WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Googleマップで集客効果!ローカル検索広告の仕組みや設定方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleマップで集客効果!ローカル検索広告の仕組みや設定方法

今回は、実店舗を運営されている方には大きな集客効果が見込める「ローカル検索広告」について詳しくご紹介します。

ローカル検索を行うユーザーは、店舗付近もしくは店舗検索をしているので、来店見込みユーザーと考えられます。ローカル検索広告で自店舗を表示させると、多くの来店効果を見込むことができます。

ここでは、ローカル検索広告の考え方や具体的に取り組むべきことについて順を追って解説します。ローカルビジネスを営んでいる方は、必須の集客施策です。ぜひ取り組んでみましょう。

ローカル検索広告とは

まず、「ローカル検索広告とは何なのか」という基礎知識について解説します。ローカル検索広告とは、「ローカル検索」の場所に表示される広告のことです。

そもそも「ローカル検索」とは

ローカル検索というのは、ユーザーが「場所」に関連した検索を行ったときに、その検索内容に応じた場所情報を表示される仕組みのことを指します。
例えば、「美容院」と調べたときに、東京と北海道では表示される検索結果が変わります。検索を行ったユーザーの位置情報を取り入れ、現在地に近いサービスを優先的に表示させるアルゴリズムになっているためです。

また、これらの検索結果はGoogleマップと関連して表示されます。場所に関連した検索が行われたら、ファーストビューにはローカル検索結果が表示され、Webサイトなど、一般的な検索情報はその下に表示されます。
ローカルビジネスについて検索したユーザーは、上部に表示されたビジネス情報を優先的に目にし、予約や詳細表示などのアクションを行う可能性が高くなります。

例えば、「居酒屋 新宿」で検索してみます。

居酒屋、新宿で検索した画面

Webサイトの情報よりも上に地図が表示され、お店の情報が一覧表示されます。これがローカル検索です。

※もし、「居酒屋」だけで検索した場合は、ユーザーの現在位置情報を元に検索結果が変わります。

ローカルビジネスにおいては、この検索結果上位に表示されるかどうかで集客を大きく左右します。そのためSEO対策のことを「ローカルSEO」や「MEO対策」などと呼びます。ローカル検索で上位表示するためには、Googleマイビジネスに登録した上で情報を充実させ、口コミやアクセスを集める必要があります。

※MEO対策について、詳しくは以下の記事をご覧ください

MEO対策とは?Googleマップの上位表示で集客を増加させるポイント

ローカル検索広告の表示例

ローカル検索で既に自店舗が表示されていれば、広告しなくてもよいと感じるかもしれませんが、競合店舗がひしめく中で上位表示させることは簡単ではありません。それでもローカル検索をしているユーザーに自<店舗をアピールしたい時に活用したいのが「ローカル検索広告」です。

ローカルビジネスがローカル検索に広告を出稿する設定をすると、ローカル検索上で以下のように表示されます。

マッサージ東京で検索した画面

ユーザーがGoogleでローカルビジネスについて検索し、「もっと見る」をクリックした際に表示される一覧の上部に表示されます。Googleマップからビジネスについての検索を行ったときにも、同様に情報を表示させることができます。

ローカル検索広告のメリット

ローカル検索広告の最大の特徴は、実店舗への来店や予約、問合せを増やせる点です。ローカルビジネスに興味がある(来訪先を探している)ユーザーにダイレクトに情報を提示することができるので、アクションに繋がりやすいのです。

ローカル検索広告のメリットを細かく見ていきましょう。

来店者数の増加

ローカル検索で分かりやすい場所に表示されると、例えば「飲食店」や「マッサージ」などのローカルビジネスを調べているユーザーに自店舗を認知してもらうことができます。検索結果上では店名やマップ上の場所、口コミなどが表示されます。

ユーザーの求めるエリアとサービス内容が合致すれば、地図情報を見て直接来店してもらえる可能性があります。来店するかどうかわからない人に向けてアピールするプッシュタイプの広告(バナー広告やダイレクトメール等)と比べ、その地域でのビジネス利用を検討している人に自然な形で情報を提供できるので、その後の行動に繋がりやすいです。

特に、「急いで向かう必要がある」ユーザーにとっては、Googleマップ上にビジネス情報が表示されるローカル検索の利便性は非常に高いと予想されます。

問い合わせ数の増加

ローカル検索では、電話番号やWebサイトの情報も表示されます。検索結果を見てそのまま来店するだけではなく、「予約してみる」「問い合わせてみる」という行動に繋がりやすい情報形式になっています。

問い合わせ数が増えれば、その後の売上が上がることも期待できます。

詳細情報の提供

ローカルビジネスのジャンルに応じて、さまざまな詳細情報を提供できます。

例えば、飲食店であれば直接予約サイトや注文フォームへリンクできる他、営業時間、イートイン、テイクアウト、宅配の有無が一覧でわかります。

ウメ子の家(新宿東口店)の地図画面

さらに、その飲食店について詳しく知りたいユーザーには、写真やメニューなどの詳細情報を掲載することができます。

商品写真とメニュー

ローカル検索広告を表示するのには広告費がかかりますが、ローカル検索に表示されるための詳細情報入力は無料でできるので、まずはこの情報を充実させるところから始めてもいいでしょう。

ローカル検索結果に表示する方法

ローカル検索結果に表示するためには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。「まだ登録していない」という方は、まずここから始めましょう。

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスは、Googleのアカウントを使ってビジネス情報を登録できるサービスです。ここに登録することで、ローカル検索結果やGoogleマップ上にお店の情報を掲載することができます。お店に行きたいと思っているユーザーに住所や電話番号の情報を提示できるので、必ず登録しておきたいサービスです。利用は無料なので、使わないと損です。

Googleアカウントにログインした情報で、以下のサイトにアクセスすると、利用を開始できます。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスのトップページ画面

「開始」すると、ビジネスを登録するためのフローが開始されるので、表示される画面の指示に従ってビジネス名や住所、ビジネスカテゴリ、Webサイト等の情報を入力してください。

ビジネス登録のフロー画面

これでGoogleのサービス上にお店の情報が表示される準備ができました。上位表示のために、後述する内容に従ってさらに情報を充実させましょう。

ビジネスのオーナー確認をする

GoogleマップやGoogle検索などのサービスにお店情報を表示させるには、Googleマイビジネスへの登録に加えて「オーナー確認(オーナー登録)」が必要です。

Googleマップ上でビジネス名を入力し、登録したものを選択します。すると、「ビジネスオーナーですか?というテキストが表示されるので、そこをクリックします。「管理を開始」という画面に切り替わるので、ガイドに従って手続きを進めてください。

ビジネス登録後の画面

通常は、登録している住所に2週間程度ではがきが届き、そこに記載された確認コードをマイビジネス上で入力することでオーナー確認が完了します。

ローカル検索広告を設定するには

ローカル検索結果に上位表示させるためのポイントをご紹介しましたが、始めたばかりの場合や競合が多い場合、まだ口コミが少ない場合などは、なかなか自然に検索順位を上げることが難しいです。

しかし、直接の集客につながる露出場所なので、広告を使って上位に表示させることには大きな意味があります。ローカル検索結果への広告は、Google広告アカウントから簡単に設定できるので、以下の手順で必要に応じて利用を検討しましょう。

Google広告アカウントの設定をする

お持ちでない場合は、まずGoogle広告アカウントを作成してください。

そして、「広告表示オプション」の中の「住所表示オプション」を選択にし、広告を表示したいGoogleマイビジネスの情報を選択します。

広告配信の設定をする

通常のリスティング広告のように、広告を表示したいキーワードを選択します。例えば「新宿 居酒屋」など、実際にお店に訪れるユーザーが検索しそうなワードを狙って登録しましょう。

キーワードや住所の設定が終わったら、広告をオンにして配信設定完了です。

注意してほしいのが、ローカル検索広告だけで広告配信はできないという点です。通常のリスティング広告(検索結果に表示されるテキスト広告)と一緒に配信される仕組みなので、未設定の場合、広告テキストも登録しましょう。

広告料金は?

ローカル検索広告は、通常のリスティングと同じくクリック課金です。該当の箇所がクリックされて、ユーザーのアクションにつながった場合に費用が発生します。

例えば、「場所の詳細を取得」「ルート検索」「電話を発信」「Webサイトをクリック」などに対して1クリックごとに費用がかかります。

広告の表示順は各キーワードの入札価格で決まり、ジャンルや地域によって価格が異なります。月や週、日毎に上限予算を設定できるので、広告予算に応じて適切に設定していれば、広告費用の使いすぎも防げます。

ローカル検索結果の順位の仕組み

広告を出さなくても、ローカル検索結果で上位に表示されるのが理想的ですよね。
ここからは、どうやったらローカル検索結果で上位表示されるのか解説します。

※以下の情報は、Googleマイビジネスの公式ヘルプを参考に執筆しています。

上位表示される要素

ローカル検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムは、「関連性」「距離」「知名度」といった要素を組み合わせて動きます。単に知名度(大手の有名なサービス)が重視されて上位表示されるわけでも、現在地の距離順に表示されるわけでもなく、複数の要素が関係して決められます。

「関連性」とは、ユーザーが検索したキーワードとビジネス情報が合致する度合いのことです。ビジネス情報を詳しく掲載することで、合致する確率を高めることができます。

「距離」はお店所在地と検索キーワードに指定された地名との距離です。もし地名が入力されていない場合、現在地情報に基づいて計算されます。

「知名度」はお店が知られている度合いのことです。大手のお店や、口コミが豊富なお店などは知名度が高いと認識されます。

上位表示のためにできる施策

検索結果表示の仕組みを理解した上で、上位表示させるための施策について見てみましょう。下記の対応は無料でできるので、ローカルビジネスを経営されている方はすべて実施することをおすすめします。

データ入力を充実させる

検索語句との関連性が高いものほど、上位に表示されるアルゴリズムです。つまり、ビジネス情報が充実しているほど、多様な検索フレーズと合致する可能性が高くなります。登録できるすべての情報をGoogleマイビジネスの管理画面から追加しましょう。

ビジネスの内容、所在地、営業時間、住所などは最低でももれなく入力してください。営業時間については、祝祭日やイベント時の特別営業時間など細かく入力することができるので、ユーザーが安心してお店を選べるように正確に入力してください。

口コミの管理

ユーザーがGoogleビジネスの情報に口コミを行うと、その数と評価に基づいて順位が上がります。来店してくれたユーザーにはGoogle上での口コミをお願いしてみるのも良いかもしれません。クリックすると口コミが書き込めるリンクも準備されているので、活用しましょう。

また、投稿された口コミには管理画面から返信ができます。ユーザーとつながりを持つことで、ユーザーの意見を尊重していることもアピールできます。好意的でない口コミが書き込まれた場合でも、誠意ある対応をすることでユーザーの好感度を高めることができるかもしれません。

写真の追加

ビジネス情報には、写真を登録することができます。たくさんの写真やロゴ情報を追加すると、検索結果上で目立つのでユーザーにクリックして貰える確率が高まるほか、ユーザーがお店を選ぶときの決め手につながります。店舗、商品、メニューなどの写真を登録して、内容を充実させましょう。

WebサイトのSEO対策

また、ビジネス情報と紐付いたWebサイトの検索順位(一般的なウェブ検索結果における検索順位)も考慮されます。WebサイトのSEO対策に力を入れることも、ローカル検索結果の上位表示に影響します。

おわりに

ローカルビジネスを経営しているのなら、集客方法の一つとしてGoogleのローカル検索は上手に活用したい施策です。マイビジネスへの登録と情報の更新は無料でできるため、まだ取り入れていない場合は今すぐに導入を始めることをおすすめします。
必要に応じてローカル検索広告も活用しながら、効率的に集客を行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
   

お役立ち資料ダウンロード

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.