleが提供する「GDN(Googleディスプレイ ネットワーク)」とYahoo!が提供する「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」の2種類があります。

それぞれ、広告を登録し課金することで提携しているサービスやサイトに広告が表示されます。GDNの提携サイトは、You Tube、pixiv、アメブロ、価格コム、mixiなど、YDNの提携サイトはpixiv、アメブロ、ニコニコ動画、クックパッド、毎日新聞などです。

ディスプレイ広告に関する情報は、以下のページに詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

SEMとSEOは異なる施策なの?

Webマーケティングに初めて携わる人や初心者にとっては、SEMとSEOの違いがわかりづらいかもしれません。ここまで何度か説明してきましたが、SEMはユーザーのネット検索行動を通じて、自社サイトやサービスへの流入および顧客獲得を目的としたマーケティング施策のことをさします。

そして、SEOとはユーザーのネット検索を通じて検索結果画面の上位表示を狙い、自社サイトやサービスのコンテンツを充実化するマーケティング施策のことです。

つまり、SEMという大枠のマーケティング施策のなかに、SEOというひとつの施策が含まれているという位置付けになります。似たような英語3文字の用語ですので、一見するとわかりづらいですが、Webマーケティングの基本として抑えておく必要がある内容ですので、正しく理解しておきましょう。

SEMとSEO施策については、以下ページでも解説していますのでよろしければ目を通してみてください。

SEMとリスティング広告は異なる施策なの?

SEMとリスティング広告もどのような位置付けか分かりにくいですが、これもSEM施策のなかにリスティング広告というひとつのマーケティング施策が含まれているという関係性です。

SEM施策はユーザーの検索活動を通じて、自社サイトやサービスへの流入数を増やすことを指すので、目的のために広告を入札し、ユーザーの検索ワードに合わせて検索結果画面に表示するリスティング広告が施策のひとつとなるのです。

リスティング広告は、1日単位で予算の管理ができるため、重点的にユーザーの集客を行ないたい時にも便利で即効性が期待できる施策です。リスティング広告のメリットについては、以下ページでも解説していますのでチェックしてみてください。

SEO対策とリスティング広告の違いとは?

では、SEMの代表的な施策である「SEO対策」と「リスティング広告」の違いやそれぞれのメリットとデメリットにはどのようなものがあげられるでしょうか。

SEMを進めていくうえで、多くのWebマーケティング担当者が取り組むであろう「SEO」と「リスティング広告」のメリットとデメリットについて解説していきます。

SEO対策のメリットとデメリット

SEO対策のメリットには以下の5点があげられます。

  1. ノウハウがあれば無料でできる
  2. 購買意欲の高いユーザーを集客できる
  3. 上位表示で大きな集客が期待できる
  4. 長期的な資産になる
  5. ブランディング効果がある

SEO対策には広告費はかからず、ノウハウや知識があれば無料で施策を進めることができます。自然検索をするユーザーは自発的に情報検索をしているわけですから、購買意欲の高いユーザーを集客することができます。

各検索ワードで上位表示されれば大きな集客が期待でき、長期的に継続してユーザーの流入数を獲得することができます。

さらに、自然検索で上位に位置するWebページならびに企業に対して、ユーザーは信頼感を得るのでブランディングの側面でもプラスがあるといえるでしょう。

一方でSEO対策のデメリットには、以下の5点があげられます。

  1. SEOに関する一定の知識が必要
  2. 成果が出ない場合もある
  3. 外注先の選定が難しい
  4. 成果が出るまで時間がかかる
  5. ターゲットユーザー以外も集まる

SEO対策は知識さえあれば無料で行なうことができますが、SEO周辺の必要知識は多いため、初心者がいきなり取り組むのは負担が大きいといえます。SEOで効果が出るのは競合サイトの状況も関わってくるので、施策を行なってもなかなか結果が出ないこともあります。

SEOの専門企業へ外注するとしても安定して効果を出してくれる外注先を見つけるのは難しく、短期的にすぐ結果が出ることは期待しないほうがよいでしょう。また、ビッグワードともなれば、本来のターゲットユーザー以外も集めてしまうこともあります。

SEO対策のメリットとデメリットについてより詳しく知りたい方は、以下ページもあわせてご覧ください。

リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告のメリットには以下の5点があげられます。

  1. 確実性の高い集客が期待できる
  2. 無理のない予算でスタートできる
  3. 広告出稿のONやOFFがすぐできる
  4. 予算に余裕があれば大きな効果が期待できる
  5. リアルタイムで効果がわかる

リスティング広告はSEO対策に比べ、課金料に比例して広告効果が期待でき、少額からも出稿をスタートすることができます。

リアルタイムで表示回数など効果をモニタリングでき、出稿のONやOFFも自在にできます。広告予算に余裕があるのであれば、多額の課金ができ、短期的に大きな効果を出すこともできるでしょう。

リスティング広告のデメリットには以下の3点があげられます。

  1. 広告費がかかる
  2. ユーザーに嫌悪感を与える恐れがある
  3. 長期的な資産にはならない

メリットと裏表の関係ではありますが、リスティング広告には広告費が必要です。また、広告なのでユーザーによっては嫌悪感を与えるかもしれず、印象を悪くしてしまうかもしれません。

また、リスティング広告は、運用中のデータは残りますが、SEO対策の1つとしてコンテンツ作成をするような目に見える資産が残りにくい施策です。

SEM対策を行うべき理由

SEO対策やリスティング広告、ディスプレイ広告など様々な打ち手が考えられるSEM対策ですが、企業のマーケティング活動において実施したほうが良い理由とはどのようなものでしょうか。

ユーザーの購買行動の変化に対応したマーケティング施策を行なう必要があるため

事業内容やサービスに違いはありますが、既存顧客や将来の見込顧客はネットを通して情報検索することがもはや当たり前になっていると考えられます。ユーザーの購買に繋がる行動は新しいデバイスや技術の浸透によって日々変化していくので、企業のマーケティング活動も合わせて変化していく必要があります。

マーケティングとは「売れる仕組みを作ること」ともいわれます。ユーザーのネット検索行動に合わせたSEM施策を行なうことが、長期的な利益増に繋がるのです。

検索エンジンに表示される回数を増加させ、認知拡大を行う必要があるため

SEM施策は拡大していくとユーザーの検索行動に応じて、ユーザーの目に留まる回数も増えていきます。ユーザーの目に留まる回数が増えていくと認知拡大に繋がり、根強いブランディングイメージの定着をもたらすでしょう。

ユーザーが「●●な商品を買いたい」と思ったときに、最初に頭に浮かぶ第一想起を獲得すれば、長期的な企業の売り上げにも繋がっていくのです。

戦略を練る際のポイント

では、最後にSEM施策を実施するうえで確実に成果を出していくために重要な戦略には、どのようなポイントがあるでしょうか。施策選びの方向性を定める戦略のポイントを3つに分けてご説明します。

予算としてどれくらい割くことができるのか

SEO対策やリスティング広告、ディスプレイ広告は広告費がかかるものかからないものがありますが、そもそもどれくらいの期間でどのような成果を出したいかを定めて施策を練ることが重要です。

短期的に成果を出したい場合はリスティング広告、長期的な流入資産を築きたい場合はSEO対策など、目的や成果を狙う期間や社内人材の有無を整理することからまずは始めましょう。

中長期or短期的、どちらのケースで施策を打つのか

先ほどの内容とややかぶりますが、じっくりと中長期を見越してSEM施策を進めていきたいのか、とにかく短期的に成果を出したいのかで打つべき施策は異なります。

一般的にはリスティング広告やディスプレイ広告などの「広告」は、もちろん予算やノウハウに左右されますが、短期的な成果を出しやすいです。

一方、SEO対策やWebメディアを運営して認知拡大から潜在顧客獲得を狙うコンテンツマーケティングは、短期的には成果が出にくいですが、長期を見据えると顧客獲得を生み出す重要な資産となります。

SEM施策は大きく「資産として残していきたいのか」「資産として残さず短期的な利益をあげたいのか」で施策は選ぶべきといえるでしょう。どちらが正解というわけではありませんが、事業全体のフェーズや予算、目的の優先度などに応じて、どのSEM施策を進めていくか判断をする必要があります。

同時にWebマーケティングを取り巻く環境やノウハウは、日々変化をしているため、アンテナを高く張って時代にあった施策を展開する能力が大切です。

おわりに

ディーエムソリューションズ株式会社では、お客様のビジネスゴールに繋がるさまざまなSEM施策をサポートさせていただいております。

「SEOコンサルティングサービス」「コンテンツマーケティング」「広告運用代行」「Webサイト制作」など、お客様の現状の課題に応じたSEM施策をご提供。「SEM施策を強化していきたいけど、何から着手したらいいかわからない……」とお悩みの方は、まずはお気軽に当社までご相談ください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。