2012.02.06SEO記事一覧

2012年1月25日、大規模な順位変動。Google検索アルゴリズムの何が変わった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧いただいている皆様へ。

このページは、SEO情報ブログ「ディーエムソリューションズの社員が作った、【SEOまとめ】」にて公開されていた記事であり、2014年12月にデジタルマーケティング研究所へ統合されました。

blog-news

2012年1月25日、Googleの検索アルゴリズムに変動が発生し、全体の順位に明らかな動きがあったとの情報が寄せられています。

再びGoogleに動きあり、アクセス数急増サイトが示す意味とは?(パシのSEOブログ)

海外では一週間前にパンダアップデートの更新があった

さらに時期を同じくしてパンダアップデート(コンテンツの評価基準を見直す大規模なアルゴリズム変更、公式には日本語圏に対して未実装とされている)に更新があったことが発表されています。

パンダ・アップデート更新【2012年1月】(海外SEO情報ブログ)

グーグル、コンテンツ品質評価に関するアルゴリズム・通称パンダ・アップデートを実施。2012年1月18日頃、(SEMリサーチ)

海外でパンダアップデートに更新が入るたびに日本でも順位変動が発生する、とは業界関係者の間でもよく言われていますが、今回も例外では無いようです。

1月25日を境に動きを見せた2つのサイトの順位データ

当社の管理サイトからも今回の変動のヒントとなりそうな情報が得られましたので、ご紹介いたします。

まずは順位に上昇傾向が見られたサイトから。

サイトAの各地域別下層ページ「メインキーワード + 各地域」の検索順位

rank-up-graph

25日に地域別下層ページの順位がぐっと持ち上がっています。

次に、順位が落ち込んだサイトをご覧ください。なお、サイトAとはメインキーワード及び対象エリアが異なります。

サイトBの各地域別下層ページ「メインキーワード + 各地域」の検索順位

rank-down-graph

サイトAとは真逆の動きで、下層ページが軒並み順位を落としています。どちらのサイトも1月25日を境としてかなり露骨な動きを示していますね。

一体何が明暗を分けた?

ご紹介したふたつのサイトの下層ページは、誘導ページ(Doorway Page、主要タグのキーワード部分を書き換えただけのコンテンツ流用ページ)と判断されないよう、各ページ個別のファーストビュー画像や地域ごとの特典情報・テキストなどを用意してユーザーに配慮しています。この点はどちらのサイトも同じです。

では、いったい何が明暗を分けたのでしょうか?今回の変動がパンダアップデート ≒ コンテンツ評価基準の見直しの影響によるものだと仮定して、推測を述べさせていただきますと、どうも各ページの共通部分の比率が問題になっているように見えます。

サイトA サイトB
地域別下層ページの順位 軒並みランクアップ 軒並みランクダウン
各下層ページの構成 ナビゲーションやフッターなどを除き、コンテンツ部分がほぼ全て個別の内容 コンテンツ部分に地域毎の情報や個別の画像は用意されているが、共通の内容(テキストや見出し、画像)が50%程度含まれている

この考えに基づくと、今回の変動で自然検索からのトラフィックを伸ばしたサイトは、コンテンツの流用を避け、価値あるページを制作してきた結果といえるでしょう。

反対に自然検索からのトラフィックが減少傾向だったサイトのWEBマスターの方は、各ページのコンテンツが他のページと似通っていないか、今一度ユーザー目線で見直してみてはいかがでしょうか。

※直前にパンダアップデートの更新があったため、今回の順位変動がコンテンツ評価基準の変化によるものだと仮定してお話しております。競合サイトや外部リンクの状態などは未確認ですのであくまで推測としてご覧ください。
例えば変動要因が外部リンク評価基準の見直しによるものだった場合、私は完全にデタラメを申し上げていることになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
片川 創太

片川 創太

2014年12月までディーエムソリューションズ株式会社SEO対策チームに所属。「SEOは実装」を信条に、コミュニケーションを重視するスタイルで数多くのサイトのコンサルティングを手がける。内部施策に関して造詣が深く、「SEOまとめ」というtwitterアカウントを通じて日々情報発信を続けている。 Twitter: SEOまとめ