2011.07.04Web制作

あらゆるページが着地ページ(ランディングページ)になる事を意識したWEBデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

Googleが重要視している考え方のひとつに、ユーザーが求めている情報に最も近いページに検索結果画面からダイレクトに着地させるというものがあります。パンくずリストやサイト内リンクを表示させてスニペット部分を充実させているのもその一環だと思われます。

今日の記事ではそんなGoogleの特徴とWEBデザインの関係についてお話しします。

下層ページが上位表示する

日々検索結果を見ているとGoogleは検索クエリにマッチした下層ページを積極的に上位表示させようとしている、と感じます。

一昔前は外部リンクが集まり安いTOPページがSEOに有利と言われていました。
しかし先に申し上げたGoogleの哲学に基づいて、今は外部リンクがほとんど付いていない下層ページがビッグキーワードで上位表示する例も珍しくありません。
(ただしそういったサイトをドメイン全体で見ると良質なリンクを得ている場合がほとんどです)

TOPページを最初に見てもらえるわけではない、それを前提にしたデザインを

一方で「なぜ下層ページが上がるのか。TOPページを上位表示したい」とお考えのサイトオーナーも少なくありません。デザインの段階でTOPページを最初に見せることが前提になっているから、というのが大きな理由です。

しかし前述の通り下層ページが上位表示する現象はGoogleのアルゴリズムである以上基本的には抗うことはできません。

いつ、どのページがランディングページになっても良いように、各ページをデザインすべきでしょう。

ファーストビューに気を配る

私はクリエイターではありませんが、このサイトをデザインする際には上記の観点から、とにかくファーストビューで見出しを大きく見せることに心を配りました。せっかく目的とする情報にたどり着いたユーザーが記事を読まずに直帰する確立を少しでも下げるためです。

こうして考えますと、ユーザーがそのページにどんなキーワードで流入するのかを想像(設定)することはデザイン上も非常に重要だと言うことが分かります。
私がSEOはサイト制作の段階から始まっていると主張するのにはこうした背景もあります。

上位表示されるURLがブレる現象について

話は本題から少しそれますが、Googleが上位表示させるページをコロコロ変えるケースがあります。

分かりやすくするためにちょっと極端な例をあげると、「FX」というキーワードでページAを上位表示させたいのに、「FXとは」というページBが存在し日毎に入れ替わって上位表示してしまうようなケースです。

こういった現象はサイト内リンクの調整キーワードチューニングである程度回避可能ではあります。

例えば前述の例では以下のような施策が考えられます。

しかしページ構成によっては上記のような施策を実施できないこともあり、そういった場合はかなり難儀します。

先日@imadokiseoさんも以下のようなツイートをしていらっしゃいました。

imadokiseo-tweet

 
テーマがはっきりしてりゃいいけど」というのがポイントで、サイト制作時にこの点が意識されていないケースがいかに多いかを物語っているように感じられます。

あまりにTOPページを見せたいという方が多いので、上位表示している下層ページからTOPページに対して<link rel=”canonical”>を指定する実験を行ったこともありますが、Googleにはそれすらも無視されてしまいました

サイト設計段階で各ページの目標キーワードとテーマを設定し、それに即したデザインをクリエイターの方にお願いすることが、コンバージョン獲得への近道となるでしょう。
 

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」としてブログやtwitterを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ