WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

良質なコンテンツの作り方!ユーザーニーズを満たすコンテンツとは?

良質なコンテンツの作り方!ユーザーニーズを満たすコンテンツとは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

「SEO対策を行うにあたっては良質なコンテンツを作らなければならないと耳にするけれど、実際どのようにして作れば良いの…?」とお困りになられている方も多いでしょう。
本記事ではユーザーニーズを満たすコンテンツとはどのようなものか、良質なコンテンツの作り方とあわせてご紹介していきます。

「良質なコンテンツ」とはどのようなものか 

良質なコンテンツとは「ユーザーの悩み・願望を解決することができる、有益な情報を入手できるオリジナル性の高い魅力的なコンテンツ」を指しています。
この定義を分割すると、良質なコンテンツを作るには3つの条件が必要であることが分かります。

  1. ユーザーの悩み・願望を解決できる情報が書かれている
  2. 潜在的な悩み・願望を解決するための有益な情報も書かれている
  3. オリジナル性が高いうえ、読みやすく分かりやすいコンテンツである

ユーザーの悩みや疑問、問題に対する「答え」を提供するということは、良質なコンテンツを作るうえで絶対的な条件となりますが、この答えだけでは十分なコンテンツとは言えないのです。
ユーザーが自身で検索エンジンに入力するキーワードは「知りたいこと・解決したいこと」の一部分にすぎず表面的だと言えます。
ただその裏側には、ユーザーの本来持っている悩み・願望などといった潜在的なものが潜んでいます。
良質なコンテンツには、こういった潜在的なニーズをも満たしてくれるような有益情報が盛り込まれていると考えられます。
さらにこれらの要素に加えて、ユーザーが「読んでみたい・見てみたい」と思うような品質の高さとコンテンツのオリジナル性も求められるのです。
上記3つの要素を組み合わせて制作することで、ユーザーにコンテンツ自体はもちろん、コンテンツの発信元を覚えてもらうようにし、サービス成約・購入という流れにつなげられるようにしましょう。

作成手順1.コンテンツ制作の目的を明確にする

良質なコンテンツを作るためには、まず「コンテンツを作る目的」を明確にしなければなりません。
目的ごとに制作すべきコンテンツのジャンルや内容、キーワードなどが異なるためです。

集客増加

集客を目的としている場合は「見込み客」となりそうな潜在顧客の層を獲得するために、サイトの訪問者である「ユーザー増加」を狙いながらコンテンツを制作していきます。
とくに、人の関心をひくことができるハウツー系のコンテンツや動画コンテンツといったものがおすすめです。

コンバージョン(CV)増加

コンバージョン(CV)は、サイトを訪問したユーザーに「サービス予約・資料ダウンロード・商品購入」など、具体的なアクションを引き起こしてもらうことを目的としています。
基本的に「BtoC」のコンテンツでは、その場でサービス予約・商品購入などを促進することが多く、「BtoB」のコンテンツでは、企業のサービス概要資料をダウンロード・企業問い合わせといったものがコンバージョン(CV)につながることが多いです。

ブランディング

ブランディングは、サイトの訪問・商品認知だけでなく、「自社ブランドのイメージアピール」「ブランドイメージの定着」を目的として行われます。
ブランディングが成功している会社というのは、会社の名前がその会社の商品と強く結びつけられており、「会社そのものが大きな価値を持っている」状態を指します。

作成手順2.ペルソナを設定する 

ペルソナの設定では、年齢や性別、職業や居住地などの属性に関する情報のほか、家族構成や趣味、価値観や生活スタイルといった特定の人物をイメージすることができるところまで細かく設定していきます。
ペルソナを設定するには、マーケティングの基本である「3C分析(Customer【顧客】、Competitor【競合】、Company【自社】」で市場を調査していきます。

「3Cの分析」を行う

Customer【顧客】

コンテンツマーケティングでは「見込み客がどのようなものを求めているのか」を把握することが重要視されています。
そのためには、ターゲットであるユーザーの像を明確化する必要があります。
そこで必要なのが、「ペルソナの設定」です。
ペルソナを設定することによって、見込み客の抱える悩み・願望などの「知りたい情報」を想像しやすくなるのです。
社内全体でイメージする顧客像を共有することができるため、情報発信の際にも認識のズレが起きにくくなるでしょう。

Competitor【競合】

競合企業のビジネス面での調査を行います。
「どういった結果・成果が出ているか」「どういったビジネススタイルを行っているのか」「企業の特徴」「企業の強み・弱み」「自社で活かすことができる点は何か」など、多くの要素をもとに比較検討すれば、競合企業と自社の違いといったものが見えてくるでしょう。

Company【自社】

コンテンツ作成を行う前に、必ず行うべき手順の一つとして挙げられるのが「自社を分析する」ということです。
そのため、今一度自社のコーポレートサイトなどから、自社サービスや自社商品をきちんと確認、把握しておく必要があります。
自社サービス・商品の魅力や強みを明確にすれば、競合との差別化を図ることができるほか、ユーザーが求めているものがどのようなものかが見えてきます。

作成手順3.キーワードを選定する 

ユーザーの検索意図を理解

設定したペルソナを基に、「ユーザーがどういった意図で検索しているのか」を考えていきます。
どういった部分に疑問や関心を持ち、どういった情報を必要としているのか、ユーザーの検索意図を推測できるようになることで、キーワード・テーマも自然と定まってくることでしょう。

キーワード候補の洗い出し

ユーザーニーズがあるだけ、検索キーワードも存在するものです。
数多くのキーワードの中から最適なキーワード候補を選定するために、まずはキーワード候補の洗い出しを行うようにしましょう。
しかしユーザーの検索意図と照らし合わせつつ、自力でキーワードを抽出するということには限界があるため、キーワード選定ツールを活用することをおすすめします。

キーワードの絞り込み

コンテンツ制作の目的とユーザーの検索意図を並行して考えつつ、キーワードに優先順位をつけて絞り込みを行わなければなりません。
上位に表示させるのが難しいとされる「ビッグキーワード」から狙うのではなく、まずは検索ボリューム数が少ないものの、検索意図が明確でSEO成果が出やすいとされる「ロングテールキーワード」の中からキーワードを選定して対策していくのがおすすめです。

競合を調査

メインキーワードで検索をかけた際、上位に表示される競合については必ず調査を行うようにしてください。
検索結果の画面をはじめとして競合サイト・コンテンツ内容、そしてツールを使って競合を調査していくようにします。
徹底して調査・分析し、取り入れられる部分については積極的に取り入れるようにするのが良いでしょう。

テーマの決定

キーワードを選定しつつ、コンテンツのテーマも並行して考えるようにしましょう。
サイトへの流入や集客・コンバージョン(CV)増加・ブランディングなど、コンテンツを制作する目的から逆算して考えて、テーマの決定を行うというのも一つの方法です。

作成手順4.コンテンツのアウトライン(構成)を作成する 

ペルソナ・目的の確認

文章を書く・コンテンツを作るうえで重要なのは、「誰に向けて書くのか」ということです。
一度ペルソナを確認し、ターゲットを明確にするようにしましょう。
また「何のために書くのかという目的」も、あわせて確認しておいてください。
この「対象人物」と「目的」を明確にしておくことで、実際にコンテンツ制作を始める際にもスムーズに取り掛かることができるでしょう。

興味をひくタイトルをつける

ユーザーが興味をひきつけられるような、魅力あるタイトルをつけるように意識しましょう。
タイトルに添ったコンテンツ制作を行い、「読んでみたい」「気になる」と思わせることが大切です。
「自分に関係があること」に焦点を当てて設定すると、ユーザーの目をひくタイトルをつけることができます。
やはり「ペルソナを意識しながら考えること」が効果的だと言えます。

記事内容を短くまとめた導入文を

導入文ではコンテンツの内容を大まかに述べて、先に言いたい内容を伝えておくとスムーズな流れの文章ができます。
初めにどういった内容のコンテンツであるのかをある程度知ってもらうことで、ユーザーはコンテンツ全体の内容も理解しやすくなるのです。
ユーザーが初めにコンテンツ内容に目を通す部分でもあるため、「このまま読み進めて見ようかな」と思ってもらえるような分かりやすい文章で、なるべく短くまとめるようにしましょう。

各項目のキャッチコピーとなる各見出し

見出しを見るだけで、大まかな内容が把握できるような見出しを作成しましょう。
またコンテンツのアウトライン(構成)を作成する際には、各見出しについての要旨も把握しておくことをおすすめします。
実際に執筆し始める時、この要旨があることでライティングスピード向上が期待できるのです。

まとめで結論を

まとめの部分では最後まで読み進めてくれたユーザーに向けて、分かりやすい結論を伝えるようにします。
中には「まとめの部分のみを読む」というユーザーもいるため、コンテンツの全体内容をざっくりとまとめた結論を書くという方法も良いでしょう。
一方、このまとめの部分で新しい情報を提示してまとめる書き方というのもあります。
どちらであっても、タイトル→導入文→見出しの流れから「まとめ」に上手くつなげられるように整合性がある状態に仕上げるのが理想的だと言えます。

作成手順5.本文のライティング 

ユーザーニーズを意識したライティングを!

コンテンツ本文を執筆する前に、最も意識すべきことというのが「ユーザーニーズ」です。
「このコンテンツはユーザーニーズを満たすのか」を常に自問自答して、執筆を進める必要があります。
「ユーザーニーズを満たすコンテンツ」とは、「ユーザーの欲求を満たすコンテンツ」ということでもあります。
この欲求というものは、ユーザーの「~したい」という感情に置き換えることができます。
従って「正しい情報が知りたい」「疑問を解決したい」といった欲求に上手く応えられているコンテンツに対して、ユーザーは高評価を下すということが分かるのです。

実際、Googleも「ユーザーの疑問・問題に向き合ってきちんと回答していること」を良質なコンテンツの条件として加えています。
「内容が薄くない高い専門性・信ぴょう性のある内容・オリジナル性がある・正確に記述されている」などの要素を意識することでユーザーニーズに応えていると認識されるというわけです。
もちろん「情報を多く盛り込めば良い」というわけでもなく、ユーザーの検索クエリに対応した「答え」が分かりやすく書かれていることが何より重要です。

またユーザーは「理解しづらい複雑な文章」も嫌います。
そのため、「ユーザーにとって読みやすい・見やすいコンテンツを作る」ということも大切です。
読み方が複雑な漢字を使用するのも避ける方が良いでしょう。

作成手順6.SEOに基づいた画像選定と記事修正・入稿 

検索エンジンを意識したSEO記事の最終調整を!

キーワードの組み込み

コンテンツのテーマがずれてしまうキーワードは避けるようにしましょう。
さまざまなキーワードをとにかく盛り込もうとするのではなく、テーマを統一するようにしてユーザーの理解を促すことが大切なのです。
このことを踏まえたうえで情報が網羅できる場合には、関連するトピックを少しずつ追加していくというのは良いかもしれません。

タグ

検索結果画面でユーザーが最初に目にするのが「titleタグ」「descriptionタグ」であるため、必ず最適化するようにします。
また見出しタグである「h1~h6」を設置することでコンテンツ内容を見やすくできるうえ、SEOの観点からしても効果が表れやすいため、こちらも忘れず最適化しましょう。

画像(alt属性)

ユーザーの満足度や集客数に良い影響を及ぼすのが「画像(alt属性)」です。
「アイキャッチ効果」などがある画像を組み込むことで、コンテンツ自体の見た目を良くするだけでなく、ユーザーの理解を深めることもできます。
ただ、検索エンジンは画像を認識することができないため、htmlのテキスト情報である「alt属性」を必ず設定するようにしましょう。

おわりに

本記事ではユーザーニーズを満たすコンテンツとはどのようなものか、良質なコンテンツの作り方とあわせてご紹介しました。
ユーザーニーズを満たす良質なコンテンツを作るには、ターゲットとコンテンツ制作の目的を設定したうえで、さまざまな要素を組み込みながら綿密にライティングを行っていく必要があります。
一連の手順を進める間は、常にユーザーの目線に立って考えるようにし、ニーズを満たせるようなコンテンツ制作を心がけていきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.