WEBマーケティングのトータルサポートならディーエムソリューションズ株式会社
0120-934-226受付時間 平日9:00~18:00

【初心者向け】Googleタグマネージャーのアカウント作成6ステップと導入方法

2022.07.05 2022.07.05 アクセス解析
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な計測タグを一元管理したい場合やGoogleアナリティクスの新しいバージョンであるGA4の移行に伴い、Googleタグマネージャーの導入が必要な人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事ではGoogleタグマネージャーのアカウント作成に必要な6ステップと導入方法を解説していきます。

Googleタグマネージャーとは

Googleタグマネージャーは、サイト計測に使用される各ツールをGoogleタグマネージャーの管理画面上で一元管理できるGoogleの無料ツールです。Googleアナリティクスや広告の計測をするためには、各ツールの計測用タグをhtmlソースに設置する必要がありますが、Googleタグマネージャーを導入していれば、管理画面上で設定が完了できます。

 

Googleアナリティクスの新しいバージョンであるGA4の計測のために、Googleタグマネージャーの管理に移行する人も多いかと思います。

 

Googleタグマネージャーのアカウント作成

Googleタグマネージャーは、普段お使いのGoogleアカウントで作成することが可能です。既にGoogleアナリティクスで使用しているGoogleアカウント(メールアドレス)があれば、そのGoogleアカウントでGoogleタグマネージャーのアカウントを作成する方が、Googleアカウントの切り替えが煩わしくないので良いでしょう。

 

Googleタグマネージャーのアカウント作成は、「GoogleタグマネージャーのURL」にアクセスします。

①Googleタグマネージャーのページにアクセス

Googleタグマネージャーのログイン画面
アクセスしたら画面右上の「無料で利用する」をクリックします。ログインしたGoogleアカウントの情報がない場合は、Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

 

②ログインするメールアドレス(Googleアカウント)を入力

以下はメールアドレスの入力画面です。

Googleタグマネージャーのアカウント作成に必要なメールアドレスの入力
Googleアカウント(メールアドレス)を入力したら「次へ」ボタンをクリックします。

③Googleアカウントのパスワードを入力

メールアドレスを入力したらGoogleアカウントに設定されたパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

Googleタグマネージャーのアカウント作成に必要なパスワードの入力

④ログインに成功したら「アカウント作成」を行う

Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログインに成功したら、以下キャプチャのようなGoogleタグマネージャーの管理画面が表示されます。

Googleタグマネージャーの管理画面でアカウント作成をクリックする

Googleタグマネージャーの管理画面が表示されたら、上部キャプチャ右上にある「アカウント作成」をクリックします。ここをクリックすることでGoogleタグマネージャー内のアカウント作成をすることができます。

⑤アカウント作成に必要な計測サイトの情報入力を行う

「アカウント作成」をクリックしたら、計測サイトの情報を入力していきます。

以下の項目を入力しましょう

  • 「アカウント名」を入力
  • 「国」を選択
  • 「Googleや他の人と匿名でデータを共有」
  • 「コンテナ名」にドメインを入力
  • 「ターゲットプラットフォーム」を選択する

以下画像は、当WEBサイトを計測するためのアカウント情報の入力です。

Googleタグマネージャーのアカウント作成に必要な情報を入力

コンテナ名には「https://」を省いたドメイン名を入力してください。上記のアカウント設定例はWEBサイト計測のため、ターゲットプラットフォームには「ウェブ」を選択(チェック)しております。

 

必要な情報を入力したら「作成」ボタンをクリックします。

 

⑥Googleタグマネージャー利用規約に同意する

必要な情報を入力して「作成」ボタンを押した後は、Googleタグマネージャーの利用規約の画面が表示されます。確認したら、利用規約に同意します。

Googleタグマネージャーの利用規約に同意する画面

利用規約に日本語はありませんので、Englishで確認を行います。確認したら上記キャプチャの左下にある「✓」をクリックして、右上の「はい」をクリックします。

 

ここまででアカウント作成は完了となります。次に行うのはGoogleタグマネージャーの導入(計測に必要な設定)のステップとなります。

GoogleタグマネージャーをWebサイトに導入(タグ設置)

Googleタグマネージャー内のアカウントを作成したら、WEBサイトにGoogleタグマネージャーのタグをhtmlに設置します。

先ほどまでのアカウント作成で、利用規約に同意した後は以下の画面が表示されます。

Googleタグマネージャーの導入に必要なコード

実際に発行したGoogleタグマネージャーのアカウントを運用するためには、ここに表示されたコードを(計測したい)全てのページに貼り付ける必要があります。

また上記画像の記載がされている通り、htmlソースの<head>内と<body>直後にそれぞれのコードを設置する必要があります。

実際の作業をエンジニアや制作担当に任せる場合は、この内容をそのまま伝えるとよいでしょう。

まとめ

今回はGoogleタグマネージャーのアカウント作成と導入方法を紹介しました。Googleタグマネージャーの導入にはコードを計測したい全ページに貼り付ける必要がありますので、作業チームと協力して導入しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

digital-marketing

デジタルマーケティング研究所では、デジタルマーケティングの施策・広告・技術を、分析・実装・検証して、WEB担当者・マーケティング担当者の方の役立つ情報を発信していきます。
お役立ち資料ダウンロード

問い合わせCTA

ウルロジ誘導CTA_900

セルマーケ

SNSでフォロー

Contact

Webマーケティングに関わる施策全般をワンストップでご提供します。
お気軽にご相談ください。

Webマーケティング最新情報をお届け
東京営業所
東京都新宿区西新宿1丁目6-1 新宿エルタワー3階
電話番号 03-6374-1393 FAX番号 0422-57-2761
大阪営業所
大阪府大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル10F
電話番号 06-7176-3367 FAX番号 06-7176-3368
Copyright © 2022 DM SOLUTIONS Co.,Ltd. All rights reserved.