WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

Googleオプティマイズとは?サイト最適化のためのテスト方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleオプティマイズとは?サイト最適化のためのテスト実施方法

今回は、無料でWebサイトのテストが実施できる「Googleオプティマイズ」について解説します。Googleオプティマイズを使うと無料でA/Bテストの実施ができるようになり、効率的なWebサイト改善に役立ちます。

Webサイトのコンバージョンを高めたい方、検索広告などの運用型広告の効果を高めたい方にはオススメのツールです。ぜひ参考にして使ってみてください。

Googleオプティマイズとは?

Googleオプティマイズとは、Googleが提供しているWebサイトできるテストツールです。テスト用のタグを埋め込むことで、簡単にA/Bテストやリダイレクトテスト、多変量テストができます。異なるデザインのどちらが優れているかをテスト結果で決定することができるので、根拠ある意思決定をするのに役立ちます。

テストを実施するデザイン次第ですが、「ビジュアルエディタ」という編集機能があるので、HTMLなどの詳しい知識がない方でも、手軽にテストを実施できるのが特徴です。

Googleのマーケティングプラットフォームの記述を引用すると、

「モバイルサイトのユーザー エクスペリエンスを継続的に改善できています。 テストを 1 回実施しただけで、1 か月の売り上げ目標の 2 倍を達成できました。」

という成果も報告されています。

引用元:ウェブサイト、A/B テスト、パーソナライズのソリューション – Google オプティマイズより

Googleオプティマイズで実施できる3つのテストについては、後述します。

ちなみに、オプティマイズを使って複数パターンのテストをしていたとしても、検索結果には影響がないのでご安心ください。アクセス後に表示されるページがユーザーによって変わるだけなので、SEO上は変化がありません。オリジナルのページの評価だけが反映されます。広告スコアも同様です。

無料版と有料版の違い

Googleオプティマイズには無料版と有料版があります。有料版の「オプティマイズ360」は、無料版よりも実施できるテストの数などが拡張されている企業向けのバージョンです(利用には、認定パートナーへの申し込みが必要)。

できるテストの内容やターゲット設定には大きな違いはありませんが、オプティマイズ360を利用すると次のように制限が解除されます。

  • Googleアナリティクスオーディエンスターゲティングが利用可能
  • 多変量テストの組み合わせが最大36に(無料版は最大16)
  • テスト目標が最大10個に(無料版は規定の目標3つまで)
  • 同時テスト101以上可能に(無料版は最大5個)

機能が追加さ以上に、1度にできるテストパターンが沢山出来るというイメージです。大規模なサイトを運営している場合は、有料版を利用するメリットが大きくなります。ただ、初めてGoogleオプティマイズを使う場合や、テストパターンを同時に沢山やらないWebサイトの場合は、無料版でも十分に機能を活用できます。

Googleオプティマイズ4つのメリット

Googleオプティマイズを使うことで、次のメリットがあります。

ユーザーの評価がデータで分かる

Webサイトを作る側の目線とユーザー側の目線はどうしても違います。そして、コンバージョンを考える上で重要なのが「ユーザー目線でのWebサイトの使いやすさ」です。オプティマイズを使うと、実際にユーザーに使ってもらうことで、反応の良し悪しがデータで分かります。直感でサイト改善を進めるのではなく、ユーザーの反応を見ながら変更点を取り入れられるので、効率的な作業につながります。

細かいデザインやレイアウトを変更の影響が比較できる

どのパターンが一番良いかわからない場合などに、より効果の高い方を選べます。画像の配置箇所やボタン周りの文言だけでもユーザーの反応がわかるので、オプティマイズを使って比較することで、より有効性のある選択ができます。

費用・工数削減ができる など

通常WebページのA/Bテストなどをしようと思うと、複数パターンのWebサイトをコーディングし、専用ツールに入稿する手間があります(ツールも月額数万~数十万の利用料が発生します)。しかし、オプティマイズは、オリジナルのHTMLやCSSを操作しなくても、Googleオプティマイズの管理画面上でテストパターンが作成できるので、必ずしもエンジニアを必要とする訳ではありません。
運用方法によっては、テストにかかる費用や工数が削減できるので、PDCAサイクルもスピード感を持って回すことができます。

テスト結果はGoogleオプティマイズのレポート機能を活用できる

Googleオプティマイズは、管理画面からABテストのレポートを見ることができます。テストパターンのセッション、コンバージョン数、コンバージョン率やテストパターンの最適化確率を数値化してくれます。どちらのテストパターンが良いかの結果を見た上で、次の行動に進むことができます。

Googleオプティマイズの管理画面の画像

Googleオプティマイズでできるテストの種類

Googleオプティマイズでは、以下3つのテストを実施できます。

A/Bテスト

一部の要素を変えた複数パターンのWebサイトを作成し、どちらのパターンをユーザーに見せる方がコンバージョンにつながるかを比較する手法です。ボタンの色や配置場所、行動を促すフレーズの違いなどを比較できます。

リダイレクトテスト

異なるURLを用意し、リンク先をテストします。デザインが違うランディングページ(LP)の比較などに使えます。

多変量テスト(MVT)

ページ内の画像や見出しの組み合わせを複数用意し、どの組み合わせが一番効果的かを判断するテストです。ページデザインやコンテンツの組み合わせに迷っている場合の検証に有効です。

Googleオプティマイズのツール構成要素

ここからは、Googleオプティマイズについて具体的・実践的な内容を解説していきます。まず、利用にあたって理解しておきたい「構成要素」についてのお話です。Googleオプティマイズは、アカウント・コンテナ・テストという3つの要素で成り立っています。

簡単に言うと、一番上位にアカウントがあって、そのしたにコンテナがあり、そのしたにエクスペリエンスがあるという構成です。Googleアナリティクスでいうところの、アカウント-プロパティ--ビューという関係に似ています。

アカウント

このアカウント内で、ウェブサイトのテストを行います。1つのアカウント内に複数のオプティマイズのアカウントを作成できます。が、運用上は1つの商材につき1つのアカウントにすると管理が容易です。

コンテナ

Googleオプティマイズのプロパティ単位で連携を行うのがコンテナという単位です。基本的には、1サイト(1ドメイン)ごとに1つのコンテナを用意します。コンテナ単位で権限の付与管理ができますので、権限付与してGoogleオプティマイズを見て頂くことが可能です。

テスト

各コンテナの中に1つ1つのテストが存在します。これを「エクスペリエンス」と呼びます。無料版で同時にできるテストの上限は、昔は3つまででしたが今は5つまでです。

Googleオプティマイズの実施方法

ここからはGoogleオプティマイズの具体的な実施方法を簡単に解説します。

基本設定

Googleアナリティクスの登録

Googleオプティマイズの利用には、Googleアナリティクスの登録が必要です。まだ設定していない方は、まずそちらの設定を終えてください。

アカウントとコンテナの作成

最初に、Googleオプティマイズのページにアクセスして初期設定を行います。お使いのGoogleアカウントで、簡単にスタートできます。

GoogleオプティマイズTOPページ画像

参照元:GoogleオプティマイズTOPページ

利用を開始すると、「コンテナ」が作成画面に移ります。名称を決める必要がありますが、1コンテナ=1サイトの原則なので、サイト名・サイトURLに設定しておくとわかりやすいです。

Googleオプティマイズ「コンテナ」が作成画面の画像

アカウントに紐づいてコンテナを管理・作成することができます。コンテナIDの横をクリックすると、「ユーザー管理」や「コンテナを削除」することが可能です。

Googleアナリティクスへのリンクと目標設定

Googleアナリティクスへのリンクと目標設定画面

「Googleアナリティクスへのリンク」から「プロパティにリンク」をクリックし、連携させたいGoogleアナリティクスのプロパティを選択し、ビューにチェックを入れ(複数選択可)、連携を完了させます。ビューを選択する必要があるのは、テストの効果測定の指標にビュー単位の目標を使うためです。
アナリティクスとリンクができたら、アナリティクスに登録された目標もしくは目標をカスタマイズ設定します。ここで設定した目標に対して検証結果をレポートすることができます。

タグの設定(Googleオプティマイズのインストール)

タグの設定(Googleオプティマイズのインストール)画面の画像

アナリティクスとの連携ができると、「オプティマイズのインストール」の項目が表示されます。手順に従ってインストールを行う必要があります。
手順が分からない場合は、上記画像の右側にある「手順を表示」をクリックして手順を把握しましょう。インストールの準備ができたら「インストールを確認」クリックして、正しく準備ができているかを確認します。

オプティマイズのインストール方法は以下2つの中から選択して準備します。

  • グローバルサイトタグ(gtag.js)を使用してGoogleアナリティクスを導入している場合
  • Googleタグマネージャーを使用している場合

それぞれの方法を解説します。

【1】グローバルサイトタグを使っている場合

この方法はサイトに設置されたGoogleアナリティクスの計測タグに記述を加えます。
GoogleアナリティクスのグローバルサイトタグにトラッキングIDとオプティマイズのコンテナIDを書き換えます。
挿入箇所は<head>タグの直後。gtagに関する部分を以下に書き換えましょう。

gtag(‘config’, ‘アナリティクストラッキングID’, { ‘optimize_id’: ‘オプティマイズのコンテナID’});

【2】Googleタグマネージャーを使用している場合

Googleタグマネージャーを既にサイトに設置している場合、Googleタグマネジャーの管理画面上から設定できる点で簡単です。

Googleタグマネージャーにログインして、Googleオプティマイズのタグを設定します。設定自体は簡単なのですが、タグの設定フィールドがGoogleオプティマイズとGoogleアナリティクスで違うと正しくインストールが出来ないなどが起きるので注意が必要です。

詳しくは、公式ヘルプを参考に作業してください。

参考元:Google公式ヘルプ-Google タグ マネージャーを使ってオプティマイズ タグを配信する

オプティマイズのインストール確認

設定したら、インストール状況を確認しましょう。テスト(エクスペリエンス)を開き、情報パネルから「オプティマイズのインストール>診断を実行」を選択します。

問題があれば表示されるので、診断がOK担ったことを確認してテストの設定を行いましょう。

テストの作成

オプティマイズの準備ができたら、テストの作成を行います。ここではA/Bテストの設定を想定して解説します。

エクスペリエンスの作成

テスト内容を構成するものを「エクスペリエンス」と呼びます。まずはエクスペリエンスを作成しましょう。

「開始」ボタンをクリックし、エクスペリエンス名、テストするページのURL、実行するテストのタイプを入力して次にすすみます。

パターン作成

パターンとは、オリジナル版と比較したいテスト版(カスタマイズ版)のこと。パターンを作成し、パターン名を決めましょう。例えば、「CTA文言変更」など具体的な名称にするとわかりやすいです。

デフォルトでは、オリジナル版とテストパターンを均等に表示する設定になっています。ここは特に変える必要はありません。

ビジュアルエディタ

パターンの「編集」を押すと、カスタマイズを行えます。ビジュアルエディタが開き、テキストや画像を自由に変えられます。要素を削除したり、HTMLを挿入したりすることも可能です。表示されているWebサイトを見たまま編集するだけで良いので、誰でもテスト版を作成できます。

ターゲティングの設定

テストを対象にするユーザーを絞り込む「ターゲティング」の設定を行います。絞り込みなしでもテストできますが、細かく反応を比較したい場合はターゲティングを使いましょう。

具体的には、次のようなターゲティングが可能です。

  • ページターゲティング:URLに条件を指定し、テストページを絞り込む
  • オーディエンスターゲティング:特定地域のユーザーや、特定の広告経由の流入ユーザー、新規ユーザーなど、ユーザーの属性や行動によるターゲティングで絞り込む

目標設定

テストするためには、どちらが良いか評価するための目標設定が必須です。目標には大きく3種類があるので、状況に応じて選択しましょう。

アナリティクスの目標 関連付けたアナリティクスで設定した目標を使う
システムの目標 オプティマイズで準備されている目標を使う。セッション時間、ページビュー、収益、直帰数、トランザクション数。
カスタム 直接作成可能な目標を使う

テスト実施

設定が完了したら、開始ボタンを押してテストを実施します。

レポートで結果集計・比較

実施したテストの結果は、オプティマイズの「レポート」タブからチェックすることができます。テストのステータス(分析結果)が表示されます。オリジナルを上回るパターンが存在すれば、Webサイトの本番環境に反映させましょう。

Googleオプティマイズを行う際の注意点

オプティマイズは手軽にWebサイトのテストができるツールですが、ユーザビリティの観点からデメリットが有ることも認識しておきましょう。

テストを実施している間、読み込みに時間がかかるなど、使いにくい状況になる可能性があります。テスト側としては必要な状況ですが、ユーザーが「使いにくい」「不便」という印象を持つと離脱につながり、結果としてコンバージョンが低下します。

必要な部分だけをテストするなど、影響を最小限にするよう心がけて活用しましょう。

Google オプティマイズに関するよくある質問

Googleオプティマイズの利用について、よくある質問をご紹介します。

Google オプティマイズを使うことで得られるメリットは?

Google オプティマイズを有効活用すれば、無料でサイトの最適化ができます。実際のユーザーの反応によって最適な変更点が見えるため、この結果に従ってWebサイトを鳥影していけばコンバージョン増加につながります。実施しようと思ってから結果測定までの期間も短いので、スピーディに改善を進められます。

通常のA/Bテストよりメリットはあるの?

何より、無料ですぐに使えるという点が最大のメリットです。ビジュアルエディタを使うことで、HTMLの知識のない人でもすぐにテスト版を作成できます。価格面・スピード感・使いやすさなど総合的な観点で、利便性の高いツールです。

Google オプティマイズは検索順位に影響する?

SEO評価されるのはオリジナル版だけなので、検索順位には直接の影響はありません。ただ、テスト実施中は表示速度が遅くなる可能性があり、ユーザビリティの低下から離脱率が高くなったり、セッション数が減ったりする懸念はあります。

Google オプティマイズには、専門知識が必要?

「誰でも簡単にテストができる」のがGoogleオプティマイズの魅力です。Googleアカウントがあれば、すぐに導入できます。

Google オプティマイズを実施したものの、結果をどう活用すればいいかわからない

Googleオプティマイズでは、実際のレポート結果に応じてステータスを表示してくれます。オリジナル版より優れているテスト版があれば、そのテスト版のエッセンスを取り入れるようにWebサイトを調整しましょう。もし、レポートの見方やその後の活用方法がわからない場合は、専門家に相談しましょう。

まとめ

Googleオプティマイズは、誰でも簡単にWebサイトのテストができる画期的なツールです。Webサイトのコンバージョン率を高めるためにも、ユーザーの生の声が反映されるテストツールを使って、効果的に改善点を見つけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
digital-marketing

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2021 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.