2012.01.25SEO記事一覧

ウェブマスターツール(現:Google Search Console)にドアウェイページ(誘導ページ)に関する警告が届いていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。
このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

先日Googleウェブマスター向け公式ブログにて、ドアウェイページ(誘導ページ ・・・ 一部キーワードを書き換えただけのページを量産したり、品質の低いブログなどをたくさん作っていろんなキーワードから本サイトに誘導しようとすること)はガイドライン違反である、という記事が投稿されました。
誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です(Googleウェブマスター向け公式ブログ)

私がお客様のサイトを直しているときも、いかにも後付で作られたと思われるサブディレクトリの中に市町村区の地域名だけを入れ替えた誘導ページが設置されているのを時々みることがあります。提案する側もお客様のために、と考えての施策かもしれませんが、こういった手法を採用してしまわないように気を付けたいものです。

ウェブマスターツールにドアウェイページ(誘導ページ)に関する警告が届く

さて、昨年12月、当社で購入したとある中古ドメインにコンテンツを載せて、ウェブマスターツールに登録したときのことです。
ダッシュボードを確認すると、以下のような警告メッセージが届いていました。

doorway-page-warning

意外とご存じない方も多いのですが、ウェブマスターツールは登録した際に未読のメッセージがあると過去をさかのぼって受信してくれます。このメッセージは昨年8月に送信されたもののようです。前のオーナーは結構ブラックな使い方をしていたみたいですね。
念の為、サイトオーナーとコンテンツが変わっている旨、再審査をリクエストしておきました。

「スパミーなドメインを掴まされてしまったな~」と自分の調査不足を悔やむと同時に、ドアウェイページはスパムとは知らずに設置してしまう方も多そうですので、これは中々良い進化だなとも思いました。ウェブマスターツールがどんどん親切になっていきますね。

【SEOコンサルタント監修】
2017年 最新版 SEOセルフチェックリスト 無料プレゼント!

年間何百ものWebサイトを確認している当社でも、内部施策SEOが完璧にできているというサイトを見たことがありません。
内部施策SEOに漏れがあるということは、自分でできることをやっていないということであり、それだけで機会損失を発生させている可能性があります。

本書では、ご自身でセルフチェックと修正ができるよう、Googleが推奨する内部施策SEOのうち、重要なポイントをかいつまんでご紹介しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ