WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

あらゆるページが着地ページ(ランディングページ)になる事を意識したWEBデザイン

2022.08.01 2011.07.04 Web制作
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

Googleが重要視している考え方のひとつに、ユーザーが求めている情報に最も近いページに検索結果画面からダイレクトに着地させるというものがあります。パンくずリストやサイト内リンクを表示させてスニペット部分を充実させているのもその一環だと思われます。

今日の記事ではそんなGoogleの特徴とWEBデザインの関係についてお話しします。

下層ページが上位表示する

日々検索結果を見ているとGoogleは検索クエリにマッチした下層ページを積極的に上位表示させようとしている、と感じます。

一昔前は外部リンクが集まり安いTOPページがSEOに有利と言われていました。
しかし先に申し上げたGoogleの哲学に基づいて、今は外部リンクがほとんど付いていない下層ページがビッグキーワードで上位表示する例も珍しくありません。
(ただしそういったサイトをドメイン全体で見ると良質なリンクを得ている場合がほとんどです)

TOPページを最初に見てもらえるわけではない、それを前提にしたデザインを

一方で「なぜ下層ページが上がるのか。TOPページを上位表示したい」とお考えのサイトオーナーも少なくありません。デザインの段階でTOPページを最初に見せることが前提になっているから、というのが大きな理由です。

しかし前述の通り下層ページが上位表示する現象はGoogleのアルゴリズムである以上基本的には抗うことはできません。

いつ、どのページがランディングページになっても良いように、各ページをデザインすべきでしょう。

ファーストビューに気を配る

私はクリエイターではありませんが、このサイトをデザインする際には上記の観点から、とにかくファーストビューで見出しを大きく見せることに心を配りました。せっかく目的とする情報にたどり着いたユーザーが記事を読まずに直帰する確立を少しでも下げるためです。

こうして考えますと、ユーザーがそのページにどんなキーワードで流入するのかを想像(設定)することはデザイン上も非常に重要だと言うことが分かります。
私がSEOはサイト制作の段階から始まっていると主張するのにはこうした背景もあります。

上位表示されるURLがブレる現象について

話は本題から少しそれますが、Googleが上位表示させるページをコロコロ変えるケースがあります。

分かりやすくするためにちょっと極端な例をあげると、「FX」というキーワードでページAを上位表示させたいのに、「FXとは」というページBが存在し日毎に入れ替わって上位表示してしまうようなケースです。

こういった現象はサイト内リンクの調整キーワードチューニングである程度回避可能ではあります。

例えば前述の例では以下のような施策が考えられます。

しかしページ構成によっては上記のような施策を実施できないこともあり、そういった場合はかなり難儀します。

先日@imadokiseoさんも以下のようなツイートをしていらっしゃいました。

imadokiseo-tweet

 
テーマがはっきりしてりゃいいけど」というのがポイントで、サイト制作時にこの点が意識されていないケースがいかに多いかを物語っているように感じられます。

あまりにTOPページを見せたいという方が多いので、上位表示している下層ページからTOPページに対して<link rel=”canonical”>を指定する実験を行ったこともありますが、Googleにはそれすらも無視されてしまいました

サイト設計段階で各ページの目標キーワードとテーマを設定し、それに即したデザインをクリエイターの方にお願いすることが、コンバージョン獲得への近道となるでしょう。
 

成果の最大化を目指すWebサイト制作

Webサイト制作

Webサイト制作に関して以下のお悩みを持ったことはありませんか?

「Webサイト経由のお問い合わせ数を増やしたい・・・」

「SEOに強いWebサイト制作会社を探してる・・・」

以前、私がWebサイト制作を外注する時に「成果を最大化するアドバイスがもらえるのか」「SEO要件を満たした会社なのか」こうした会社を見つけることが出来ませんでした。

当社はWebサイト制作はもちろんのこと、「Webマーケティングによる収益の最大化」を目指す会社です。なぜなら、SEOに強くCV数を最大化を図るWebサイト制作を相談することができるからです。また、経験豊富な専任コンサルタントが社内のSEOコンサルタント制作チームと連携してWebマーケティングの収益最大化を目指すことができます。

当社の強みは以下にあります。

  • SEOを踏まえたサイト制作設計
  • 豊富なWordPress制作実績のほかオリジナルCMSの構築も得意
  • テスト検証に基づくユーザー目線のデザイン設計

当社にWebサイト制作をお任せ頂いたお客様で様々な成果事例が報告されています。

当社は「SEO×クリエイティブ」のちからで課題を解決できるWebサイト制作の代行会社です。当社の「Webサイト制作サービス」をご確認ください。

Webサイト制作の外注サービスを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ
お役立ち資料ダウンロード
SNSでフォロー

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SEO×デザインでどの時代でも集客に強いサイトを制作します

あなたのサイトは、集客できていますか?各々の課題に沿ったSEOとユーザーに響くデザインを両立したサイト制作で、意識の高いターゲットをフロントへ呼び込みます。


Contactお問い合わせ

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップで
ご提供します。
お気軽にご相談ください。

関連資料ダウンロードはこちら
サービスのお問い合わせはこちら

Webマーケティング最新ニュースのレポートや無料セミナーの先行案内が届く、お得なメルマガ配信中!

Webマーケティング最新情報をお届けするDMSメールマガジン
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.