2011.05.21SEO記事一覧

<img>、<area>のalt属性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

search-engine-optimization

検索エンジンは<img>、<area>のalt属性(代替テキスト)を読み込み、検索結果のコンテンツを認識する手がかりとしています。

<img>、<area>のalt属性設定のポイント

  1. 無理に対策キーワードを埋め込むことはありません。
  2. 大切なのは画像も含めたページ全体の内容を検索エンジンに正確に伝えることです。
    alt属性の役割はあくまで代替テキストですので、
    画像の内容を端的に表現した自然な内容にしてください。
  3. 長すぎる文章(200文字以上)は避けましょう。スパム行為と認識される可能性があります。

alt属性は設定必須

<img>、<area>、<input type=”image”>にalt属性を設定するのは必須事項です。設定されていない箇所がある場合は、キーワードを意識しないで、画像の内容のみをalt属性に埋め込むことから取り組めば問題ありません。 適切な代替テキストが無い場合、「alt=””」のように空欄でも構いませんので必ず設定してください。
設定漏れが無いかどうかチェックするには、<body>内のエラー修正とセマンティックWebでも紹介したAnother HTML-lint gatewayを使用してチェック結果画面上で「ctrl+F」を押し、「alt」で検索すると早いです。

title属性は認識されているのか?

alt属性と近いものとして、title属性があります。(<img>や<a>に設定しておくとマウスを重ねた時にポップアップが出てリンク先を説明してくれる)一見SEO効果がありそうな印象ですが、実際のところ検索エンジンはtitle属性全く認識していません。

キーワードスタッフィング(詰め込み)と判断されないためにも、不要なtitle属性を設定しない方がよいでしょう。(もちろんユーザビリティが高まるのであれば積極的に使用すべきです。)

 
【次のページ】強調タグ:<strong>、<em>の使い方とSEO効果について »
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ